コロンボ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015年冬、インド洋に浮かぶ小さな島国・スリランカへ。<br />☆4~5日目:コロンボ前編☆<br /><br />『次に海外旅行に行くなら』と考えた時、真っ先に浮かんだのがスリランカ。<br />早々にガイドブックを購入し思案していました。<br />初めての海外一人旅なので、今回は周遊観光付きのプランを利用しましたが、<br />団体ツアーではなく少人数だったため、比較的自由がきき良かったです。<br /><br />豊かな自然と世界遺産、穏やかな象たちとの触れ合いにアーユルヴェーダ、<br />種類豊富なライス&カリーや紅茶…etc<br />『光輝く島』という意味を持つスリランカの、煌めく魅力を堪能してきました。<br /><br />◇散策リスト◇<br />・フォート&ペター地区散策<br />・ダッチホスピタル<br />・スパ・セイロン<br />・ベアフット<br />・ニュー・バナナ・リーフ(夕食)<br />・ジャミ・ウル・アルファー・モスク<br />------------------<br />◇日程◇<br />1日目:成田空港出発→ニゴンボ泊<br />2日目:ダンブッラ石窟寺院→ダンブッラ泊<br />3日目:シーギリヤ・ロック→キャンディ泊<br />4日目:キャンディ→ピンナワラ象の孤児院→コロンボ泊<br />5~6日目:コロンボ→帰国<br />------------------

☆2015冬 光輝く島スリランカ・4泊6日一人旅【6】~コロンボ前編・フォート&ペター地区散策~☆

301いいね!

2015/02/14 - 2015/02/19

4位(同エリア519件中)

1

88

aya-photrip

aya-photripさん

2015年冬、インド洋に浮かぶ小さな島国・スリランカへ。
☆4~5日目:コロンボ前編☆

『次に海外旅行に行くなら』と考えた時、真っ先に浮かんだのがスリランカ。
早々にガイドブックを購入し思案していました。
初めての海外一人旅なので、今回は周遊観光付きのプランを利用しましたが、
団体ツアーではなく少人数だったため、比較的自由がきき良かったです。

豊かな自然と世界遺産、穏やかな象たちとの触れ合いにアーユルヴェーダ、
種類豊富なライス&カリーや紅茶…etc
『光輝く島』という意味を持つスリランカの、煌めく魅力を堪能してきました。

◇散策リスト◇
・フォート&ペター地区散策
・ダッチホスピタル
・スパ・セイロン
・ベアフット
・ニュー・バナナ・リーフ(夕食)
・ジャミ・ウル・アルファー・モスク
------------------
◇日程◇
1日目:成田空港出発→ニゴンボ泊
2日目:ダンブッラ石窟寺院→ダンブッラ泊
3日目:シーギリヤ・ロック→キャンディ泊
4日目:キャンディ→ピンナワラ象の孤児院→コロンボ泊
5~6日目:コロンボ→帰国
------------------

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
観光バス タクシー 徒歩
航空会社
スリランカ航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
エス・ティー・ワールド

PR

  • 4日目続き!<br /><br />ピンナワラから約2時間半、コロンボに到着。<br />中心地に近付くにつれ交通量が増してきます。

    4日目続き!

    ピンナワラから約2時間半、コロンボに到着。
    中心地に近付くにつれ交通量が増してきます。

  • コロンボはスリランカ一の大都会、経済の中心地です。<br /><br />それでいて、植民地時代の面影を残すコロニアル建築や様々な宗教寺院が点在し、<br />雑多な中にもエキゾチックな雰囲気がある街並が広がっています。

    コロンボはスリランカ一の大都会、経済の中心地です。

    それでいて、植民地時代の面影を残すコロニアル建築や様々な宗教寺院が点在し、
    雑多な中にもエキゾチックな雰囲気がある街並が広がっています。

  • コロンボ・フォート駅に続く通り。<br /><br />両脇には雑貨店やレストラン、土産物店や生鮮食品店など<br />小さなお店がたくさん立ち並んでいます。

    コロンボ・フォート駅に続く通り。

    両脇には雑貨店やレストラン、土産物店や生鮮食品店など
    小さなお店がたくさん立ち並んでいます。

  • 一際目立つブルーの建物。<br />HOTELとありますが、スリランカではレストランを意味する言葉としても使われるそうです。

    一際目立つブルーの建物。
    HOTELとありますが、スリランカではレストランを意味する言葉としても使われるそうです。

  • お隣はローカルな雰囲気抜群の歯医者。

    お隣はローカルな雰囲気抜群の歯医者。

  • 17時過ぎ、宿泊先のコロンボ・シティ・ホテルに到着。<br />ダッチ・ホスピタルの隣という便利な立地で街歩きに最適です。<br /><br />予定よりもだいぶ早く到着したので、ゆっくり街歩きが楽しめそう。

    17時過ぎ、宿泊先のコロンボ・シティ・ホテルに到着。
    ダッチ・ホスピタルの隣という便利な立地で街歩きに最適です。

    予定よりもだいぶ早く到着したので、ゆっくり街歩きが楽しめそう。

    Colombo City Hotel ホテル

  • レトロモダンな雰囲気の客室。<br />ロビーと2階のオープンスペース、レストランのある5階でWi-Fiが使えました。

    レトロモダンな雰囲気の客室。
    ロビーと2階のオープンスペース、レストランのある5階でWi-Fiが使えました。

  • お風呂はシャワーだけ。<br /><br />ドライヤーは部屋には無く、電話でお願いしましたが<br />全部貸出中なのか元から無いのか、sorryという返答でした。

    お風呂はシャワーだけ。

    ドライヤーは部屋には無く、電話でお願いしましたが
    全部貸出中なのか元から無いのか、sorryという返答でした。

  • 早速散策へ出掛けます。<br /><br />ホテルの目の前はスリランカ航空などのオフィスが入るワールド・トレード・センター。<br />街歩きの際目印になります。

    早速散策へ出掛けます。

    ホテルの目の前はスリランカ航空などのオフィスが入るワールド・トレード・センター。
    街歩きの際目印になります。

  • まずはホテル隣の『ダッチ・ホスピタル』へ。<br /><br />2011年にOPENした複合施設で、人気ショップの支店やスパ、<br />カフェ・レストラン等が集まっています。<br /><br />元々はオランダ統治時代に建てられた病院で、<br />当時の建物をそのまま活かした造りです。

    まずはホテル隣の『ダッチ・ホスピタル』へ。

    2011年にOPENした複合施設で、人気ショップの支店やスパ、
    カフェ・レストラン等が集まっています。

    元々はオランダ統治時代に建てられた病院で、
    当時の建物をそのまま活かした造りです。

    ザ ダッチ ホスピタル 史跡・遺跡

  • アーユルヴェーダコスメ製品を取り扱うスパ・セイロンの支店。

    アーユルヴェーダコスメ製品を取り扱うスパ・セイロンの支店。

  • 店内に入るとすっごくいい香り!<br />色んな商品・香りがあり迷いましたが、ボディスクラブと石鹸を購入しました。<br /><br />スクラブはサンダルウッドとセイロンティー&スパイスの2種類。<br />小さいサイズで225g・Rs1,200(約1,080円)。<br /><br />石鹸はお土産用も含め7個。<br />色も香りもたくさんで、サンダルウッド・セイロンティー&イラン・<br />アーモンド&ウォーターリリー・ジャスミン&ココナッツ等。<br />1個Rs370(約330円)くらいでした。<br /><br />安くはないですが(日本で買うよりは断然安いけど!)<br />普段こういう物はあまり買わないしせっかくなので^^

    店内に入るとすっごくいい香り!
    色んな商品・香りがあり迷いましたが、ボディスクラブと石鹸を購入しました。

    スクラブはサンダルウッドとセイロンティー&スパイスの2種類。
    小さいサイズで225g・Rs1,200(約1,080円)。

    石鹸はお土産用も含め7個。
    色も香りもたくさんで、サンダルウッド・セイロンティー&イラン・
    アーモンド&ウォーターリリー・ジャスミン&ココナッツ等。
    1個Rs370(約330円)くらいでした。

    安くはないですが(日本で買うよりは断然安いけど!)
    普段こういう物はあまり買わないしせっかくなので^^

    スパ セイロン (ダッチホスピタル店) 専門店

  • スパも併設されていて、フットマッサージや<br />本格的なアーユルヴェーダマッサージを受けることができます。<br />時間があったらやりたいなぁと思っていたので受付カウンターへ。<br /><br />割と混雑していて希望の時間に予約できなかった、という話を旅行前にネットで見たので<br />どうかなぁと思ったのですが、20時ならOKということだったのでその場で予約しました。<br />良かった良かった。

    スパも併設されていて、フットマッサージや
    本格的なアーユルヴェーダマッサージを受けることができます。
    時間があったらやりたいなぁと思っていたので受付カウンターへ。

    割と混雑していて希望の時間に予約できなかった、という話を旅行前にネットで見たので
    どうかなぁと思ったのですが、20時ならOKということだったのでその場で予約しました。
    良かった良かった。

  • 時刻は18時。<br />一旦ホテルに買った物を置きに戻り、再び出発。<br />ホテルが近いとこういう時便利ですね。<br /><br />スパの時間までまだあるので、ホテル前でスリーウィラーをつかまえ<br />少し離れた場所まで行ってみます。<br /><br />コロンボのスリーウィラーはメーター制のものが多く、交渉するのが面倒な時助かります。<br />初乗りRs50(約45円)で、1km/Rs45が加算されていくものが多いそう。(ガイドブック参照)

    時刻は18時。
    一旦ホテルに買った物を置きに戻り、再び出発。
    ホテルが近いとこういう時便利ですね。

    スパの時間までまだあるので、ホテル前でスリーウィラーをつかまえ
    少し離れた場所まで行ってみます。

    コロンボのスリーウィラーはメーター制のものが多く、交渉するのが面倒な時助かります。
    初乗りRs50(約45円)で、1km/Rs45が加算されていくものが多いそう。(ガイドブック参照)

  • 海沿いを走行中。インド洋です。<br /><br />交通量が多く、バスや乗用車の間をすり抜けるように走るのでなかなかスリルがあります。<br />他のスリーウィラーも同じく急に入ってきたりするので<br />『おー』と思わず声が出てしまう場面も^^;<br /><br />実際スリーウィラーが絡む事故が多く危険視されているようで、<br />多過ぎる台数を制限したり30歳以上の人しか運転できないようにする、<br />といったことが検討されているそうです。

    海沿いを走行中。インド洋です。

    交通量が多く、バスや乗用車の間をすり抜けるように走るのでなかなかスリルがあります。
    他のスリーウィラーも同じく急に入ってきたりするので
    『おー』と思わず声が出てしまう場面も^^;

    実際スリーウィラーが絡む事故が多く危険視されているようで、
    多過ぎる台数を制限したり30歳以上の人しか運転できないようにする、
    といったことが検討されているそうです。

  • 走ること約10分、『ベアフット』に到着。<br />料金はRs350(約315円)程でした。<br /><br />ベアフットはカラフルな手織り・手染め製品を取り扱う人気ショップ。<br />雑貨や衣類、リビングファブリックなど様々な商品が売られています。<br />スパ・セイロンのコスメも売られていました。

    走ること約10分、『ベアフット』に到着。
    料金はRs350(約315円)程でした。

    ベアフットはカラフルな手織り・手染め製品を取り扱う人気ショップ。
    雑貨や衣類、リビングファブリックなど様々な商品が売られています。
    スパ・セイロンのコスメも売られていました。

    ベアフット 専門店

  • 鍋掴みか鍋敷きが欲しかったのですが見当たらなくて残念。<br /><br />でも、布の袋に入ったフレグランススティックがすごくいい香りで、<br />サンダルウッドと新商品と書かれていたロマンスの2種類を購入。<br />1つRs390(約351円)でした。<br /><br />クローゼットに入れていますが、開けるといい香りが広がりかなりリラックスできます。<br />特にサンダルウッドがおすすめ。

    鍋掴みか鍋敷きが欲しかったのですが見当たらなくて残念。

    でも、布の袋に入ったフレグランススティックがすごくいい香りで、
    サンダルウッドと新商品と書かれていたロマンスの2種類を購入。
    1つRs390(約351円)でした。

    クローゼットに入れていますが、開けるといい香りが広がりかなりリラックスできます。
    特にサンダルウッドがおすすめ。

  • 晩御飯を食べに、ガイドブックに載っていた『ニュー・バナナ・リーフ』というお店へ。<br />ベアフットから徒歩1〜2分程の場所にあるので分かりやすかったです。

    晩御飯を食べに、ガイドブックに載っていた『ニュー・バナナ・リーフ』というお店へ。
    ベアフットから徒歩1〜2分程の場所にあるので分かりやすかったです。

    ニュー バナナ リーフ 地元の料理

  • ここはチキン・ブリヤーニが人気看板メニュー。<br /><br />ブリヤーニはサフランで炊いたお米で、これにスパイス等で味付けしたチキンが付きます。<br />スリランカ風炊き込みご飯のような感じ。<br />カリーだけのメニューは少々飽きてきたので、違う物が食べたいなぁと思いこのお店に来ました。<br /><br />ローカルに人気なお店と書かれていましたが、この時は私以外1組しかお客さんがいなくて、<br />若い店員さん達がまかない?を食べながらテレビを見ていました。<br />でも、持ち帰りのお客さんは次々来ていたのでやはり人気なようです。

    ここはチキン・ブリヤーニが人気看板メニュー。

    ブリヤーニはサフランで炊いたお米で、これにスパイス等で味付けしたチキンが付きます。
    スリランカ風炊き込みご飯のような感じ。
    カリーだけのメニューは少々飽きてきたので、違う物が食べたいなぁと思いこのお店に来ました。

    ローカルに人気なお店と書かれていましたが、この時は私以外1組しかお客さんがいなくて、
    若い店員さん達がまかない?を食べながらテレビを見ていました。
    でも、持ち帰りのお客さんは次々来ていたのでやはり人気なようです。

  • チキンブリヤーニとジンジャービアを注文。<br />両方でRs561(約504円)。<br /><br />すぐにブリヤーニやチキン、カリー、サンボルがそれぞれ小皿で運ばれてきました。<br />店名にもなっているバナナの葉が敷かれ、これをお皿にして食べます。<br />ブリヤーニは卵もついていてかなりのボリューム!

    チキンブリヤーニとジンジャービアを注文。
    両方でRs561(約504円)。

    すぐにブリヤーニやチキン、カリー、サンボルがそれぞれ小皿で運ばれてきました。
    店名にもなっているバナナの葉が敷かれ、これをお皿にして食べます。
    ブリヤーニは卵もついていてかなりのボリューム!

  • 甘辛い味付けのチキンが薄味のご飯と合い美味しい^^<br />柔らかく手でほぐしながら食べました。<br /><br />恰幅の良いおじさんの店員さんが『Good?』と話し掛けてきてくれたので、<br />『ラハイ!』(シンハラ語で「美味しい」)と言うと<br />すっごくいい笑顔を返してくれました^^<br /><br />ローカルな雰囲気で美味しいご飯が食べられて大満足。

    甘辛い味付けのチキンが薄味のご飯と合い美味しい^^
    柔らかく手でほぐしながら食べました。

    恰幅の良いおじさんの店員さんが『Good?』と話し掛けてきてくれたので、
    『ラハイ!』(シンハラ語で「美味しい」)と言うと
    すっごくいい笑顔を返してくれました^^

    ローカルな雰囲気で美味しいご飯が食べられて大満足。

  • 時刻は19時20分過ぎ。<br />ニュー・バナナ・リーフを出て大通りを少し歩いてみたけど何も無いし、<br />暗くなったのでそろそろ戻ります。

    時刻は19時20分過ぎ。
    ニュー・バナナ・リーフを出て大通りを少し歩いてみたけど何も無いし、
    暗くなったのでそろそろ戻ります。

  • スリーウィラーをつかまえ、スパを受けにダッチホスピタルへ。

    スリーウィラーをつかまえ、スパを受けにダッチホスピタルへ。

  • 夜のダッチホスピタル。<br />ライトアップされて雰囲気があります。

    夜のダッチホスピタル。
    ライトアップされて雰囲気があります。

  • 予約していたスパ・セイロンへ。<br /><br />メニューは予約した時に決めていて、<br />肩と足を希望したら頭も入った90分のコースを勧められました。<br /><br />終わった後、近くのティーサロンに行こうかなと思っていたので<br />1時間でないか聞いてみたのですが『肩はこのコースが〜』という感じでまぁいっかと。<br />料金はRs3,500(約3,150円)。<br />90分でこの価格、日本に比べたら格安です。<br /><br />2階が施術スペースになっていました。

    予約していたスパ・セイロンへ。

    メニューは予約した時に決めていて、
    肩と足を希望したら頭も入った90分のコースを勧められました。

    終わった後、近くのティーサロンに行こうかなと思っていたので
    1時間でないか聞いてみたのですが『肩はこのコースが〜』という感じでまぁいっかと。
    料金はRs3,500(約3,150円)。
    90分でこの価格、日本に比べたら格安です。

    2階が施術スペースになっていました。

  • フットスパのスペース。<br />内装はモダンで落ち着いた雰囲気です。<br /><br />6席くらいありましたが、終わるまで結局私だけでした。<br />個室の方はお客さんが出入りする声がしたので、<br />全身マッサージを受ける方が多いのかもしれません。

    フットスパのスペース。
    内装はモダンで落ち着いた雰囲気です。

    6席くらいありましたが、終わるまで結局私だけでした。
    個室の方はお客さんが出入りする声がしたので、
    全身マッサージを受ける方が多いのかもしれません。

  • 自社ブランドの製品をたっぷり使ってくれます。

    自社ブランドの製品をたっぷり使ってくれます。

  • 施術用のズボンに着替えて、まずはフットから。<br /><br />施術してくれたのは若めの男性スタッフ。<br />私はそれ程気にしませんが、肩をする際は鎖骨や肩甲骨辺りを割としっかり触られるので、<br />気になる方は予約の際に女性スタッフを希望した方がいいかもしれません。

    施術用のズボンに着替えて、まずはフットから。

    施術してくれたのは若めの男性スタッフ。
    私はそれ程気にしませんが、肩をする際は鎖骨や肩甲骨辺りを割としっかり触られるので、
    気になる方は予約の際に女性スタッフを希望した方がいいかもしれません。

  • 90分長いかなぁと思いましたが、終わってみるとあっという間。<br />足も肩もすっきり!軽くなりました。<br />施術自体も気持ちよかったし、オイルやクリームのいい香りに包まれることで<br />リラックス度がさらに高まっている気がします。<br /><br />終わった後はハーブティーと、多分キリトフィー(粉ミルクと砂糖、ココナッツフレークなどを<br />混ぜ合わせて煮固めたキャンディのようなお菓子)を出してくれました。<br />キリトフィーは舐めるというよりはボリボリかじる感じ。<br /><br />頭をする時オイルを使用して眉や目の辺りまでマッサージされ、<br />(オイルを使う前に髪の毛につけてもいいかちゃんと確認してくれます)<br />髪の毛がオイリーでしっとり状態&メイクもすっかり落ちてしまったので、<br />ティーサロンは明日行くことにし、真っ直ぐホテルへ帰りました。

    90分長いかなぁと思いましたが、終わってみるとあっという間。
    足も肩もすっきり!軽くなりました。
    施術自体も気持ちよかったし、オイルやクリームのいい香りに包まれることで
    リラックス度がさらに高まっている気がします。

    終わった後はハーブティーと、多分キリトフィー(粉ミルクと砂糖、ココナッツフレークなどを
    混ぜ合わせて煮固めたキャンディのようなお菓子)を出してくれました。
    キリトフィーは舐めるというよりはボリボリかじる感じ。

    頭をする時オイルを使用して眉や目の辺りまでマッサージされ、
    (オイルを使う前に髪の毛につけてもいいかちゃんと確認してくれます)
    髪の毛がオイリーでしっとり状態&メイクもすっかり落ちてしまったので、
    ティーサロンは明日行くことにし、真っ直ぐホテルへ帰りました。

  • 買ったもの色々。<br />石鹸とフレグランススティックでスーツケースがいい香り。<br /><br />今日までほとんどお金を使っていませんでしたが、<br />スパ・セイロンのアーユルヴェーダコスメとマッサージで結構使いました。<br /><br />4日目終了!<br />明日はいよいよ観光最終日です。

    買ったもの色々。
    石鹸とフレグランススティックでスーツケースがいい香り。

    今日までほとんどお金を使っていませんでしたが、
    スパ・セイロンのアーユルヴェーダコスメとマッサージで結構使いました。

    4日目終了!
    明日はいよいよ観光最終日です。

  • 5日目!<br />客室からの眺め。<br /><br />今日は13時まで自由行動。<br />その後コロンボ市内観光→空港→帰国というスケジュールです。

    5日目!
    客室からの眺め。

    今日は13時まで自由行動。
    その後コロンボ市内観光→空港→帰国というスケジュールです。

  • 朝食ビュッフェ。

    朝食ビュッフェ。

  • 水牛のヨーグルト『カード』。<br />キトゥルパニという蜜をかけていただきます。

    水牛のヨーグルト『カード』。
    キトゥルパニという蜜をかけていただきます。

  • 同じツアーの方と一緒になり、楽しくお話しながらいただきました。

    同じツアーの方と一緒になり、楽しくお話しながらいただきました。

  • 自由行動時間をしっかり楽しむべく、朝8時前に出発。<br />ローカルな雰囲気たっぷりの下町、ペター地区を目指します。

    自由行動時間をしっかり楽しむべく、朝8時前に出発。
    ローカルな雰囲気たっぷりの下町、ペター地区を目指します。

    フォート地区 旧市街・古い町並み

  • 奥に見える白亜の建物はグランド・オリエンタル・ホテル。<br />1875年創業のコロンボで最も歴史のあるホテルです。<br /><br />この辺りはフォート地区と呼ばれるエリアで、<br />政府関係の建物や高級ホテル、オフィスが集まる行政の中心地となっています。

    奥に見える白亜の建物はグランド・オリエンタル・ホテル。
    1875年創業のコロンボで最も歴史のあるホテルです。

    この辺りはフォート地区と呼ばれるエリアで、
    政府関係の建物や高級ホテル、オフィスが集まる行政の中心地となっています。

    グランド オリエンタル ホテル ホテル

  • 柔らかな赤色の建物は大手企業『カルギルス』。<br />カルギルスが経営するスーパーマーケットチェーン「フードシティ」が営業しています。

    柔らかな赤色の建物は大手企業『カルギルス』。
    カルギルスが経営するスーパーマーケットチェーン「フードシティ」が営業しています。

  • コロンボの街を歩いていると、日本語がペイントされた車をよく見掛けました。<br /><br />スリランカでは高性能な日本車が人気で、<br />日本車だとアピールするためペイントをそのまま残している車が多いそうです。<br />

    コロンボの街を歩いていると、日本語がペイントされた車をよく見掛けました。

    スリランカでは高性能な日本車が人気で、
    日本車だとアピールするためペイントをそのまま残している車が多いそうです。

  • ホテルから歩くこと約10分、ペター地区の入口に建つ『カーン時計塔』。

    ホテルから歩くこと約10分、ペター地区の入口に建つ『カーン時計塔』。

  • 通りの奥にペター地区散策の一番の目的地を発見!<br />赤と白のストライプが特徴的な『ジャミ・ウル・アルファー・モスク』。<br /><br />もう少し先まで歩いてみて、後で行ってみます。

    通りの奥にペター地区散策の一番の目的地を発見!
    赤と白のストライプが特徴的な『ジャミ・ウル・アルファー・モスク』。

    もう少し先まで歩いてみて、後で行ってみます。

  • コロンボ港沿いのフェンスにカラスがたくさん巣を作っていました。<br />日本のカラスより小さめ。

    コロンボ港沿いのフェンスにカラスがたくさん巣を作っていました。
    日本のカラスより小さめ。

  • ホテルから歩くこと約30分。<br />広い通りに出たのでこの辺りからストリート内に入ってみます。

    ホテルから歩くこと約30分。
    広い通りに出たのでこの辺りからストリート内に入ってみます。

  • 通り沿いにひっそりと佇む祭壇。<br />側にはジャックフルーツが。<br /><br />明るい青と黄色に木漏れ日が射し込み、なんだか雰囲気があります。

    通り沿いにひっそりと佇む祭壇。
    側にはジャックフルーツが。

    明るい青と黄色に木漏れ日が射し込み、なんだか雰囲気があります。

  • 通りに入るといきなり立派なヒンドゥー寺院が!<br />参拝に訪れた信者の方が頻繁に出入りしています。

    通りに入るといきなり立派なヒンドゥー寺院が!
    参拝に訪れた信者の方が頻繁に出入りしています。

  • なんといってもこの豪華な屋根の装飾が特徴的です。

    なんといってもこの豪華な屋根の装飾が特徴的です。

  • ズームアップ。<br />女性らしい少し豊かなウエスト周りが印象的。

    ズームアップ。
    女性らしい少し豊かなウエスト周りが印象的。

  • 朝早い時間だったせいもあるのか観光客がいない&地元の人も含め女性が全然いなくて、<br />女一人歩きはめちゃくちゃ見られました^^;<br /><br />といっても変な感じではなく、<br />目が合えば『アーユーボワン』『ハロー』と笑顔で挨拶を交わす程度。

    朝早い時間だったせいもあるのか観光客がいない&地元の人も含め女性が全然いなくて、
    女一人歩きはめちゃくちゃ見られました^^;

    といっても変な感じではなく、
    目が合えば『アーユーボワン』『ハロー』と笑顔で挨拶を交わす程度。

    ペター地区 (コロンボ) 散歩・街歩き

  • 寺院じゃない建物にも装飾が。

    寺院じゃない建物にも装飾が。

  • さっきよりも大きなヒンドゥー寺院。<br />この通りはヒンドゥー寺院が多いようです。

    さっきよりも大きなヒンドゥー寺院。
    この通りはヒンドゥー寺院が多いようです。

  • 寺院名の看板には電球があるので、<br />夜ライトアップされた時も見てみたかったな。

    寺院名の看板には電球があるので、
    夜ライトアップされた時も見てみたかったな。

  • 人物以外にもクジャクや鹿、牛や象(ガネーシャ)など、よく見ると色んな動物がいます。

    人物以外にもクジャクや鹿、牛や象(ガネーシャ)など、よく見ると色んな動物がいます。

  • また違う形。

    また違う形。

  • 龍?<br />なんとなくコミカルで可愛い表情。

    龍?
    なんとなくコミカルで可愛い表情。

  • 寺院前の通りの様子。

    寺院前の通りの様子。

  • お供え物の花輪。

    お供え物の花輪。

  • パッと見、ぎょっとした鳥避け?人形。

    パッと見、ぎょっとした鳥避け?人形。

  • ペター地区のメインストリート。<br />車通りも人通りも多く、さっきまで全く見なかった女性の姿もありました。

    ペター地区のメインストリート。
    車通りも人通りも多く、さっきまで全く見なかった女性の姿もありました。

  • 看板色々。

    看板色々。

  • 少し歩くとジャミ・ウル・アルファー・モスクを発見。

    少し歩くとジャミ・ウル・アルファー・モスクを発見。

  • はためくスリランカ国旗。

    はためくスリランカ国旗。

  • 足場が組まれ、補修工事が行われている様子。<br /><br />前で写真を撮っていると入口に立つ係員らしき男性に手招きされました。<br />近付くと、入っていいよというジェスチャー。<br />やった!

    足場が組まれ、補修工事が行われている様子。

    前で写真を撮っていると入口に立つ係員らしき男性に手招きされました。
    近付くと、入っていいよというジェスチャー。
    やった!

  • 入口で靴を脱ぎ、一応頭にスカーフを巻いて入場。<br /><br />中も全面赤と白のストライプ模様。<br />思わず『はぁ〜カッコいい〜!』と声が出ます。<br />この辺りだけ写真と入場OK。<br /><br />この写真左側が礼拝所になっていて、男性信者の方が多く出入りしていました。

    入口で靴を脱ぎ、一応頭にスカーフを巻いて入場。

    中も全面赤と白のストライプ模様。
    思わず『はぁ〜カッコいい〜!』と声が出ます。
    この辺りだけ写真と入場OK。

    この写真左側が礼拝所になっていて、男性信者の方が多く出入りしていました。

  • 1909年に建てられたコロンボで最も古いモスクで、<br />コロニアル様式とイスラム建築が融合し、このような独特な造りになっています。<br />

    1909年に建てられたコロンボで最も古いモスクで、
    コロニアル様式とイスラム建築が融合し、このような独特な造りになっています。

  • 時計台部分。<br />細部までしっかりストライプ模様が施されています。

    時計台部分。
    細部までしっかりストライプ模様が施されています。

  • 2階部分の窓にはステンドグラス。<br /><br />2階で作業中の男性が「上においで」というジェスチャーをしていたので<br />階段上がってみようかなと思ったけど、入口の男性係員に止められちゃいました。

    2階部分の窓にはステンドグラス。

    2階で作業中の男性が「上においで」というジェスチャーをしていたので
    階段上がってみようかなと思ったけど、入口の男性係員に止められちゃいました。

  • たくさんある柱や窓枠にも全部デザインが施されていて、<br />すごく凝った造りになっています。

    たくさんある柱や窓枠にも全部デザインが施されていて、
    すごく凝った造りになっています。

  • 柱も全部ストライプ。<br /><br />10分程見学させてもらいました。<br />内部を見ることができ大満足。

    柱も全部ストライプ。

    10分程見学させてもらいました。
    内部を見ることができ大満足。

  • お布施としてチップを男性係員に渡した際にもらった、いい香りのするオイル。<br />礼拝に来た人皆に配っているようでした。

    お布施としてチップを男性係員に渡した際にもらった、いい香りのするオイル。
    礼拝に来た人皆に配っているようでした。

  • 表紙写真。<br /><br />反対側から全体像を。<br />撮っている間もかなり注目されていました^^;<br />こっちからの方がナイスビューだ!と教えてくれたり、<br />日本人?日本は大好きだ!と話し掛けてきたり、みんな人懐っこいです。<br /><br />ぽこぽこと屋根と塔がいくつも突出した独特な造形に赤と白のストライプ模様が相まって、<br />エキゾチックな雰囲気溢れまくりな佇まい。<br />下町地区の雑踏の中にあるからこそ、より印象的に映るような気がしました。

    表紙写真。

    反対側から全体像を。
    撮っている間もかなり注目されていました^^;
    こっちからの方がナイスビューだ!と教えてくれたり、
    日本人?日本は大好きだ!と話し掛けてきたり、みんな人懐っこいです。

    ぽこぽこと屋根と塔がいくつも突出した独特な造形に赤と白のストライプ模様が相まって、
    エキゾチックな雰囲気溢れまくりな佇まい。
    下町地区の雑踏の中にあるからこそ、より印象的に映るような気がしました。

    ジャミ ウル アルファー モスク 寺院・教会

  • 時刻は9時前。<br />ジャミ・ウル・アルファー・モスクがペター地区のメイン目的地だったので、<br />散策しながらホテル方向に帰ります。

    時刻は9時前。
    ジャミ・ウル・アルファー・モスクがペター地区のメイン目的地だったので、
    散策しながらホテル方向に帰ります。

  • 市場がたくさん集まるエリア。

    市場がたくさん集まるエリア。

  • ここは野菜や果物のお店が集まっていました。<br />たくさんの人が集まり活気があります。

    ここは野菜や果物のお店が集まっていました。
    たくさんの人が集まり活気があります。

  • 山積みの玉ねぎ。

    山積みの玉ねぎ。

  • 小さめの人参。<br />足で洗っていました。

    小さめの人参。
    足で洗っていました。

  • 市場沿いにたくさん並んでいた派手ハデな搬入トラックやバス。

    市場沿いにたくさん並んでいた派手ハデな搬入トラックやバス。

  • 市場反対側から。<br />夕方はもっと賑やかになるのかな。

    市場反対側から。
    夕方はもっと賑やかになるのかな。

  • 駅に続く通りは朝の通勤ラッシュ。

    駅に続く通りは朝の通勤ラッシュ。

  • ここは衣類や服飾雑貨を取り扱うお店が集まった市場。<br /><br />中に入ってみようかと思ったけど、暑さで少しバテてしまったので入口だけ。<br />木陰で休憩しながら往来を眺めていました。

    ここは衣類や服飾雑貨を取り扱うお店が集まった市場。

    中に入ってみようかと思ったけど、暑さで少しバテてしまったので入口だけ。
    木陰で休憩しながら往来を眺めていました。

  • 市場の隣には寺院があり、たくさんの方が礼拝に訪れていました。

    市場の隣には寺院があり、たくさんの方が礼拝に訪れていました。

  • 雑多とした街の様子。

    雑多とした街の様子。

  • 駅前の大通り『オルコット・マーワタ』。

    駅前の大通り『オルコット・マーワタ』。

  • 信号があるのですが、交通量が多いからか警官がいて歩行者の補助をしていました。

    信号があるのですが、交通量が多いからか警官がいて歩行者の補助をしていました。

  • 信号を渡った所にもまた市場が。

    信号を渡った所にもまた市場が。

  • 日本では見たことがない種類の野菜があったり店先で作業をしていたり、<br />見て歩いているだけでローカルな雰囲気を味わえて楽しいです。

    日本では見たことがない種類の野菜があったり店先で作業をしていたり、
    見て歩いているだけでローカルな雰囲気を味わえて楽しいです。

  • オルコット・マーワタ沿いには雑貨や電化製品、土産物を取り扱うお店から<br />レストランや軽食スタンド等、小さな商店が並んでいます。

    オルコット・マーワタ沿いには雑貨や電化製品、土産物を取り扱うお店から
    レストランや軽食スタンド等、小さな商店が並んでいます。

  • コロンボの玄関口『コロンボ・フォート駅』。<br /><br />たくさんの人で賑わっていて、地元の人々はもちろん<br />バックパッカーの欧米人観光客も多くいました。

    コロンボの玄関口『コロンボ・フォート駅』。

    たくさんの人で賑わっていて、地元の人々はもちろん
    バックパッカーの欧米人観光客も多くいました。

    コロンボ フォート駅

  • 真っ白な駅舎は植民地時代のもの。<br />この黄金の像は誰なのか不明。

    真っ白な駅舎は植民地時代のもの。
    この黄金の像は誰なのか不明。

  • 駅を通り過ぎた所でちょうど電車を見ることができました。<br />ドアが全開なのがアジアらしい。<br /><br />下町情緒溢れるペター地区散策、暑かったけど一人歩きを満喫しました。<br />やっぱりローカルな雰囲気は最高!<br /><br />☆2015冬 光輝く島スリランカ・4泊6日一人旅【7】<br />〜コロンボ中編・紅茶カフェ&市内観光〜☆へ続く。

    駅を通り過ぎた所でちょうど電車を見ることができました。
    ドアが全開なのがアジアらしい。

    下町情緒溢れるペター地区散策、暑かったけど一人歩きを満喫しました。
    やっぱりローカルな雰囲気は最高!

    ☆2015冬 光輝く島スリランカ・4泊6日一人旅【7】
    〜コロンボ中編・紅茶カフェ&市内観光〜☆へ続く。

この旅行記のタグ

関連タグ

301いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • pedaruさん 2016/02/13 07:24:21
    圧倒されました。
    【-aya-】さん お早うございます。

    カルチャーショックを受けました。
    すごい街ですね、私が知らないだけかと思いますが、寺院の彫刻、これには参りました。一日見ていても飽きないような(旅行では他も見たいけど)凄さです。

    街のマーケット、生活感が溢れ出ていますね。一度は行ってみたいスリランカ、私の心に火をつけた旅行記でした♪

    pedaru

    プロフの写真も素敵ですね。

aya-photripさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集