ボラカイ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ボラカイ島からマニラに帰る飛行機が突然3時間も遅れ、マニラ空港では怪しい男に誘われ、やっと乗ったタクシーは大渋滞に巻き込まれた。本日のホテル「ザ・ヘリテージホテル・マニラ」(写真)は空港から至近の距離にも関わらず40分もかかった。<br />ボラカイ島で8日間も至福のビーチリゾートを過ごした私にとって、ストレス満点の一日となる。ボラカイ島で知り合った日本人(彼の娘さんがホワイトビーチでダイビングショップを経営)が言っていた。<br />「フィリピンでは旅慣れてきた人ほど危ない」<br />ここはマニラ、気を許すとトラブルに巻き込まれる。要注意だ!<br /><br />『The Heritage Hotel Manila』<br />http://www.millenniumhotels.com/heritagemanila/<br /><br />注:為替は1ペソ=2.7円で換算する。<br /><br />私のホームページに旅行記多数あり。<br />『第二の人生を豊かに』<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅<br />ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

フィリピン(マニラ・ボラカイ島)旅行記6ーThe Heritage Hotel Manilaー

18いいね!

2015/01/14 - 2015/01/26

172位(同エリア612件中)

0

37

funasan

funasanさん

ボラカイ島からマニラに帰る飛行機が突然3時間も遅れ、マニラ空港では怪しい男に誘われ、やっと乗ったタクシーは大渋滞に巻き込まれた。本日のホテル「ザ・ヘリテージホテル・マニラ」(写真)は空港から至近の距離にも関わらず40分もかかった。
ボラカイ島で8日間も至福のビーチリゾートを過ごした私にとって、ストレス満点の一日となる。ボラカイ島で知り合った日本人(彼の娘さんがホワイトビーチでダイビングショップを経営)が言っていた。
「フィリピンでは旅慣れてきた人ほど危ない」
ここはマニラ、気を許すとトラブルに巻き込まれる。要注意だ!

『The Heritage Hotel Manila』
http://www.millenniumhotels.com/heritagemanila/

注:為替は1ペソ=2.7円で換算する。

私のホームページに旅行記多数あり。
『第二の人生を豊かに』
http://www.e-funahashi.jp/
(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅
ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

PR

  • 1月23日(金)カティクラン発マニラ行のフライトが3時間も遅れたため午後6時半頃、マニラ空港(第3ターミナル)に到着した。この日は金曜の夕方のためか地元のメータータクシーの前には長蛇の列が出来ている。<br />写真:ミレニアムホテル・マニラ<br />

    1月23日(金)カティクラン発マニラ行のフライトが3時間も遅れたため午後6時半頃、マニラ空港(第3ターミナル)に到着した。この日は金曜の夕方のためか地元のメータータクシーの前には長蛇の列が出来ている。
    写真:ミレニアムホテル・マニラ

  • カティクラン空港でさんざん待たされた私はもう待つのにうんざりしていた。そこで「空港タクシーに乗らんか?850ペソ(2295円)だ。待たんでもいいよ」と呼びかけてきた男にあっさり従う。彼は私のスーツケースを持ってどんどん空港出口から遠ざかり、暗い駐車場を進んで行った。<br />写真:ミレニアムホテル・マニラのロビー

    カティクラン空港でさんざん待たされた私はもう待つのにうんざりしていた。そこで「空港タクシーに乗らんか?850ペソ(2295円)だ。待たんでもいいよ」と呼びかけてきた男にあっさり従う。彼は私のスーツケースを持ってどんどん空港出口から遠ざかり、暗い駐車場を進んで行った。
    写真:ミレニアムホテル・マニラのロビー

  • 彼の後ろを歩いていくうちに私は急に不安になってきた。この先、暗い駐車場で彼の仲間に囲まれてピストルを突きつけられたら終わり…<br />「まずい!」<br />私は大きな声で「ちょっと待ってくれ。タクシー係員の証明書を見せてくれ」と言い、首からかかっている彼の名札(偽証であっても分からない)を確認する。<br />写真:ホテルの廊下

    彼の後ろを歩いていくうちに私は急に不安になってきた。この先、暗い駐車場で彼の仲間に囲まれてピストルを突きつけられたら終わり…
    「まずい!」
    私は大きな声で「ちょっと待ってくれ。タクシー係員の証明書を見せてくれ」と言い、首からかかっている彼の名札(偽証であっても分からない)を確認する。
    写真:ホテルの廊下

  • 再び歩いていくと一番はずれの駐車場に黄色いタクシーが待っていた。これでひと安心と思いタクシーに乗り込もうとしたら、例の係員からチップを要求された。<br />写真:ホテルの客室

    再び歩いていくと一番はずれの駐車場に黄色いタクシーが待っていた。これでひと安心と思いタクシーに乗り込もうとしたら、例の係員からチップを要求された。
    写真:ホテルの客室

  • 彼に20ペソを渡しタクシーに乗り込む。そしてヘリテージホテルまでの料金を確認し出発する。これでひと安心だ。と思ったが…<br />写真:ホテルの客室

    彼に20ペソを渡しタクシーに乗り込む。そしてヘリテージホテルまでの料金を確認し出発する。これでひと安心だ。と思ったが…
    写真:ホテルの客室

  • タクシーが空港を出た瞬間、大渋滞に遭遇した。ほとんど動かない。今夜のホテルは第3ターミナルから5Km程度と近いにもかかわらず、40分もかかった。下車するとき、運転手からチップを要求された。固定料金に係わらずだ。<br />そして午後7時半頃、やっと今夜のホテル『ヘリテージ・ホテル・マニラ』に到着した。<br />写真:客室のバスルーム

    タクシーが空港を出た瞬間、大渋滞に遭遇した。ほとんど動かない。今夜のホテルは第3ターミナルから5Km程度と近いにもかかわらず、40分もかかった。下車するとき、運転手からチップを要求された。固定料金に係わらずだ。
    そして午後7時半頃、やっと今夜のホテル『ヘリテージ・ホテル・マニラ』に到着した。
    写真:客室のバスルーム

  • 次なる仕事はフロントでの希望の部屋の確保である。私は事前にeメールを出し、メイン道路に面していない高層階の静かな部屋をリクエストしていた。(道路側は車の騒音あり)そのことを再度確認すると、フロントのお姉さんが色々探してくれて道路側ではあるが静かな高層階の部屋を指定してくれた。そしてやっと今夜の部屋にたどり着く。<br />注:安らかな眠りを確保するために安易に妥協しない方がいい。<br />写真:客室のバスルーム <br />

    次なる仕事はフロントでの希望の部屋の確保である。私は事前にeメールを出し、メイン道路に面していない高層階の静かな部屋をリクエストしていた。(道路側は車の騒音あり)そのことを再度確認すると、フロントのお姉さんが色々探してくれて道路側ではあるが静かな高層階の部屋を指定してくれた。そしてやっと今夜の部屋にたどり着く。
    注:安らかな眠りを確保するために安易に妥協しない方がいい。
    写真:客室のバスルーム

  • マニラの大渋滞と道路の喧噪とは裏腹にヘリテージ・ホテルの中は別世界である。ロビーは豪華絢爛でお客はピアノの生演奏(写真)で出迎えられる。<br />

    マニラの大渋滞と道路の喧噪とは裏腹にヘリテージ・ホテルの中は別世界である。ロビーは豪華絢爛でお客はピアノの生演奏(写真)で出迎えられる。

  • 私は外へ食事に行く元気がなくなり、ホテルのレストラン(写真)で今夜の夕食にする。<br />

    私は外へ食事に行く元気がなくなり、ホテルのレストラン(写真)で今夜の夕食にする。

  • 「リビエラ・カフェ」(写真)では、アラカルトでもビュッフェでも可能という。ビュッフェのカウンターを見せてもらったらなかなか豊富な品ぞろえだったのでビュッフェにする。<br />

    「リビエラ・カフェ」(写真)では、アラカルトでもビュッフェでも可能という。ビュッフェのカウンターを見せてもらったらなかなか豊富な品ぞろえだったのでビュッフェにする。

  • まずは「オードブル」(写真)。刺身各種、カキ、生野菜のサラダ…。久しぶりの本格的な刺身に舌鼓をうつ。サーモン、マグロ、白身魚、ワサビ醬油につけてゆっくり味わう。もうこれだけで満足感あり!<br />

    まずは「オードブル」(写真)。刺身各種、カキ、生野菜のサラダ…。久しぶりの本格的な刺身に舌鼓をうつ。サーモン、マグロ、白身魚、ワサビ醬油につけてゆっくり味わう。もうこれだけで満足感あり!

  • 暖かいスープ(写真)で喉と胃袋を温める。他のスープも味わう。今日1日の疲れがとれ、だんだん元気になってくる。

    暖かいスープ(写真)で喉と胃袋を温める。他のスープも味わう。今日1日の疲れがとれ、だんだん元気になってくる。

  •  鉄板焼きコーナーがあり生の魚・肉を選んで目の前で焼いてもらう。私の選択は「サーモン、マグロ、牛肉、鶏肉」(写真)特製のタレ3種をつけて食べる。これがまた抜群にうまい。<br />

    鉄板焼きコーナーがあり生の魚・肉を選んで目の前で焼いてもらう。私の選択は「サーモン、マグロ、牛肉、鶏肉」(写真)特製のタレ3種をつけて食べる。これがまた抜群にうまい。

  • その他、フィリピン料理、中華料理、西洋料理コーナーから適当に選んで3皿目(写真)にする。まだまだ料理は多数あり、全種類制覇など不可能である。<br />

    その他、フィリピン料理、中華料理、西洋料理コーナーから適当に選んで3皿目(写真)にする。まだまだ料理は多数あり、全種類制覇など不可能である。

  • デザートコーナー(写真)は可愛らしく盛り付けされている。<br />

    デザートコーナー(写真)は可愛らしく盛り付けされている。

  • ここでもフィリピン風、中華風、西洋風のデザート(写真)があり、それぞれ味わってみる。気になるビュッフェ・ディナーの値段は税・サ込で1150ペソ(3105円)である。フィリピンの物価水準からすれば高額であるが、日本基準で見れば半額に近い。おすすめである。

    ここでもフィリピン風、中華風、西洋風のデザート(写真)があり、それぞれ味わってみる。気になるビュッフェ・ディナーの値段は税・サ込で1150ペソ(3105円)である。フィリピンの物価水準からすれば高額であるが、日本基準で見れば半額に近い。おすすめである。

  • ビュッフェ・レストランの外に屋外プール(写真)がある。私は夕食後、プールサイドのチェアーに寝転がりながら今日のタクシーの出来事を反省する。<br />

    ビュッフェ・レストランの外に屋外プール(写真)がある。私は夕食後、プールサイドのチェアーに寝転がりながら今日のタクシーの出来事を反省する。

  • やはりマニラ国際空港には危険が潜んでいる。長蛇の列があろうとも辛抱強く待ってメータータクシーを利用するか、多少割高になるが安心できる「クーポンタクシー」にすべきだったと。何れにしても空港内の正規のタクシー乗り場から乗車すべきであろう。見知らぬ客引きに従ってはならない。彼が善人か悪人かは神のみぞ知る。

    やはりマニラ国際空港には危険が潜んでいる。長蛇の列があろうとも辛抱強く待ってメータータクシーを利用するか、多少割高になるが安心できる「クーポンタクシー」にすべきだったと。何れにしても空港内の正規のタクシー乗り場から乗車すべきであろう。見知らぬ客引きに従ってはならない。彼が善人か悪人かは神のみぞ知る。

  • ストレス満点の一日だったが久しぶりにバスタブに湯を張り風呂に入る。そしてバスローブを身にまとい快適なベッド(写真)に寝ころぶ。何という心地よさ…。やはり高級ホテルはいい。<br />客室料金は1泊2名利用のルームチャージ(食事なし)で10015円(エクスペディア利用)と意外に安い。早割・返金不可の最安値で予約したためである。<br /><br />

    ストレス満点の一日だったが久しぶりにバスタブに湯を張り風呂に入る。そしてバスローブを身にまとい快適なベッド(写真)に寝ころぶ。何という心地よさ…。やはり高級ホテルはいい。
    客室料金は1泊2名利用のルームチャージ(食事なし)で10015円(エクスペディア利用)と意外に安い。早割・返金不可の最安値で予約したためである。

  • 目覚めの朝、カーテンを開けて外を見てみると眼下に屋外プール(写真)そして、メトロ・マニラ南部(パサイ市)の市街地が見える。建築中のビルが多い。<br />

    目覚めの朝、カーテンを開けて外を見てみると眼下に屋外プール(写真)そして、メトロ・マニラ南部(パサイ市)の市街地が見える。建築中のビルが多い。

  • この日は社会見学のつもりで高架鉄道を色々乗り継いでマニラ市内を見て回る。まずはマカティ市にある「グリーンベルト公園」(写真)に行く。<br />

    この日は社会見学のつもりで高架鉄道を色々乗り継いでマニラ市内を見て回る。まずはマカティ市にある「グリーンベルト公園」(写真)に行く。

  • 熱帯の樹木が覆い茂る中、オープンエアのカフェ(写真)が点在する。この公園の周囲は「グリーンベルト・モール」という巨大なショッピング街になっている。<br />

    熱帯の樹木が覆い茂る中、オープンエアのカフェ(写真)が点在する。この公園の周囲は「グリーンベルト・モール」という巨大なショッピング街になっている。

  • そして、このグリーンベルト・モールの周囲には超高層ビル(写真)が立ち並び、マニラの中でも最も現代的な都市景観をなしている。<br />

    そして、このグリーンベルト・モールの周囲には超高層ビル(写真)が立ち並び、マニラの中でも最も現代的な都市景観をなしている。

  • お昼時にはグリーンベルト・モールにあるレストラン街(写真)は人であふれる。私も良さそうなレストランを物色する。<br />

    お昼時にはグリーンベルト・モールにあるレストラン街(写真)は人であふれる。私も良さそうなレストランを物色する。

  • あるイタリアレストランのオープンエア席に座り「サーモン・クレープ・サラダ」(写真:375ペソ)とボトルの水(65ペソ)を注文。<br />

    あるイタリアレストランのオープンエア席に座り「サーモン・クレープ・サラダ」(写真:375ペソ)とボトルの水(65ペソ)を注文。

  • サーモンサラダにはパン(写真)がついているのでこれで軽いランチになる。非常にうまい。環境も味も十分満足いくランチであった。しかし、税金とサービス料を加えると約480ペソ(1296円)となり日本並に高い。<br />

    サーモンサラダにはパン(写真)がついているのでこれで軽いランチになる。非常にうまい。環境も味も十分満足いくランチであった。しかし、税金とサービス料を加えると約480ペソ(1296円)となり日本並に高い。

  • グリーンベルトからマカティ通りを少し北に歩くと、アラヤ通りとの交差点に巨大なホテル「マカティ・シャングリラ・マニラ」(写真)が建っている。<br />

    グリーンベルトからマカティ通りを少し北に歩くと、アラヤ通りとの交差点に巨大なホテル「マカティ・シャングリラ・マニラ」(写真)が建っている。

  • アラヤ通りを挟んでその対面に「ザ・ペニンシュラ・マニラ」(写真)が建つ。お互いに豪華さを競い合う高級ホテルである。<br />

    アラヤ通りを挟んでその対面に「ザ・ペニンシュラ・マニラ」(写真)が建つ。お互いに豪華さを競い合う高級ホテルである。

  • 私は高級ホテル巡りが好きなのであるが、今回はパスしてマカティ通りを北に進む。目的地は「アラヤ・トライアングル・パーク」(写真)である。<br />

    私は高級ホテル巡りが好きなのであるが、今回はパスしてマカティ通りを北に進む。目的地は「アラヤ・トライアングル・パーク」(写真)である。

  • マニラ訪問初日の夜、ここを訪れ気に入ったので今回は昼間に来てみた。公園に面してレストラン・カフェが軒を並べ楽しい雰囲気が漂う。<br />

    マニラ訪問初日の夜、ここを訪れ気に入ったので今回は昼間に来てみた。公園に面してレストラン・カフェが軒を並べ楽しい雰囲気が漂う。

  • 前回同様「The Coffee Bean &Tea Leaf」に入りカフェラテ(写真:140ペソ、378円)を注文する。店内はほぼ満席でお客はみな若い。大きなカップに入ったカフェラテは飲みごたえ十分で1時間以上コーヒータイムを楽しむ。<br />

    前回同様「The Coffee Bean &Tea Leaf」に入りカフェラテ(写真:140ペソ、378円)を注文する。店内はほぼ満席でお客はみな若い。大きなカップに入ったカフェラテは飲みごたえ十分で1時間以上コーヒータイムを楽しむ。

  • その後、マカティ市中心部にあるアラヤセンターまでもどり、「SMシューマート」「グロリエッタ」等をざっとまわる。この周囲はメトロマニラ最大規模の現代的なショッピング街で、東京と何ら変わらない。街行く人々もお洒落で洗練されている。<br />写真:ホテルのジム

    その後、マカティ市中心部にあるアラヤセンターまでもどり、「SMシューマート」「グロリエッタ」等をざっとまわる。この周囲はメトロマニラ最大規模の現代的なショッピング街で、東京と何ら変わらない。街行く人々もお洒落で洗練されている。
    写真:ホテルのジム

  • ところが、グロリエッタの館内のエスカレーターに乗っていたら、身なりのいい若いフィリピン女性から声をかけられた。その最初の言葉が奇妙だ。私の足元を見て「いい靴を履いていますね。どこで買ったんですか?」ときた。ブランド物ではなく地元のスーパーで買った使い古しの靴が「いい靴」とは?しかも若い女性が言ってきた。日本では絶対にありえない質問…。<br />写真:ホテルの昼間のプール

    ところが、グロリエッタの館内のエスカレーターに乗っていたら、身なりのいい若いフィリピン女性から声をかけられた。その最初の言葉が奇妙だ。私の足元を見て「いい靴を履いていますね。どこで買ったんですか?」ときた。ブランド物ではなく地元のスーパーで買った使い古しの靴が「いい靴」とは?しかも若い女性が言ってきた。日本では絶対にありえない質問…。
    写真:ホテルの昼間のプール

  • 私は何も考えずに「日本だよ」と答えると、彼女は「2年前に東京デズニーランドに行った。ラーメンおいしかったが高かった、等々」語りはじめた。彼女の英語は比較的きれいで聞き取りやすかったのでしばらく相手をした。男の1人旅だ。若い女性と英語で話すのは悪くはない。(鼻の下が伸びてくる?)<br />写真:ホテルの夜のロビー

    私は何も考えずに「日本だよ」と答えると、彼女は「2年前に東京デズニーランドに行った。ラーメンおいしかったが高かった、等々」語りはじめた。彼女の英語は比較的きれいで聞き取りやすかったのでしばらく相手をした。男の1人旅だ。若い女性と英語で話すのは悪くはない。(鼻の下が伸びてくる?)
    写真:ホテルの夜のロビー

  • ところが、いつまでたっても「単なるおしゃべり」が続き、彼女はやめようとはしない。彼女の目的は?と思いつつ英会話の練習を続けた。そのうち、喫茶店くらい誘ってもいいかな?と思っていたところ…<br />写真:ホテルの朝食ビュッフェ

    ところが、いつまでたっても「単なるおしゃべり」が続き、彼女はやめようとはしない。彼女の目的は?と思いつつ英会話の練習を続けた。そのうち、喫茶店くらい誘ってもいいかな?と思っていたところ…
    写真:ホテルの朝食ビュッフェ

  • 「どこのホテルに泊まっているんですか?」と聞いてきた。これはまずいと思い、ホテル名は言わず、適当に会話を切り上げて別れた。やはり、あの手のご婦人だろうか?<br />写真:ホテルの朝食ビュッフェ

    「どこのホテルに泊まっているんですか?」と聞いてきた。これはまずいと思い、ホテル名は言わず、適当に会話を切り上げて別れた。やはり、あの手のご婦人だろうか?
    写真:ホテルの朝食ビュッフェ

  • 彼女は色の黒いあまり魅力的ではないフィリピーノだったので幸いした。もし色白で魅力的な人だったら心が動いたかもしれない。未体験ゾーンのフィリピン・マニラ、地雷を踏まないよう気をつけて歩こう。<br />写真:ホテルの朝食ビュッフェ

    彼女は色の黒いあまり魅力的ではないフィリピーノだったので幸いした。もし色白で魅力的な人だったら心が動いたかもしれない。未体験ゾーンのフィリピン・マニラ、地雷を踏まないよう気をつけて歩こう。
    写真:ホテルの朝食ビュッフェ

この旅行記のタグ

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フィリピンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フィリピン最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フィリピンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集