ブダペスト 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ブダペスト、ウィーン、プラハ、チェスキー・クルムロフを8日間で周遊。大好きなかわいい建築を巡る旅です。<br /><br /><br /><旅程><br />成田空港 → モスクワ(トランジット) → ブダペスト<br />→ 列車でウィーン → 列車でプラハ <br />→ バスでチェスキー・クルムロフ(プラハ日帰り)<br /><br />プラハ → モスクワ(トランジット) → 成田空港<br /><br /><br />ブダペスト編<br />http://4travel.jp/travelogue/10926235<br /><br />ウィーン編(1日目)<br />http://4travel.jp/travelogue/10926985<br /><br />ウィーン編(2日目)<br />http://4travel.jp/travelogue/10928872<br /><br />プラハ城周辺編<br />http://4travel.jp/travelogue/10929952<br /><br />プラハ旧市街編<br />http://4travel.jp/travelogue/10930249<br /><br />プラハ市民会館編<br />http://4travel.jp/travelogue/10931072<br /><br />チェスキー・クルムロフ編<br />http://4travel.jp/travelogue/10931323<br /><br /><br /><br />まずブダペストの部分をレポします。<br /><br /><br /><事前準備情報><br />成田空港で10,000ハンガリーフォリント(Ft)だけ換金。<br />現在のレートで大体5000円程度です。<br />今回、ブダペストは約1日なので、少なめ。<br />余っても他の国で使えない通貨なので使い切る額にしました。<br />ヨーロッパは、ほとんどのスーパー、レストラン、観光地の入場料カウンターでカードが使えますので、足りなかったらカードで払えば困りません。<br />ところがハンガリーは物価が安めで、最後に結構余ってしまい、ウィーンに移動する前にヨーグルトやジュースなど後で飲食できそうなものを買いました。<br /><br />WiFiはグローバルWiFiを持参しましたが、ほぼどこでも、問題なくつながりました。

中欧の世界遺産とアール・ヌーボーを巡る旅 ~ブダペスト編 

34いいね!

2014/08/24 - 2014/08/25

225位(同エリア2389件中)

    149

    ブダペスト、ウィーン、プラハ、チェスキー・クルムロフを8日間で周遊。大好きなかわいい建築を巡る旅です。


    <旅程>
    成田空港 → モスクワ(トランジット) → ブダペスト
    → 列車でウィーン → 列車でプラハ 
    → バスでチェスキー・クルムロフ(プラハ日帰り)

    プラハ → モスクワ(トランジット) → 成田空港


    ブダペスト編
    http://4travel.jp/travelogue/10926235

    ウィーン編(1日目)
    http://4travel.jp/travelogue/10926985

    ウィーン編(2日目)
    http://4travel.jp/travelogue/10928872

    プラハ城周辺編
    http://4travel.jp/travelogue/10929952

    プラハ旧市街編
    http://4travel.jp/travelogue/10930249

    プラハ市民会館編
    http://4travel.jp/travelogue/10931072

    チェスキー・クルムロフ編
    http://4travel.jp/travelogue/10931323



    まずブダペストの部分をレポします。


    <事前準備情報>
    成田空港で10,000ハンガリーフォリント(Ft)だけ換金。
    現在のレートで大体5000円程度です。
    今回、ブダペストは約1日なので、少なめ。
    余っても他の国で使えない通貨なので使い切る額にしました。
    ヨーロッパは、ほとんどのスーパー、レストラン、観光地の入場料カウンターでカードが使えますので、足りなかったらカードで払えば困りません。
    ところがハンガリーは物価が安めで、最後に結構余ってしまい、ウィーンに移動する前にヨーグルトやジュースなど後で飲食できそうなものを買いました。

    WiFiはグローバルWiFiを持参しましたが、ほぼどこでも、問題なくつながりました。

    同行者
    友人
    一人あたり費用
    10万円 - 15万円
    交通手段
    鉄道 徒歩
    航空会社
    アエロフロート・ロシア航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    4.0
    ホテル
    4.5
    交通
    4.5

    PR

    • ハンガリーの空港に着いたのが19:15。<br />バスの案内板に沿って(イラストになっていますのですぐわかります)<br />空港の出口を出て、市バス200番に乗車。<br />Kõbánya-Kispest駅(終点)で降ります。<br />終点なので、とりあえず乗ってればOKなので安心です。<br /><br />写真はバスの窓から空を撮影。<br />20時頃なのに、この明るさです。(旅行日は8月24日)

      ハンガリーの空港に着いたのが19:15。
      バスの案内板に沿って(イラストになっていますのですぐわかります)
      空港の出口を出て、市バス200番に乗車。
      Kõbánya-Kispest駅(終点)で降ります。
      終点なので、とりあえず乗ってればOKなので安心です。

      写真はバスの窓から空を撮影。
      20時頃なのに、この明るさです。(旅行日は8月24日)

    • 市バスの終点から、地下鉄に乗り換えます。<br /><br />まずホテルに行く前に、<br />折角だから美しいと有名なドナウ川の夜景を見に行こうと、<br />国会議事堂の最寄り駅に向かいました。<br />(荷物がめっちゃ身軽なタイプなもので)<br /><br /><br />地下鉄の自販機で、<br />地下鉄・トラム・バス・郊外電車の1日券を買います。<br />1日券=Napijegy<br /><br />1日券は、『今この時間から』と『明日1日』とが選べました。<br />だいたいどこの国も、1日5回ほど乗るなら1日券のほうが便利です。<br /><br />3号線 Kõbánya-Kispest駅 → Deák Ferenc tér駅(10駅)<br />2号線 Deák Ferenc tér駅 → Kossuth Lajos tér駅(1駅)<br /><br />1駅あたり2〜3分程度。東京の地下鉄と同程度です。<br /><br />写真は2号線のホーム。<br /><br /><br />ちなみに、Kossuth Lajos tér駅は、Kossuth tér駅と書いてある路線図もありますが、<br />同じ駅です。<br />こういうので地味に迷いますよね…<br />

      市バスの終点から、地下鉄に乗り換えます。

      まずホテルに行く前に、
      折角だから美しいと有名なドナウ川の夜景を見に行こうと、
      国会議事堂の最寄り駅に向かいました。
      (荷物がめっちゃ身軽なタイプなもので)


      地下鉄の自販機で、
      地下鉄・トラム・バス・郊外電車の1日券を買います。
      1日券=Napijegy

      1日券は、『今この時間から』と『明日1日』とが選べました。
      だいたいどこの国も、1日5回ほど乗るなら1日券のほうが便利です。

      3号線 Kõbánya-Kispest駅 → Deák Ferenc tér駅(10駅)
      2号線 Deák Ferenc tér駅 → Kossuth Lajos tér駅(1駅)

      1駅あたり2〜3分程度。東京の地下鉄と同程度です。

      写真は2号線のホーム。


      ちなみに、Kossuth Lajos tér駅は、Kossuth tér駅と書いてある路線図もありますが、
      同じ駅です。
      こういうので地味に迷いますよね…

    • 20時半〜21時ごろ<br /><br />Kossuth Lajos tér駅を出た瞬間、<br />目の前に大迫力のライトアップされた国会議事堂が!<br />思わず立ちすくむほどの美しさです!!!

      20時半〜21時ごろ

      Kossuth Lajos tér駅を出た瞬間、
      目の前に大迫力のライトアップされた国会議事堂が!
      思わず立ちすくむほどの美しさです!!!

    • 四方からライトアップされていて、<br />どこから見ても幻想的です。<br /><br />さすが、『世界一美しい国会議事堂』と言われるだけのことは、<br />十分にあります。

      イチオシ

      四方からライトアップされていて、
      どこから見ても幻想的です。

      さすが、『世界一美しい国会議事堂』と言われるだけのことは、
      十分にあります。

    • 何気なく灯っている電灯も、<br />細かい細工が施されており、<br />この幻想的な景色を作り出しています。

      何気なく灯っている電灯も、
      細かい細工が施されており、
      この幻想的な景色を作り出しています。

    • そして、国会議事堂の脇に流れるドナウ川。<br />左手奥に、くさり橋と王宮<br />右手奥に、マーチャーシュ教会<br /><br />息を飲む美しさです。

      そして、国会議事堂の脇に流れるドナウ川。
      左手奥に、くさり橋と王宮
      右手奥に、マーチャーシュ教会

      息を飲む美しさです。

    • しかも、21時近くだったせいか、地元のカップルが歩いているくらいで、<br />ほとんど独り占め状態でした…。<br /><br /><br />治安も良い感じでしたので、夕刻に現地に着かれる方は、<br />絶対見に行ったほうがいいと思います。<br /><br />私の場合、翌日の夕方にはウィーンに向けて出発するため、<br />ブダペストの夜はこの日しかなかったので、<br />見に行って大正解でした。<br /><br /><br />地下鉄<br />2号線 Kossuth Lajos tér駅 → Blaha Lujza ter駅(2駅)<br /><br /><br /><ホテル><br />Novotel Budapest Centrum ノボテル ブダペスト セントラム <br />写真なくてすみません。。。<br />値段が激安の割に、駅から徒歩1分以内、<br />室内も清潔で、何一つ不自由ありませんでした。<br />(潔癖なので、清潔かどうかが物凄く大事)

      しかも、21時近くだったせいか、地元のカップルが歩いているくらいで、
      ほとんど独り占め状態でした…。


      治安も良い感じでしたので、夕刻に現地に着かれる方は、
      絶対見に行ったほうがいいと思います。

      私の場合、翌日の夕方にはウィーンに向けて出発するため、
      ブダペストの夜はこの日しかなかったので、
      見に行って大正解でした。


      地下鉄
      2号線 Kossuth Lajos tér駅 → Blaha Lujza ter駅(2駅)


      <ホテル>
      Novotel Budapest Centrum ノボテル ブダペスト セントラム 
      写真なくてすみません。。。
      値段が激安の割に、駅から徒歩1分以内、
      室内も清潔で、何一つ不自由ありませんでした。
      (潔癖なので、清潔かどうかが物凄く大事)

    • 朝 7:00 チェックアウト<br />(私の旅は相当なスパルタ日程です、多分)<br /><br />ホテルに荷物を預かってもらって(快くOK頂きました。無料)<br />出発。<br /><br /><br />ちなみに、地下鉄の構内には、<br />このような禁煙のマークがついていましたが、<br />街中にスモーカーの多いこと多いこと…<br />さぞかし肺がん率が高いんじゃないか…と思わずにはいられないほどの<br />モクモクタウンでしたw

      朝 7:00 チェックアウト
      (私の旅は相当なスパルタ日程です、多分)

      ホテルに荷物を預かってもらって(快くOK頂きました。無料)
      出発。


      ちなみに、地下鉄の構内には、
      このような禁煙のマークがついていましたが、
      街中にスモーカーの多いこと多いこと…
      さぞかし肺がん率が高いんじゃないか…と思わずにはいられないほどの
      モクモクタウンでしたw

    • 地下鉄の改札。<br /><br />赤い、短い柱のようなところに切符を入れて、<br />刻印してから通ります。<br />ご覧のとおり、<br />刻印しなくてもがっちゃんと閉まったりしないので通り放題ですが、<br />強面のおじさま・おばさまが数名、睨みを効かせています。<br /><br />1日券は、券に有効日時が明記されていますので、<br />刻印する必要はありません。<br />おじさま・おばさまにさらっと見せて、通過してください。

      地下鉄の改札。

      赤い、短い柱のようなところに切符を入れて、
      刻印してから通ります。
      ご覧のとおり、
      刻印しなくてもがっちゃんと閉まったりしないので通り放題ですが、
      強面のおじさま・おばさまが数名、睨みを効かせています。

      1日券は、券に有効日時が明記されていますので、
      刻印する必要はありません。
      おじさま・おばさまにさらっと見せて、通過してください。

    • 応用美術館(工芸美術館)<br /><br />2号線 Blaha Lujza ter駅 → Deak Ferenc ter駅(3駅)<br />3号線 Deak Ferenc ter駅 → Corvin-negyed駅(1駅)<br /><br />駅を出て目の前に、<br />透き通るような真っ青な空と、翡翠色のコラボレーション!

      イチオシ

      応用美術館(工芸美術館)

      2号線 Blaha Lujza ter駅 → Deak Ferenc ter駅(3駅)
      3号線 Deak Ferenc ter駅 → Corvin-negyed駅(1駅)

      駅を出て目の前に、
      透き通るような真っ青な空と、翡翠色のコラボレーション!

    • 今回はアール・ヌーボーを巡る旅。<br />最初の建物は、19世紀の終わりのアール・ヌーボー。<br />外観はフランス・ルネッサンス様式ですが、<br />一つ一つの装飾モチーフが、めちゃくちゃかわいくて!<br /><br />何と言っても、金木犀の花のような、<br />オレンジがかった黄色のアクセントが利いた、<br />翡翠色の鮮やかな屋根にキュンキュンです。

      今回はアール・ヌーボーを巡る旅。
      最初の建物は、19世紀の終わりのアール・ヌーボー。
      外観はフランス・ルネッサンス様式ですが、
      一つ一つの装飾モチーフが、めちゃくちゃかわいくて!

      何と言っても、金木犀の花のような、
      オレンジがかった黄色のアクセントが利いた、
      翡翠色の鮮やかな屋根にキュンキュンです。

    • 応用美術館は、<br />ハンガリーを代表するアール・ヌーボー建築家、レヒネルの代表作です。<br /><br />装飾1つ1つに、色鮮やかな草花が咲き誇り、<br />実に繊細。<br /><br />ハンガリーの民族的な模様が多く盛り込まれているだけでなく、<br />イスラム教やヒンドゥー教のモチーフも含まれているそうです。

      応用美術館は、
      ハンガリーを代表するアール・ヌーボー建築家、レヒネルの代表作です。

      装飾1つ1つに、色鮮やかな草花が咲き誇り、
      実に繊細。

      ハンガリーの民族的な模様が多く盛り込まれているだけでなく、
      イスラム教やヒンドゥー教のモチーフも含まれているそうです。

    • 入り口。<br /><br />実はこの日は月曜日…。<br /><br />そう、ハンガリーのほとんどの観光地は、休日です…。<br />もちろんここもお休みです…。<br /><br /><br />中は真っ白で、めっちゃかわいい!はずだったのにっ!!<br />残念です。<br /><br />それはさておき、<br />石造りの重厚さを、<br />ポップなセラミックのタイルが絶妙に中和していて、<br />とっても親しみやすくなっている気がします。<br /><br />黄土色っぽい手すりは、鶏をモチーフにしていて、<br />あまりの奇抜さに、作成式で皇帝が思わず<br />「ここのこの卵の黄身はなんだね」<br />と言ったとのことで、<br />どれどれ…とよーく見たのですが、<br />どこが黄身だかわかりませんでしたwww

      入り口。

      実はこの日は月曜日…。

      そう、ハンガリーのほとんどの観光地は、休日です…。
      もちろんここもお休みです…。


      中は真っ白で、めっちゃかわいい!はずだったのにっ!!
      残念です。

      それはさておき、
      石造りの重厚さを、
      ポップなセラミックのタイルが絶妙に中和していて、
      とっても親しみやすくなっている気がします。

      黄土色っぽい手すりは、鶏をモチーフにしていて、
      あまりの奇抜さに、作成式で皇帝が思わず
      「ここのこの卵の黄身はなんだね」
      と言ったとのことで、
      どれどれ…とよーく見たのですが、
      どこが黄身だかわかりませんでしたwww

    • 外壁に、ハンガリーの国章。<br />盾の上に聖イシュトヴァーンの王冠が乗っています。<br /><br />イシュトヴァーンの聖堂は後ほど向かいます。

      外壁に、ハンガリーの国章。
      盾の上に聖イシュトヴァーンの王冠が乗っています。

      イシュトヴァーンの聖堂は後ほど向かいます。

    • 入り口の天井にも、鮮やかな草花の装飾。

      入り口の天井にも、鮮やかな草花の装飾。

    • こういう、上品な曲線美が、アール・ヌーボーの魅力。<br /><br /><br />中を見学できないのが残念すぎた、応用美術館でした。

      こういう、上品な曲線美が、アール・ヌーボーの魅力。


      中を見学できないのが残念すぎた、応用美術館でした。

    1件目~20件目を表示(全149件中)

    この旅行記のタグ

      34いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      ハンガリーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      ハンガリー最安 760円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      ハンガリーの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      ブダペスト(ハンガリー) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集