その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

今年の夏休みはアイスランドに行きました。<br /><br />今から10年前、はじめてアイスランドを訪れた時はまだ学生でバックパッカー、1クローナ=2円の時代でもあり本当に予算がなく、また季節も冬だったのでできることにも限りがありました。<br />短いアイスランド滞在を全力で楽しんだもののやり残したことも多く、いつか必ず、予算も時期も「ベストな準備」をして再訪しようと誓いました。<br />ところが社会人になってからは、アイスランドより身近だから試しにと手を出したノルウェーに浮気してしまいノルウェー語の勉強まで始め、アイスランドへの道は遠のくばかり。<br />アメリカに引越してきてようやく、ノルウェーよりアイスランドの方が近い!ここは是非ともアイスランドへとなりました。<br /><br />ところが今度は「ベストな準備」が中々整いません。<br />旅行時期は8月ではなく7月であること、レンタカーで南海岸を宿泊しながらゆっくり回ること。<br />夫の夏休みの日程は毎年ぎりぎりまで決まらず、その頃には航空券も高くなってしまっているし、南海岸の宿もほとんど空きがありません。<br />一生に1度きりとなるであろう夏のアイスランド旅行、中途半端なまま行きたくはない。<br /><br />アメリカに来て4回目の夏の今年、ようやく「ベストな準備」が整い、10年分の思いを込めたアイスランド行きを実行する日が来たのでした。<br />南海岸だけで1週間、贅沢な日程です。<br /><br />【日程】<br /><br />1日目<br />Southwest Tennessee→Boston<br />≪Hilton Boston Logan Airport泊≫<br /><br />2日目<br />Icelandair Boston→Keflavik 23:40着<br /> ≪B&amp;B Keflavik Airport泊≫<br /><br />3日目 Keflavik→Vik<br />レンタカー借り出し、セリャランスフォス(Seljalandsfoss)、エイヤフィヤトラ氷河ビジターセンター(Eyjafjallajokull Visitor Centre)、スコゥガフォス(Skogafoss)、ソゥルヘイマ氷河(Solheimajokull)、Vikの黒砂海岸周辺でパフィン探し<br />≪Icelandair Hotel Vik泊≫<br /><br />4日目 Vik→Hofn<br />ディルホゥラエイ(Dyrholaey)でパフィン探し。<br />スカフタフェットル国立公園(Skaftafell)、スヴィナフェットルス氷河(Svinafellsjokull)、ヨークルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)のボートツアー<br />手長エビディナー<br />≪Nyibaer Guesthouse Hofn泊≫<br /><br />5日目 Hofn→Vik<br />ヨークルスアゥルロゥン再訪(Jokulsarlon)、フィヤトルスアゥルロゥン(Fjallsarlon)<br />≪Icelandair Hotel Vik泊≫<br /><br />6日目 Vik→Hveragerdi<br />ディルホゥラエイ(Dyrholaey)でパフィン探し<br />レイキャザルール(Reykjadalur)の川温泉へハイキング<br />≪Axel House(Frost and Fire Hotel)泊≫<br /><br />7日目 ゴールデンサークル<br />ケリズ火口湖(Kerid)、グトルフォス(Gullfoss)、ゲイシール(Geysir)、シンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)<br />≪Axel House(Frost and Fire Hotel)泊≫<br /><br />8日目 Hveragerdi→Keflavik<br />モスフェットルスバイル(Mosfellsbaer)、レイキャビク市内観光、ブルーラグーン<br />≪A10 Deluxe Keflavik泊≫<br /><br />9日目<br />Icelandair Keflavik→Boston<br />Southwest Boston→Tennessee<br />ただいま!<br /><br />

10年越しの夢かなう、アイスランド 【前編】

33いいね!

2014/07/18 - 2014/07/26

6位(同エリア93件中)

    54

    今年の夏休みはアイスランドに行きました。

    今から10年前、はじめてアイスランドを訪れた時はまだ学生でバックパッカー、1クローナ=2円の時代でもあり本当に予算がなく、また季節も冬だったのでできることにも限りがありました。
    短いアイスランド滞在を全力で楽しんだもののやり残したことも多く、いつか必ず、予算も時期も「ベストな準備」をして再訪しようと誓いました。
    ところが社会人になってからは、アイスランドより身近だから試しにと手を出したノルウェーに浮気してしまいノルウェー語の勉強まで始め、アイスランドへの道は遠のくばかり。
    アメリカに引越してきてようやく、ノルウェーよりアイスランドの方が近い!ここは是非ともアイスランドへとなりました。

    ところが今度は「ベストな準備」が中々整いません。
    旅行時期は8月ではなく7月であること、レンタカーで南海岸を宿泊しながらゆっくり回ること。
    夫の夏休みの日程は毎年ぎりぎりまで決まらず、その頃には航空券も高くなってしまっているし、南海岸の宿もほとんど空きがありません。
    一生に1度きりとなるであろう夏のアイスランド旅行、中途半端なまま行きたくはない。

    アメリカに来て4回目の夏の今年、ようやく「ベストな準備」が整い、10年分の思いを込めたアイスランド行きを実行する日が来たのでした。
    南海岸だけで1週間、贅沢な日程です。

    【日程】

    1日目
    Southwest Tennessee→Boston
    ≪Hilton Boston Logan Airport泊≫

    2日目
    Icelandair Boston→Keflavik 23:40着
     ≪B&B Keflavik Airport泊≫

    3日目 Keflavik→Vik
    レンタカー借り出し、セリャランスフォス(Seljalandsfoss)、エイヤフィヤトラ氷河ビジターセンター(Eyjafjallajokull Visitor Centre)、スコゥガフォス(Skogafoss)、ソゥルヘイマ氷河(Solheimajokull)、Vikの黒砂海岸周辺でパフィン探し
    ≪Icelandair Hotel Vik泊≫

    4日目 Vik→Hofn
    ディルホゥラエイ(Dyrholaey)でパフィン探し。
    スカフタフェットル国立公園(Skaftafell)、スヴィナフェットルス氷河(Svinafellsjokull)、ヨークルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)のボートツアー
    手長エビディナー
    ≪Nyibaer Guesthouse Hofn泊≫

    5日目 Hofn→Vik
    ヨークルスアゥルロゥン再訪(Jokulsarlon)、フィヤトルスアゥルロゥン(Fjallsarlon)
    ≪Icelandair Hotel Vik泊≫

    6日目 Vik→Hveragerdi
    ディルホゥラエイ(Dyrholaey)でパフィン探し
    レイキャザルール(Reykjadalur)の川温泉へハイキング
    ≪Axel House(Frost and Fire Hotel)泊≫

    7日目 ゴールデンサークル
    ケリズ火口湖(Kerid)、グトルフォス(Gullfoss)、ゲイシール(Geysir)、シンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)
    ≪Axel House(Frost and Fire Hotel)泊≫

    8日目 Hveragerdi→Keflavik
    モスフェットルスバイル(Mosfellsbaer)、レイキャビク市内観光、ブルーラグーン
    ≪A10 Deluxe Keflavik泊≫

    9日目
    Icelandair Keflavik→Boston
    Southwest Boston→Tennessee
    ただいま!

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    レンタカー
    航空会社
    アイスランド航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • 1〜2日目<br /><br />今回は航空券を米国内線(サウスウエスト)とアイスランド航空、別々で手配しました。<br />去年とおととしの夏休み、それに去年の冬休みもフライトキャンセルや大幅遅延に遭っているので2度(3度)あることは何とやら、というわけで経由地ボストンで1泊(約22時間)の乗継時間を確保し、何が起こっても対応でき、ついでにボストン観光もできるようにしました。<br /><br />自宅から30時間以上かかってレイキャビクまで到着。<br />それでもボストンから5時間少々でアイスランドに到着するのはとても近い感覚です。<br />到着は深夜0時近かったので、そのままお願いしていた送迎バスでホテルへ行き、就寝。

      1〜2日目

      今回は航空券を米国内線(サウスウエスト)とアイスランド航空、別々で手配しました。
      去年とおととしの夏休み、それに去年の冬休みもフライトキャンセルや大幅遅延に遭っているので2度(3度)あることは何とやら、というわけで経由地ボストンで1泊(約22時間)の乗継時間を確保し、何が起こっても対応でき、ついでにボストン観光もできるようにしました。

      自宅から30時間以上かかってレイキャビクまで到着。
      それでもボストンから5時間少々でアイスランドに到着するのはとても近い感覚です。
      到着は深夜0時近かったので、そのままお願いしていた送迎バスでホテルへ行き、就寝。

    • 3日目<br /><br />ホテルの送迎バスで再び空港へ。レンタカーを借りて出発。<br />レンタカーは日産のQASHQAI、しかもオートマ車でした。<br />マニュアル車を期待していた夫は少々しょんぼり。でも結果としてオートマでクルーズコントロールが装備されていたのは、連日のハイキングに疲れた足には優しかったと思います。私は運転していませんが…<br /><br />今日は南海岸をゆっくり走りながらVikまで行きます。<br />

      3日目

      ホテルの送迎バスで再び空港へ。レンタカーを借りて出発。
      レンタカーは日産のQASHQAI、しかもオートマ車でした。
      マニュアル車を期待していた夫は少々しょんぼり。でも結果としてオートマでクルーズコントロールが装備されていたのは、連日のハイキングに疲れた足には優しかったと思います。私は運転していませんが…

      今日は南海岸をゆっくり走りながらVikまで行きます。

    • クヴェラゲルジ周辺で温泉のパイプラインを発見。<br />クヴェラゲルジには旅の後半で滞在します。<br />

      クヴェラゲルジ周辺で温泉のパイプラインを発見。
      クヴェラゲルジには旅の後半で滞在します。

    • セルフォスのスーパーで食料品を調達し、1号線を東に進みます。<br />南部は牧畜が盛んです。

      セルフォスのスーパーで食料品を調達し、1号線を東に進みます。
      南部は牧畜が盛んです。

    • こんな光景も当たり前なので、運転は慎重に・・・

      こんな光景も当たり前なので、運転は慎重に・・・

    • 最初の観光はセリャランスフォス(Seljalandsfoss)

      最初の観光はセリャランスフォス(Seljalandsfoss)

    • 裏側を歩くのが名物(?)です。<br />足元も滑りやすくかなり濡れるので万全の装備で。

      裏側を歩くのが名物(?)です。
      足元も滑りやすくかなり濡れるので万全の装備で。

    • エイヤフィヤトラ氷河の火山噴火に関する展示があるビジターセンター。<br /><br /><br />

      エイヤフィヤトラ氷河の火山噴火に関する展示があるビジターセンター。


    • 今日はエイヤフィヤトラ氷河が見えま・・・ほんの少しだけ見えます。<br />前述のビジターセンターを管理しているのはこの牧場を経営する家族です。<br />噴火する火山とふもとの牧場の写真、世界に配信されとても有名になったと思います。<br /><br />アイスランド航空の機内エンターテイメントに「ASH」というエイヤフィヤトラ氷河の噴火と周辺で牧場を営んでいた家族に密着したドキュメンタリーがあり、この牧場の一家も出演しています。<br />ビジターセンターをオープンするに至った経緯も描かれており、英語字幕しかありませんがとても興味深いです。<br /><br /><br />

      今日はエイヤフィヤトラ氷河が見えま・・・ほんの少しだけ見えます。
      前述のビジターセンターを管理しているのはこの牧場を経営する家族です。
      噴火する火山とふもとの牧場の写真、世界に配信されとても有名になったと思います。

      アイスランド航空の機内エンターテイメントに「ASH」というエイヤフィヤトラ氷河の噴火と周辺で牧場を営んでいた家族に密着したドキュメンタリーがあり、この牧場の一家も出演しています。
      ビジターセンターをオープンするに至った経緯も描かれており、英語字幕しかありませんがとても興味深いです。


    • 今日3ヵ所目、スコゥガフォス(Skogafoss)<br />とりあえず滝の上に登ります。

      今日3ヵ所目、スコゥガフォス(Skogafoss)
      とりあえず滝の上に登ります。

    • 上から滝は良く見えなかったけど、絶景でした

      上から滝は良く見えなかったけど、絶景でした

    • 4か所目、ソゥルヘイマ氷河(Solheimajokull)<br /><br />訪問する前の週までソゥルヘイマのあるミールダルスヨークトル氷河下で活発な地熱活動があり、ソゥルヘイマに有毒ガスが発生していること、また川が増水して洪水の恐れがあることから立ち入りが制限されていましたが、活動もおさまったようで行くことができました。<br /><br />1号線から砂利道を4キロ程走ると、カフェと駐車場があります。<br />そこから氷河の先端は歩いてすぐです。

      4か所目、ソゥルヘイマ氷河(Solheimajokull)

      訪問する前の週までソゥルヘイマのあるミールダルスヨークトル氷河下で活発な地熱活動があり、ソゥルヘイマに有毒ガスが発生していること、また川が増水して洪水の恐れがあることから立ち入りが制限されていましたが、活動もおさまったようで行くことができました。

      1号線から砂利道を4キロ程走ると、カフェと駐車場があります。
      そこから氷河の先端は歩いてすぐです。

    • レイキャビクからアクセスの良い氷河なので、氷河ウォークをしている人がたくさんいます。

      イチオシ

      レイキャビクからアクセスの良い氷河なので、氷河ウォークをしている人がたくさんいます。

    • どこが土で、どこが氷なのかわからない・・・

      どこが土で、どこが氷なのかわからない・・・

    • 1号線からソゥルヘイマへの道はこんな感じです。いつのまにかとても良い天気になりました。

      1号線からソゥルヘイマへの道はこんな感じです。いつのまにかとても良い天気になりました。

    • せっかく晴れたので1号線からミールダルスヨークトルの写真を1枚。<br /><br />氷河というものは、先ほどのソゥルヘイマヨークトルのように山すそに幅数キロ、長さ数十キロで先端が川や海に流れ込んでいるというイメージが強く(舌氷河?)、このミールダルスヨークトルのように山向こうが見渡す限り氷河というのははじめての光景です。<br />これで明日行くヴァトナヨークトルは大人と子供ほどの大きさの違いがあるのだからいったいどれだけ大きいんだ、ヴァトナヨークトル!

      せっかく晴れたので1号線からミールダルスヨークトルの写真を1枚。

      氷河というものは、先ほどのソゥルヘイマヨークトルのように山すそに幅数キロ、長さ数十キロで先端が川や海に流れ込んでいるというイメージが強く(舌氷河?)、このミールダルスヨークトルのように山向こうが見渡す限り氷河というのははじめての光景です。
      これで明日行くヴァトナヨークトルは大人と子供ほどの大きさの違いがあるのだからいったいどれだけ大きいんだ、ヴァトナヨークトル!

    • Vikに到着後、トラウトとタラで夜ごはん。<br /><br />基本的に滞在中は昼ごはんは自然の中でパンとバナナ、夜ごはんはレストランで(奮発して)食べるようにしていました。<br /><br />

      Vikに到着後、トラウトとタラで夜ごはん。

      基本的に滞在中は昼ごはんは自然の中でパンとバナナ、夜ごはんはレストランで(奮発して)食べるようにしていました。

    • Vikの黒砂海岸。<br />パフィンを一生懸命探しましたが見つけられませんでした。

      Vikの黒砂海岸。
      パフィンを一生懸命探しましたが見つけられませんでした。

    • 4日目、朝からディルホゥラエイ(Dyrholaey)に来ました。<br /><br />目的はただ1つ、パフィンを見つけること!<br />そもそも南海岸のここVikに2泊するのは、すべてはパフィンの為です。<br /><br />パフィンウォッチングは、朝7〜10時、夜は6〜10時頃が巣に帰ってきているので良い時間帯という情報を信じて、朝8時頃に行きました。<br /><br />結果、<br /><br />・・・・いない。<br />Dyrholaeyで見られなかったらどうすればいいんだ、泣きそうになりながら帰るかと思ったその時、

      4日目、朝からディルホゥラエイ(Dyrholaey)に来ました。

      目的はただ1つ、パフィンを見つけること!
      そもそも南海岸のここVikに2泊するのは、すべてはパフィンの為です。

      パフィンウォッチングは、朝7〜10時、夜は6〜10時頃が巣に帰ってきているので良い時間帯という情報を信じて、朝8時頃に行きました。

      結果、

      ・・・・いない。
      Dyrholaeyで見られなかったらどうすればいいんだ、泣きそうになりながら帰るかと思ったその時、

    • 遠くの海に浮かんでいる、黒ごまのような斑点をカメラでスーパーズームにすると、パフィンであることを夫が発見。<br /><br />確かにこれはパフィン。カメラは見た。しかし肉眼ではただのゴマ。<br />これでパフィンを見たと言えるのか?<br /><br />まさにパフィン探しはオーロラ観測と同じであることを実感した瞬間でした。<br />肉眼だと白いオーロラだけど、写真に撮るとあざやかな緑のオーロラだったりすること、ありますよね、まさにあの気分です。<br /><br /><br />

      遠くの海に浮かんでいる、黒ごまのような斑点をカメラでスーパーズームにすると、パフィンであることを夫が発見。

      確かにこれはパフィン。カメラは見た。しかし肉眼ではただのゴマ。
      これでパフィンを見たと言えるのか?

      まさにパフィン探しはオーロラ観測と同じであることを実感した瞬間でした。
      肉眼だと白いオーロラだけど、写真に撮るとあざやかな緑のオーロラだったりすること、ありますよね、まさにあの気分です。


    1件目~20件目を表示(全54件中)

    この旅行記のタグ

      33いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      その他の都市(アイスランド) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集