旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

その他の都市人気旅行記ランキング10位(89件中)

10年越しの夢かなう、アイスランド 【後編】

関連タグ

    旅行時期 2014/07/18 - 2014/07/26 (2014/08/01投稿

    アイスランド旅行記の後編、6日目からです。

    (前編:http://4travel.jp/travelogue/10912513

    【日程】
    1日目
    Southwest Tennessee→Boston
    ≪Hilton Boston Logan Airport泊≫

    2日目
    Icelandair Boston→Keflavik 23:40着
     ≪B&B Keflavik Airport泊≫

    3日目 Keflavik→Vik
    レンタカー借り出し、セリャランスフォス(Seljalandsfoss)、エイヤフィヤトラ氷河ビジターセンター(Eyjafjallajokull Visitor Centre)、スコゥガフォス(Skogafoss)、ソゥルヘイマ氷河(Solheimajokull)、Vikの黒砂海岸周辺でパフィン探し
    ≪Icelandair Hotel Vik泊≫

    4日目 Vik→Hofn
    ディルホゥラエイ(Dyrholaey)でパフィン探し。
    スカフタフェットル国立公園(Skaftafell)、スヴィナフェットルス氷河(Svinafellsjokull)、ヨークルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)のボートツアー
    手長エビディナー
    ≪Nyibaer Guesthouse Hofn泊≫

    5日目 Hofn→Vik
    ヨークルスアゥルロゥン再訪(Jokulsarlon)、フィヤトルスアゥルロゥン(Fjallsarlon)
    ≪Icelandair Hotel Vik泊≫

    6日目 Vik→Hveragerdi
    ディルホゥラエイ(Dyrholaey)でパフィン探し
    レイキャザルール(Reykjadalur)の川温泉へハイキング
    ≪Axel House(Frost and Fire Hotel)泊≫

    7日目 ゴールデンサークル
    ケリズ火口湖(Kerid)、グトルフォス(Gullfoss)、ゲイシール(Geysir)、シンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)
    ≪Axel House(Frost and Fire Hotel)泊≫

    8日目 Hveragerdi→Keflavik
    モスフェットルスバイル(Mosfellsbaer)、レイキャビク市内観光、ブルーラグーン
    ≪A10 Deluxe Keflavik泊≫

    9日目
    Icelandair Keflavik→Boston
    Southwest Boston→Tennessee
    ただいま!

    写真 40枚

    交通手段 : 
    エリア:
    アイスランド > その他の都市
    エリアの満足度:
    5.0
    • 6日目

      早朝5時起きで、Dyrholaeyです。
      前回8時に行ったらパフィン達はすでに海の中で巣にはいなかったため、
      さすがに5時にいったら巣にいるだろうの5時です。

      結果、いませんでした。
      一昨日と同じように皆、海の上でした。
      ・・・寒い、眠い、帰りたい。
      でもせっかく5時に起きたのに?帰るのか?あきらめられない。

      しつこく海を眺めていると、たまーに1羽ずつ巣に帰ってきて、5分くらい滞在してまた海に戻る、という光景に気がつきました。

    • 1時間ほど「おかえり」「いってらっしゃい」と行き来するパフィン達を出迎え、見送りしていると、だんだんとその頻度が、
      「おかえり」「いってらっしゃい」から
      「おかえりおかえり」「いってらっしゃい」
      「おかえりおかえりおかえりおかえり」「いってらっしゃい」とおかえりの頻度が加速度的に増え、ついに10メートルほどの距離に10羽を超えるパフィンが集まりました。

      パフィン天国!!

    • いつのまにこんなに!

    • かわいい・・・かわいすぎる。

      左右に体を揺らしながらヨチヨチ歩くその姿はペンギン。
      飛び方も羽をバタバタさせて何か変。
      顔だけじゃなく、動きにも特徴がありすぎるパフィンです。

    • キスしてる!?

    • イチオシ

      バッサバッサ

    • 身体、柔らかいですね

    • イチオシ

      ・・・こっち見んな。

    • こんなにいっぱいいたのですが・・・ちょっと悲しいことが起こりました。

    • この悪役にぴったりな顔のカモメが、上空を旋回し、パフィン達を威嚇。パフィンは海へ逃げました。
      カモメは誰もいなくなった巣を悠々とあさり、何か(ヒナだとは考えたくない)を咥えて飛び去りました。

    • カモメ去りし後、なぜ今度は羊が・・・君たちどこから来たよ?
      こんな崖っぷちに?
      鳥保護のため立ち入り禁止ってロープがあったでしょ、見えなかった?

      こんな状況ではパフィンが帰ってくるはずもなく、そろそろ潮時かなと思ってDyrholaeyを後にしました。

    • ちなみにパフィンはこんな崖に巣作りしています。
      崖の真ん中辺りの岩の部分にもいれば、上部の草むらの中にもいます。

      崖の上部(草むら)の巣の近くのエリアは保護の為立ち入ることができませんので、少し距離をおいて探すことになります。

    • 1度ホテルに帰ってカップラーメンで暖をとりつつ朝ごはん。
      朝ごはんにカップラーメンなんてとんでもないと思うのですが、あまりにも寒かったので食べられました、ありがたい味でした。

      少し休憩してから出発。今日の宿泊地のクヴェラゲルジまで寄り道せずに一息に進みました。
      今日のメインイベントは(パフィンを除き)、Reykjadalurの地熱地帯と川温泉です。

    • 駐車場から川温泉までは片道1時間ほどのハイキング。
      あちこちモクモクしています。

    • そこら辺の小川でためしに温度を計ってみると、すでに40度越え!

    • 登りがきついです。一気に登ってクヴェラゲルジを見おろし。

    • イチオシ

      人気の乗馬コースにもなっているので、下をよく見て歩かないと危ないです。

    • ところどころに警告

    • モクモクして辺りが真っ白になることも。
      霧ではなくて温泉の煙です
      キャンプしている人がいます、素敵。

    • イチオシ

      そんなこんなで目的地の川温泉はこちら。

      この小川で自分なりに適温の場所を探し、草むらで水着に着替えて入浴します。
      みなさんかなり堂々と着替えてらっしゃいますので、やたらにキョロキョロしたり、人にカメラを向けたりするのは危険です。

      ぬるいと寒いし、熱いところを探すと足元から急に源泉が噴き出してやけどしそうになるところもあったり、しかもこの日は風が強くて、温泉に浸かることができない上半身が寒いのなんの。温泉ですがラッシュガードが必要でした。

    • 本人談でリアクション芸の練習しているそうです。

      ちょうど良い湯加減のところを歩きながら探すつもりが、小石が当たってすごく痛いようです。サンダル必要です。

    • こんなおどろおどろしいところから溢れでる源泉と冷たい小川の水が混ざって、ほどよい湯加減の川湯を形成しています。

    • 温泉に入ったのに、すっかり身体が冷えてしまったので、急いで元来た道を戻り宿にチェックイン。
      宿のホットタブで暖まりなおしました。極楽。

    • 夜ごはんはクヴェラゲルジ名物の地熱料理。

    • 地熱で料理したタラの味は普通だったようです。
      パンはモチモチでとてもおいしかったです。

    • 7日目

      朝ごはんにクヴェラゲルジ名物、自分で作る温泉卵。

    • ゴールデンサークル。サクサクまわります。

      ケリズ火口湖

    • グトルフォス

      緑!凍ってない!

    • ゲイシール(ストロックル間欠泉)

      生きているように水がモッコモコと盛り上がってプシュ―となる(たまに不発)のは何度見ても飽きません。

      イエローストーンのガイザーにもいきましたが何か違います。間欠泉みるならやっぱりココじゃないと・・・。

    • ゲイシール一帯

    • シンクヴェトリル

      下に降りられた!(前回は雪と強風で降りられなかったので)

    • ホテル・・・ないですね。

    • わかりきっていたことですが、南部からのゴールデンサークルは人・人・人で少々疲れました。

      今日もホテルの温泉でゆっくり。
      夜ごはんはホテルのレストランでとりました。

      地元クヴェラゲルジ産であろうつけあわせの野菜が最高でした。
      アイスランドなのに野菜がこんなに甘くておいしいなんて。(アメリカ南部ゴラァ)

    • 8日目

      昨日は人混みでおみやげどころではなかったので、
      今日はレイキャビク近郊のモスフェットルスバイル(Mosfellsbaer)にあるAlafossというIcelandic woolの専門店に来ました。

      観光地のお土産屋さんにあるような商品から、地元の作家さんの手作りの商品までたくさんあって選ぶのが大変でした。
      自分達用に帽子とブランケットを購入。

    • そしてレイキャビクへ。
      とりあえずホットドック!

    • ここは外せないハットルグリムス教会

    • 教会の上から見下ろすと、この10年で変わったような、変わってないような。

    • 町の東側は変わったと思います。建物がとても増えたと。

      後はロイガーヴェーグル通りを歩いて、レイキャビクは終わり。
      今晩の宿のあるKelfavikへ。

    • 夜ごはんになぜかアイスランドでタイ料理。

      Keflavikにはあまり評価の良いシーフードレストランがなく、
      最後の食事がマズイのも嫌なので、思い切ってタイ料理にしました。

      失礼ながら食堂を想像していったら、とてもモダンなレストランでした。厨房にはタイ人の女性が何人かいて、美味しかったです。

    • 旅のしめくくりにブルーラグーンで1週間の疲れを癒しました。
      明日は帰るだけ。夢のような1週間でした。

    その他の都市人気旅行記ランキング10位(89件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    その他の都市 ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    その他の都市 観光スポットランキング

    この旅行で利用したグルメスポット

    その他の都市 グルメスポットランキング

    この旅行で利用したショッピングスポット

    その他の都市 ショッピングスポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    アイスランド旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    その他の都市 ホテル一覧へ

    ひろしゃなさん

    ひろしゃなさん 写真

    海外32カ国渡航

    国内18都道府県訪問

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる