ブダペスト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3月28日(金)ツアー2日目。ハンガリーの首都ブダペストの市内観光。王宮、漁夫の砦の下車観光と国会議事堂、くさり橋を車中観光する。<br />午後は「ドナウベンドの美しい街観光」のオプショナルツアーに参加。その後は自由行動となるから、さてどこに行くか作戦を練ってきた。<br />この時期ガイドブックによると5℃〜12℃ぐらいで日本より少し寒いとあったが、朝晩は寒いが日中は陽がさすと暖かく動きやすかった。<br />写真はドナウ川に架かるくさり橋と国会議事堂、左上はマルギット島。

中欧6か国足早10日間ツアー 2日目前半 ブダペスト

9いいね!

2014/03/28 - 2014/03/28

1282位(同エリア2765件中)

0

44

フラワーさん

3月28日(金)ツアー2日目。ハンガリーの首都ブダペストの市内観光。王宮、漁夫の砦の下車観光と国会議事堂、くさり橋を車中観光する。
午後は「ドナウベンドの美しい街観光」のオプショナルツアーに参加。その後は自由行動となるから、さてどこに行くか作戦を練ってきた。
この時期ガイドブックによると5℃〜12℃ぐらいで日本より少し寒いとあったが、朝晩は寒いが日中は陽がさすと暖かく動きやすかった。
写真はドナウ川に架かるくさり橋と国会議事堂、左上はマルギット島。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
鉄道 観光バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 朝、ホテルの部屋からの風景。<br />かなり街中のようだ。

    朝、ホテルの部屋からの風景。
    かなり街中のようだ。

  • 食事を済ませて近くの東駅まで散歩に出る。<br />バスの出発は9時だから時間は十分ある。と言ってもいまの時刻は8:24。

    食事を済ませて近くの東駅まで散歩に出る。
    バスの出発は9時だから時間は十分ある。と言ってもいまの時刻は8:24。

  • 古そうな列車が出発を待っている。

    古そうな列車が出発を待っている。

  • 歴史を感じさせる駅舎の内部。

    歴史を感じさせる駅舎の内部。

  • 字体はアルファベットだが殆ど読むことができない。<br />都市名の中で分かったのは、クラクフ、プラハ、ウイーン、ミュンヘンのみ。

    字体はアルファベットだが殆ど読むことができない。
    都市名の中で分かったのは、クラクフ、プラハ、ウイーン、ミュンヘンのみ。

  • 地階にはロープが張ってあり外に出られなくなっている。警備員がいて何か警戒中のように見えた。<br />ここは地下鉄駅の連絡通路のようだ。

    地階にはロープが張ってあり外に出られなくなっている。警備員がいて何か警戒中のように見えた。
    ここは地下鉄駅の連絡通路のようだ。

  • 苦労しそうな切符販売機。

    苦労しそうな切符販売機。

  • ロトか?

    ロトか?

  • 立派な駅である。

    立派な駅である。

  • 8:48、そろそろホテルに戻る。<br />タクシー乗り場。

    8:48、そろそろホテルに戻る。
    タクシー乗り場。

  • 桜に似た樹木。<br />東京より春の到来が早いようだ。

    桜に似た樹木。
    東京より春の到来が早いようだ。

  • 通勤の人たち。

    通勤の人たち。

  • バスから眺める大聖堂。

    バスから眺める大聖堂。

  • 車窓からのくさり橋。

    車窓からのくさり橋。

  • ベートーベン記念館。<br />ブダペストとベートーベンの関係についてはジジは不明。

    ベートーベン記念館。
    ブダペストとベートーベンの関係についてはジジは不明。

  • 王宮の衛兵。

    王宮の衛兵。

  • 王宮の入り口。

    王宮の入り口。

  • 剣を握る鷲は守り神らしい。

    剣を握る鷲は守り神らしい。

  • 皇帝像。

    皇帝像。

  • 「美しき青きドナウ」の左側が今いる王宮のある「ブダ」、右側が国会議事堂のある「ペスト」地区。<br />ドナウ川:長さ2860km、ドイツ南西部の黒い森に発し、オーストリア、ハンガリー、セルビア、ブルガリア、ルーマニア諸国を流れて黒海に注ぐ大河。<br />英語名ダニューブ川。

    「美しき青きドナウ」の左側が今いる王宮のある「ブダ」、右側が国会議事堂のある「ペスト」地区。
    ドナウ川:長さ2860km、ドイツ南西部の黒い森に発し、オーストリア、ハンガリー、セルビア、ブルガリア、ルーマニア諸国を流れて黒海に注ぐ大河。
    英語名ダニューブ川。

  • くさり橋も入れて。

    イチオシ

    くさり橋も入れて。

  • 下流に目をやるとエルジェーベド橋その向こうに自由橋が見える。<br />丘の上にはマリア・テレジア像がある。

    下流に目をやるとエルジェーベド橋その向こうに自由橋が見える。
    丘の上にはマリア・テレジア像がある。

  • 王宮の正面。

    王宮の正面。

  • 無題。

    無題。

  • 当初の王宮。

    当初の王宮。

  • ドナウ川を向く正面玄関。

    ドナウ川を向く正面玄関。

  • こちらではカラスが幸運を運ぶ鳥だとか。

    こちらではカラスが幸運を運ぶ鳥だとか。

  • ブダペストがこんな観光都市とは思っていなかった。

    ブダペストがこんな観光都市とは思っていなかった。

  • 王宮の北側近くのマーチャーシュ教会。

    王宮の北側近くのマーチャーシュ教会。

  • 広場の三位一体柱。

    広場の三位一体柱。

  • この瓦の色は見事であった。ヘレンド社製とのこと。

    この瓦の色は見事であった。ヘレンド社製とのこと。

  • 教会内部だが写真では表現できない。

    教会内部だが写真では表現できない。

  • 珍しい丸窓。

    珍しい丸窓。

  • 2階から見下ろしたところ。<br />ベーラ4世によって13世紀半ばにロマネスク様式で建造された。その後ゴシック様式で再建され、15世紀にはマーチャーシュ王が尖塔を付け加えた。<br />オスマン帝国に占領されるとモスクに改装され、ハプスブルク家の支配下では再び教会に戻るという歴史を持つ。

    2階から見下ろしたところ。
    ベーラ4世によって13世紀半ばにロマネスク様式で建造された。その後ゴシック様式で再建され、15世紀にはマーチャーシュ王が尖塔を付け加えた。
    オスマン帝国に占領されるとモスクに改装され、ハプスブルク家の支配下では再び教会に戻るという歴史を持つ。

  • 漁夫の砦にいた鷲匠?鷹匠?

    漁夫の砦にいた鷲匠?鷹匠?

  • 漁夫の砦。<br />ネオロマネスク様式で、白い石灰石の建造物は美しい。かつてここに魚の市があったことや城塞のこの付近は、ドナウの漁師組合が守っていたことからこの名がついた。

    漁夫の砦。
    ネオロマネスク様式で、白い石灰石の建造物は美しい。かつてここに魚の市があったことや城塞のこの付近は、ドナウの漁師組合が守っていたことからこの名がついた。

  • 漁夫の砦からは対岸に国会議事堂。<br />しっとりとした町の風情。コンクリートと金属とガラスで埋め尽くされた都市にはない歴史と文化ではなかろうか。

    漁夫の砦からは対岸に国会議事堂。
    しっとりとした町の風情。コンクリートと金属とガラスで埋め尽くされた都市にはない歴史と文化ではなかろうか。

  • マーチャーシュ教会を改修した建築家シュレックが、町の美化計画の一環として建造した。

    マーチャーシュ教会を改修した建築家シュレックが、町の美化計画の一環として建造した。

  • トラムも走っている大きく立派なマルギット橋。<br />途中マルギット島に下りる道が分かれている。

    トラムも走っている大きく立派なマルギット橋。
    途中マルギット島に下りる道が分かれている。

  • 昼食はこのレストランで。

    昼食はこのレストランで。

  • レストランの中。

    レストランの中。

  • 電車の線路の架橋もこんなに凝っている。

    電車の線路の架橋もこんなに凝っている。

  • 「ユーは何しにブダペストへ?」街頭インタビュー。

    「ユーは何しにブダペストへ?」街頭インタビュー。

  • バスはドナウベントへ、くさり橋と国立ダンス劇場。<br />夕方また戻ってくるがしばしのお別れとなる。

    バスはドナウベントへ、くさり橋と国立ダンス劇場。
    夕方また戻ってくるがしばしのお別れとなる。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ハンガリーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ハンガリー最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ハンガリーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ハンガリーのおすすめ情報

PAGE TOP

ピックアップ特集