守山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
琵琶湖の湖畔にある第一なぎさ公園では、12月の下旬から3月にかけて早咲きの菜の花12000本が、一斉に黄色の絨毯のごとく咲き誇るということです。<br /><br />インターネットでしらべると、今が八分咲きの見ごろのよう。<br /><br />天気は曇りということで青空は期待できないのですが、同じ守山市にある佐川美術館もすぐ近くにあり、一面の菜の花とあわせていくことにしました。<br /><br />菜の花にも、美術館にも満足の滋賀行となりました。<br /><br />【写真は、第一なぎさ公園の菜の花です。】

琵琶湖、守山の菜の花と佐川美術館

60いいね!

2014/02/06 - 2014/02/06

21位(同エリア164件中)

6

63

琵琶湖の湖畔にある第一なぎさ公園では、12月の下旬から3月にかけて早咲きの菜の花12000本が、一斉に黄色の絨毯のごとく咲き誇るということです。

インターネットでしらべると、今が八分咲きの見ごろのよう。

天気は曇りということで青空は期待できないのですが、同じ守山市にある佐川美術館もすぐ近くにあり、一面の菜の花とあわせていくことにしました。

菜の花にも、美術館にも満足の滋賀行となりました。

【写真は、第一なぎさ公園の菜の花です。】

交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 守山で、まずはJR守山駅の近くの勝部神社に、ご挨拶。<br />守山での、良い旅を祈願します。<br />るるぶで、火まつりが紹介されている、お宮さんです。<br />屋根には雪が残っています。

    守山で、まずはJR守山駅の近くの勝部神社に、ご挨拶。
    守山での、良い旅を祈願します。
    るるぶで、火まつりが紹介されている、お宮さんです。
    屋根には雪が残っています。

  • 火まつりの大松明は、大蛇の胴体部分とのことですが、手水は龍です。

    火まつりの大松明は、大蛇の胴体部分とのことですが、手水は龍です。

  • その龍をアップしてみました。

    その龍をアップしてみました。

  • 拝殿の横の狛犬(吽形)は、雪の仮面をかぶっています。

    拝殿の横の狛犬(吽形)は、雪の仮面をかぶっています。

  • 阿形も雪をかぶっています。

    阿形も雪をかぶっています。

  • 勝部神社、拝殿です。<br />屋根には、雪が積もっていますね。

    勝部神社、拝殿です。
    屋根には、雪が積もっていますね。

  • 三間社流造の形式の本殿です。<br />この地は昭和16年までは栗太郡物部村と称しており、勝部神社は物部神社(勝部大明神)呼ばれており、ご祭神は物部布津神(もののべふつのかみ)、宇麻志摩遅命(うましまぢのみこと)などがお祀りされています。<br />横から見ると、流造の形式というのが良くわかります。

    三間社流造の形式の本殿です。
    この地は昭和16年までは栗太郡物部村と称しており、勝部神社は物部神社(勝部大明神)呼ばれており、ご祭神は物部布津神(もののべふつのかみ)、宇麻志摩遅命(うましまぢのみこと)などがお祀りされています。
    横から見ると、流造の形式というのが良くわかります。

  • 1月の第二土曜日に行われる、火まつりの大松明の三分の二の模型です。<br />そして菜種柄はついていないと書かれています。<br />鎌倉の初期、土御門天皇にとりついた大蛇を退治したところ、天皇の病気が平癒し、その大蛇の胴体が勝部神社に飛んできたといわれています。<br />大蛇の胴体と見立てた大松明12基が、境内で一斉に燃やされます。

    1月の第二土曜日に行われる、火まつりの大松明の三分の二の模型です。
    そして菜種柄はついていないと書かれています。
    鎌倉の初期、土御門天皇にとりついた大蛇を退治したところ、天皇の病気が平癒し、その大蛇の胴体が勝部神社に飛んできたといわれています。
    大蛇の胴体と見立てた大松明12基が、境内で一斉に燃やされます。

  • 摂社の狛犬は、雪の目かくし状態。<br />ここから、近くの東門院にいくため、車に戻ります。

    摂社の狛犬は、雪の目かくし状態。
    ここから、近くの東門院にいくため、車に戻ります。

  • 東門院に着きました。<br />仁王門、室町時代に建立され、東門院で一番古い建物です。<br />坂上田村麻呂が、戦勝祈願し勝利したことにより門出仁王と呼ばれています。<br />

    東門院に着きました。
    仁王門、室町時代に建立され、東門院で一番古い建物です。
    坂上田村麻呂が、戦勝祈願し勝利したことにより門出仁王と呼ばれています。

  • 親子カエルです。<br />街道の宿場町として栄えていた町並みは、戦後その面影を失いつつあり、この状態を憂いた門前の呉服店主の北川一氏がもう一度よみガエルよう願を込めて寄進されました。

    親子カエルです。
    街道の宿場町として栄えていた町並みは、戦後その面影を失いつつあり、この状態を憂いた門前の呉服店主の北川一氏がもう一度よみガエルよう願を込めて寄進されました。

  • 水盤舎の龍です。

    水盤舎の龍です。

  • 東門院の本堂です。<br />東門院は、延暦7年(788)に最澄が、延暦寺を建立したさい、四境にそれぞれ門をつくり、その一つとして比叡山の東門として設けられました。<br />その後、桓武天皇により比叡山東門院守山寺(比叡山を守る寺)と名号され、地名も守山と賜ったといわれています。

    東門院の本堂です。
    東門院は、延暦7年(788)に最澄が、延暦寺を建立したさい、四境にそれぞれ門をつくり、その一つとして比叡山の東門として設けられました。
    その後、桓武天皇により比叡山東門院守山寺(比叡山を守る寺)と名号され、地名も守山と賜ったといわれています。

  • 大師堂です。

    大師堂です。

  • 不動堂です。

    不動堂です。

  • 境内の木の上には、鳥が二羽見えます。<br />やがて一斉に飛んでいってしまいますが、葉っぱの中を含め5〜6羽いたようです。

    境内の木の上には、鳥が二羽見えます。
    やがて一斉に飛んでいってしまいますが、葉っぱの中を含め5〜6羽いたようです。

  • 枝には雪が残っています。

    枝には雪が残っています。

  • 門前の和菓子屋、鶴屋吉正です。<br />苺大福と書かれています。

    門前の和菓子屋、鶴屋吉正です。
    苺大福と書かれています。

  • 店内です。<br />その苺大福を買いました。<br />なんとおいしい大福でしょう。<br />いよいよ菜の花の、琵琶湖岸にある第一なぎさ公園まで車を走らせます。

    店内です。
    その苺大福を買いました。
    なんとおいしい大福でしょう。
    いよいよ菜の花の、琵琶湖岸にある第一なぎさ公園まで車を走らせます。

  • 第一なぎさ公園に着きました。

    第一なぎさ公園に着きました。

  • みごとな一面の菜の花です。

    みごとな一面の菜の花です。

  • その菜の花に目をやると。

    その菜の花に目をやると。

  • 冬の樹木との対比です。

    冬の樹木との対比です。

  • またまた菜の花に目を移すと。

    またまた菜の花に目を移すと。

  • 地面には雪も残ります。

    地面には雪も残ります。

  • 土日はかなり混雑になるということですが、平日でしかも寒い一日、人はまばらです。

    土日はかなり混雑になるということですが、平日でしかも寒い一日、人はまばらです。

  • 足元をみると、かわいい鳥が。<br />餌をついばんでいるようです。<br />近づくと、飛んでいきました。

    足元をみると、かわいい鳥が。
    餌をついばんでいるようです。
    近づくと、飛んでいきました。

  • 対岸の山並み、もうちょっと雪があれば良かったですね。

    対岸の山並み、もうちょっと雪があれば良かったですね。

  • 山並みに、ズームイン。

    山並みに、ズームイン。

  • 鳥さん、また戻ってきました。<br />ちょっと追っかけてみます。

    鳥さん、また戻ってきました。
    ちょっと追っかけてみます。

  • 目もかわいいですね。

    目もかわいいですね。

  • 菜の花畑を歩き回ってみます。

    菜の花畑を歩き回ってみます。

  • 湖岸道路のほうは、菜の花と対岸の山との写真を撮るポイントです。

    湖岸道路のほうは、菜の花と対岸の山との写真を撮るポイントです。

  • ヘリコプターと飛ぶ鳥。

    ヘリコプターと飛ぶ鳥。

  • 菜の花のアップです。

    菜の花のアップです。

  • またまた、空を飛ぶ鳥です。

    またまた、空を飛ぶ鳥です。

  • 湖面を飛ぶ、鴨でしょうか。

    湖面を飛ぶ、鴨でしょうか。

  • 漁に出る人がいます。

    漁に出る人がいます。

  • 沖島。<br />空には、ヘリコプター、湖面には鴨が。

    沖島。
    空には、ヘリコプター、湖面には鴨が。

  • 琵琶湖の、えり漁です。

    琵琶湖の、えり漁です。

  • ちょっと歩くと、琵琶湖大橋が見えてきます。

    ちょっと歩くと、琵琶湖大橋が見えてきます。

  • 近江富士が見えます。

    近江富士が見えます。

  • 菜の花ではないところには、雪が結構残っています。

    菜の花ではないところには、雪が結構残っています。

  • 菜の花にお別れし、昼食に行きます。

    菜の花にお別れし、昼食に行きます。

  • かま久で昼食です。

    かま久で昼食です。

  • 鴨汁そばです。

    鴨汁そばです。

  • そばはっとう餅です。<br />お殿様が食べて、あまりにも美味しいので、村人が食べることをご法度にしました。<br />そこから、はっとう餅と名づけられたということです。<br />「きなこ」と「えごま」です。

    そばはっとう餅です。
    お殿様が食べて、あまりにも美味しいので、村人が食べることをご法度にしました。
    そこから、はっとう餅と名づけられたということです。
    「きなこ」と「えごま」です。

  • 東門院から湖岸に来る間、屋根からきれいなツララが車の中から見ることができました。<br />ここにもそういうツララが無いか探してみましたが、見つけたのはこの葉っぱにある、小さな小さなツララです。

    東門院から湖岸に来る間、屋根からきれいなツララが車の中から見ることができました。
    ここにもそういうツララが無いか探してみましたが、見つけたのはこの葉っぱにある、小さな小さなツララです。

  • 佐川美術館に着きました。<br />佐川美術館、大きな建物二棟が平行に並んでいます。

    佐川美術館に着きました。
    佐川美術館、大きな建物二棟が平行に並んでいます。

  • こちらが入り口のある建物です。<br />この雰囲気も芸術ですね。

    こちらが入り口のある建物です。
    この雰囲気も芸術ですね。

  • 入り口まで、その建物の軒下になるのでしょうか。そこを歩いていきます。<br />池には、佐藤忠良氏の作による鹿の像があります。

    入り口まで、その建物の軒下になるのでしょうか。そこを歩いていきます。
    池には、佐藤忠良氏の作による鹿の像があります。

  • だいぶ歩いたところで、振り返ると、比叡の山並みがきれいですね。

    だいぶ歩いたところで、振り返ると、比叡の山並みがきれいですね。

  • 入り口のところにある、佐川美術館の看板です。

    入り口のところにある、佐川美術館の看板です。

  • 平山郁夫館の平山郁夫の展示室から出たところです。<br />平山郁夫館の長い廊下です。

    平山郁夫館の平山郁夫の展示室から出たところです。
    平山郁夫館の長い廊下です。

  • 佐藤忠良館に行くところからの建物側の風景です。<br />二棟が平行に建てられているのが良くわかります。

    佐藤忠良館に行くところからの建物側の風景です。
    二棟が平行に建てられているのが良くわかります。

  • 反対側、琵琶湖方面の風景です。

    反対側、琵琶湖方面の風景です。

  • こんどは、佐藤忠良館の展示を見て、平山郁夫館にいくころからの外側の風景です。<br />佐藤忠良氏の作による少女像が置かれています。

    こんどは、佐藤忠良館の展示を見て、平山郁夫館にいくころからの外側の風景です。
    佐藤忠良氏の作による少女像が置かれています。

  • 反対側の風景です。<br />コーヒーショップからの撮影です。

    反対側の風景です。
    コーヒーショップからの撮影です。

  • そのコーヒーショップで飲んだのは、ホットチョコレートです。<br />ルクセンブルグ大公御用達のチョコレートで、関西地区ではここでしか販売されていないとのことです。<br />

    そのコーヒーショップで飲んだのは、ホットチョコレートです。
    ルクセンブルグ大公御用達のチョコレートで、関西地区ではここでしか販売されていないとのことです。

  • 少女像の向うに、ミュージアムショップが見えます。<br />遠めに見ても、すごい少女像です。

    少女像の向うに、ミュージアムショップが見えます。
    遠めに見ても、すごい少女像です。

  • 茶室の建物が見えます。

    茶室の建物が見えます。

  • 外にでると、再び鹿の像の前を通ります。<br />こちらも、遠目でもすごい、えぞじかです。

    外にでると、再び鹿の像の前を通ります。
    こちらも、遠目でもすごい、えぞじかです。

  • これから琵琶湖大橋を通って、守山をあとにします。<br /><br />(おしまい)

    これから琵琶湖大橋を通って、守山をあとにします。

    (おしまい)

この旅行記のタグ

60いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • ごまさん 2014/02/12 12:07:51
    春を感じますね。
    のーとくんさん、こんにちは。

    いつも私の旅行記へ訪問と投票をありがとうございます。

    守山の菜の花はもう咲いているのですね。
    雪と菜の花は、とても綺麗ですが菜の花は凍らないのでしょうか。

    春といえば桜と菜の花〜と言うイメージが私は有るので、早く菜の花が見る事が出来て嬉しいです。
    佐川美術館も雰囲気の有る建物に圧倒されますね。
    こういう余分な物が無い建物は好きです。

    関東は週末大雪で真冬の寒さと、大混乱でした。
    ここまで降るのも首都圏は20年ぶりとか〜
    雪が見たいなと私も思っていましたが、さすがにこの雪では参りました。

    春はまだ遠いな〜
    ごま

    のーとくん

    のーとくんさん からの返信 2014/02/13 08:20:22
    RE: 春を感じますね。
    ごまさん

    おはようございます。
    書き込みありがとうございます。

    はい、菜の花は春という感じがしますよね。
    ここの菜の花は、早咲きの種類のようで、毎年この時期花を咲かすようです。

    佐川美術館、TVでコマーシャルに出ているように、これを見るだけでも価値がありますね。

    首都圏は、雪で大変だったようですね。
    春が待ち遠しいですね。

    のーとくん
  • 咲くや姫さん 2014/02/10 08:06:04
    おはようございます。
    冬の近江路もすてきですね。
    菜の花と雪のコントラストがナイス!です。
    のーとくんさんのようにのんびりといろいろなところを旅するのは本当に
    いいです。
    私の旅はせっかちな夫(笑)と一緒ですので・・
     
    いいような・・・悪いような・・(笑)

    のーとくん

    のーとくんさん からの返信 2014/02/10 10:13:13
    RE: おはようございます。
    咲くや姫さん

    おはようございます。
    書き込みありがとうございます。

    はい、菜の花と雪、よかったですよ〜!
    青空があったら、もっとよかったのですが。

    また、よろしくお願いいたしまーす。

     のーとくん
  • 潮来メジロさん 2014/02/09 17:52:41
    鳥さんいろいろ・・・。ヾ(^o^)
    のーとくんさん、こんばんは! ヾ(^o^)
    毎度、訪問&投票ありがとうございました。
    旅行記に鳥さんがたくさん登場して楽しかったです。\(^o^)/
    以下、私の識別です。参考になれば幸いです。

    16枚目)(表紙の写真を除く)
    > 境内の木の上には、鳥が二羽見えます。
    > やがて一斉に飛んでいってしまいますが、葉っぱの中を含め5〜6羽いたようです。

    顔がよく見えませんが、ヒヨドリだと思います。


    27枚目)
    > 足元をみると、かわいい鳥が。
    > 餌をついばんでいるようです。
    > 近づくと、飛んでいきました。

    ハクセキレイ(白鶺鴒)のメスです。

    30枚目)
    > 鳥さん、また戻ってきました。
    > ちょっと追っかけてみます。

    ハクセキレイ(白鶺鴒)のメスです。

    31枚目)
    > 目もかわいいですね。

    ハクセキレイ(白鶺鴒)のメスです。


    34枚目)
    > ヘリコプターと飛ぶ鳥。

    ちょっと遠いですが、たぶんトビです。


    36枚目)
    > またまた、空を飛ぶ鳥です。

    これは、トビ(鳶)ですね。


    37枚目)> 湖面を飛ぶ、鴨でしょうか。
    39枚目)> 沖島。空には、ヘリコプター、湖面には鴨が。

    鴨は間違いないですが、鴨の種類は遠すぎてわかりません。

    ではまた・・・。(^o^)/~~~
      (潮来メジロ)

    のーとくん

    のーとくんさん からの返信 2014/02/10 09:50:16
    RE: 鳥さんいろいろ・・・。ヾ(^o^)
    潮来メジロさん

    おはようございます。

    いつも鳥さんのこと、教えていただきありがとうございます。

    ひさしく、鳥さんを撮る機会が無かったので、今回いろいろアップできてよかったです。

    ハクセキレイさんが、そばにるのを発見した時は、けっこうおいまわしてしまいました。
    これからも、チャンスがあれば、鳥さんを撮りたいと思いますので、また、よろしくお願いしまーす。

    のーとくん

のーとくんさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

守山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集