シウダー・デル・エステ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回の旅行の現地での旅程で最もハードだったのがこの日。南米での滞在日数の関係で、ブエノスアイレスからイグアスを日帰り。この区間のフライトは片道2時間、そしてイグアスの滝を見学して再びブエノスアイレスに戻ってくる旅程だ。せっかくイグアスに行くのであればパラグアイの国境の町、シウダ・デル・エステにも足を伸ばしてイグアスも楽しもうという、アルゼンチン→ブラジル→パラグアイ→ブラジル→アルゼンチンと国境を何度も行き来をする強行スケジュール。<br /><br /> イグアスの滝はブラジルサイド、アルゼンチンサイドでも見ることができる。本来であれば二日かけて両サイドから見るのがベストだが、私たちは、端からそれを諦めていた。ブエノスアイレスからプエルト・イグアス(アルゼンチン側)に到着するフライトが1便目で9:25に到着する。パラグアイまで車で飛ばして1時間とは言え、とてもじゃないが、パラグアイの国境の町に1時間滞在したとしても復路の18:40発のフライトには間に合うことができないことは明らかであった。<br /><br /> 我々はパラグアイと合わせるのであれば、効率良くイグアスの滝を観光できるブラジルサイド(アルゼンチン側は1日近く所要時間はかかるが、ブラジル側は3時間程度で一通り見ることができると言われている)を選択するのがベストだと判断し、以下のような旅程とした。<br /><br />エセイサ国際空港発アルゼンチン航空7:25-プエルト・イグアス空港9:25 <br /> 空港からレミースでブラジル(フォス・ド・イグアス)に入国し、パラグアイとの国境で下車。フォス・ド・イグアスからパラグアイのシウダ・デル・エステまでは徒歩で渡り、街を1時間観光後、再びブラジル国境へ。そこでタクシーを拾いイグアスの滝を経てプエルト・イグアスの空港へ。<br /> <br /> イグアスの空港からパラグアイの国境までの移動は車で1時間かかる。そのためイグアス周辺での移動は、非常にタイトであることは変わりはなかった。なので移動には時間がかかるバスではなく、レミースやタクシーを使い、お金で時間を買う作戦を取った。<br /><br /> 結果的にはほぼ思いどおりに事は進んだが、ブラジルサイドのイグアスの滝では予想以上に入場に手間取ったり、思わぬ大渋滞に引っかかりハラハラしたが、タクシーの運転手に救われ、運にも恵まれた。運が悪ければ、恐らく今回の強行スケジュールは失敗していただろうし、地元のバスを利用していたら完全に復路の飛行機に乗り遅れ途方にくれることになっていたかもしれない。タクシーの運転手様々だった。

家族4人(1歳・4歳娘)と南米5カ国旅行-5. イグアス観光。まずはパラグアイへ

80いいね!

2013/12/26 - 2014/01/04

2位(同エリア52件中)

0

30

worldspan

worldspanさん

今回の旅行の現地での旅程で最もハードだったのがこの日。南米での滞在日数の関係で、ブエノスアイレスからイグアスを日帰り。この区間のフライトは片道2時間、そしてイグアスの滝を見学して再びブエノスアイレスに戻ってくる旅程だ。せっかくイグアスに行くのであればパラグアイの国境の町、シウダ・デル・エステにも足を伸ばしてイグアスも楽しもうという、アルゼンチン→ブラジル→パラグアイ→ブラジル→アルゼンチンと国境を何度も行き来をする強行スケジュール。

 イグアスの滝はブラジルサイド、アルゼンチンサイドでも見ることができる。本来であれば二日かけて両サイドから見るのがベストだが、私たちは、端からそれを諦めていた。ブエノスアイレスからプエルト・イグアス(アルゼンチン側)に到着するフライトが1便目で9:25に到着する。パラグアイまで車で飛ばして1時間とは言え、とてもじゃないが、パラグアイの国境の町に1時間滞在したとしても復路の18:40発のフライトには間に合うことができないことは明らかであった。

 我々はパラグアイと合わせるのであれば、効率良くイグアスの滝を観光できるブラジルサイド(アルゼンチン側は1日近く所要時間はかかるが、ブラジル側は3時間程度で一通り見ることができると言われている)を選択するのがベストだと判断し、以下のような旅程とした。

エセイサ国際空港発アルゼンチン航空7:25-プエルト・イグアス空港9:25 
 空港からレミースでブラジル(フォス・ド・イグアス)に入国し、パラグアイとの国境で下車。フォス・ド・イグアスからパラグアイのシウダ・デル・エステまでは徒歩で渡り、街を1時間観光後、再びブラジル国境へ。そこでタクシーを拾いイグアスの滝を経てプエルト・イグアスの空港へ。
 
 イグアスの空港からパラグアイの国境までの移動は車で1時間かかる。そのためイグアス周辺での移動は、非常にタイトであることは変わりはなかった。なので移動には時間がかかるバスではなく、レミースやタクシーを使い、お金で時間を買う作戦を取った。

 結果的にはほぼ思いどおりに事は進んだが、ブラジルサイドのイグアスの滝では予想以上に入場に手間取ったり、思わぬ大渋滞に引っかかりハラハラしたが、タクシーの運転手に救われ、運にも恵まれた。運が悪ければ、恐らく今回の強行スケジュールは失敗していただろうし、地元のバスを利用していたら完全に復路の飛行機に乗り遅れ途方にくれることになっていたかもしれない。タクシーの運転手様々だった。

旅行の満足度
3.0
観光
1.5
交通
3.0
同行者
乳幼児連れ家族旅行
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
ピーチ航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
エクスペディア

PR

  • 前日娘たちは20時くらいには寝かせ、翌日に備えた。一方私は、コロン劇場にでバレエを観劇しホテルに戻ったのが0時すぎ、結局前準備などをし、3時間もねることができなかった。<br /><br /> 27日にイスタンブールからブエノスアイレス・エセイサ国際空港に到着時に空港で復路のレミースを予約していた。本当にホテルに来るか不安だったが、予約時間とおり5:30ぴったりにホテルに来た。市内中心部のホテルから空港まで明け方の移動だと30分程度で行くことができる。

    前日娘たちは20時くらいには寝かせ、翌日に備えた。一方私は、コロン劇場にでバレエを観劇しホテルに戻ったのが0時すぎ、結局前準備などをし、3時間もねることができなかった。

     27日にイスタンブールからブエノスアイレス・エセイサ国際空港に到着時に空港で復路のレミースを予約していた。本当にホテルに来るか不安だったが、予約時間とおり5:30ぴったりにホテルに来た。市内中心部のホテルから空港まで明け方の移動だと30分程度で行くことができる。

  • イグアス空港(アルゼンチン側)まで利用する航空会社はアルゼンチン航空。そのため出発はこじんまりとしたターミナルC。因みにラン航空でイグアスに行く場合はターミナルAとなる。ターミナルAとCは隣接しており歩道が設置され、徒歩5分程度で移動ができる。

    イグアス空港(アルゼンチン側)まで利用する航空会社はアルゼンチン航空。そのため出発はこじんまりとしたターミナルC。因みにラン航空でイグアスに行く場合はターミナルAとなる。ターミナルAとCは隣接しており歩道が設置され、徒歩5分程度で移動ができる。

  • ブエノスアイレスからイグアスに行く場合、ラン航空とアルゼンチン航空があるが、いずれも、長距離メインの空港で市内から遠いエセイサ国際空港とブエノスアイレスに隣接したアエロパルケ国際空港のいずれからも発着がある。本音から言えば、しないから近いアエロパルケ発着を利用したかったが、イグアスに早く到着する便がアエロパルケ発にはなかったので、仕方なくエセイサにした。<br /> このエセイサを出発する1便目を利用する乗客は日本人が結構多く少なくとも我々を除いても10人は超えていた。

    ブエノスアイレスからイグアスに行く場合、ラン航空とアルゼンチン航空があるが、いずれも、長距離メインの空港で市内から遠いエセイサ国際空港とブエノスアイレスに隣接したアエロパルケ国際空港のいずれからも発着がある。本音から言えば、しないから近いアエロパルケ発着を利用したかったが、イグアスに早く到着する便がアエロパルケ発にはなかったので、仕方なくエセイサにした。
     このエセイサを出発する1便目を利用する乗客は日本人が結構多く少なくとも我々を除いても10人は超えていた。

  • ブエノスアイレスからイグアスまでは二時間のフライト。エコノミークラスにはスナックが用意されている。因みに復路も全く一緒のスナック。

    ブエノスアイレスからイグアスまでは二時間のフライト。エコノミークラスにはスナックが用意されている。因みに復路も全く一緒のスナック。

  • イグアス空港に到着したのはほぼ定刻とおり。バゲージクレームの場所にレミースのブースがあるので、パラグアイの国境までを手配。値段は420ペソ、日本円で約6500円。パラグアイの国境までは約一時間近くかかるので致し方なし。

    イグアス空港に到着したのはほぼ定刻とおり。バゲージクレームの場所にレミースのブースがあるので、パラグアイの国境までを手配。値段は420ペソ、日本円で約6500円。パラグアイの国境までは約一時間近くかかるので致し方なし。

  • ブラジル国境へと走り始めたところで分岐点が。右に行くとアルゼンチン側のイグアスの滝に行く事ができる。イグアス空港からアルゼンチン側のイグアスの滝は非常に近い。

    ブラジル国境へと走り始めたところで分岐点が。右に行くとアルゼンチン側のイグアスの滝に行く事ができる。イグアス空港からアルゼンチン側のイグアスの滝は非常に近い。

  • アルゼンチンとブラジルの国境までは暫く森の中を走っていく。

    アルゼンチンとブラジルの国境までは暫く森の中を走っていく。

  • アナグマの飛び出し注意!?

    アナグマの飛び出し注意!?

  • アルゼンチン、ブラジル双方の国境での出入国手続きは全てレミースの運転手が行うので、運転手にパスポートを渡し、我々はタクシーにのったまま 。写真はアルゼンチンとブラジルのちょうど国境。壁に色が塗られ、分かりやすい。

    アルゼンチン、ブラジル双方の国境での出入国手続きは全てレミースの運転手が行うので、運転手にパスポートを渡し、我々はタクシーにのったまま 。写真はアルゼンチンとブラジルのちょうど国境。壁に色が塗られ、分かりやすい。

  • ブラジルに入国し、暫く走ると、三叉路に差し掛かり、右手に行けばブラジルのイグアスの滝へ、左手にいくとフォス・ド・イグアスの中心部やパラグアイの国境へと向かう。アルゼンチン国境付近までは町が展開していない。

    ブラジルに入国し、暫く走ると、三叉路に差し掛かり、右手に行けばブラジルのイグアスの滝へ、左手にいくとフォス・ド・イグアスの中心部やパラグアイの国境へと向かう。アルゼンチン国境付近までは町が展開していない。

  • しばらくは道なりに走る。

    しばらくは道なりに走る。

  • 徐々に町らしくなる。

    徐々に町らしくなる。

  • フォス・ド・イグアスの中心部。意外に交通量は多い。

    フォス・ド・イグアスの中心部。意外に交通量は多い。

  • フォス・ド・イグアスは意外にも構想マンションが建つ。

    フォス・ド・イグアスは意外にも構想マンションが建つ。

  • え!? こんな路地の先に国境があるん?? と思っていたが、確かにあった。もちろん大通りになっていて、この道はレミースやタクシーの抜け道になっているようだ。

    え!? こんな路地の先に国境があるん?? と思っていたが、確かにあった。もちろん大通りになっていて、この道はレミースやタクシーの抜け道になっているようだ。

  • そしてパラグアイの国境に面するブラジル国境に到着。レミースを下車し、道路の右側に渡りイミグレーションで出国手続きを行う。この国境は週末の車での出入国は、パラグアイサイドの町、シウダ・デル・エステの電気街に買い物に行く人たちで非常に込み合うと聞いていた。ところがこの日はガラガラ。むしろブラジルからアルゼンチンに向かう国境が非常に込み合い大変なことになっていた。

    そしてパラグアイの国境に面するブラジル国境に到着。レミースを下車し、道路の右側に渡りイミグレーションで出国手続きを行う。この国境は週末の車での出入国は、パラグアイサイドの町、シウダ・デル・エステの電気街に買い物に行く人たちで非常に込み合うと聞いていた。ところがこの日はガラガラ。むしろブラジルからアルゼンチンに向かう国境が非常に込み合い大変なことになっていた。

  • ブラジルで出国手続きを行った後は歩道を歩いてパラグアイへと向かう。

    ブラジルで出国手続きを行った後は歩道を歩いてパラグアイへと向かう。

  • ブラジルとパラグアイの国境に流れるパラナ川。そこに浮かぶ島。

    ブラジルとパラグアイの国境に流れるパラナ川。そこに浮かぶ島。

  • 最初のうちはこうした金網もあるのだが・・・

    最初のうちはこうした金網もあるのだが・・・

  • 橋の真ん中辺りに行くと金網もなくなり・・・。

    橋の真ん中辺りに行くと金網もなくなり・・・。

  • ついには橋の手すりのみ。小さい子供をつれていると、チョロチョロするので、この橋を渡るのがとても怖かった。

    ついには橋の手すりのみ。小さい子供をつれていると、チョロチョロするので、この橋を渡るのがとても怖かった。

  • 橋の真ん中を過ぎたあたりに差し掛かると見えてきたのが国境のしるし

    橋の真ん中を過ぎたあたりに差し掛かると見えてきたのが国境のしるし

  • この橋の左側がパラグアイ領で右側がブラジル領。

    この橋の左側がパラグアイ領で右側がブラジル領。

  • しばらくするとパラグアイの国境に到着。ブラジル側のイミグレよりも手続きは簡素。あっという間に入局手続きが終了する。

    しばらくするとパラグアイの国境に到着。ブラジル側のイミグレよりも手続きは簡素。あっという間に入局手続きが終了する。

  • 到着したシウダ・デル・エステ。町の規模からいえばブラジル側のフォス・ド・イグアスよりも大きいように感じる。

    到着したシウダ・デル・エステ。町の規模からいえばブラジル側のフォス・ド・イグアスよりも大きいように感じる。

  • しかしあまり活気を感じられない。メインストリートには衣料品店がならぶが、何せ通りに人がほとんど歩いていない。

    しかしあまり活気を感じられない。メインストリートには衣料品店がならぶが、何せ通りに人がほとんど歩いていない。

  • 確かに東京の秋葉原や日本橋のように家電専門店のビルが建ち並ぶが、ガイドブックにあるような活気を感じない。年末だからかな。店内に入っても混みあっている印象はなかった。

    確かに東京の秋葉原や日本橋のように家電専門店のビルが建ち並ぶが、ガイドブックにあるような活気を感じない。年末だからかな。店内に入っても混みあっている印象はなかった。

  • 夜は何となく危なそうな臭いを感じた。わかってはいたが、あまり見るべきものはなかった。以前私の義母がアスンシオン仕事で居住し、妻はアスンシオンには遊びに行ったことはあるが、シウダの雰囲気はアスンシオンと全く異なるそうだ。

    夜は何となく危なそうな臭いを感じた。わかってはいたが、あまり見るべきものはなかった。以前私の義母がアスンシオン仕事で居住し、妻はアスンシオンには遊びに行ったことはあるが、シウダの雰囲気はアスンシオンと全く異なるそうだ。

  • 路地にはいった所にも電器店はあるが、とても流行っているようにはかんじられなかった。家電専門店がこんなに固まってある町も南米では珍しいだろう。しかし利益をあげているお店は一部ではないだろうか。<br /> 第一アルゼンチンのプエルト・イグアスの人口が3万人、ブラジルのフォス・ド・イグアスが31万人、そしてここパラグアイのシウダ・デル ・エステが22万人。仮に周辺の町を引っ括めても人口100万人にも満たない。そもそもそんなわずかな人口でパイを奪いあってもたかだかしれているだろう。

    路地にはいった所にも電器店はあるが、とても流行っているようにはかんじられなかった。家電専門店がこんなに固まってある町も南米では珍しいだろう。しかし利益をあげているお店は一部ではないだろうか。
    第一アルゼンチンのプエルト・イグアスの人口が3万人、ブラジルのフォス・ド・イグアスが31万人、そしてここパラグアイのシウダ・デル ・エステが22万人。仮に周辺の町を引っ括めても人口100万人にも満たない。そもそもそんなわずかな人口でパイを奪いあってもたかだかしれているだろう。

  • 一時間弱ぶらぶらし、電気店の入るビルでトイレを借りてブラジルへと徒歩でもどる・・・

    一時間弱ぶらぶらし、電気店の入るビルでトイレを借りてブラジルへと徒歩でもどる・・・

80いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

worldspanさんの関連旅行記

worldspanさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

パラグアイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
パラグアイ最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

パラグアイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集