仙台旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2泊3日で仙台に<br />主目的は、息子のラグビーの試合観戦ですが、<br />牛タンなど仙台の食を楽しみました。<br />

仙台2泊3日旅行1日目

12いいね!

2013/10/05 - 2013/10/08

848位(同エリア2111件中)

0

29

2泊3日で仙台に
主目的は、息子のラグビーの試合観戦ですが、
牛タンなど仙台の食を楽しみました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
JALグループ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 仙台便に乗るために、新千歳空港のサクララウンジで休憩します。

    仙台便に乗るために、新千歳空港のサクララウンジで休憩します。

  • サッポロクラシックの生があるのでそちらを<br />やはり、クラシックは美味しい。

    サッポロクラシックの生があるのでそちらを
    やはり、クラシックは美味しい。

  • 定刻に仙台空港到着です。

    定刻に仙台空港到着です。

  • 仙台空港鉄道で仙台駅に向かいます。

    仙台空港鉄道で仙台駅に向かいます。

  • 宿泊は、ウェスティンホテル仙台です。<br />2010年8月1日にオープンした仙台駅から徒歩10分ほどにあるホテルです。<br />アサインされたのは、36階20号室のプレミアルーム(ビューバス)です。<br />最上階の37階はレストラン一夢庵ですので、宿泊フロアでは、最上階になります。

    宿泊は、ウェスティンホテル仙台です。
    2010年8月1日にオープンした仙台駅から徒歩10分ほどにあるホテルです。
    アサインされたのは、36階20号室のプレミアルーム(ビューバス)です。
    最上階の37階はレストラン一夢庵ですので、宿泊フロアでは、最上階になります。

  • 48m?あるので適度な広さで快適です。

    48m?あるので適度な広さで快適です。

  • デスクと液晶テレビは東芝製です。

    デスクと液晶テレビは東芝製です。

  • ヘブンリーベッド=(雲の上の寝心地のベッド)<br /><br />寝心地は抜群です。

    ヘブンリーベッド=(雲の上の寝心地のベッド)

    寝心地は抜群です。

  • 棚の中にドリップして飲むタイプのコーヒーがあります。

    棚の中にドリップして飲むタイプのコーヒーがあります。

  • 景色は、広瀬川が望め仙台を一望できるなかなかの景観です。

    景色は、広瀬川が望め仙台を一望できるなかなかの景観です。

  • ゆったりと入れるバス

    ゆったりと入れるバス

  • ダブルシンクで使いやすい

    ダブルシンクで使いやすい

  • シャワーブースは別になっています。

    シャワーブースは別になっています。

  • アメニティーは、ウェスティン指定のホワイトティーシリーズ

    アメニティーは、ウェスティン指定のホワイトティーシリーズ

  • ちょっとしたウエルカムギフト

    ちょっとしたウエルカムギフト

  • 夕食は、「牛たん料理 閣(かく) ぶらんど−む店」に行きました。

    夕食は、「牛たん料理 閣(かく) ぶらんど−む店」に行きました。

  • まずは、生ビールを<br /><br />サッポロ黒生で何となくうれしい感じです。

    まずは、生ビールを

    サッポロ黒生で何となくうれしい感じです。

  • お通しの牛タンの角煮<br /><br />厚みのある角煮は、箸でほぐれる柔らかさで淡泊な中に旨みが感じられます。

    お通しの牛タンの角煮

    厚みのある角煮は、箸でほぐれる柔らかさで淡泊な中に旨みが感じられます。

  • 牛タンの刺身です。<br /><br />タン元だけを使った霜降り具合がすごいピンク色で大トロの様に口に広がる旨みととろけ具合が良い塩梅でワサビ醤油でゆったりと頂きます。

    牛タンの刺身です。

    タン元だけを使った霜降り具合がすごいピンク色で大トロの様に口に広がる旨みととろけ具合が良い塩梅でワサビ醤油でゆったりと頂きます。

  • 牛たんのたたきです。<br /><br />表面だけをサッと炙った牛タンのたたきに、たっぷりの浅葱です。<br /><br />レアの状態のタンは口に入れると旨みがじわりと広がり、酸味のあるポン酢に近いタレで意外とさっぱりとしていて美味しく食べられます。

    牛たんのたたきです。

    表面だけをサッと炙った牛タンのたたきに、たっぷりの浅葱です。

    レアの状態のタンは口に入れると旨みがじわりと広がり、酸味のあるポン酢に近いタレで意外とさっぱりとしていて美味しく食べられます。

  • 牛タン焼二人前です。<br /><br />ほど良く切れ目が入った厚めの牛タンは、しっかり焼かれています。<br /><br />やや味付けが濃いめで、しっかりとした歯応えと噛むとじんわりと感じるジューシーさがビールによく合います。

    牛タン焼二人前です。

    ほど良く切れ目が入った厚めの牛タンは、しっかり焼かれています。

    やや味付けが濃いめで、しっかりとした歯応えと噛むとじんわりと感じるジューシーさがビールによく合います。

  • テールスープです。<br /><br />柔らかく煮こまれた牛テール肉が入り、上にはたっぷりの葱の定番の透明なスープです。<br /><br />こちらもややきつめの塩味で単品としての存在感があります。<br /><br />接客担当の人が多く、迅速で丁寧な対応で良い感じでした。

    テールスープです。

    柔らかく煮こまれた牛テール肉が入り、上にはたっぷりの葱の定番の透明なスープです。

    こちらもややきつめの塩味で単品としての存在感があります。

    接客担当の人が多く、迅速で丁寧な対応で良い感じでした。

  • 駅前にある、当初行こうとしたビストロさんが満席で断念し、看板に釣られて<br /><br />2軒目は、「イタリア酒場 Don Armarnino (ドンアルマニーノ)」に行きました。

    駅前にある、当初行こうとしたビストロさんが満席で断念し、看板に釣られて

    2軒目は、「イタリア酒場 Don Armarnino (ドンアルマニーノ)」に行きました。

  • お通しに近い最初にパンの盛り合せです。<br /><br />食べ放題になっていました。

    お通しに近い最初にパンの盛り合せです。

    食べ放題になっていました。

  • 赤ワインのピエモンテのバルベラ・ダルバにしました。<br /><br />果実香が豊かで、柔らかいタンニンと酸味の調和が取れたワインで飲みやすものでした。

    赤ワインのピエモンテのバルベラ・ダルバにしました。

    果実香が豊かで、柔らかいタンニンと酸味の調和が取れたワインで飲みやすものでした。

  • 旬のキノコのガーリックソテー<br /><br />エリンギ、シメジ、マイタケ、マッシュルームのガーリック炒めで、

    旬のキノコのガーリックソテー

    エリンギ、シメジ、マイタケ、マッシュルームのガーリック炒めで、

  • パルマ風のアスパラ<br /><br />パルメジャーの風味で目玉焼きとアスパラのそてーです。<br /><br />シャッキリした歯ごたえがなく、旨みも足りない感じで、つい、アスパラは、北海道産に限るという印象になってしまいました。

    パルマ風のアスパラ

    パルメジャーの風味で目玉焼きとアスパラのそてーです。

    シャッキリした歯ごたえがなく、旨みも足りない感じで、つい、アスパラは、北海道産に限るという印象になってしまいました。

  • ピッツアは、チーズチーズを<br /><br />ピッツァの種類が多く、ナポリ風とローマ風が選べます。<br /><br />ナポリピッツァというと少々違う気がしますが、生地がむっちりでやや量産型を思わせ無難な仕上がりです。<br />

    ピッツアは、チーズチーズを

    ピッツァの種類が多く、ナポリ風とローマ風が選べます。

    ナポリピッツァというと少々違う気がしますが、生地がむっちりでやや量産型を思わせ無難な仕上がりです。

  • パスタは、ゴルゴンゾーラチーズにしました。<br /><br />乾麺の他、タリアテッレ、リグイネ、フェットチーネ、ファルファッレなどの手打ちパスタなど<br /><br />10種類ほどから選べ、タリアテッレを選択しました。<br /><br />ソースは、生クリームのソースでゴルゴンゾーラが溶かし込んであります。<br /><br />タリアテッレはかなり柔らかく、もっちりとした食感で何か物足りなく感じました。<br /><br />自分の好みがやや厳し目なのだろうと思います。<br /><br />あと、自分たちは頼みませんがアイスを頼むと歌いながら作ってくれます。<br /><br />「コールド・ストーン・クリーマリー」みたいで楽しい気分になります。

    パスタは、ゴルゴンゾーラチーズにしました。

    乾麺の他、タリアテッレ、リグイネ、フェットチーネ、ファルファッレなどの手打ちパスタなど

    10種類ほどから選べ、タリアテッレを選択しました。

    ソースは、生クリームのソースでゴルゴンゾーラが溶かし込んであります。

    タリアテッレはかなり柔らかく、もっちりとした食感で何か物足りなく感じました。

    自分の好みがやや厳し目なのだろうと思います。

    あと、自分たちは頼みませんがアイスを頼むと歌いながら作ってくれます。

    「コールド・ストーン・クリーマリー」みたいで楽しい気分になります。

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

仙台の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集