モンサンミッシェル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
30歳になり、人生初のヨーロッパ旅行へ行ってきました。<br /><br />2012年のGWは連休が9日間もあったので、どうせなら行ったことのない場所へ行きたいと考え、色々検討した結果、フランスとスペインへ行くことに。<br /><br />しかも今回は一人旅ということで、航空券・ホテル・その他チケット他を全て自分で手配しました。<br /><br />ツアーであれば、事前準備も旅行中も楽ちんですが、どうせ行くなら自分で行きたいところにトコトン行こうという思いが強かったからです。<br /><br />そして、今回の目的は以下の通り。<br /><br />【フランス】<br /> 凱旋門、エッフェル塔、ルーヴル美術館、モンサン・ミッシェル等<br /><br />【スペイン】<br /> サッカー観戦、サグラダ・ファミリア、ミカ・サロ、グエル公園等<br /><br />いやぁ、良いこと悪いこともあったけど、本当に楽しい旅行でした。

ヨーロッパ旅行 3日目 フランス編3 ~モンサン・ミッシェル~

10いいね!

2012/04/28 - 2012/05/06

690位(同エリア1830件中)

0

81

コウセイさん

30歳になり、人生初のヨーロッパ旅行へ行ってきました。

2012年のGWは連休が9日間もあったので、どうせなら行ったことのない場所へ行きたいと考え、色々検討した結果、フランスとスペインへ行くことに。

しかも今回は一人旅ということで、航空券・ホテル・その他チケット他を全て自分で手配しました。

ツアーであれば、事前準備も旅行中も楽ちんですが、どうせ行くなら自分で行きたいところにトコトン行こうという思いが強かったからです。

そして、今回の目的は以下の通り。

【フランス】
 凱旋門、エッフェル塔、ルーヴル美術館、モンサン・ミッシェル等

【スペイン】
 サッカー観戦、サグラダ・ファミリア、ミカ・サロ、グエル公園等

いやぁ、良いこと悪いこともあったけど、本当に楽しい旅行でした。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.0
グルメ
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
中国国際航空
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
じゃらん

PR

  • 3日目の朝、天気がよさそうです。<br /><br />今日はバスツアーに参加するため、7時にホテルを出ます。

    3日目の朝、天気がよさそうです。

    今日はバスツアーに参加するため、7時にホテルを出ます。

  • ホテルから歩くこと数分。今回お世話になるMy busさん。<br /><br />僕が参加するツアーは「モンサンミッシェルとオンフルール 1日観光」で、ガイドと昼食が付いていないもので13,500円でした。<br /><br />最初は電車とバスを乗り継いで行くことも検討したけど、費用を考えるとこちらの方が安上がりになるので、バスツアーに参加することにしました。<br /><br />ちなみに今回の旅で唯一の団体行動なのですが、参加者が全員日本人で数日ぶりに日本語を聞いてすごく安堵しました(笑)

    ホテルから歩くこと数分。今回お世話になるMy busさん。

    僕が参加するツアーは「モンサンミッシェルとオンフルール 1日観光」で、ガイドと昼食が付いていないもので13,500円でした。

    最初は電車とバスを乗り継いで行くことも検討したけど、費用を考えるとこちらの方が安上がりになるので、バスツアーに参加することにしました。

    ちなみに今回の旅で唯一の団体行動なのですが、参加者が全員日本人で数日ぶりに日本語を聞いてすごく安堵しました(笑)

  • バスに揺られること約2時間、ノルマンディー地方の港町オンフルールに到着。<br /><br />ここで30分ほどの散策&休憩となります。

    バスに揺られること約2時間、ノルマンディー地方の港町オンフルールに到着。

    ここで30分ほどの散策&休憩となります。

  • 小さな港町ですが、本当に綺麗な街並みです。

    小さな港町ですが、本当に綺麗な街並みです。

  • ガイドさんにおススメされたクレープ屋さん。

    ガイドさんにおススメされたクレープ屋さん。

  • 生クリープたっぷりのクレープ。<br /><br />生地が熱いので生クリームが溶けていくのですが、これがまた絶品。<br /><br />しかも2.9ユーロなのに、おじさんが2ユーロにまけてくれました!

    生クリープたっぷりのクレープ。

    生地が熱いので生クリームが溶けていくのですが、これがまた絶品。

    しかも2.9ユーロなのに、おじさんが2ユーロにまけてくれました!

  • 絵の中に迷い込んできたかのような街並み。

    絵の中に迷い込んできたかのような街並み。

  • どこにでもオシャレなオープンカフェがあります。

    どこにでもオシャレなオープンカフェがあります。

  • 船やヨットが係留されていて、港町特有のひなびた雰囲気が漂います。

    船やヨットが係留されていて、港町特有のひなびた雰囲気が漂います。

  • レトロなメリーゴーラウンド。

    レトロなメリーゴーラウンド。

  • セーヌ川左岸の河口にあるので、ここからパリへと繋がっています。<br /><br />のんびりとした雰囲気ともここでお別れして、またバスに乗って目的地であるモンサンミッシェルを目指します。

    セーヌ川左岸の河口にあるので、ここからパリへと繋がっています。

    のんびりとした雰囲気ともここでお別れして、またバスに乗って目的地であるモンサンミッシェルを目指します。

  • バスに揺られること約2時間。<br /><br />車窓からモンサンミッシェルが見えます!

    バスに揺られること約2時間。

    車窓からモンサンミッシェルが見えます!

  • バスから降りると、ガイドありの人たちとガイドなしの人たちに分かれます。ガイドありの人たちは昼食へ、ガイドなしの僕はここから自由時間となります。<br /><br />対岸には夢にまで見たモンサンミッシェルが佇んでいます。

    バスから降りると、ガイドありの人たちとガイドなしの人たちに分かれます。ガイドありの人たちは昼食へ、ガイドなしの僕はここから自由時間となります。

    対岸には夢にまで見たモンサンミッシェルが佇んでいます。

  • 無料のシャトルバスに乗って対岸まで行きます。<br /><br />ちなみに対岸までは1kmぐらいなので歩いて行くこともできます。

    無料のシャトルバスに乗って対岸まで行きます。

    ちなみに対岸までは1kmぐらいなので歩いて行くこともできます。

  • シャトルバスからの車窓。

    シャトルバスからの車窓。

  • 遂にモンサンミッシェルが目の前に!<br /><br />海上にそびえる孤高の修道院、神々しさすら感じます。

    遂にモンサンミッシェルが目の前に!

    海上にそびえる孤高の修道院、神々しさすら感じます。

  • 近くまで来ると迫力満点。

    近くまで来ると迫力満点。

  • いよいよ中へ。

    いよいよ中へ。

  • 鳥が飛んでいて、ちょっと怪しい雰囲気もあります。

    鳥が飛んでいて、ちょっと怪しい雰囲気もあります。

  • 大通り門をくぐります。<br /><br />15世紀に警備強化を目的に造られたそうです。

    大通り門をくぐります。

    15世紀に警備強化を目的に造られたそうです。

  • 左にあるのがオムレツ発祥の店として有名なラ・メール・プーラール。<br /><br />オムレツには興味がありましたが、値段が高いらしいので食べず終い。

    左にあるのがオムレツ発祥の店として有名なラ・メール・プーラール。

    オムレツには興味がありましたが、値段が高いらしいので食べず終い。

  • グランド・リュと呼ばれる修道院への参道。<br /><br />趣のある街並みで、郷愁を感じます。

    グランド・リュと呼ばれる修道院への参道。

    趣のある街並みで、郷愁を感じます。

  • 両側にぎっしりとご飯屋やお土産屋など色んなお店が並んでいます。

    両側にぎっしりとご飯屋やお土産屋など色んなお店が並んでいます。

  • お昼ご飯はこちらの軽食で。

    お昼ご飯はこちらの軽食で。

  • モンサンミッシェルでなぜかポテトとソーセージ(笑)

    モンサンミッシェルでなぜかポテトとソーセージ(笑)

  • サン・ピエール教会。<br /><br />岩山を掘り下げ、洞窟内の建設された教会です。

    サン・ピエール教会。

    岩山を掘り下げ、洞窟内の建設された教会です。

  • 祭壇は何とも言えない雰囲気です。

    祭壇は何とも言えない雰囲気です。

  • 色とりどりの瓶に入ったろうそく。<br /><br />なぜか魅入ってしましました。

    色とりどりの瓶に入ったろうそく。

    なぜか魅入ってしましました。

  • 上を見上げるとモンサンミッシェルが!

    上を見上げるとモンサンミッシェルが!

  • どんどんと階段を上がっていきます。

    どんどんと階段を上がっていきます。

  • 既に結構な高さまで上がってきました。

    既に結構な高さまで上がってきました。

  • 高くそびえる壁。<br /><br />巡礼地だけではなく、要塞や牢獄になったモンサンミッシェルの別の顔が垣間見えます。

    高くそびえる壁。

    巡礼地だけではなく、要塞や牢獄になったモンサンミッシェルの別の顔が垣間見えます。

  • 修道院へ入るためのチケット売り場。<br /><br />結構な行列になっていましたが、ツアーだったので前売りチケットで並ぶことなく院内へ入れました。

    修道院へ入るためのチケット売り場。

    結構な行列になっていましたが、ツアーだったので前売りチケットで並ぶことなく院内へ入れました。

  • 院内をどんどん進んでいきます。

    院内をどんどん進んでいきます。

  • 手洗い場かな?

    手洗い場かな?

  • 教会へ向かうための大階段。<br /><br />要塞だった時代は、高い壁に挟まれた上部の橋から敵を攻撃していたそうです。<br /><br />ここを登り切れば展望台に辿りつく。

    教会へ向かうための大階段。

    要塞だった時代は、高い壁に挟まれた上部の橋から敵を攻撃していたそうです。

    ここを登り切れば展望台に辿りつく。

  • 展望台から見下ろすと続々と観光客がモンサンミッシェルを目指しています。

    展望台から見下ろすと続々と観光客がモンサンミッシェルを目指しています。

  • モンサンミッシェルと町をつなぐ一本道が見える。

    モンサンミッシェルと町をつなぐ一本道が見える。

  • 尖塔がもうすぐそこです。

    尖塔がもうすぐそこです。

  • 小さな展示室にはモンサンミッシェルの軌跡をたどった模型があります。

    小さな展示室にはモンサンミッシェルの軌跡をたどった模型があります。

  • 最初はただの小屋。

    最初はただの小屋。

  • 修道院らしきものができました。

    修道院らしきものができました。

  • 修道院が増築され、周りには城壁と町ができました。

    修道院が増築され、周りには城壁と町ができました。

  • 尖塔が増築され、今と同じような形へ。

    尖塔が増築され、今と同じような形へ。

  • 展示室を出ると「西のテラス」です。<br /><br />このテラスは海抜80mの高さなので、絶景が楽しめます。<br /><br />それにしても観光客が多い。さすがはフランス屈指の世界遺産。

    展示室を出ると「西のテラス」です。

    このテラスは海抜80mの高さなので、絶景が楽しめます。

    それにしても観光客が多い。さすがはフランス屈指の世界遺産。

  • 干潟の向こうには海が見えます。

    干潟の向こうには海が見えます。

  • モンサンミッシェルのシンボルでもある鐘楼と尖塔。<br /><br />

    モンサンミッシェルのシンボルでもある鐘楼と尖塔。

  • そして修道院内部へ。ひんやりとした空気が漂います。

    そして修道院内部へ。ひんやりとした空気が漂います。

  • ここが11世紀に完成した教会。<br /><br />ロマネスク様式とフランボワイヤン様式が融合した造りで、身廊の比率はノアの方舟と同じだそうです。

    ここが11世紀に完成した教会。

    ロマネスク様式とフランボワイヤン様式が融合した造りで、身廊の比率はノアの方舟と同じだそうです。

  • 大きなオルガンでしょうか。

    大きなオルガンでしょうか。

  • 教会中央にある祭壇。<br /><br />なお、祭壇は聖地エルサレムの方向を向いているそうです。

    教会中央にある祭壇。

    なお、祭壇は聖地エルサレムの方向を向いているそうです。

  • 祭壇横の柱にある聖ミカエルの像。<br /><br />

    祭壇横の柱にある聖ミカエルの像。

  • 教会を抜けると列柱廊に出ます。<br /><br />天国を象徴した修道士の憩いと瞑想の場だったそうです。

    教会を抜けると列柱廊に出ます。

    天国を象徴した修道士の憩いと瞑想の場だったそうです。

  • 円柱の間隔を少しずらすことで変化のある視覚効果が生まれ、周囲を歩くと柱が無限に続くような錯覚になるそうです。

    円柱の間隔を少しずらすことで変化のある視覚効果が生まれ、周囲を歩くと柱が無限に続くような錯覚になるそうです。

  • 緑々とした中庭。

    緑々とした中庭。

  • 他の観光客グループのガイド曰く、唯一昔から現存する最後の柱だそうです。<br /><br />(途中から話を聞いたので真意は不明ですが。。。)

    他の観光客グループのガイド曰く、唯一昔から現存する最後の柱だそうです。

    (途中から話を聞いたので真意は不明ですが。。。)

  • その装飾の美しさからラ・メルヴェイユ(驚嘆)と呼ばれているそうです。

    その装飾の美しさからラ・メルヴェイユ(驚嘆)と呼ばれているそうです。

  • 列柱廊から食堂へ入ります。<br /><br />船の底のような広々とした食堂は、59の小さな窓から光が差し込み非常に明るくなっています。

    列柱廊から食堂へ入ります。

    船の底のような広々とした食堂は、59の小さな窓から光が差し込み非常に明るくなっています。

  • 食堂を出ると、通路の上には大天使に指を差し込まれる司教の彫刻。

    食堂を出ると、通路の上には大天使に指を差し込まれる司教の彫刻。

  • 続いて、迎賓の間。<br /><br />修道院長が身分のある訪問者を迎えた場所。<br /><br />世が世なら、絶対に入れない部屋ですね(笑)

    続いて、迎賓の間。

    修道院長が身分のある訪問者を迎えた場所。

    世が世なら、絶対に入れない部屋ですね(笑)

  • 聖マルタン礼拝堂は、島内最古の礼拝堂。

    聖マルタン礼拝堂は、島内最古の礼拝堂。

  • まだまだ修道院内部の見学は続きます。

    まだまだ修道院内部の見学は続きます。

  • 修道院の遊歩道。<br /><br />

    修道院の遊歩道。

  • 他の団体客のガイドさん曰く、この岩はパワースポットのようです。

    他の団体客のガイドさん曰く、この岩はパワースポットのようです。

  • モンサンミッシェルのパワースポットを言われれば、触るしかありません。

    モンサンミッシェルのパワースポットを言われれば、触るしかありません。

  • 騎士の間は、修道士たちの仕事場だったようです。<br /><br />ここには大きな暖炉があります。

    騎士の間は、修道士たちの仕事場だったようです。

    ここには大きな暖炉があります。

  • 修道院見学も終了。<br /><br />ここのお土産屋で絵葉書やらたくさん購入しました。

    修道院見学も終了。

    ここのお土産屋で絵葉書やらたくさん購入しました。

  • 修道院を出るとき、聖ミカエルのレプリカがお見送りしてくれます。

    修道院を出るとき、聖ミカエルのレプリカがお見送りしてくれます。

  • 尖塔の天辺にいるのが、先ほどお見送りしてくれた聖ミカエル。

    尖塔の天辺にいるのが、先ほどお見送りしてくれた聖ミカエル。

  • 外壁には年月を物語るコケや汚れが見てとれます。

    外壁には年月を物語るコケや汚れが見てとれます。

  • グランド・リュに戻ってきました。<br /><br />まだ少し時間があるので、郵便局へ行きます。

    グランド・リュに戻ってきました。

    まだ少し時間があるので、郵便局へ行きます。

  • モンサンミッシェルから郵便を出すと、特別なスタンプを押印してくれます。

    モンサンミッシェルから郵便を出すと、特別なスタンプを押印してくれます。

  • やはりモンサンミッシェルは本当に素晴らしい。

    やはりモンサンミッシェルは本当に素晴らしい。

  • 帰りはシャトルバスではなく、余韻に浸りながら歩いて帰りました。

    帰りはシャトルバスではなく、余韻に浸りながら歩いて帰りました。

  • 徐々に小さくなるモンサンミッシェル。

    徐々に小さくなるモンサンミッシェル。

  • ずっと行きたかったところに行けて本当に良かった!<br /><br />16時ごろにはここを出て、パリへ戻ります。

    ずっと行きたかったところに行けて本当に良かった!

    16時ごろにはここを出て、パリへ戻ります。

  • パリに戻ったときにはもう21時過ぎです。

    パリに戻ったときにはもう21時過ぎです。

  • 夜のオペラ・ガルニエ。

    夜のオペラ・ガルニエ。

  • 何気ない風景ですが絵になります。

    何気ない風景ですが絵になります。

  • オペラ・ガルニエからホテルに戻る途中にあったヴァンドーム広場。<br /><br />すごく綺麗でした。

    オペラ・ガルニエからホテルに戻る途中にあったヴァンドーム広場。

    すごく綺麗でした。

  • これにて3日目が終了。<br /><br />そして明日でフランス最終日、ホテルに戻ってゆっくり休みます。

    これにて3日目が終了。

    そして明日でフランス最終日、ホテルに戻ってゆっくり休みます。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP

ピックアップ特集