ビエンチャン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
とっても気に入ったルアンパバーンを離れ<br />首都ビエンチャンへ、そしてKLを経由しバリへ。<br />面倒な移動も楽しもうと言う3日間です。<br /><br />ビエンチャンは初めての街です。<br />どんな顔で迎えてくれることでしょう。<br /><br />深夜の大流血事件。<br />南京虫大虐殺。<br />号泣激辛の乱。<br />VIPバス詐欺事件。<br />次から次へと色々な事が起こります。<br />これが旅行ですかねぇ。<br /><br />そんなこんなのビエンチャン編です。<br /><br />

2013年3月 アジア3国 3 ラオス・ビエンチャン

93いいね!

2013/03/05 - 2013/03/07

32位(同エリア959件中)

2

41

shique

shiqueさん

とっても気に入ったルアンパバーンを離れ
首都ビエンチャンへ、そしてKLを経由しバリへ。
面倒な移動も楽しもうと言う3日間です。

ビエンチャンは初めての街です。
どんな顔で迎えてくれることでしょう。

深夜の大流血事件。
南京虫大虐殺。
号泣激辛の乱。
VIPバス詐欺事件。
次から次へと色々な事が起こります。
これが旅行ですかねぇ。

そんなこんなのビエンチャン編です。

旅行の満足度
3.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ルアンパバーン5日目。<br /><br />今日も朝6時の太鼓から始まります。<br /><br />本日はバスでビエンチャンまでの移動が<br />最大のイベントとなっています。<br /><br />朝6時半、いつものメコン川沿いのお粥屋で朝食。<br /><br />あ〜ここのお粥は本当に美味しい。<br />

    ルアンパバーン5日目。

    今日も朝6時の太鼓から始まります。

    本日はバスでビエンチャンまでの移動が
    最大のイベントとなっています。

    朝6時半、いつものメコン川沿いのお粥屋で朝食。

    あ〜ここのお粥は本当に美味しい。

  • 相棒は3日、私は2日連続の来店。<br />さらに、店のお母さんに昨日街中で<br />偶然会って挨拶したお陰か<br />プチ常連的な感覚で接して頂きました。<br /><br />サービスのお茶を大きな<br />コップで出してもらったりして<br />とっても嬉しかった。<br /><br />コップチャイ。<br />

    相棒は3日、私は2日連続の来店。
    さらに、店のお母さんに昨日街中で
    偶然会って挨拶したお陰か
    プチ常連的な感覚で接して頂きました。

    サービスのお茶を大きな
    コップで出してもらったりして
    とっても嬉しかった。

    コップチャイ。

  • 本日のバス移動を考えて<br />お粥屋の隣りでパンを物色。<br /><br />「二本でいくらですか?」<br />「5000kip。」<br />「一本は?」<br />「2000kip。」<br />「え?・・・」<br /><br />交渉の末、二本で4000kip。<br />ぼられたのかどうかすら解らず・・・。<br />

    本日のバス移動を考えて
    お粥屋の隣りでパンを物色。

    「二本でいくらですか?」
    「5000kip。」
    「一本は?」
    「2000kip。」
    「え?・・・」

    交渉の末、二本で4000kip。
    ぼられたのかどうかすら解らず・・・。

  • 宿からピックアップのハイエースに乗り<br />10分程でバスステーションに到着。<br /><br />プラットホームは一列だけの<br />バスも少ないステーションです。<br /><br />バスの発着表を見ても<br />一日16便しかありません。<br /><br />今日は昨夜の大雨の影響か<br />朝からどんより曇っていて<br />益々地味さが加速した風景です。<br />

    宿からピックアップのハイエースに乗り
    10分程でバスステーションに到着。

    プラットホームは一列だけの
    バスも少ないステーションです。

    バスの発着表を見ても
    一日16便しかありません。

    今日は昨夜の大雨の影響か
    朝からどんより曇っていて
    益々地味さが加速した風景です。

  • 人影もまばらなチケットブース。<br /><br />昨日、All Lao Serviceでバス代として<br />支払った150000kipの領収書を<br />このブースに持って行くと<br />バスチケットを渡してくれます。<br /><br />全席指定なので<br />荷物を積みこんだらやる事無しです。<br /><br />

    人影もまばらなチケットブース。

    昨日、All Lao Serviceでバス代として
    支払った150000kipの領収書を
    このブースに持って行くと
    バスチケットを渡してくれます。

    全席指定なので
    荷物を積みこんだらやる事無しです。

  • ターミナルの敷地内には<br />思ったよりもたくさんの店があります。<br /><br />もとより乗客が少ないので<br />売店の周りに人は全く居ません。<br />かつての駄菓子屋のおばちゃんの様に<br />店番は微動だにしません。<br /><br />一人だけ私に反応してくれた<br />可愛いお姉さんが居たので<br />そこで川海苔のお土産買いました。<br /><br /><br />・・・しかし<br />この長閑な雰囲気から<br />これから起こる事態を<br />誰が予想できたでしょうか?<br /><br />11時間を越えるバス旅、<br />そんなに簡単には終わる筈がありません。<br />

    ターミナルの敷地内には
    思ったよりもたくさんの店があります。

    もとより乗客が少ないので
    売店の周りに人は全く居ません。
    かつての駄菓子屋のおばちゃんの様に
    店番は微動だにしません。

    一人だけ私に反応してくれた
    可愛いお姉さんが居たので
    そこで川海苔のお土産買いました。


    ・・・しかし
    この長閑な雰囲気から
    これから起こる事態を
    誰が予想できたでしょうか?

    11時間を越えるバス旅、
    そんなに簡単には終わる筈がありません。

  • バスはほぼ時刻通り8時過ぎに<br />ルアンパバーンを出発しました。<br /><br />途中、山間の村々に何度か停車し<br />その都度現地の人々が乗り込み<br />いつの間にか満席以上になりました。<br /><br />名ばかりのVIPバスは超スローペースで<br />山間の急こう配を進んで行きます。<br /><br />しばらく走ると雲の中に突入<br />車窓の視界5m、車内は当然冷蔵庫。<br /><br />絶景の景色を期待していたので<br />本当にガッカリです。<br /><br />そして、3時間後最初の休憩地に到着。<br /><br />写真は露光オーバーでは無くて<br />ガスっている霧中状態です。

    バスはほぼ時刻通り8時過ぎに
    ルアンパバーンを出発しました。

    途中、山間の村々に何度か停車し
    その都度現地の人々が乗り込み
    いつの間にか満席以上になりました。

    名ばかりのVIPバスは超スローペースで
    山間の急こう配を進んで行きます。

    しばらく走ると雲の中に突入
    車窓の視界5m、車内は当然冷蔵庫。

    絶景の景色を期待していたので
    本当にガッカリです。

    そして、3時間後最初の休憩地に到着。

    写真は露光オーバーでは無くて
    ガスっている霧中状態です。

  • バス乗車5時間後。<br /><br />ほんの少しラオスの山々が<br />その姿を見せてくれました。<br /><br />雲に突き刺さった幽玄な姿は<br />これはこれで魅力的な物でした。<br /><br />しかし、晴天時はどうなのでしょう?<br /><br />リベンジはしたいですね。

    バス乗車5時間後。

    ほんの少しラオスの山々が
    その姿を見せてくれました。

    雲に突き刺さった幽玄な姿は
    これはこれで魅力的な物でした。

    しかし、晴天時はどうなのでしょう?

    リベンジはしたいですね。

  • バスに乗って6時間、時間は午後2時過ぎ。<br /><br />3回目の休憩で昼ごはんです。<br /><br />バスチケットに付いているお食事クーポンで<br />麺かご飯のどちらかが頂けます。<br /><br />相棒は麺、私がご飯担当で、<br />おかず5品全部乗せてもらいました。<br /><br />100人は座れる大きな食堂付きの<br />この辺りではかなり大きい施設です。<br /><br />バスでバンビエンまであと1時間の場所にあります。

    バスに乗って6時間、時間は午後2時過ぎ。

    3回目の休憩で昼ごはんです。

    バスチケットに付いているお食事クーポンで
    麺かご飯のどちらかが頂けます。

    相棒は麺、私がご飯担当で、
    おかず5品全部乗せてもらいました。

    100人は座れる大きな食堂付きの
    この辺りではかなり大きい施設です。

    バスでバンビエンまであと1時間の場所にあります。

  • バスがバンビエンに着いたのが夕方の4時ごろ。<br />出発してから8時間程経った事になります。<br /><br />それから1時間も走らないうちに<br />バスは今度は国道の路肩にストップ。<br />10分程して、乗客全員バスから降ろされ<br />前に止まってる違うバスに乗れと指示される。<br /><br />そのバスにも元々の乗客がいるので<br />全員分の席は当然ありません。<br /><br />外れくじを引いたのはロシア系の女性と私。<br />全席指定のVIPバスの代金を払ったのに<br />自分の席すら無いと言うこの状況!<br />車掌はしっかり自分の席をキープし<br />座席下の荷物置き場を指さし<br />そこに座っていろと指示をする。<br /><br />流石にこれには私も我慢の限度を超え<br />文句お言おうとしたその瞬間、<br />ロシア人が先に切れました。<br /><br />その女性は強い口調で席を作る様に要求。<br />客としての全く持って正当な主張ですが<br />如何せん、英語です。<br />車掌は聞いてる振りしてますが<br />解ってるとは思えません。<br /><br />車内は満席、長旅でみんな疲れています。<br />通路には外国人二人が立ちつくし<br />女性はマシンガンのように怒鳴り続ける。<br />バスは動き出さない・・・。<br />時間だけが流れてゆく・・・。<br />あなたならどうします?<br /><br />「仕方無いですよ、この椅子使います?」<br />と荷物置き場にあった簡易椅子を<br />彼女に手渡してあげました。<br /><br />一瞬こわばった表情を見せた彼女も<br />「あ、ありがとう・・・。」と受け取りました。<br />私は乗車口のタラップに腰を下ろすと<br />バスはビエンチャンに向けて走り出しました。<br /><br />私は先に進む事を優先してしまったのですが<br />その判断はどうだったのでしょうか?<br />意見は分かれる所でしょうね。<br /><br />しかし、これで終わらないのがラオスのバス。<br /><br />時間的に考えても目的地まで<br />後わずかと思われる街に停車すると<br />その路上でエンジンが止まってしまいました。<br /><br />辺りは真っ暗で乗客も流石にウンザリ。<br />もう今日中には着かないのかなぁ・・・。<br />深夜でも宿開いてるかなぁ・・・。<br />・・・まぁ、なるようにしかならないか。<br /><br />10分後エンジンが復活!<br />そして人気の無い真っ暗な<br />ビエンチャンのバスステーション(写真)に<br />到着したのは午後7時半でした。

    バスがバンビエンに着いたのが夕方の4時ごろ。
    出発してから8時間程経った事になります。

    それから1時間も走らないうちに
    バスは今度は国道の路肩にストップ。
    10分程して、乗客全員バスから降ろされ
    前に止まってる違うバスに乗れと指示される。

    そのバスにも元々の乗客がいるので
    全員分の席は当然ありません。

    外れくじを引いたのはロシア系の女性と私。
    全席指定のVIPバスの代金を払ったのに
    自分の席すら無いと言うこの状況!
    車掌はしっかり自分の席をキープし
    座席下の荷物置き場を指さし
    そこに座っていろと指示をする。

    流石にこれには私も我慢の限度を超え
    文句お言おうとしたその瞬間、
    ロシア人が先に切れました。

    その女性は強い口調で席を作る様に要求。
    客としての全く持って正当な主張ですが
    如何せん、英語です。
    車掌は聞いてる振りしてますが
    解ってるとは思えません。

    車内は満席、長旅でみんな疲れています。
    通路には外国人二人が立ちつくし
    女性はマシンガンのように怒鳴り続ける。
    バスは動き出さない・・・。
    時間だけが流れてゆく・・・。
    あなたならどうします?

    「仕方無いですよ、この椅子使います?」
    と荷物置き場にあった簡易椅子を
    彼女に手渡してあげました。

    一瞬こわばった表情を見せた彼女も
    「あ、ありがとう・・・。」と受け取りました。
    私は乗車口のタラップに腰を下ろすと
    バスはビエンチャンに向けて走り出しました。

    私は先に進む事を優先してしまったのですが
    その判断はどうだったのでしょうか?
    意見は分かれる所でしょうね。

    しかし、これで終わらないのがラオスのバス。

    時間的に考えても目的地まで
    後わずかと思われる街に停車すると
    その路上でエンジンが止まってしまいました。

    辺りは真っ暗で乗客も流石にウンザリ。
    もう今日中には着かないのかなぁ・・・。
    深夜でも宿開いてるかなぁ・・・。
    ・・・まぁ、なるようにしかならないか。

    10分後エンジンが復活!
    そして人気の無い真っ暗な
    ビエンチャンのバスステーション(写真)に
    到着したのは午後7時半でした。

  • ステーションからシティーセンター行きの<br />トゥクトゥク(20000kip)に乗り<br />ナンプ広場の北にある本日の宿に<br />到着したのは8時半を回っていました。<br /><br />メコン川沿いにナイトマーケットや屋台が<br />あると言う情報はネットで仕入れていたので<br />兎に角出撃・・・ビールが飲みたい!<br /><br />写真の春雨サラダ、激辛です。<br />相棒は一口で泣きました。<br />私は三口で箸が止まってしまいました。<br />これは強敵中の強敵キングです!

    ステーションからシティーセンター行きの
    トゥクトゥク(20000kip)に乗り
    ナンプ広場の北にある本日の宿に
    到着したのは8時半を回っていました。

    メコン川沿いにナイトマーケットや屋台が
    あると言う情報はネットで仕入れていたので
    兎に角出撃・・・ビールが飲みたい!

    写真の春雨サラダ、激辛です。
    相棒は一口で泣きました。
    私は三口で箸が止まってしまいました。
    これは強敵中の強敵キングです!

  • 6日目、ビエンチャン2日目。<br /><br />朝6時になっても太鼓の音がしません。<br />ここはもうルアンパバーンではありません。<br /><br />ビエンチャンでも托鉢があると聞いていたので<br />朝の散歩がてら辺りを散策してみました。<br /><br />シティーセンターと呼ばれるこの地域は<br />まだ眠りから目覚めていない感じがします。<br />飲み屋街の朝特有の厭世感が漂っています。<br /><br />托鉢は少し時間が遅かったようで<br />僧侶には出逢えませんでしたが<br />宿の前の通りで美味しそうな湯気を発見。<br />

    6日目、ビエンチャン2日目。

    朝6時になっても太鼓の音がしません。
    ここはもうルアンパバーンではありません。

    ビエンチャンでも托鉢があると聞いていたので
    朝の散歩がてら辺りを散策してみました。

    シティーセンターと呼ばれるこの地域は
    まだ眠りから目覚めていない感じがします。
    飲み屋街の朝特有の厭世感が漂っています。

    托鉢は少し時間が遅かったようで
    僧侶には出逢えませんでしたが
    宿の前の通りで美味しそうな湯気を発見。

  • 宿の斜向かいにあるナンプ・コーヒーの<br />センピヤック、13000kip。<br />ラオスコーヒーは5000kip。<br /><br />宿は簡単な朝食付きでしたが<br />ここ数日、朝はお粥だったので<br />汁物が食べたかったのと<br />ビエンチャンの朝は結構涼しくて<br />暖かい物を体が求めていたので<br />湯気の誘惑に負けて入店です。<br /><br />空芯菜がたくさん入ってお腹がふくれます。<br /><br />値段が少し高いのは流石首都って感じですね。<br /><br />

    宿の斜向かいにあるナンプ・コーヒーの
    センピヤック、13000kip。
    ラオスコーヒーは5000kip。

    宿は簡単な朝食付きでしたが
    ここ数日、朝はお粥だったので
    汁物が食べたかったのと
    ビエンチャンの朝は結構涼しくて
    暖かい物を体が求めていたので
    湯気の誘惑に負けて入店です。

    空芯菜がたくさん入ってお腹がふくれます。

    値段が少し高いのは流石首都って感じですね。

  • ビエンチャン初日の宿ihouseで<br />二回目の朝食を食べる相棒。<br /><br />昨夜、11時頃事件は勃発しました。<br /><br />夕食を終え、コンビニでビールを買い<br />宿の長い階段を登っている時<br />突如4階のフロワー全体に<br />破壊音と悲鳴が響き渡りました。<br /><br />まさかと思い振り返ると<br />階段を踏み外した相棒が転倒。<br />ビール瓶は砕け散り、辺りはビールの海。<br />更に相棒の左指から迸る鮮血。<br /><br />この後が大変だった事は言うまでも無い。

    ビエンチャン初日の宿ihouseで
    二回目の朝食を食べる相棒。

    昨夜、11時頃事件は勃発しました。

    夕食を終え、コンビニでビールを買い
    宿の長い階段を登っている時
    突如4階のフロワー全体に
    破壊音と悲鳴が響き渡りました。

    まさかと思い振り返ると
    階段を踏み外した相棒が転倒。
    ビール瓶は砕け散り、辺りはビールの海。
    更に相棒の左指から迸る鮮血。

    この後が大変だった事は言うまでも無い。

  • バルコニーからこの街を眺めたかったので<br />朝食後、宿を隣りに替えました。<br /><br />写真は3階バルコニーからの風景です。<br /><br />相棒はションボリしていますが<br />決して深く反省している訳ではありません。<br />

    バルコニーからこの街を眺めたかったので
    朝食後、宿を隣りに替えました。

    写真は3階バルコニーからの風景です。

    相棒はションボリしていますが
    決して深く反省している訳ではありません。

  • 午前10時、本日一回目の散歩です。<br /><br />ラオス最大級のマーケットと謳われている<br />タラート・サオを目指します。<br />地図上では400m程ですから楽勝です。<br /><br />突然仏塔が現れました。<br />ガイドブックによるとタートダム。<br />観光客は一人も居ません。<br /><br />シティーセントラルと呼ばれるこの辺りは<br />道は広く、公的機関の大きな建物も多い。<br />整然と建物が並び生活感があまり感じられません。<br />アジアの活気はどこに隠れているのでしょうか?<br /><br />寂寞とした感が漂う面白みに欠けた街、<br />それが首都ビエンチャンの第一印象です。<br /><br />

    午前10時、本日一回目の散歩です。

    ラオス最大級のマーケットと謳われている
    タラート・サオを目指します。
    地図上では400m程ですから楽勝です。

    突然仏塔が現れました。
    ガイドブックによるとタートダム。
    観光客は一人も居ません。

    シティーセントラルと呼ばれるこの辺りは
    道は広く、公的機関の大きな建物も多い。
    整然と建物が並び生活感があまり感じられません。
    アジアの活気はどこに隠れているのでしょうか?

    寂寞とした感が漂う面白みに欠けた街、
    それが首都ビエンチャンの第一印象です。

  • 見えてきました。<br /><br />タラート・サオ・モール。<br />確かにデカイ建物ですね。<br /><br />朝は涼しかったのですが<br />太陽が登るとかなり暑くなって来ました。<br />日差しも強く、帽子を忘れた私はピンチ!<br /><br />日差しのせいか、歩いている人も少ないです。

    見えてきました。

    タラート・サオ・モール。
    確かにデカイ建物ですね。

    朝は涼しかったのですが
    太陽が登るとかなり暑くなって来ました。
    日差しも強く、帽子を忘れた私はピンチ!

    日差しのせいか、歩いている人も少ないです。

  • ラーンサーン通りを越えると<br />雰囲気が変わりました。<br /><br />地元の人々の人口密度が一気に上昇。<br /><br />ブーゲンビリアの木陰には路上市場。<br /><br />香辛料なのか漢方なのか<br />乾燥食材を路上に並べた<br />露店が幾つも並んでいます。<br /><br />時間とともに暑さが増し<br />目の前には人間同士の<br />濃厚な時間が流れ始める。<br /><br />これが私の好きなアジアです。<br /><br />期待感に胸が膨らんで来ました。<br /><br />

    ラーンサーン通りを越えると
    雰囲気が変わりました。

    地元の人々の人口密度が一気に上昇。

    ブーゲンビリアの木陰には路上市場。

    香辛料なのか漢方なのか
    乾燥食材を路上に並べた
    露店が幾つも並んでいます。

    時間とともに暑さが増し
    目の前には人間同士の
    濃厚な時間が流れ始める。

    これが私の好きなアジアです。

    期待感に胸が膨らんで来ました。

  • 御覧の様な商品を路上に並べた<br />出店が何軒も連なっています。<br /><br />直射日光を避けられるこの通りに<br />どっかりと座りこみ客を待つ。<br /><br />時間はゆっくり流れます。<br />

    御覧の様な商品を路上に並べた
    出店が何軒も連なっています。

    直射日光を避けられるこの通りに
    どっかりと座りこみ客を待つ。

    時間はゆっくり流れます。

  • ビエンチャンの横断歩道には<br />歩行者信号がありました。<br /><br />しかもボタンらしきものもあります。<br />あれば押します、人間の性として。<br /><br />この信号、青になって10秒もすると赤になります。<br />道幅考えると絶対青で渡りきれません。<br />ローカルルールが有るのか<br />みなさん赤でも車が来ないと渡ります。<br /><br />しかし相棒よ、その指は昨日<br />ビール瓶でしこたま切った指じゃないか!<br /><br />また出血しても今度は知らないぞ。

    ビエンチャンの横断歩道には
    歩行者信号がありました。

    しかもボタンらしきものもあります。
    あれば押します、人間の性として。

    この信号、青になって10秒もすると赤になります。
    道幅考えると絶対青で渡りきれません。
    ローカルルールが有るのか
    みなさん赤でも車が来ないと渡ります。

    しかし相棒よ、その指は昨日
    ビール瓶でしこたま切った指じゃないか!

    また出血しても今度は知らないぞ。

  • やって来ました、タラート・サオ。<br /><br />モールのこじゃれた方ではありません,<br />冷房イマイチのモーニングマーケットの方です。<br /><br />陳列の仕方から店舗数まで迫力あります。<br /><br />数の多さが豊かさの象徴だとばかり<br />商品が私達を圧倒してくる。<br />ここは人間の欲望をくすぐる資本主義世界。<br /><br />しかし、客は決して多くありません。<br />これでやって行けるのかしら?<br /><br />

    やって来ました、タラート・サオ。

    モールのこじゃれた方ではありません,
    冷房イマイチのモーニングマーケットの方です。

    陳列の仕方から店舗数まで迫力あります。

    数の多さが豊かさの象徴だとばかり
    商品が私達を圧倒してくる。
    ここは人間の欲望をくすぐる資本主義世界。

    しかし、客は決して多くありません。
    これでやって行けるのかしら?

  • テキスタイル好きにはたまりません。<br /><br />シルクであってもコットンであっても<br />じっくり見てみたいものです。<br /><br />しかし、一軒や二軒じゃないですから<br />買おうと思ったら相当大変そうですね。<br />

    テキスタイル好きにはたまりません。

    シルクであってもコットンであっても
    じっくり見てみたいものです。

    しかし、一軒や二軒じゃないですから
    買おうと思ったら相当大変そうですね。

  • 専門店街的に店舗が配置されています。<br /><br />料理器具コーナーでは突然の混雑。<br /><br />活気があった方が面白いですが<br />これは商品を通路に置き過ぎですね。<br />ドンキホーテも顔負けです。<br /><br />スリには気を付けましょう。<br />

    専門店街的に店舗が配置されています。

    料理器具コーナーでは突然の混雑。

    活気があった方が面白いですが
    これは商品を通路に置き過ぎですね。
    ドンキホーテも顔負けです。

    スリには気を付けましょう。

  • 置き物ではありません。<br /><br />売り物でもありません。<br /><br />市場内のソファーに何故か犬。<br />しかも完璧な熟睡。

    置き物ではありません。

    売り物でもありません。

    市場内のソファーに何故か犬。
    しかも完璧な熟睡。

  • タラート・サオを通り抜け<br />マホーソット通りに出た瞬間<br />この街は私の知っているアジアに変身。<br /><br />無数のバイクが砂埃と爆音を巻き上げ<br />通り沿いにはギッシリと露店が並ぶ。<br />混沌と言う名のアジアの日常が<br />絵に描いたように目の前に展開する。<br /><br />有るじゃないか、ビエンチャンにも!<br /><br />逸る気持ちを抑えつつ、クアディンへ突入。<br /><br /><br />非常に埃っぽい強烈な市場です。<br />

    タラート・サオを通り抜け
    マホーソット通りに出た瞬間
    この街は私の知っているアジアに変身。

    無数のバイクが砂埃と爆音を巻き上げ
    通り沿いにはギッシリと露店が並ぶ。
    混沌と言う名のアジアの日常が
    絵に描いたように目の前に展開する。

    有るじゃないか、ビエンチャンにも!

    逸る気持ちを抑えつつ、クアディンへ突入。


    非常に埃っぽい強烈な市場です。

  • 大きな建物の中では無い解放感が<br /><br />楽しいマーケットです。

    大きな建物の中では無い解放感が

    楽しいマーケットです。

  • どんどん奥に進んで行くとこの景色、<br />ジョージルーカスぽいですね。<br /><br />知らない世界へと導いてくれる<br />埃っぽい真っすぐ伸びた道。<br /><br />この先に探していた物があるのか?<br /><br />ヘルメット星人達を避けながら<br />アナキンは自分の足で先へと進む。<br /><br />バカな空想も楽しいクアディンです。<br />

    どんどん奥に進んで行くとこの景色、
    ジョージルーカスぽいですね。

    知らない世界へと導いてくれる
    埃っぽい真っすぐ伸びた道。

    この先に探していた物があるのか?

    ヘルメット星人達を避けながら
    アナキンは自分の足で先へと進む。

    バカな空想も楽しいクアディンです。

  • 奥の突き当たりは生鮮食料品市場。<br /><br />市場の三種の神器、肉、魚、野菜。<br /><br />ラオスと言えばソーセージ。<br />こんな感じで売られているのですね。<br /><br />大量に群がるこの黒い奴らは<br />熱を通せば大丈夫なのかなぁ?<br />いつも気になります。

    奥の突き当たりは生鮮食料品市場。

    市場の三種の神器、肉、魚、野菜。

    ラオスと言えばソーセージ。
    こんな感じで売られているのですね。

    大量に群がるこの黒い奴らは
    熱を通せば大丈夫なのかなぁ?
    いつも気になります。

  • 頭から推測するとヤギっぽいです。<br /><br />館内の青白い蛍光灯に照らされた<br />この内臓の艶やかさは将に呪縛。<br /><br />マンモスを追いかけ移動し続けた人類の<br />DNAに刻み込まれた深い記憶を<br />瞳の奥に呼び覚まします。<br />

    頭から推測するとヤギっぽいです。

    館内の青白い蛍光灯に照らされた
    この内臓の艶やかさは将に呪縛。

    マンモスを追いかけ移動し続けた人類の
    DNAに刻み込まれた深い記憶を
    瞳の奥に呼び覚まします。

  • 建物の奥には食堂や屋台もあり<br />地元の人がたくさん利用しています。<br /><br />外の光も適度に入り長閑な市場です。<br /><br />西洋人を含めた観光客っぽい人は皆無ですが<br />危険を感じる雰囲気は無かったので<br />待ち合わせ場所と時間を決め<br />今回初の二人別行動にしました。<br /><br />「解散!」

    建物の奥には食堂や屋台もあり
    地元の人がたくさん利用しています。

    外の光も適度に入り長閑な市場です。

    西洋人を含めた観光客っぽい人は皆無ですが
    危険を感じる雰囲気は無かったので
    待ち合わせ場所と時間を決め
    今回初の二人別行動にしました。

    「解散!」

  • 私は更に奥にあるテント張りの市場へ。<br /><br />地元の女性達がお喋りしながら<br />のんびりお買い物してます。<br /><br />私がまだ幼い頃、故郷の商店街に<br />八百屋、魚屋、乾物屋、米屋などが<br />細い通りに軒を連ねた市場が在りました。<br />独特の匂いが立ち込めたその一角には<br />子供の目を釘ずけにする物ばかり。<br />母親にせがんで何度も自転車で<br />連れて行ってもらった記憶が蘇ります。<br /><br />きっと、あの頃の記憶が私をこの場所へ、<br />アジアの市場へと駆り立てるのでしょう。<br />

    私は更に奥にあるテント張りの市場へ。

    地元の女性達がお喋りしながら
    のんびりお買い物してます。

    私がまだ幼い頃、故郷の商店街に
    八百屋、魚屋、乾物屋、米屋などが
    細い通りに軒を連ねた市場が在りました。
    独特の匂いが立ち込めたその一角には
    子供の目を釘ずけにする物ばかり。
    母親にせがんで何度も自転車で
    連れて行ってもらった記憶が蘇ります。

    きっと、あの頃の記憶が私をこの場所へ、
    アジアの市場へと駆り立てるのでしょう。

  • 相棒は化粧品類を物色中。<br /><br />話は遡る事6日前、ラオス到着のその夜。<br />プロジェクト?風にナレーションしてみよう。<br /><br />誰もが寝静まった夜中、<br />「あ〜、しまった! 何してんだぁ〜。」<br />宿中に響き渡る落胆の声と伴に<br />相棒はベットに深くダイブした。<br />そして自分では無く私を責めた。<br /><br />相棒は化粧道具一式を日本に置き忘れていた。<br /><br />その日から相棒は化粧品探しの日々が続いた。<br />来る日も来る日も、相棒は探した。<br /><br />見つからなかった。<br />  (例のBGMが流れる・・・)<br /><br />そうです、今日まで相棒は連日スッピン。<br /><br />ルアンパバーンでは入手出来なかったので<br />今日は何としてもゲットと意気込み充分。<br /><br />待ち合わせ場所に向ってみると<br />相棒はまだ化粧品を物色中の様子。<br /><br />良く見ると隣りに現地の女性が居ます。<br />どうやら相棒がたまたま買い物に来た<br />現地の女性を捕まえて色々聞いているようです。<br /><br />相棒は完全な日本語、現地の女性は英語。<br />この状況で意思疎通が出来る事って<br />私には信じられませんし、スゴイ事です。<br />相棒強し。<br />お写真の女性の方、本当にお世話になりました。<br /><br />希望通りの商品を購入しミッション終了。<br /><br />

    相棒は化粧品類を物色中。

    話は遡る事6日前、ラオス到着のその夜。
    プロジェクト?風にナレーションしてみよう。

    誰もが寝静まった夜中、
    「あ〜、しまった! 何してんだぁ〜。」
    宿中に響き渡る落胆の声と伴に
    相棒はベットに深くダイブした。
    そして自分では無く私を責めた。

    相棒は化粧道具一式を日本に置き忘れていた。

    その日から相棒は化粧品探しの日々が続いた。
    来る日も来る日も、相棒は探した。

    見つからなかった。
      (例のBGMが流れる・・・)

    そうです、今日まで相棒は連日スッピン。

    ルアンパバーンでは入手出来なかったので
    今日は何としてもゲットと意気込み充分。

    待ち合わせ場所に向ってみると
    相棒はまだ化粧品を物色中の様子。

    良く見ると隣りに現地の女性が居ます。
    どうやら相棒がたまたま買い物に来た
    現地の女性を捕まえて色々聞いているようです。

    相棒は完全な日本語、現地の女性は英語。
    この状況で意思疎通が出来る事って
    私には信じられませんし、スゴイ事です。
    相棒強し。
    お写真の女性の方、本当にお世話になりました。

    希望通りの商品を購入しミッション終了。

  • 暑さと人混みに疲れたので、一度宿に退散。<br /><br />写真はナンプ公園から宿がある通りです。<br /><br />この通りは有名でも何でもないですが<br />宿、レストラン、マッサージ、両替商、<br />コンビニがあり意外と便利な通りです。

    暑さと人混みに疲れたので、一度宿に退散。

    写真はナンプ公園から宿がある通りです。

    この通りは有名でも何でもないですが
    宿、レストラン、マッサージ、両替商、
    コンビニがあり意外と便利な通りです。

  • 午後2時半、本日二回目の散歩。<br /><br />目的地はワット・ホーパケオ。<br /><br />ほんの少し廻り道しただけで<br />体力が想像以上に低下、かなり暑い!<br /><br />ビエンチャンは暑かった。<br /><br />ワット・ホーパケオは質素な感じのお寺です。<br /><br />靴を脱いで本堂に入り<br />信者の方々のお祈りを眺めながら<br />しばし涼をとらせて頂きました。<br /><br />汗も引いた所で寺の裏側でいつものポーズ。<br /><br />ビエンチャン滞在も今夜までですが<br />本日はもう2つイベントを<br />こなしたのでこれで終了です。<br /><br />もったいない気はしますが<br />歩き疲れてしまいました。

    午後2時半、本日二回目の散歩。

    目的地はワット・ホーパケオ。

    ほんの少し廻り道しただけで
    体力が想像以上に低下、かなり暑い!

    ビエンチャンは暑かった。

    ワット・ホーパケオは質素な感じのお寺です。

    靴を脱いで本堂に入り
    信者の方々のお祈りを眺めながら
    しばし涼をとらせて頂きました。

    汗も引いた所で寺の裏側でいつものポーズ。

    ビエンチャン滞在も今夜までですが
    本日はもう2つイベントを
    こなしたのでこれで終了です。

    もったいない気はしますが
    歩き疲れてしまいました。

  • 宿周辺を鼻を効かせて散策するも<br />屋台街的な場所を発見できず。<br />きっとどこかにあるとは思いますが<br />出逢えなったのもまた運命です。<br /><br />今夜の夕食はピザ(45000kip)と<br />生ビール(25000kip)になりました。<br /><br />メコン川に沿った通り沿いで発見した<br />生ビールのピッチャーに負けたのです。<br /><br />目の前の通りでラオス人女性が<br />体をくねらし西洋人を客に取ろうと<br />頑張っているのを眺めながら<br />ラオビールの生を火照った体に流し込む。<br /><br />ビエンチャンは都会でした。<br />

    宿周辺を鼻を効かせて散策するも
    屋台街的な場所を発見できず。
    きっとどこかにあるとは思いますが
    出逢えなったのもまた運命です。

    今夜の夕食はピザ(45000kip)と
    生ビール(25000kip)になりました。

    メコン川に沿った通り沿いで発見した
    生ビールのピッチャーに負けたのです。

    目の前の通りでラオス人女性が
    体をくねらし西洋人を客に取ろうと
    頑張っているのを眺めながら
    ラオビールの生を火照った体に流し込む。

    ビエンチャンは都会でした。

  • メコン川沿いの通りにはオープンエアーの<br />レストランがたくさんあります。<br /><br />やってる感はありますが地味です。<br />大盛況ではありません。<br /><br />“仲間に加えてもらいましょう、面白そうだから”<br />と言う盛り上がりが無いのが残念です。

    メコン川沿いの通りにはオープンエアーの
    レストランがたくさんあります。

    やってる感はありますが地味です。
    大盛況ではありません。

    “仲間に加えてもらいましょう、面白そうだから”
    と言う盛り上がりが無いのが残念です。

  • メコン川沿いに開かれるナイトマーケット。<br /><br />店舗数はかなりあります。<br />人出もそれなりにあります。<br />夕涼みには最適だ、そんな感覚です。<br /><br />しかし、何と言っても屋台が無いのが残念。<br /><br />このナイトマーケットに関しても<br />何故か心の底からワクワクしないのは<br />疲れていると言う理由だけでは無い気がします。<br /><br />この違和感は何なのだろうか?<br /><br />フィットしない感覚のまま<br />明日この地を離れるは本当に残念です。

    メコン川沿いに開かれるナイトマーケット。

    店舗数はかなりあります。
    人出もそれなりにあります。
    夕涼みには最適だ、そんな感覚です。

    しかし、何と言っても屋台が無いのが残念。

    このナイトマーケットに関しても
    何故か心の底からワクワクしないのは
    疲れていると言う理由だけでは無い気がします。

    この違和感は何なのだろうか?

    フィットしない感覚のまま
    明日この地を離れるは本当に残念です。

  • 7日目、ビエンチャン3日目。<br /><br />本日はエアアジアを乗り継いで<br />KL経由でバリまでの移動日です。<br /><br />9時45分のフライトに合わせて<br />7時に宿を出発する事にしました。<br />そのため朝食は宿では用意してもらえず<br />近くでサンドイッチ(18000kip)をテイクアウト。<br /><br />写真はカットしてもらった半分のサイズです。<br />これまた、ルアンパバーンよりも高い。<br /><br />味はまずまず。<br /><br />

    7日目、ビエンチャン3日目。

    本日はエアアジアを乗り継いで
    KL経由でバリまでの移動日です。

    9時45分のフライトに合わせて
    7時に宿を出発する事にしました。
    そのため朝食は宿では用意してもらえず
    近くでサンドイッチ(18000kip)をテイクアウト。

    写真はカットしてもらった半分のサイズです。
    これまた、ルアンパバーンよりも高い。

    味はまずまず。

  • 宿代支払のため朝6時半過ぎレセプションへ。<br /><br />ボスが居ないのでデポジットの<br />返却が出来ないと言われる。<br />あ〜ぁ昨夜、支払いすべきだった。<br /><br />ボスに電話をつないでもらって交渉。<br />デポジットのドルを宿代にしましたが<br />手元にkipが残ってしまいました。<br />これは私のミスですね、反省。<br /><br />7時過ぎ宿の前のトゥクトゥクで空港へ。<br /><br />肌寒い朝の空気を爆音が切り裂く。<br />頬をかすめる風はかなり寒いが<br />斜めから差し込む朝日は気持ち良い。<br /><br />「鍵がない〜!」<br />「何の?」<br />「カバンの鍵がない〜。」<br /><br />あり得ない相棒の一言で宿へ引き返し。<br /><br />結局ビエンチャンとは<br />相性が合わなかったようです。<br />

    宿代支払のため朝6時半過ぎレセプションへ。

    ボスが居ないのでデポジットの
    返却が出来ないと言われる。
    あ〜ぁ昨夜、支払いすべきだった。

    ボスに電話をつないでもらって交渉。
    デポジットのドルを宿代にしましたが
    手元にkipが残ってしまいました。
    これは私のミスですね、反省。

    7時過ぎ宿の前のトゥクトゥクで空港へ。

    肌寒い朝の空気を爆音が切り裂く。
    頬をかすめる風はかなり寒いが
    斜めから差し込む朝日は気持ち良い。

    「鍵がない〜!」
    「何の?」
    「カバンの鍵がない〜。」

    あり得ない相棒の一言で宿へ引き返し。

    結局ビエンチャンとは
    相性が合わなかったようです。

  • ビエンチャンからKLまでは<br />至って順調に移動できました。<br /><br />そしてエアアジアの本拠地KL。<br /><br />本当に暑い!<br />LCCTでの移動は長くて暑い!<br /><br />ここで一度マレーシアに入国。<br />早くこの面倒を除いてもらいたい。<br />

    ビエンチャンからKLまでは
    至って順調に移動できました。

    そしてエアアジアの本拠地KL。

    本当に暑い!
    LCCTでの移動は長くて暑い!

    ここで一度マレーシアに入国。
    早くこの面倒を除いてもらいたい。

  • KLのLCCTで7時間の乗継時間。<br /><br />この長い待ち時間には悲しい物語があります。<br />今回KLからバリまではスラバヤ経由で<br />行こうと計画を立てエアアジアを予約しました。<br />所がまずはKL〜スラバヤ間のフライト時間が<br />早い時間に変更となりKLでの乗継が危うくなり<br />続いてスラバヤ〜バリ間のフライトがキャンセル!<br /><br />エアアジアの洗礼を受けて1万円程消えました。<br /><br />そんな事もあって乗り継ぎの時間を充分考え<br />KL〜バリまでのチケットを取り直した訳です。<br /><br /><br />マレーシア西海岸は雨季で蒸し暑い。<br />この気候の中、辺りをふらふらしていたら<br />完璧にやられてしまいます。<br />KLの中心街に出るには時間が中途半端。<br />結局、Food Gardenと言うフードコートで<br />時間をやり過ごすことに決定。<br /><br />写真はここで注文したナシチャンプル。<br />ただし手持ちのリンギットが少なかったので<br />8MRのところ5MRだけ下さいと注文。<br />当然おかずは2品しか載せてもらえませんでした。<br /><br /><br />昨日今日とドタバタで大変でしたが<br />明日からはバリでのんびりしましょう。<br /><br />2年ぶりのオゴオゴも楽しみです。<br /><br /><br />次回、バリ編も覗いて頂ければ幸いです。<br /><br /><br />

    KLのLCCTで7時間の乗継時間。

    この長い待ち時間には悲しい物語があります。
    今回KLからバリまではスラバヤ経由で
    行こうと計画を立てエアアジアを予約しました。
    所がまずはKL〜スラバヤ間のフライト時間が
    早い時間に変更となりKLでの乗継が危うくなり
    続いてスラバヤ〜バリ間のフライトがキャンセル!

    エアアジアの洗礼を受けて1万円程消えました。

    そんな事もあって乗り継ぎの時間を充分考え
    KL〜バリまでのチケットを取り直した訳です。


    マレーシア西海岸は雨季で蒸し暑い。
    この気候の中、辺りをふらふらしていたら
    完璧にやられてしまいます。
    KLの中心街に出るには時間が中途半端。
    結局、Food Gardenと言うフードコートで
    時間をやり過ごすことに決定。

    写真はここで注文したナシチャンプル。
    ただし手持ちのリンギットが少なかったので
    8MRのところ5MRだけ下さいと注文。
    当然おかずは2品しか載せてもらえませんでした。


    昨日今日とドタバタで大変でしたが
    明日からはバリでのんびりしましょう。

    2年ぶりのオゴオゴも楽しみです。


    次回、バリ編も覗いて頂ければ幸いです。


この旅行記のタグ

93いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • pedaruさん 2013/05/18 05:39:45
    旅物語
    shiqueさん 初めまして

    小説のような旅行記ですね。様々な迫り来る困難を乗り越えて、異国を冒険する手に汗握る一大ロマン、ロマン?ロマンじゃあないよ!とおっしゃるかもしれませんが、旅行をここまで盛り上げるなんて、絶対ロマンですよ〜!・・・・と勝手に定義するpedaruでした。

    又おじゃまします。

    pedaru

    shique

    shiqueさん からの返信 2013/05/19 04:52:21
    RE: 旅物語
    こんにちは、pedaruさん

    旅行記観戦頂きありがとうございました。
    楽しんでもらえて光栄です。
    と言うよりも、かなり嬉しいです。

    う〜ん、ロマンと言うよりもカタルシスかも知れませんが
    私には旅行は一粒で二度美味しい的な所はあります。
    4トラに投稿するにあたって旅行を振りかえり
    ちゃっかりもう一度旅行を楽しんでいます。

    バリ編になるとアクシデント性が低くなり
    私感が増えてくる分退屈かも知れませんが
    よろしければ読んで下さい。

    遅くなりましたが、コメントありがとうございました。

    励みにして、頑張ります!


                       shique

shiqueさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集