岐阜県 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ミツルのテントサイトで、ジオンさん企画の芥見権現山へ行ってきました。<br />芥見権現山は岐阜市の北東の山で、登りやすく面白い山でした。<br />メンバーはジオンさん、Boggyさん、楽遊さん、Kオジサンです。<br /><br />大洞光輪公園登山口(8:40) ― 芳野神社(9:31〜9:40) ― リフレ芥見登山口(10:15) <br /><br />― 涸沢新道登山口(10:24) ―  縦走路出会い(11:08) ― <br /><br />芥見権現山山頂(11:20〜11:26) ― 山頂の東で食事(11:29〜12:24) ― <br /><br />展望岩(12:39) ― 大洞光輪公園登山口(13:32)<br /><br />登って下って、また登り、そして降りて来ました。<br />大洞光輪公園から西へ歩き、林道を南に進み山へ向かいます。荒神様の石碑があり、ここからが登山道となります。<br />登り易い登山道を上がって行くと30分程で縦走路に当たります。ここから西に向かうと芳野神社に着きます。<br />芳野神社で小休止してから南へ登山道を下っていきました。前方の視界が広がり岐阜の町が見下ろせます。更に進むとリフレ芥見の前へ出ました。<br />この場所がリフレ芥見からの登山口です。登山口の標識が無くわかり難いのですが、手づくのプレートと登山者用の杖が何本か横に置いてありました。<br />ここからは東へスライドしていきます。この道は東海自然歩道で車道の横に整備されています。<br />少し進むとコンクリート階段の場所で、涸沢新道登山口があります。<br />誰が名付けたのか涸沢新道と言うのが面白いです。普段なら涸沢で水が無いのでしょうが、この時は水が流れていました。<br />ショウジョウバカマが蕾を膨らませ、咲く準備をしていました。<br /><br />縦走路に出て東に歩けば山頂です。ここには芥見権現山を愛する人のプレートやコース地図が掲げてありました。<br />コースの途中に所々プレートが下がっていましたが、この山への愛着の現れでしょう。山頂は手作り上屋があったりしましたが、風が強く風邪を避けるため、少し東へ非難して風邪が当たらない場所でランチにしました。お昼を終えて展望岩に向かい、後は大洞光輪公園へ下山しました。<br /><br />芥見権現山の良い点は、岐阜の町から近いことです。そして登山路が色々と変化に富んでいることです。<br />標高が300メートルあまりと、キツく有りません。<br /><br />今回は大洞光輪公園からの往復でしたが、リフレ芥見から登り老洞峠を下りるなど色々のコースを楽しめます。それに地元の人達が情熱を持って芥見権現山の保全に取り組んでいることです。<br /><br />平成14年4月の山火事で全山が焼山となってしまいましたが、徐々に緑が復活してきました。<br /><br />今回。登ってみて涸沢新道が変化に富んでいて面白いコースだと思いました。市街地から近く手近かに楽しめる好い山です。<br /><br /><br /><br /><br />一緒したジオンさんのホームページ。<br />http://www.ogaki-tv.ne.jp/~koike/<br /><br />boggyさんのホームページ。<br />http://quinel.blog101.fc2.com/

岐阜の里山  芥見権現山 (316.5m) 

2いいね!

2013/02/11 - 2013/02/11

6930位(同エリア8667件中)

    37

    ミツルのテントサイトで、ジオンさん企画の芥見権現山へ行ってきました。
    芥見権現山は岐阜市の北東の山で、登りやすく面白い山でした。
    メンバーはジオンさん、Boggyさん、楽遊さん、Kオジサンです。

    大洞光輪公園登山口(8:40) ― 芳野神社(9:31〜9:40) ― リフレ芥見登山口(10:15) 

    ― 涸沢新道登山口(10:24) ―  縦走路出会い(11:08) ― 

    芥見権現山山頂(11:20〜11:26) ― 山頂の東で食事(11:29〜12:24) ― 

    展望岩(12:39) ― 大洞光輪公園登山口(13:32)

    登って下って、また登り、そして降りて来ました。
    大洞光輪公園から西へ歩き、林道を南に進み山へ向かいます。荒神様の石碑があり、ここからが登山道となります。
    登り易い登山道を上がって行くと30分程で縦走路に当たります。ここから西に向かうと芳野神社に着きます。
    芳野神社で小休止してから南へ登山道を下っていきました。前方の視界が広がり岐阜の町が見下ろせます。更に進むとリフレ芥見の前へ出ました。
    この場所がリフレ芥見からの登山口です。登山口の標識が無くわかり難いのですが、手づくのプレートと登山者用の杖が何本か横に置いてありました。
    ここからは東へスライドしていきます。この道は東海自然歩道で車道の横に整備されています。
    少し進むとコンクリート階段の場所で、涸沢新道登山口があります。
    誰が名付けたのか涸沢新道と言うのが面白いです。普段なら涸沢で水が無いのでしょうが、この時は水が流れていました。
    ショウジョウバカマが蕾を膨らませ、咲く準備をしていました。

    縦走路に出て東に歩けば山頂です。ここには芥見権現山を愛する人のプレートやコース地図が掲げてありました。
    コースの途中に所々プレートが下がっていましたが、この山への愛着の現れでしょう。山頂は手作り上屋があったりしましたが、風が強く風邪を避けるため、少し東へ非難して風邪が当たらない場所でランチにしました。お昼を終えて展望岩に向かい、後は大洞光輪公園へ下山しました。

    芥見権現山の良い点は、岐阜の町から近いことです。そして登山路が色々と変化に富んでいることです。
    標高が300メートルあまりと、キツく有りません。

    今回は大洞光輪公園からの往復でしたが、リフレ芥見から登り老洞峠を下りるなど色々のコースを楽しめます。それに地元の人達が情熱を持って芥見権現山の保全に取り組んでいることです。

    平成14年4月の山火事で全山が焼山となってしまいましたが、徐々に緑が復活してきました。

    今回。登ってみて涸沢新道が変化に富んでいて面白いコースだと思いました。市街地から近く手近かに楽しめる好い山です。




    一緒したジオンさんのホームページ。
    http://www.ogaki-tv.ne.jp/~koike/

    boggyさんのホームページ。
    http://quinel.blog101.fc2.com/

    同行者
    友人
    交通手段
    自家用車

    PR

    1件目~20件目を表示(全37件中)

    この旅行記のタグ

      2いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      岐阜 で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集