ひるがの高原・鷲ヶ岳旅行記(ブログ) 一覧に戻る
富山に所用があり、その帰路、サンメンバーズひるがの(写真)に妻と2人で泊まってきた。「サンメンバーズひるがの」はプチ・エクシブのような高原リゾートで、私の好きなホテルである。宿泊代金は2人で7350円(税込、食事別)で洋室ツインルームに宿泊する。<br /><br />私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。<br />(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅』案内あり)<br />http://www.e-funahashi.jp/<br /><br />

真夏のサンメンバーズひるがの

9いいね!

2012/08/15 - 2012/08/16

79位(同エリア177件中)

2

46

funasan

funasanさん

富山に所用があり、その帰路、サンメンバーズひるがの(写真)に妻と2人で泊まってきた。「サンメンバーズひるがの」はプチ・エクシブのような高原リゾートで、私の好きなホテルである。宿泊代金は2人で7350円(税込、食事別)で洋室ツインルームに宿泊する。

私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。
(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅』案内あり)
http://www.e-funahashi.jp/

PR

  • 「サンメンバーズひるがの」(写真)は三角屋根の山岳リゾート風の外観をしている。ホテルは標高900mの「ひるがの高原」に立地し、避暑にいい。しかし、真夏になると結構暑い。

    「サンメンバーズひるがの」(写真)は三角屋根の山岳リゾート風の外観をしている。ホテルは標高900mの「ひるがの高原」に立地し、避暑にいい。しかし、真夏になると結構暑い。

  • ETC搭載車は東海北陸道「ひるがのSA」でのイン・アウトが可能になり、車によるホテル(写真)までのアクセスが非常に楽になった。

    ETC搭載車は東海北陸道「ひるがのSA」でのイン・アウトが可能になり、車によるホテル(写真)までのアクセスが非常に楽になった。

  • 車を走らせれば名古屋近郊の自宅から2時間くらいで到着できる。駐車場からホテルフロントまでのアプローチ(写真)に工夫が見られ高級感が漂う。

    車を走らせれば名古屋近郊の自宅から2時間くらいで到着できる。駐車場からホテルフロントまでのアプローチ(写真)に工夫が見られ高級感が漂う。

  • フロント前に大きなマントルピース(写真)があり山岳リゾートの雰囲気を盛り上げてくれる。スタッフはスイス・チロル風のカラフルな服装で出迎えてくれる。

    フロント前に大きなマントルピース(写真)があり山岳リゾートの雰囲気を盛り上げてくれる。スタッフはスイス・チロル風のカラフルな服装で出迎えてくれる。

  • 写真:3階の廊下

    写真:3階の廊下

  • 本日の部屋は3階の302号室。洋室ツインルーム(写真)に入る。客室の広さは約28?あり、夫婦2人で使うには丁度いい広さである。

    本日の部屋は3階の302号室。洋室ツインルーム(写真)に入る。客室の広さは約28?あり、夫婦2人で使うには丁度いい広さである。

  • デスクまわり(写真)にも余裕がある。

    デスクまわり(写真)にも余裕がある。

  • ソファーの横に大きな出窓(写真)があり、窓からはひるがの高原の森が見える。

    ソファーの横に大きな出窓(写真)があり、窓からはひるがの高原の森が見える。

  • 客室は駐車場側とガーデン側があり、私はいつも眺めのよいガーデン側をリクエストしておく。写真:お茶受け

    客室は駐車場側とガーデン側があり、私はいつも眺めのよいガーデン側をリクエストしておく。写真:お茶受け

  • メンバー・オーナー様向けのウェルカム茶菓子(写真)。

    メンバー・オーナー様向けのウェルカム茶菓子(写真)。

  • 客室のバスルーム(写真)

    客室のバスルーム(写真)

  • 夕食の前に5階にある展望風呂(写真)に行く。サウナ、露天風呂はなく「内湯」と「(半屋外)ジャグジー」のみである。

    夕食の前に5階にある展望風呂(写真)に行く。サウナ、露天風呂はなく「内湯」と「(半屋外)ジャグジー」のみである。

  • 風呂上りに冷たい水(写真)でのどをうるおす。

    風呂上りに冷たい水(写真)でのどをうるおす。

  • 風呂上りのリラックス・コーナー(写真)

    風呂上りのリラックス・コーナー(写真)

  • ここの足裏マッサージ(写真)が気持ちいい。

    ここの足裏マッサージ(写真)が気持ちいい。

  • ドレッシング・コーナー(写真)で頭と顔を整える。男は一般的に自分の顔に興味がない。しかし、年老いてくると「老化現象」が顔や体に表れてくるので、今後は注意深く見る必要がある。年老いてもなお「美しくありたいと願う」女性を見習うべきである。

    ドレッシング・コーナー(写真)で頭と顔を整える。男は一般的に自分の顔に興味がない。しかし、年老いてくると「老化現象」が顔や体に表れてくるので、今後は注意深く見る必要がある。年老いてもなお「美しくありたいと願う」女性を見習うべきである。

  • 5階展望風呂の入り口にカラオケルーム(写真)があったので覗いてみた。

    5階展望風呂の入り口にカラオケルーム(写真)があったので覗いてみた。

  • 夕食はローエンドの(最も安い)コース料理「牧歌」(写真:3675円、税込)にする。価格は抑えめであるが、それなりに料理の品数が多い。さて、そのお味は?

    夕食はローエンドの(最も安い)コース料理「牧歌」(写真:3675円、税込)にする。価格は抑えめであるが、それなりに料理の品数が多い。さて、そのお味は?

  • サンメンバーズ・エクシブ・オーナーには夕食時、ドリンク1杯のサービス(写真)がある。

    サンメンバーズ・エクシブ・オーナーには夕食時、ドリンク1杯のサービス(写真)がある。

  • 【オードブル】フォアグラロワイヤル、茄子豆腐、もずく酢。「フォアグラロワイヤル」が非常にうまい。出だし好調!

    【オードブル】フォアグラロワイヤル、茄子豆腐、もずく酢。「フォアグラロワイヤル」が非常にうまい。出だし好調!

  • 【スープ】和風スープカレー。カレーのスープ?と思ったがカレー風味の和風スープで結構いける。

    【スープ】和風スープカレー。カレーのスープ?と思ったがカレー風味の和風スープで結構いける。

  • 【魚料理】鮪和風カルパッチョ、特製ドレッシング。若干味付けが濃いが非常にうまい。フランスパンがあれば最高である。

    【魚料理】鮪和風カルパッチョ、特製ドレッシング。若干味付けが濃いが非常にうまい。フランスパンがあれば最高である。

  • 【メイン料理】恵那鶏陶板焼き。普通の味。

    【メイン料理】恵那鶏陶板焼き。普通の味。

  • 【御食事】白御飯、赤出汁、香の物。陶板焼きとご飯を一緒に出してもらい食事にする。これでお腹がふくれ満足感がでてくる。

    【御食事】白御飯、赤出汁、香の物。陶板焼きとご飯を一緒に出してもらい食事にする。これでお腹がふくれ満足感がでてくる。

  • 【デザート】季節のアイス。最後のデザートは極めてシンプル。値段は正直である。それでも単価3500円の「牧歌コース」はコストパフォーマンスが高い。

    【デザート】季節のアイス。最後のデザートは極めてシンプル。値段は正直である。それでも単価3500円の「牧歌コース」はコストパフォーマンスが高い。

  • 夕食後は暖炉のあるロビー(写真)でくつろぐ。内装に太い木がふんだんに使われており、スイスアルプスの山岳リゾートの雰囲気が漂う。

    夕食後は暖炉のあるロビー(写真)でくつろぐ。内装に太い木がふんだんに使われており、スイスアルプスの山岳リゾートの雰囲気が漂う。

  • 気分が良かったのでバーカウンター(写真)でコーヒーを注文し、スタッフと軽いお喋りをする。

    気分が良かったのでバーカウンター(写真)でコーヒーを注文し、スタッフと軽いお喋りをする。

  • コーヒー(420円、税込)

    コーヒー(420円、税込)

  • 夜の玄関付近(写真)を少し散歩してベッドにもぐり込む。

    夜の玄関付近(写真)を少し散歩してベッドにもぐり込む。

  • 朝6時起床。自宅とリゾートホテル滞在の違いは「朝風呂」であろう。眠たい目をこすりながら、展望浴場(写真)に行く。

    朝6時起床。自宅とリゾートホテル滞在の違いは「朝風呂」であろう。眠たい目をこすりながら、展望浴場(写真)に行く。

  • 朝の光が内湯(写真)に入り気分がいい。お湯は(私にとって)少し熱めであるが、その分、眠気が飛んで体が引き締まる。

    朝の光が内湯(写真)に入り気分がいい。お湯は(私にとって)少し熱めであるが、その分、眠気が飛んで体が引き締まる。

  • 軽く体を洗いすっきりする。

    軽く体を洗いすっきりする。

  • 単なる沸かし湯かと思ったが「天然ミネラル鉱石泉」(写真)という。温泉の効能を信じてシャワーをあびずに上がる。

    単なる沸かし湯かと思ったが「天然ミネラル鉱石泉」(写真)という。温泉の効能を信じてシャワーをあびずに上がる。

  • 5階の展望大浴場の外側に広いテラス席(写真)があり、風呂上がりはここでしばらく休む。高原の爽やかな風が吹き抜けて誠に心地良い。

    5階の展望大浴場の外側に広いテラス席(写真)があり、風呂上がりはここでしばらく休む。高原の爽やかな風が吹き抜けて誠に心地良い。

  • 朝7時30分から朝食ビュッフェ(写真)がはじまる。レストランは広くはないので(繁忙期は)混み合う。朝食を待たされるのは嫌なので、朝一番にレストランに入る。

    朝7時30分から朝食ビュッフェ(写真)がはじまる。レストランは広くはないので(繁忙期は)混み合う。朝食を待たされるのは嫌なので、朝一番にレストランに入る。

  • お客のいない店内(写真)をすかさずカメラに収める。その後、ビュッフェカウンターから適当に料理をピックアップする。

    お客のいない店内(写真)をすかさずカメラに収める。その後、ビュッフェカウンターから適当に料理をピックアップする。

  • 見事に並んだ私の朝食(洋食)メニュー。洋食だけでお腹いっぱいになり、和食メニューは遠慮しておく。朝食ビュッフェの値段は1575円(税込、サ別)なのでお値打ちである。

    見事に並んだ私の朝食(洋食)メニュー。洋食だけでお腹いっぱいになり、和食メニューは遠慮しておく。朝食ビュッフェの値段は1575円(税込、サ別)なのでお値打ちである。

  • 朝食のコーヒーをレストランからバーカウンター(写真)に持ち出す。ここで新聞を読みながら最後のコーヒーを味わう。

    朝食のコーヒーをレストランからバーカウンター(写真)に持ち出す。ここで新聞を読みながら最後のコーヒーを味わう。

  • 朝食のコーヒーをガーデン(写真)に持ち出して、白いチェアーに座って味わってもよい。

    朝食のコーヒーをガーデン(写真)に持ち出して、白いチェアーに座って味わってもよい。

  • 「サンメンバーズひるがの」の客室数は全部で36部屋しかなく、満室でも混雑した雰囲気にはならない。これは非常にいい。

    「サンメンバーズひるがの」の客室数は全部で36部屋しかなく、満室でも混雑した雰囲気にはならない。これは非常にいい。

  • ホテル内の遊び場として「卓球台」(写真)がある。

    ホテル内の遊び場として「卓球台」(写真)がある。

  • ホテルの敷地内にテニスコート1面(写真)もある。

    ホテルの敷地内にテニスコート1面(写真)もある。

  • チェックアウトは11:00であるが、メンバー・オーナーは12:00までOKなので、朝食後、客室でのんびり過ごす。写真:ホテル玄関ロータリー

    チェックアウトは11:00であるが、メンバー・オーナーは12:00までOKなので、朝食後、客室でのんびり過ごす。写真:ホテル玄関ロータリー

  • 午前11:00を過ぎるとほとんどのお客はチェックアウトし、ガーデン(写真)は静かになる。連泊してガーデンの白いチェアーに座って読書三昧をすればあなたはリゾートの達人になれる?

    午前11:00を過ぎるとほとんどのお客はチェックアウトし、ガーデン(写真)は静かになる。連泊してガーデンの白いチェアーに座って読書三昧をすればあなたはリゾートの達人になれる?

  • 「くつろぎの一人旅プラン」が年間通して設定されており、夕食は「牧歌コース」、朝食はバイキングになっている。値段は1泊2食付8500円、2泊目以降1泊朝食付4500円(税・サ込)と財布にやさしい。(ただし、特別営業期間、休前日を除く)

    「くつろぎの一人旅プラン」が年間通して設定されており、夕食は「牧歌コース」、朝食はバイキングになっている。値段は1泊2食付8500円、2泊目以降1泊朝食付4500円(税・サ込)と財布にやさしい。(ただし、特別営業期間、休前日を除く)

  • 最近、サンメンバーズはルームチャージ制を導入したが、パーソンチャージも残されている。よって、洋室ツインルーム宿泊であれば1人で泊まっても追加代金が不要で1泊3675円(税込)で泊まれる。1人旅が好きな人にとっては利用価値が高い。秋の平日に1人でロングステイすれば「新しい自分の発見」があるかもしれませんね。

    最近、サンメンバーズはルームチャージ制を導入したが、パーソンチャージも残されている。よって、洋室ツインルーム宿泊であれば1人で泊まっても追加代金が不要で1泊3675円(税込)で泊まれる。1人旅が好きな人にとっては利用価値が高い。秋の平日に1人でロングステイすれば「新しい自分の発見」があるかもしれませんね。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • つきにこさん 2012/09/02 15:52:10
    ひるがの
    funasanさん

    こんにちは!
    ひるがのは私も大好きな施設です。

    こうして写真で見ると全く古さを感じさせないですね。

    近いので仕事終わりに行くことが多く
    なかなかディナーを取ったことがありませんが
    ローエンドコースでもなかなかの充実ぶりですね。

    まだまだこちらでは蒸し暑さが残る今日この頃
    気持ちよさそうなひるがののテラスでコーヒー飲みたくなりました。

    つきにこ

    funasan

    funasanさん からの返信 2012/09/03 12:50:59
    RE: ひるがの
    つきにこさん、お久しぶりです。

    ケニア母娘旅行拝見しました。
    日本の女性は(母娘とも)勇気と行動力がありますね。
    実は私の娘も大の海外旅行好きで、しかも、世界遺産派です。
    新婚旅行は「ペルー・マチュピチュ」でした。

    今、ホテルアンビエント蓼科のコテージにいます。
    今年は8月20日からのロングステイでホテル2泊(妻と2人)、コテージ13泊(1人)です。明日、帰ります。

    お盆以降、毎日好天が続き、素晴らしい高原コテージ生活をしています。暑さ知らずで避暑に最適ですね。

    では、また。


funasanさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ひるがの高原・鷲ヶ岳の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集