シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
その遺跡は密林の中でまどろむ。<br /><br />紡ぎだす夢は神々の伝承。<br /><br />静かに、密やかに、再び目覚める時を待っていた。<br /><br />【旅程】<br />2012年GW<br />□4月28日 成田発 ホーチミンシティ泊<br />□4月29日 ホーチミンシティ泊<br />□4月30日 シェムリアップ泊<br />■5月1日 シェムリアップ泊<br />□5月2日 ホーチミンシティ泊<br />□5月3日 ホーチミンシティ泊<br />□5月4日 ホーチミン発(機中泊)翌朝成田着<br /><br />この旅行記は5月1日のアンコール遺跡群1日ツアーに参加した際のアンコール・ワット観光をカバーしています。<br /><br />【フライト】<br /><br />4月28日 NH931<br />東京(成田) - ホーチミンシティ<br />17:25発21:40着 飛行時間:6:15<br /><br />4月30日 VN811<br />ホーチミンシティ - シェムリアップ<br />11:35発12:35着<br /><br />5月2日 VN812<br />シェムリアップ - ホーチミンシティ<br />19:00発20:00着<br /><br />5月4日(金) NH932<br />ホーチミンシティ - 東京(成田)<br />23:50発07:40着(翌日) 飛行時間:5:50<br /><br />全日空とベトナム航空のウェブサイトからそれぞれ予約をしました。

忘却の王都 ~アンコール・ワット

105いいね!

2012/05/01 - 2012/05/01

98位(同エリア8228件中)

16

64

kum

kumさん

その遺跡は密林の中でまどろむ。

紡ぎだす夢は神々の伝承。

静かに、密やかに、再び目覚める時を待っていた。

【旅程】
2012年GW
□4月28日 成田発 ホーチミンシティ泊
□4月29日 ホーチミンシティ泊
□4月30日 シェムリアップ泊
■5月1日 シェムリアップ泊
□5月2日 ホーチミンシティ泊
□5月3日 ホーチミンシティ泊
□5月4日 ホーチミン発(機中泊)翌朝成田着

この旅行記は5月1日のアンコール遺跡群1日ツアーに参加した際のアンコール・ワット観光をカバーしています。

【フライト】

4月28日 NH931
東京(成田) - ホーチミンシティ
17:25発21:40着 飛行時間:6:15

4月30日 VN811
ホーチミンシティ - シェムリアップ
11:35発12:35着

5月2日 VN812
シェムリアップ - ホーチミンシティ
19:00発20:00着

5月4日(金) NH932
ホーチミンシティ - 東京(成田)
23:50発07:40着(翌日) 飛行時間:5:50

全日空とベトナム航空のウェブサイトからそれぞれ予約をしました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
15万円 - 20万円
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2012年GW<br /><br />4月中旬になってから行き先を探し始めたので飛行機の空席がなかなか見つけられなかった。そんな中、みつけたのがホーチミンシティ往復の全日空。<br /><br />ホーチミンだけで6日間は長すぎるからどこかに行こうかなと地図を見ていたら気づいちゃいました。憧れのアンコールワットが近くね?しかもホーチミンからアンコール遺跡があるシェムリアップ空港まではベトナム空港のフライトが一日4便くらいでているし!<br /><br />そんなわけで、来てしまいました♪♪

    2012年GW

    4月中旬になってから行き先を探し始めたので飛行機の空席がなかなか見つけられなかった。そんな中、みつけたのがホーチミンシティ往復の全日空。

    ホーチミンだけで6日間は長すぎるからどこかに行こうかなと地図を見ていたら気づいちゃいました。憧れのアンコールワットが近くね?しかもホーチミンからアンコール遺跡があるシェムリアップ空港まではベトナム空港のフライトが一日4便くらいでているし!

    そんなわけで、来てしまいました♪♪

  • シェムリアップ2日目。<br /><br />この日は現地発の一日ツアーに参加した。<br />そしてオプショナルで朝日ツアーにも参加した。<br />

    シェムリアップ2日目。

    この日は現地発の一日ツアーに参加した。
    そしてオプショナルで朝日ツアーにも参加した。

  • ツアーといっても、朝日ツアーは私たち夫婦だけでした。<br /><br />というわけで、時間を気にせず撮影に専念♪

    ツアーといっても、朝日ツアーは私たち夫婦だけでした。

    というわけで、時間を気にせず撮影に専念♪

  • 子どもの頃、マンガ世界の歴史を読んで行きたいと思っていた場所が二つあった。<br /><br />一つはメキシコのチェチェン・イッツァ(←訪問済み)<br /><br />もう一つがココ。アンコール・ワット。

    イチオシ

    子どもの頃、マンガ世界の歴史を読んで行きたいと思っていた場所が二つあった。

    一つはメキシコのチェチェン・イッツァ(←訪問済み)

    もう一つがココ。アンコール・ワット。

  • 密林の中の遺跡、というのが私のツボなんだな。<br /><br />だけど、現実のアンコールワットは噂には聞いていたけど、すごい観光客の数!

    密林の中の遺跡、というのが私のツボなんだな。

    だけど、現実のアンコールワットは噂には聞いていたけど、すごい観光客の数!

  • 気球(ただし、紐でつながっているので上下するだけ)なんかも上がってたり・・・

    気球(ただし、紐でつながっているので上下するだけ)なんかも上がってたり・・・

  • お坊さん達も携帯やデジカメで観光モード。苦笑<br /><br />でも乾期から雨期に切り替わるこの時期はまだ観光客がそんなに多くない方なんだって。雨期の終わり近くの秋が一番人が多いらしく、大変なことになるらしい・・・

    お坊さん達も携帯やデジカメで観光モード。苦笑

    でも乾期から雨期に切り替わるこの時期はまだ観光客がそんなに多くない方なんだって。雨期の終わり近くの秋が一番人が多いらしく、大変なことになるらしい・・・

  • 乾期の終わりなのでアンコールワットの遺跡の前の聖池の水はかなり少ない。<br /><br />干からびかけた聖池は実際にはかなり汚いのだけど、暗い中で見ると鏡のようで美しい。

    乾期の終わりなのでアンコールワットの遺跡の前の聖池の水はかなり少ない。

    干からびかけた聖池は実際にはかなり汚いのだけど、暗い中で見ると鏡のようで美しい。

  • 900年間、繰り返されてきた光景

    イチオシ

    900年間、繰り返されてきた光景

  • いよいよ陽が昇る。<br /><br />

    いよいよ陽が昇る。

  • 70年代後半に、一説によると200万人(人口の2割)もの国民を虐殺したとされるクメール・ルージュはここに一時期逃げ込んでいた。<br /><br />彼等はどんな思いでこの美しい風景を見ていたのだろう?<br />他国からの侵略よりも、同じ国民同士の戦いの方が犠牲者が多いのが皮肉だ。国を良くしようと思っていたはずなのに、国を滅ぼしかねなかった。けっきょく、隣国ベトナムの侵攻によりポルポト政権は打倒され、内乱は収束に向かう。<br />

    70年代後半に、一説によると200万人(人口の2割)もの国民を虐殺したとされるクメール・ルージュはここに一時期逃げ込んでいた。

    彼等はどんな思いでこの美しい風景を見ていたのだろう?
    他国からの侵略よりも、同じ国民同士の戦いの方が犠牲者が多いのが皮肉だ。国を良くしようと思っていたはずなのに、国を滅ぼしかねなかった。けっきょく、隣国ベトナムの侵攻によりポルポト政権は打倒され、内乱は収束に向かう。

  • 内乱で知識人を中心に多くの国民が殺された。大量虐殺のあった刑場のキリング・フィールドはあちこににあり、無数の人骨が見つかった。<br /><br />知識人がほとんどいなくなったカンボジアでは法整備さえもままならず、日本も法整備支援や法曺の教育といった平和的な支援活動を行っている。

    内乱で知識人を中心に多くの国民が殺された。大量虐殺のあった刑場のキリング・フィールドはあちこににあり、無数の人骨が見つかった。

    知識人がほとんどいなくなったカンボジアでは法整備さえもままならず、日本も法整備支援や法曺の教育といった平和的な支援活動を行っている。

  • 一人旅なのかなぁ。<br />すてきなお姉さんも遺跡に座って朝日を拝む。<br /><br />内戦の終わったカンボジアには年々観光客が増えている。GWという中途半端な時期にも関わらず、多くの欧米人も見かけた。<br /><br />

    一人旅なのかなぁ。
    すてきなお姉さんも遺跡に座って朝日を拝む。

    内戦の終わったカンボジアには年々観光客が増えている。GWという中途半端な時期にも関わらず、多くの欧米人も見かけた。

  • それも納得。<br /><br />アンコールの遺跡群は比類ない。<br /><br />その規模や美しさに加えて、森による浸食が。<br />時の流れと自然を前にした時の人間の無力感を感じずにはいられない。

    それも納得。

    アンコールの遺跡群は比類ない。

    その規模や美しさに加えて、森による浸食が。
    時の流れと自然を前にした時の人間の無力感を感じずにはいられない。

  • 3つの尖塔に見える大伽藍の祠堂は実は5つある。<br />実は右側の祠堂が修復工事中でブルーシートがかけられていたのだけど、幸い逆光でそんな様子は分からない。

    3つの尖塔に見える大伽藍の祠堂は実は5つある。
    実は右側の祠堂が修復工事中でブルーシートがかけられていたのだけど、幸い逆光でそんな様子は分からない。

  • 柔らかい茜色に染まりゆく景色<br /><br />またいつか一緒に来れるかな?

    イチオシ

    柔らかい茜色に染まりゆく景色

    またいつか一緒に来れるかな?

  • 陽が昇ってきたのでいったんホテルに戻って朝食をとります。

    陽が昇ってきたのでいったんホテルに戻って朝食をとります。

  • シェムリアップでの宿はVictoria Angkor Resort &amp; Spa (ヴィクトリア・アンコール)。<br /><br />オールドマーケットにも徒歩圏内の5つ星ホテル。<br />5つ星なのに1泊1部屋95米ドル(税込み)。<br />シェムリアップは全般に宿の相場が安い。

    シェムリアップでの宿はVictoria Angkor Resort & Spa (ヴィクトリア・アンコール)。

    オールドマーケットにも徒歩圏内の5つ星ホテル。
    5つ星なのに1泊1部屋95米ドル(税込み)。
    シェムリアップは全般に宿の相場が安い。

  • 朝食を食べた後、ガイドが再びホテルまで迎えにきてくれて、アンコール・トムから観光開始。アンコール・トムはまた別の旅行記で・・・<br /><br />昼食はアンコールワットの正面入り口近くにあるレストラン。豚のショウガ焼きが美味しかった★

    朝食を食べた後、ガイドが再びホテルまで迎えにきてくれて、アンコール・トムから観光開始。アンコール・トムはまた別の旅行記で・・・

    昼食はアンコールワットの正面入り口近くにあるレストラン。豚のショウガ焼きが美味しかった★

  • 9つの頭を持つナーガ(蛇神)<br />水と雨のほか、不死の象徴ともされ、橋や通路の端によく飾られている。<br /><br />これはやけに綺麗ですが再建されたものです。

    9つの頭を持つナーガ(蛇神)
    水と雨のほか、不死の象徴ともされ、橋や通路の端によく飾られている。

    これはやけに綺麗ですが再建されたものです。

  • アンコールワットの遺跡はお堀で囲まれている。<br />そのお堀で水遊びをしている子ども達。

    アンコールワットの遺跡はお堀で囲まれている。
    そのお堀で水遊びをしている子ども達。

  • 70年代の内戦時代、共産主義勢力のクメール・ルージュがアンコールワットを拠点に使用。その時代の銃痕が痛ましい。<br /><br />遺跡としての重要性から激しい攻撃がしかけられないことを逆手にとれるし、壕や城壁で囲まれたアンコールワットは要塞として絶好の場所だったのだろう。

    70年代の内戦時代、共産主義勢力のクメール・ルージュがアンコールワットを拠点に使用。その時代の銃痕が痛ましい。

    遺跡としての重要性から激しい攻撃がしかけられないことを逆手にとれるし、壕や城壁で囲まれたアンコールワットは要塞として絶好の場所だったのだろう。

  • アンコールワットはもともとヒンドゥー教の寺院として建設された。12世紀前半のこと。<br /><br />その後、いったん戦乱により都市は放棄され、15世紀に仏教寺院として改修され蘇る。

    アンコールワットはもともとヒンドゥー教の寺院として建設された。12世紀前半のこと。

    その後、いったん戦乱により都市は放棄され、15世紀に仏教寺院として改修され蘇る。

  • 観光客に混ざって今でも地元の人たちがお詣りに訪れる。

    観光客に混ざって今でも地元の人たちがお詣りに訪れる。

  • 蓮の花の蕾が捧げられていた。<br />蓮の花は花びらをとるとこんな風になっている。<br />真ん中の緑の固まりはハスの実と呼ばれる種子。

    蓮の花の蕾が捧げられていた。
    蓮の花は花びらをとるとこんな風になっている。
    真ん中の緑の固まりはハスの実と呼ばれる種子。

  • 正面入り口である西塔門。美しいレリーフで飾られている。これらのレリーフ、単なるセクシー姉ちゃんではなく、若いお姉ちゃんとおばちゃんを彫り分けられている。おばちゃんのお腹にはシワがあるんです!ってか、そんなディテールいらねー。^^;

    正面入り口である西塔門。美しいレリーフで飾られている。これらのレリーフ、単なるセクシー姉ちゃんではなく、若いお姉ちゃんとおばちゃんを彫り分けられている。おばちゃんのお腹にはシワがあるんです!ってか、そんなディテールいらねー。^^;

  • カラフルな洋服がかわいい3姉妹★

    カラフルな洋服がかわいい3姉妹★

  • ペアルックのカップル。<br /><br />ペアルックってきもいと思っていたけど、この二人はイイ感じだなぁ。

    ペアルックのカップル。

    ペアルックってきもいと思っていたけど、この二人はイイ感じだなぁ。

  • デコラティブなお馬さん♪<br />この日は40度くらいの猛暑で日陰に入ってても疲れるよね・・・

    デコラティブなお馬さん♪
    この日は40度くらいの猛暑で日陰に入ってても疲れるよね・・・

  • 大伽藍の前の聖池の周辺には四つ葉のクローバーが群生!!<br /><br />さすが聖池だぜ。

    イチオシ

    大伽藍の前の聖池の周辺には四つ葉のクローバーが群生!!

    さすが聖池だぜ。

  • 大伽藍には3つの回廊がある。<br />これは一番外側の第一回廊。<br /><br />壁にはヒンドゥー教の叙事詩などが彫られている。西北の壁にはラーマーヤナという古代インドの長編叙事詩が彫られている。

    大伽藍には3つの回廊がある。
    これは一番外側の第一回廊。

    壁にはヒンドゥー教の叙事詩などが彫られている。西北の壁にはラーマーヤナという古代インドの長編叙事詩が彫られている。

  • ラーマーヤナというのはラーマ王子の冒険物語。7巻にわたる長い物語だが、猿の軍団を率いてシーター王女を助けに行く話が特に有名。

    ラーマーヤナというのはラーマ王子の冒険物語。7巻にわたる長い物語だが、猿の軍団を率いてシーター王女を助けに行く話が特に有名。

  • 内側に進み第二回廊へ。

    内側に進み第二回廊へ。

  • 中庭のようになってるこの場所は水が張られて、水面に映る壁面の踊り子のレリーフが揺らめいて、踊っているように見えたのだと言う。<br /><br />生憎、何も分かってないフランス人が排水溝を作ってしまい、水は貯まらなくなってしまった。

    中庭のようになってるこの場所は水が張られて、水面に映る壁面の踊り子のレリーフが揺らめいて、踊っているように見えたのだと言う。

    生憎、何も分かってないフランス人が排水溝を作ってしまい、水は貯まらなくなってしまった。

  • 中央の一番高い祠堂。<br /><br />一時期登れなかったらしい。今でも人数制限があります。

    中央の一番高い祠堂。

    一時期登れなかったらしい。今でも人数制限があります。

  • 急な階段を登ると第三回廊があり、内側には四つの中庭がある。正確にはこの中庭も雨水を貯えた池だったが、排水溝がつくられてしまったせいで、今では水はない。<br /><br />回廊はたくさんの踊り子のレリーフで飾られている。夕暮れ近くになると少し薄暗いが、ところどころ日差しが当たってコントラストが美しい。

    急な階段を登ると第三回廊があり、内側には四つの中庭がある。正確にはこの中庭も雨水を貯えた池だったが、排水溝がつくられてしまったせいで、今では水はない。

    回廊はたくさんの踊り子のレリーフで飾られている。夕暮れ近くになると少し薄暗いが、ところどころ日差しが当たってコントラストが美しい。

  • 建物全体が過剰なまでの装飾で飾られて一見するとごちゃごちゃしているが、よく見ると一定の規則性があって、計算された美だと気づく。<br /><br />

    建物全体が過剰なまでの装飾で飾られて一見するとごちゃごちゃしているが、よく見ると一定の規則性があって、計算された美だと気づく。

  • とにかく炎天下のアンコールワットだったけど、日陰に入ると結構涼しい。中庭の周りは格好の一休みポイントだ。

    とにかく炎天下のアンコールワットだったけど、日陰に入ると結構涼しい。中庭の周りは格好の一休みポイントだ。

  • オレンジの僧衣をまとったお坊さんはこの遺跡によく似合う。

    イチオシ

    オレンジの僧衣をまとったお坊さんはこの遺跡によく似合う。

  • もともとヒンドゥー教の寺院だったところ、仏教寺院に改築されたアンコールワット。ヒンドゥー教と仏教って全然違う宗教かと思っていたけど、考えてみたらいずれもインド発祥だものね。結構、共通点があるのかも。

    もともとヒンドゥー教の寺院だったところ、仏教寺院に改築されたアンコールワット。ヒンドゥー教と仏教って全然違う宗教かと思っていたけど、考えてみたらいずれもインド発祥だものね。結構、共通点があるのかも。

  • 日が傾き、柱や窓飾りが長い影を落とす。<br />とても好きな時間帯。

    日が傾き、柱や窓飾りが長い影を落とす。
    とても好きな時間帯。

  • フランス軍やクメールルージュによって建物は損傷を受け、また多くの仏像も持ち出された。近年になって、各国からの援助によって建物の修復工事がすすんでいる。が、間違った「修復」方法によってレリーフなどの装飾が更に傷付く場合もでてきている。

    フランス軍やクメールルージュによって建物は損傷を受け、また多くの仏像も持ち出された。近年になって、各国からの援助によって建物の修復工事がすすんでいる。が、間違った「修復」方法によってレリーフなどの装飾が更に傷付く場合もでてきている。

  • ひと気のない回廊は歴史な重みだけが、静かに、のしかかってくる。<br /><br />木が多いので建築資材には困らないとしても、密林の中というのは決して都市を築くのに容易な場所とは思えない。ここに王都をおいたクメールの民に興味がたえない。

    ひと気のない回廊は歴史な重みだけが、静かに、のしかかってくる。

    木が多いので建築資材には困らないとしても、密林の中というのは決して都市を築くのに容易な場所とは思えない。ここに王都をおいたクメールの民に興味がたえない。

  • 東南の第一回廊の壁面には乳海攪拌(にゅうかいかくはん)の様子が刻まれている。<br /><br />不老不死の薬、アムリタを作ろうと海を1000年の間かき混ぜる話。なんだか、ヒンドゥー教の神話って突拍子がなすぎて、あんまりしっくりこない、、ギリシャ神話がやたらまともに思える。

    東南の第一回廊の壁面には乳海攪拌(にゅうかいかくはん)の様子が刻まれている。

    不老不死の薬、アムリタを作ろうと海を1000年の間かき混ぜる話。なんだか、ヒンドゥー教の神話って突拍子がなすぎて、あんまりしっくりこない、、ギリシャ神話がやたらまともに思える。

  • そろそろ帰ろうかと思っていたら、、、<br /><br />お祭りの集団キターー!!

    そろそろ帰ろうかと思っていたら、、、

    お祭りの集団キターー!!

  • 出家する人たちを送り出すようです。<br /><br />不思議な仮面をつけた人は中南米のお祭りみたい。

    イチオシ

    出家する人たちを送り出すようです。

    不思議な仮面をつけた人は中南米のお祭りみたい。

  • イケメンや美女がベトナムほど多くないカンボジアで、ちょっと美しいお坊さん発見!

    イケメンや美女がベトナムほど多くないカンボジアで、ちょっと美しいお坊さん発見!

  • こんな小さな子も出家できちゃうのね。<br />まだまだ貧しい国だから、食べるためにはって側面もあるのかもしれない。

    こんな小さな子も出家できちゃうのね。
    まだまだ貧しい国だから、食べるためにはって側面もあるのかもしれない。

  • イチオシ

  • 晩ご飯。ガイドが地元民が行く食堂に連れて行ってくれた。<br /><br />ここが全皿めちゃめちゃ美味しかった!<br />胡椒を多用しているので辛いもの好きには堪りません。<br /><br />しかし、お腹を壊した人がいたので、お腹の弱い人はご注意を・・・

    晩ご飯。ガイドが地元民が行く食堂に連れて行ってくれた。

    ここが全皿めちゃめちゃ美味しかった!
    胡椒を多用しているので辛いもの好きには堪りません。

    しかし、お腹を壊した人がいたので、お腹の弱い人はご注意を・・・

  • お店の名前はこちら。<br />Chanreah Dom Makara<br /><br />あまりに気に入ったので翌日のお昼にまた来ました。<br />ドライバーさんにこの写真を見せたら場所がすぐに分かったので、地元では有名なのか?!

    お店の名前はこちら。
    Chanreah Dom Makara

    あまりに気に入ったので翌日のお昼にまた来ました。
    ドライバーさんにこの写真を見せたら場所がすぐに分かったので、地元では有名なのか?!

  • ホテルまで歩いて帰れるけど、声をかけてきたトゥクトゥクの料金が安かった(1米ドルくらい)ので、乗ってみる♪<br /><br />翌日はホーチミンに戻る前にベンメリア遺跡に行きます。

    ホテルまで歩いて帰れるけど、声をかけてきたトゥクトゥクの料金が安かった(1米ドルくらい)ので、乗ってみる♪

    翌日はホーチミンに戻る前にベンメリア遺跡に行きます。

この旅行記のタグ

105いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (16)

開く

閉じる

  • ぺでぃまるさん 2012/09/22 18:51:13
    いい!
    kumさん、こんばんは〜
    投票だけしてコメも書いていなかったけど、新作旅行記の刺激的な?タイトルにも惹かれ、再訪しました。

    この朝焼け、いい!としか言えません。
    こんな色合いを目にすることができたら、ジーンとしちゃうだろうなあ。

    じゃあ刺激的な方にも伺います!

     ぺでぃまる

    kum

    kumさん からの返信 2012/09/23 22:24:19
    遺跡の朝焼け
    ぺでぃまるさん、こんばんは!
    ご訪問を有り難うございます。

    アンコールワットの朝焼けはきれいでしたよ〜。
    ずっと行きたいと思っていた場所だったので感動もひとしおでした。

    刺激的な方(!?)の旅行記にもご訪問いただいたようでありがとうございます。笑
    タイのニューハーフの美しさは、はるな愛もテレビで言ってましたが、美意識の高さや努力の賜なんでしょうね。我が身を振り返り、反省しました。。苦笑

    kum
  • じゃが♪さん 2012/08/29 21:23:36
    すごい朝焼け
    こんばんはー。

    この朝焼け、すご過ぎます!
    kumさんの撮る朝日と夕日はいつもうっとりするのですが、
    これまたすごいですねー。
    無風で鏡面の湖と、東の空に薄っすら浮かぶ雲の中に浮かぶ太陽が、
    絶妙すぎます。
    雲がないと空は赤くならないし、多すぎると白黒のいまいちな感じだし。。
    どうすれば、こんなシチュエーションに出会えるのでしょう。

    じゃが♪

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/31 09:02:47
    RE: すごい朝焼け
    じゃが♪さん、おはようございます!
    ご訪問ありがとうございます。

    カンボジアは内戦のイメージが強かったのですが、すっかり平和そうになっていて驚きました。しかも日本のGW, ベトナムの連休の真っ只中だったこともあり、すごい観光客の数でした。

    空はいつも違う表情を見せるので飽きないですよね。
    この日は雲が少なくて、もう少し雲がある方が好きな私にはやや物足りませんでした。でも、仰るとおり、全く雲ががない空や雲の厚い空よりは全然ましなので、これで良しとするか。笑

    くむ
  • crossさん 2012/08/29 12:01:57
    「夏草や兵どもが夢の跡」
    kumさん、こんにちは♪

    長い間冬眠してました。
    暑いのに冬眠って変ですが、オリンピックとかで4トラもお休みしてました。

    ベトナムからもこんなツアーがあったんですね。
    忘却の王都...いい響きやねぇ♪
    芭蕉の一句が思い出されました。
    荒れ果てた乾燥地帯の遺跡と違い、アンコールワットは長い間ジャングルに閉ざされてたんですね。

    相変わらず、朝夕の写真がキレイ。
    望遠で撮られた旅人も、何か物憂げで哀愁が漂ってました♪

    kumさんも胡椒が好きですか。
    ボクも胡椒や唐辛子は大好きですが、パクチーは未だに克服できません。

    cross(^_^)v

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/29 20:23:26
    金と同価値
    crossさん、こんばんは!
    ちょいお久しぶりですかね。
    私も引越しでネットが開通してないので、フォートラはもっぱらiphoneで空き時間に見るくらいです。GWの旅行記もさっさと仕上げたくて写真の選択だけはほぼほぼ終わってるのですが…

    > ベトナムからもこんなツアーがあったんですね。

    あ、ツアーはシェムリアップ発です。個人のガイドがホテルまで送迎してくれますが、ホーチミンからのエアーとホテルは自分で手配です。一日だけ日本からネットで個人ガイドツアーに申し込み、あとの日は現地についてからホテルで車とガイドを手配しました。

    > kumさんも胡椒が好きですか。
    > ボクも胡椒や唐辛子は大好きですが、パクチーは未だに克服できません。

    胡椒は大好きで、昔のヨーロッパの人たちが金と同じ価値で交換してたというのも超納得です。笑
    パクチーは私も30くらいまで食べれませんでしたが、30台になってお腹が元気なくなって香草が突然旨く感じるようになりました。クロスさん、まだ苦手ってことはお腹が若いのかも。あ、お腹だけじゃないですが。笑

    くむ
  • サウスピーチさん 2012/08/05 08:32:11
    赤に溶けこむアンコール・ワット
    kumさん、こんにちは♪

    いつもそうなんですけど、今回は特に赤の色合いが何とも言えない朝焼けの写真から始まり、
    もう一気にkumワールドに惹きこまれちゃいました。 それにしても凄い色だなぁ〜。 
    そこから明るくなるにつれ、移りゆく色の変化も美しいですね。

    「朝日ツアー」ってやっぱり日本人向けですか?(笑) フランスのモンサンミシェルで
    朝日を見ようと歩いていてすれ違うのは日本人だけだったことを思い出しました。

    1つ1つの写真に歴史の重みを感じた旅行記でした。

    次も楽しみにしていま〜す♪

    サウスピーチ :)

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/08 21:51:06
    日の出好き
    サウスピーチさん、こんばんは!
    いつもありがとうございます!
    オタオタしてるうちに長いシステムメンテに入っちゃった、と思ったら、また延期になったのですね。。

    アンコールワットの朝日、良いでしょ?!
    実際の色はここまで濃くないけど、充分綺麗でした。
    水面に映った空もすごく綺麗だったのですが、なかなか上手く撮れなかったな。

    朝日は日本人一番多いけど、もともとGWってことで日中も日本人だらけでした。朝日ツアーは他の言語でもたくさんありますので、日本人向けってわけではないですね。

    > 「朝日ツアー」ってやっぱり日本人向けですか?(笑) フランスのモンサンミシェルで
    > 朝日を見ようと歩いていてすれ違うのは日本人だけだったことを思い出しました。

    日本人はなんで朝日好きなんですかね。日出ずる国だからかしら。ちなみに私は朝が苦手なのもあり日没のが好きです。

    夏休み前にGW旅行を片付けたかったけど無理でした。。明日から旅立ちます\(^o^)/


    くむ
  • fujickeyさん 2012/08/02 11:11:59
    朝やけの色
    kumさん。

    こんにちわ^-^
    旅行記にお邪魔しました〜
    朝日(朝焼け?)の色がとてもキレイですね!!
    昼間にも見ている太陽と同じはずなのに、
    昇ってくる時ってパワーがある気がします。
    出家するお坊さんたち、イケメンっていうよりも
    頭の形がみんなきれいですね(笑)そしてスリムだし。
    出家って年齢は関係ないのですか?小さな男の子も一緒にいますよね。
    エライなぁ。。
    食堂の料理も美味しそう!!
    辛いの好きだけど、胡椒の辛さはちょっと弱いかも・・・

    fujickey

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/03 01:07:32
    RE: 朝やけの色
    fujickeyさん、こんばんは!
    いつも有り難うございます!

    確かに朝日って大きく見えたりするし、大気の関係で色も濃いしでパワーを感じますよね。刻一刻と色を変えていく空とか、とてもドラマチックだし・・・でも普段はなかなか早起きできなくて見れないデス。笑

    > 出家って年齢は関係ないのですか?小さな男の子も一緒にいますよね。

    年齢は関係ないのかも。でも小さな男の子は自分の判断で出家するとも思えず、どういう仕組みなのかはよく分かりませんでした。でもブータンと同じだとすると、出家も一生ということではなく、教育も兼ねてってこともあるみたいだから、「世捨て人」っていう感じでもないのかも。

    > 辛いの好きだけど、胡椒の辛さはちょっと弱いかも・・・

    なるほど。でも辛くないものも、胡椒を使ってないものも結構あるので大丈夫です!胡椒は緑でツブツブが茎についたままの状態のが薬味的な感じで使われていて、緑の(乾燥前の)胡椒って初めて食べたけど美味しかった・・・忘れられない味です。

    くむ
  • shimatabiさん 2012/08/01 21:18:05
    光と影
    kumさん 今晩は☆

    アンコールワットでの朝日。とても素敵ですね♪
    そして、朝早々からHAPPYになる予感がしますね。
    アンコールワットの遺跡自体も素晴らしいけど、光と影の遺跡がとても印象的です。

    ローカルフードも美味しそうですね。是非、一度行ってみたいものです。
    また、旅行記楽しみにしております。


    島旅

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/03 00:59:49
    RE: 光と影
    shimatabiさん、こんばんは!

    アンコールワットは超陽差しが強くて、暑かったです。
    でもその分、光と影のコントラストが美しくて写真撮るのは楽しかったです。似たような写真ばかりなのですが、2泊3日のシェムリアップ滞在中に1100枚くらい写真撮ってました。いまいちのものも多くて削除していますが、それでも800〜900枚くらいは残るかなぁ。

    そうそう、食べ物も美味しいので、shimatabiさんも是非行ってみて下さい★

    くむ

  • はな♪さん 2012/08/01 20:41:15
    素晴らしすぎる朝景色
    kumさん☆


    こんばんは♪

    朝拝見させて頂きましたが、あまりにも素晴らしかったので再訪させて頂きました。
    めっちゃすてきな朝日ツアー、しかも貸切〜♪♪♪
    朝日は刻一刻と表情を変え、素晴らしい表情を見せてくれますので、テンションも上がりますよね^^
    でも...うっかり魅入ってしまうと、写真も撮れないし(笑)))
    一期一会、一瞬を逃さないようにするのも、腕も含め、kumさんのお写真を拝見していると、
    そう思います。


    今回の旅行記も、難しいコメントあり〜の、kumさん節のコメントあり〜の、
    お写真もすばらしいの沢山あり〜ので、やはり魅せてくださいますね^^

    わたしもいつか行ってみたい!と思っておりますが、その時は朝日ツアー申込みます^^


    では、また素晴らしい旅行記を待ってます☆


    はな♪

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/03 00:55:43
    RE: 素晴らしすぎる朝景色
    はな♪さん、こんばんはー!
    再訪有り難うございます♪

    シェムリアップは良かったですよー。
    数年前に行った方の写真を見るとそこまで観光客が多くなかったようなのですが、年々人が増えている感じがちょっと残念。でも、人が多すぎ状態を割り引いてもすごくイイです。

    > 朝日は刻一刻と表情を変え、素晴らしい表情を見せてくれますので、テンションも上がりますよね^^
    > でも...うっかり魅入ってしまうと、写真も撮れないし(笑)))
    > 一期一会、一瞬を逃さないようにするのも、腕も含め、kumさんのお写真を拝見していると、
    > そう思います。

    確かにタイミングですよね。瞬間が重要でない写真なら、誰でも撮れますからね。印象に残る写真、すごいと思う写真ってタイミングなのかも、と思うこの頃。そういうタイミングを逃さないようにするためには、もっとカメラを常日頃持ち歩く必要あるかも、と思いながら一眼は重くて持ち歩けなひ。。。^^;

    > わたしもいつか行ってみたい!と思っておりますが、その時は朝日ツアー申込みます^^

    是非是非行ってみて!&朝日ツアーに参加してみて!
    GWということもありそこら中で日本語が飛び交っていましたが、他の国の観光客にも人気のようです。美しさが半端ないですからね。私もまた行こうと思いました。今度は雨期に!

    くむ
  • るなさん 2012/08/01 12:41:08
    絶景の異空間
    こんにちは、kumさん。
    本日も晴天なり...ぐたーっ。

    2年前にホーチミンに行った時、私もこのアンコールワットまで行きたかったんです。
    でも、3泊5日しか取らなかったので、ちょっと無理だぁ〜と諦めた次第です(>_<)娘もすごく行きたがったいるアンコールワットです。

    ホントに聖地って感じがしますね。
    私も行ったら朝日ツアー参加したい!!
    四葉のクローバーがこんなに群生しているんだ?すごい(゚o゚;;
    デコラティブな馬も綺麗だけど暑くて可哀想ねっ。

    行きたいとは思うものの、食べ物がダメそうだわぁ〜(苦笑)何せおこちゃまなので、辛いの苦手なんですわ(´Д⊂

    るな

    kum

    kumさん からの返信 2012/08/03 00:45:30
    RE: 絶景の異空間
    るなさん、こんばんは〜
    毎日暑いですね、、、

    正直ホーチミンは「ふ〜ん」って感じだったのですが、シェムリアップは良かったです。遺跡好きにはたまらないです。あまりに遺跡が多いので、1週間くらいいてもいいかも。

    朝日ツアーはすごく人気なんです。
    人、人、人です。^^;
    ちなみに夕陽ツアーというのもあるのですが
    曇りがちなので夕陽は私たちの滞在中の2日間では見れなかったです。
    是非お嬢さんと一緒に行ってみて下さい!

    > 行きたいとは思うものの、食べ物がダメそうだわぁ〜(苦笑)何せおこちゃまなので、辛いの苦手なんですわ(´Д⊂

    え!そうなんですか。これまた意外。
    カレーとかはココナッツ系のちょっと甘いものもありますよ。

    くむ

kumさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集