広島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
この旅行記は簡素なダイジェスト形式にしております。<br />しっかり見たい方はボリュームたっぷりのメイン旅行記をどうぞ。<br /><br />・メイン旅行記<br />http://www.suginami-s.net/travelrep/

広島2大世界遺産の旅

14いいね!

2011/08/06 - 2011/08/07

4206位(同エリア11126件中)

0

11

Jing

Jingさん

この旅行記は簡素なダイジェスト形式にしております。
しっかり見たい方はボリュームたっぷりのメイン旅行記をどうぞ。

・メイン旅行記
http://www.suginami-s.net/travelrep/

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 広島への訪問はこれで3度目となりますが、広島中心地をじっくりと観光したのはこれが初めてでした。<br /><br />1度目の訪問は学生時代、当時の広島の友人の案内で広島城を観光して、その友人の家に泊めさせてもらいました。<br />2度目は旅行記にもありますが、「四国・山陽ドライブ」の時です。この時は尾道に立ち寄り、尾道ラーメンを食べただけでした。<br />今回は全て18切符という事で、かなりハードな旅になりました。<br /><br />今回は広島の2大観光地で世界遺産にもなっている、原爆ドームと平和記念公園、<br />日本三景の1つで「安芸の宮島」とも呼ばれる、厳島神社へ行ってきました。<br />一応これで、日本三景は全て見たことになります。<br /><br />この旅行記は写真を基準にした記述しかできない仕様なので、記録のみとします。<br />詳細はボリュームたっぷりのメイン旅行記をどうぞ。

    広島への訪問はこれで3度目となりますが、広島中心地をじっくりと観光したのはこれが初めてでした。

    1度目の訪問は学生時代、当時の広島の友人の案内で広島城を観光して、その友人の家に泊めさせてもらいました。
    2度目は旅行記にもありますが、「四国・山陽ドライブ」の時です。この時は尾道に立ち寄り、尾道ラーメンを食べただけでした。
    今回は全て18切符という事で、かなりハードな旅になりました。

    今回は広島の2大観光地で世界遺産にもなっている、原爆ドームと平和記念公園、
    日本三景の1つで「安芸の宮島」とも呼ばれる、厳島神社へ行ってきました。
    一応これで、日本三景は全て見たことになります。

    この旅行記は写真を基準にした記述しかできない仕様なので、記録のみとします。
    詳細はボリュームたっぷりのメイン旅行記をどうぞ。

  • ・原爆ドームを見学して<br /><br />日本に生まれ、日本に住む者として、一度「原爆ドーム」というものをこの目で見たいと思っていました。<br />平和記念公園、平和記念資料館も見学でき、有意義な広島観光であったと思います。<br /><br />実際に見てみると、話には聞いていたものの、やはり衝撃的でありました。<br />資料館には、原爆投下直後の時間を指したまま壊れている腕時計や、原爆により死亡した人の遺品、被爆した人たちの写真や身につけていたものなどがあり、当時の様子が分かるようなミニチュアも置かれてありました。<br /><br />日本には「反戦教育」というものがありますから、できれば日本全国のほぼ全ての子供たちが、授業の一環として、ここを訪問するようにしていただきたいですね。<br /><br />日本は世界唯一の被爆国であり、広島と長崎の名は世界中の人が知っています。<br />そして我々は世界唯一の被爆国で生まれ育った者として、反戦と反原爆を掲げ、それを世界に発信していく責務があるのではないかと思うのです。<br /><br />折しも東日本大震災によって、福島の原発から放射能が漏れ出し、長く日本に甚大な影響を与える事態に発展してしまいました。<br />本来、反核の重要性を十二分に認識しているはずの日本が、このような惨状になってしまったというのは、大変嘆かわしく、世界に対しても恥ずべき事でありましょう。<br /><br />放射能は人間のみならず、環境までも大きく破壊してしまいます。<br />核を生み出してしまったことは、人類に対する以上に、地球に対する罪であるのかもしれません。<br /><br />世界から見れば日本はとても平和な国です。戦争など起こる気配すらないどころか軍隊もありません。<br /><br />かつて戦争を経験した人たちも今は高齢者となり、生き証人とも言える彼らから、直接の戦時体験を聞くことは、月日が経つにつれ、なお一層困難になっていきます。<br /><br />人間には、過去に起こった歴史と向き合い、「教訓」にする力があります。<br />原爆にしても原発にしても、起こった事に対して目を背けてはいけません。<br />そしてその「教訓」を、年月が経っても色あせないような形で残さねばなりません。<br /><br />世界に目を向ければ、今も戦争はどこかで起こっていて、たとえ戦争が終結したとしても、それによって生まれた負の遺産に苦しみ続けている人が、国があるわけです。<br /><br />同じく日本も、戦争を経験し、敗戦の後に復興した国として、世界に発信できることはきっとあるはず。<br />そのためにも自国だけではなく、他国の事も含めて、もっと多くのことを、多くの人が知らなければならないのではないかと思います。<br /><br />もしまだ広島に訪れたことがない方は、是非一度、いずれかの機会でご覧になってみてはいかがでしょうか。

    ・原爆ドームを見学して

    日本に生まれ、日本に住む者として、一度「原爆ドーム」というものをこの目で見たいと思っていました。
    平和記念公園、平和記念資料館も見学でき、有意義な広島観光であったと思います。

    実際に見てみると、話には聞いていたものの、やはり衝撃的でありました。
    資料館には、原爆投下直後の時間を指したまま壊れている腕時計や、原爆により死亡した人の遺品、被爆した人たちの写真や身につけていたものなどがあり、当時の様子が分かるようなミニチュアも置かれてありました。

    日本には「反戦教育」というものがありますから、できれば日本全国のほぼ全ての子供たちが、授業の一環として、ここを訪問するようにしていただきたいですね。

    日本は世界唯一の被爆国であり、広島と長崎の名は世界中の人が知っています。
    そして我々は世界唯一の被爆国で生まれ育った者として、反戦と反原爆を掲げ、それを世界に発信していく責務があるのではないかと思うのです。

    折しも東日本大震災によって、福島の原発から放射能が漏れ出し、長く日本に甚大な影響を与える事態に発展してしまいました。
    本来、反核の重要性を十二分に認識しているはずの日本が、このような惨状になってしまったというのは、大変嘆かわしく、世界に対しても恥ずべき事でありましょう。

    放射能は人間のみならず、環境までも大きく破壊してしまいます。
    核を生み出してしまったことは、人類に対する以上に、地球に対する罪であるのかもしれません。

    世界から見れば日本はとても平和な国です。戦争など起こる気配すらないどころか軍隊もありません。

    かつて戦争を経験した人たちも今は高齢者となり、生き証人とも言える彼らから、直接の戦時体験を聞くことは、月日が経つにつれ、なお一層困難になっていきます。

    人間には、過去に起こった歴史と向き合い、「教訓」にする力があります。
    原爆にしても原発にしても、起こった事に対して目を背けてはいけません。
    そしてその「教訓」を、年月が経っても色あせないような形で残さねばなりません。

    世界に目を向ければ、今も戦争はどこかで起こっていて、たとえ戦争が終結したとしても、それによって生まれた負の遺産に苦しみ続けている人が、国があるわけです。

    同じく日本も、戦争を経験し、敗戦の後に復興した国として、世界に発信できることはきっとあるはず。
    そのためにも自国だけではなく、他国の事も含めて、もっと多くのことを、多くの人が知らなければならないのではないかと思います。

    もしまだ広島に訪れたことがない方は、是非一度、いずれかの機会でご覧になってみてはいかがでしょうか。

  • 宮島へ行く際、フェリーに乗りました。<br /><br />実は青春18切符で乗ることができます。

    宮島へ行く際、フェリーに乗りました。

    実は青春18切符で乗ることができます。

  • 大鳥居が船から見えます。

    大鳥居が船から見えます。

  • やたら鹿が多いです。宮島。

    やたら鹿が多いです。宮島。

  • 日本三景の証。

    日本三景の証。

  • 商店街では、紅葉饅頭を買いました。

    商店街では、紅葉饅頭を買いました。

  • 厳島神社。

    厳島神社。

  • 五十の塔にも行きました。

    五十の塔にも行きました。

  • 平和記念公園もしっかり観光。

    平和記念公園もしっかり観光。

  • 平和への祈りを、忘れてはなりません。<br /><br />こちらの旅行記ではかなり簡単に紹介してありますので、今回の旅行の詳しい内容はメイン旅行記をご覧下さいませ。<br />

    平和への祈りを、忘れてはなりません。

    こちらの旅行記ではかなり簡単に紹介してありますので、今回の旅行の詳しい内容はメイン旅行記をご覧下さいませ。

この旅行記のタグ

関連タグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

Jingさんの関連旅行記

Jingさんの旅行記一覧

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

広島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集