ムーレイ・イドリス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今までずっと行ってみたかったけど機会を逃していたモロッコが、私の記念すべき100か国目になりました。遠くて高いと思っていたモロッコ。エールフランスが11月末なら結構安いので予約。航空券は8万9千円。税込みで12万6千円。8泊10日で一通り周遊してきました。<br /><br />以下日程:<br /><br />11月19日(金)21:55 NRT<br />11月20日(土)04:20 CDG, 07:25 CDG - 09:30 カサブランカ、電車でマラケシュへ<br />11月21日(日)日帰りエッサウィラ<br />11月22日(月)砂漠ツアーでマラケシュ→アイト・ベン・ハッドゥ→ダデス渓谷<br />11月23日(火)砂漠ツアーでトドラ渓谷、カスバ街道、メルズーガ、砂漠泊<br />11月24日(水)メルズーガ→フェズ<br />11月25日(木)フェズ→メクネス<br />11月26日(金)メクネス→ムーレイ・イドリス→シャウエン<br />11月27日(土)シャウエン→テイトゥアン→カサブランカ<br />11月28日 (日) 07:35 カサブランカ - 11:40 CDG, 13:30 CDG<br />11月28日 (月) 09:10 NRT

モロッコ100か国記念旅行:ムーレイ・イドリス編

6いいね!

2010/11/26 - 2010/11/26

11位(同エリア24件中)

0

9

wakabun

wakabunさん

今までずっと行ってみたかったけど機会を逃していたモロッコが、私の記念すべき100か国目になりました。遠くて高いと思っていたモロッコ。エールフランスが11月末なら結構安いので予約。航空券は8万9千円。税込みで12万6千円。8泊10日で一通り周遊してきました。

以下日程:

11月19日(金)21:55 NRT
11月20日(土)04:20 CDG, 07:25 CDG - 09:30 カサブランカ、電車でマラケシュへ
11月21日(日)日帰りエッサウィラ
11月22日(月)砂漠ツアーでマラケシュ→アイト・ベン・ハッドゥ→ダデス渓谷
11月23日(火)砂漠ツアーでトドラ渓谷、カスバ街道、メルズーガ、砂漠泊
11月24日(水)メルズーガ→フェズ
11月25日(木)フェズ→メクネス
11月26日(金)メクネス→ムーレイ・イドリス→シャウエン
11月27日(土)シャウエン→テイトゥアン→カサブランカ
11月28日 (日) 07:35 カサブランカ - 11:40 CDG, 13:30 CDG
11月28日 (月) 09:10 NRT

旅行の満足度
3.5
観光
4.0
グルメ
3.5

PR

  • 朝早く日本に帰国するCさんを見送り、私もぼちぼちチェックアウト。朝8時発のムーレイ・イドリス行きバスに乗りたかったので、早めにバスターミナルへ向かう。ムーレイ・イドリス行きは毎時発のよう。所要時間1時間弱、料金は8Dh(約96円)。バスターミナルでカフェオレと、昨日青年が買ってたパンの売店でパラタみたいなクレープに蜂蜜を塗ったものを。値段100円以下。

    朝早く日本に帰国するCさんを見送り、私もぼちぼちチェックアウト。朝8時発のムーレイ・イドリス行きバスに乗りたかったので、早めにバスターミナルへ向かう。ムーレイ・イドリス行きは毎時発のよう。所要時間1時間弱、料金は8Dh(約96円)。バスターミナルでカフェオレと、昨日青年が買ってたパンの売店でパラタみたいなクレープに蜂蜜を塗ったものを。値段100円以下。

  • 8時のバス、8時過ぎても全然出発する気配がなく、12時までに戻ってきて、12時発のシャウエン行きに乗る予定が難しくなってきた。もうムーレイ・イドリスはやめて、9時発のシャウエン行きに乗ってしまおうかな、と思い始め、チケット売り場へ行くと、シャウエン行きは今日はない。明日の午後5時だ、といわれ、途方にくれる。ええーっ!この上に張ってる時刻表はなんなのよ?金曜日だから?説明を求めるけど英語が通じず、no busの一点張り。そうか、じゃあシャウエンは諦めるか。<br /><br />結局バスは9時ごろまで発車せず、ムーレイ・イドリスに到着したのは午前10時ごろだった。聖者の町ムーレイ・イドリスは歩き方1ページしかなく、地図がない。坂の多い街で、バックパックも重かったので、近くにあったホテルで荷物預かってくれないか聞いてみることにする。すると英語の達者な人が出てきて、もうすぐここに泊まっているドイツ人観光客6人が街のツアーに参加するけど、一緒に来るか?ときかれる。それだけ人数がいればたいした金額じゃないだろうし、参加してみることにする。荷物もホテルで預かってくれるし。ドイツ人たちは男女ミックスの6人グループで、レンタカーで旅行しているそうだ。みんな英語が堪能なんで助かった。ウォーキングツアーでまず訪れたのはモスク。中には入れないけど。

    8時のバス、8時過ぎても全然出発する気配がなく、12時までに戻ってきて、12時発のシャウエン行きに乗る予定が難しくなってきた。もうムーレイ・イドリスはやめて、9時発のシャウエン行きに乗ってしまおうかな、と思い始め、チケット売り場へ行くと、シャウエン行きは今日はない。明日の午後5時だ、といわれ、途方にくれる。ええーっ!この上に張ってる時刻表はなんなのよ?金曜日だから?説明を求めるけど英語が通じず、no busの一点張り。そうか、じゃあシャウエンは諦めるか。

    結局バスは9時ごろまで発車せず、ムーレイ・イドリスに到着したのは午前10時ごろだった。聖者の町ムーレイ・イドリスは歩き方1ページしかなく、地図がない。坂の多い街で、バックパックも重かったので、近くにあったホテルで荷物預かってくれないか聞いてみることにする。すると英語の達者な人が出てきて、もうすぐここに泊まっているドイツ人観光客6人が街のツアーに参加するけど、一緒に来るか?ときかれる。それだけ人数がいればたいした金額じゃないだろうし、参加してみることにする。荷物もホテルで預かってくれるし。ドイツ人たちは男女ミックスの6人グループで、レンタカーで旅行しているそうだ。みんな英語が堪能なんで助かった。ウォーキングツアーでまず訪れたのはモスク。中には入れないけど。

  • ハマムや職人街を通り、ビューポイントへ。そうそう、これがみたかったの!山にへばりつくようにたつムーレイ・イドリスの町並みに感動。

    ハマムや職人街を通り、ビューポイントへ。そうそう、これがみたかったの!山にへばりつくようにたつムーレイ・イドリスの町並みに感動。

  • 白黒で撮ってみた。<br />

    白黒で撮ってみた。

  • パン屋さんを訪問。

    パン屋さんを訪問。

  • 丸い形が珍しいミナレット。<br /><br /><br /><br />

    丸い形が珍しいミナレット。



  • ツアーは1時間半くらいで終了。どうやらみんなで100Dh(約1200円)だったらしいのだけど、私の分を払おうとすると、ドイツ人たちにおごりだからいいよ、といわれる。ありがたい。このホテルに荷物を置くことにしてよかったなあ!なんてついているんだ、私。でもラッキーはまだ続いた。ガイドさんに「本当はシャウエンにいきたかったんだよね。」というと、メクネスからではなく、ここムーレイ・イドリスの街から幹線道路まで下ったところから12 時半にバスがあるよ、といわれる。たぶんそれはメクネスを12時に出発するはずのバスがそこを通るのだと思い、今日バスはないといわれた、といったのだけど、いやそんなはずはない、毎日あるよ、といわれる。まあ万が一なかったらメクネスに戻ればいい話、と思って行ってみることにする。<br /><br />でもその前に腹ごしらえ。ガイドさんお勧めのサンドウィッチの店。このお店のおじさんがめっちゃいい人で、写真をとっていい?といったらこのポーズ。お肉を焼いている間お茶もサービスしてくれた。

    ツアーは1時間半くらいで終了。どうやらみんなで100Dh(約1200円)だったらしいのだけど、私の分を払おうとすると、ドイツ人たちにおごりだからいいよ、といわれる。ありがたい。このホテルに荷物を置くことにしてよかったなあ!なんてついているんだ、私。でもラッキーはまだ続いた。ガイドさんに「本当はシャウエンにいきたかったんだよね。」というと、メクネスからではなく、ここムーレイ・イドリスの街から幹線道路まで下ったところから12 時半にバスがあるよ、といわれる。たぶんそれはメクネスを12時に出発するはずのバスがそこを通るのだと思い、今日バスはないといわれた、といったのだけど、いやそんなはずはない、毎日あるよ、といわれる。まあ万が一なかったらメクネスに戻ればいい話、と思って行ってみることにする。

    でもその前に腹ごしらえ。ガイドさんお勧めのサンドウィッチの店。このお店のおじさんがめっちゃいい人で、写真をとっていい?といったらこのポーズ。お肉を焼いている間お茶もサービスしてくれた。

  • サンドウィッチを持って街を下り、幹線道路へ。ロータリーには警官がいて、彼らにシャウエン行きのバスに乗りたいのだけど、というと、1時前くらいここを通るはずだから、まっていなさい、といわれる。やっぱりバスあるんだ!よかったー。バス待ちの間ランチ。焼きたてのスパイスの効いた肉団子と、その場で作ってくれたトマトソース(トマトと玉ねぎなどを炒めていた)をパンにはさんで、ものすごいボリューム。肉がジューシーでうまい!このでかさで、確か200円くらいと安かった。<br /><br />道路から見たムーレイ・イドリスの町並み。<br />

    サンドウィッチを持って街を下り、幹線道路へ。ロータリーには警官がいて、彼らにシャウエン行きのバスに乗りたいのだけど、というと、1時前くらいここを通るはずだから、まっていなさい、といわれる。やっぱりバスあるんだ!よかったー。バス待ちの間ランチ。焼きたてのスパイスの効いた肉団子と、その場で作ってくれたトマトソース(トマトと玉ねぎなどを炒めていた)をパンにはさんで、ものすごいボリューム。肉がジューシーでうまい!このでかさで、確か200円くらいと安かった。

    道路から見たムーレイ・イドリスの町並み。

  • 午後1時ごろには本当にシャウエン行きバスがやってきて乗ることができた。料金は30Dh(約360円)。所要時間約4時間。

    午後1時ごろには本当にシャウエン行きバスがやってきて乗ることができた。料金は30Dh(約360円)。所要時間約4時間。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

モロッコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モロッコ最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モロッコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集