那智勝浦・太地 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
陰陽の滝(いんようのたき)<br /><br />和歌山県那智勝浦の滝といえば日本三大滝の那智の滝。<br /><br />実はこの滝の周辺には多くの滝が存在し、那智四十八滝といわれています。<br />実のところ那智の滝も上流に二の滝、三の滝があることから<br />「一の滝」の別名を持っています。<br /><br />さて、この那智四十八滝を代表する滝の一つが「陰陽の滝」です。<br /><br />場所は那智駅側から那智の滝に向かう途中、大門坂の下の入口を過ぎて少しのところにある<br />曼茶羅の里 河川公園に車を停め、少し引き返すような感じの場所に<br />橋があるのでそれを渡り、那智川の支流である東谷に沿って上って行きます。<br /><br />暫く(15〜20分)進むと発電所の関係施設があります。<br />それを越えると陰陽の滝があります。<br /><br />修験者が修行をしたとされるこの滝、<br />左右二本の滝であり、その為、陰陽の滝と呼ばれています。<br />又、夫婦の滝と呼ばれることもあるそうです。<br /><br />谷に岩が挟まれた様になっており<br />(↑ 〉○〈 こんな感じで、チョックストーンというそうです)、<br />   ]‖「<br /><br />そこから水が勢いよく流れ落ちます。<br />その水が滝壺に重なる二つの大きな岩に飛沫をあげています。<br />自然の造りあげた造形美にうっとりするとともに、驚かずにはいられません。

那智四十八滝を代表する陰陽の滝(いんようのたき) /和歌山県 那智勝浦町 那智の滝

4いいね!

2009/03/01 - 2009/03/01

394位(同エリア587件中)

陰陽の滝(いんようのたき)

和歌山県那智勝浦の滝といえば日本三大滝の那智の滝。

実はこの滝の周辺には多くの滝が存在し、那智四十八滝といわれています。
実のところ那智の滝も上流に二の滝、三の滝があることから
「一の滝」の別名を持っています。

さて、この那智四十八滝を代表する滝の一つが「陰陽の滝」です。

場所は那智駅側から那智の滝に向かう途中、大門坂の下の入口を過ぎて少しのところにある
曼茶羅の里 河川公園に車を停め、少し引き返すような感じの場所に
橋があるのでそれを渡り、那智川の支流である東谷に沿って上って行きます。

暫く(15〜20分)進むと発電所の関係施設があります。
それを越えると陰陽の滝があります。

修験者が修行をしたとされるこの滝、
左右二本の滝であり、その為、陰陽の滝と呼ばれています。
又、夫婦の滝と呼ばれることもあるそうです。

谷に岩が挟まれた様になっており
(↑ 〉○〈 こんな感じで、チョックストーンというそうです)、
   ]‖「

そこから水が勢いよく流れ落ちます。
その水が滝壺に重なる二つの大きな岩に飛沫をあげています。
自然の造りあげた造形美にうっとりするとともに、驚かずにはいられません。

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車

PR

  • 本当は手前の岩を乗り越えると<br />良い撮影ポイントがあります。<br />長靴等、水に入る準備が必要です。

    本当は手前の岩を乗り越えると
    良い撮影ポイントがあります。
    長靴等、水に入る準備が必要です。

  • 飛沫の量といい、バランスといい、<br />この姿が自然に造られたとは驚かずにはいられません。<br />

    飛沫の量といい、バランスといい、
    この姿が自然に造られたとは驚かずにはいられません。

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

那智勝浦・太地(和歌山) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集