チャイティヨ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
リーマンの私に与えられた時間は海の日3連休を入れて10日間。一度行ってみたかったミャンマーは日本にいるときの悩みが全て小さいものに感じるほどの、寛大さとホスピタリティーを持ち合わせた癒しの国でした。都会の波がすぐそこまで来ているとはいえ、まだまだ間に合います。時間を緩やかに感じたい方にはオススメです。<br /><br />●プロローグ●<br /> 直行便のないミャンマーまでは、バンコク経由かシンガポール経由が一般的。マイルの関係で私は成田からNWでバンコクへ(深夜着)。旅のはじめだし、市内に出るのも、その辺で寝るのもいやだったので、かなり高いけど、エアポートホテルで1泊して翌朝、バンコクからヤンゴンへ、そのままヤンゴンをスルーして国際線のとなりにある国内線ターミナルからマンダレーへ。<br /><br /><br />●旅程●<br />7/10 成田⇒バンコク<br />7/11 バンコク⇒ヤンゴン⇒マンダレー(飛行機)<br />7/12 マンダレー(アマラプラ・インワ・ザガイン)<br />7/13 マンダレー⇒バガン(フェリー)<br />7/14 バガン<br />7/15 ポッパ山 ⇒夕方 ヤンゴン行きのバスに乗る<br />7/16 チャイティーヨー<br />7/17 ヤンゴン<br />7/18 ヤンゴン⇒バンコク(飛行機)<br />7/19 バンコク⇒成田<br /><br />●レート●<br />1$=¥110=900~930kyat<br />

リーマンパッカーのミャンマー10日間ひとり旅【3】ゴールデンロック編

5いいね!

2004/07/10 - 2004/07/19

158位(同エリア185件中)

ポゾ

ポゾさん

リーマンの私に与えられた時間は海の日3連休を入れて10日間。一度行ってみたかったミャンマーは日本にいるときの悩みが全て小さいものに感じるほどの、寛大さとホスピタリティーを持ち合わせた癒しの国でした。都会の波がすぐそこまで来ているとはいえ、まだまだ間に合います。時間を緩やかに感じたい方にはオススメです。

●プロローグ●
 直行便のないミャンマーまでは、バンコク経由かシンガポール経由が一般的。マイルの関係で私は成田からNWでバンコクへ(深夜着)。旅のはじめだし、市内に出るのも、その辺で寝るのもいやだったので、かなり高いけど、エアポートホテルで1泊して翌朝、バンコクからヤンゴンへ、そのままヤンゴンをスルーして国際線のとなりにある国内線ターミナルからマンダレーへ。


●旅程●
7/10 成田⇒バンコク
7/11 バンコク⇒ヤンゴン⇒マンダレー(飛行機)
7/12 マンダレー(アマラプラ・インワ・ザガイン)
7/13 マンダレー⇒バガン(フェリー)
7/14 バガン
7/15 ポッパ山 ⇒夕方 ヤンゴン行きのバスに乗る
7/16 チャイティーヨー
7/17 ヤンゴン
7/18 ヤンゴン⇒バンコク(飛行機)
7/19 バンコク⇒成田

●レート●
1$=¥110=900~930kyat

PR

  • 7/16 <br />ポッパ山に行った後、夕方(15時半)のバスで一路チャイティーヨーを目指します。とはいえ、これがルートミスというか、かなり大変で、バガンからヤンゴン行きのバスで14時間、途中のタウチャン下車(朝5時半)そこからピックアップ(助手席でしたが)で1時間でバゴー(7時半)。そこからバスに乗ってチャイトーまで3時間半(11時)。降りたところから宿の客引きにつかまって彼のバイクで20分でようやく麓の村キンプンに到着。

    7/16
    ポッパ山に行った後、夕方(15時半)のバスで一路チャイティーヨーを目指します。とはいえ、これがルートミスというか、かなり大変で、バガンからヤンゴン行きのバスで14時間、途中のタウチャン下車(朝5時半)そこからピックアップ(助手席でしたが)で1時間でバゴー(7時半)。そこからバスに乗ってチャイトーまで3時間半(11時)。降りたところから宿の客引きにつかまって彼のバイクで20分でようやく麓の村キンプンに到着。

  • とりあえず適当な宿にチェックイン、昼飯を食べて、出発!!と思ったら、中腹のヤテタウン行きのトラックは人がいっぱいにならないと出ないという。シーズンオフなので気長に待つこと30分、乗り場でたむろっているオイチャンたちと話してました。定員には満たないものの、定価400kyatを1000kyatみんなで払い、トラックは出発。ピックアップトラックは1tトラックの荷台に板を渡しただけ。これが急な山道を登るのだから、なかなかスリルがある。ヤテタウンからはガイドブックには徒歩で1hと書いてあるが、実際は工事用トラックに荷物と一緒に載せてもらうのが一般的なようで(もちろん正式な認可はないのだろうが、それまで乗っていたトラックと何も変わらない。ただ工事用荷物に優先権があるのだけは間違いない。)、僕もそれに乗ってこれまたスリルを味わう。で、ようやく辿り着いたのがゴールデンロック。

    とりあえず適当な宿にチェックイン、昼飯を食べて、出発!!と思ったら、中腹のヤテタウン行きのトラックは人がいっぱいにならないと出ないという。シーズンオフなので気長に待つこと30分、乗り場でたむろっているオイチャンたちと話してました。定員には満たないものの、定価400kyatを1000kyatみんなで払い、トラックは出発。ピックアップトラックは1tトラックの荷台に板を渡しただけ。これが急な山道を登るのだから、なかなかスリルがある。ヤテタウンからはガイドブックには徒歩で1hと書いてあるが、実際は工事用トラックに荷物と一緒に載せてもらうのが一般的なようで(もちろん正式な認可はないのだろうが、それまで乗っていたトラックと何も変わらない。ただ工事用荷物に優先権があるのだけは間違いない。)、僕もそれに乗ってこれまたスリルを味わう。で、ようやく辿り着いたのがゴールデンロック。

  • 落ちそうで落ちないふしぎなゴールデンロック。もしここで押して落ちたら僕はどうなるんだろうなどと極めてどーでもいいことを考えながら岩に近づくと、数m手前で、なんとそばまでは寄れないように柵に鍵がかかっているではないか。僕のどーでもいい「if」はまさしくどーでもいい杞憂に終わった。写真の通り、隙間があるようでないようで、ボルトが埋め込んであるようでないようで、神秘といえば神秘で、どう見ても自然に出来上がったモノではないのでしょうから、不思議な感じになりました。

    落ちそうで落ちないふしぎなゴールデンロック。もしここで押して落ちたら僕はどうなるんだろうなどと極めてどーでもいいことを考えながら岩に近づくと、数m手前で、なんとそばまでは寄れないように柵に鍵がかかっているではないか。僕のどーでもいい「if」はまさしくどーでもいい杞憂に終わった。写真の通り、隙間があるようでないようで、ボルトが埋め込んであるようでないようで、神秘といえば神秘で、どう見ても自然に出来上がったモノではないのでしょうから、不思議な感じになりました。

  • これは麓のキンプン村のメインストリート。その辺で親鶏の後ろをヒヨコがヨチヨチついていき、子豚が遊んでいる、いかにも田舎の村の風景です。

    これは麓のキンプン村のメインストリート。その辺で親鶏の後ろをヒヨコがヨチヨチついていき、子豚が遊んでいる、いかにも田舎の村の風景です。

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集