大宰府 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

毎年、盆や正月に帰省することはあまりなくて、11月くらいに帰省するようにしていますが、単にラッシュを避けて交通費を安く済ませたいからというだけです。<br />まあとにかく、今年もこの時期に帰省することにしました。<br />土日を挟んで、金曜日と月曜日に休みを取っています。<br />実家は九州ですが、今回は行きも帰りも福岡空港を使います。<br /><br />私が以前と比べて積極的に出かけていろいろなものを見るようになったのは、(ブログなんてする気がなかったのに)たまたま自分のブログができてしまった今年からですし、出かけると言ってもほとんど東京です。<br />根が出不精ですからね。<br />だから、九州に関しても実はよく知りません。<br />今までほとんど回らなかったことを反省しながら、今後は少しずつ見聞していこうと思います。<br /><br />初日は、今まで行ったことがない太宰府に行ってみます。

歴史的瞬間に立ち会えた??? in 太宰府

1いいね!

2007/11/16 - 2007/11/16

514位(同エリア604件中)

    40

    毎年、盆や正月に帰省することはあまりなくて、11月くらいに帰省するようにしていますが、単にラッシュを避けて交通費を安く済ませたいからというだけです。
    まあとにかく、今年もこの時期に帰省することにしました。
    土日を挟んで、金曜日と月曜日に休みを取っています。
    実家は九州ですが、今回は行きも帰りも福岡空港を使います。

    私が以前と比べて積極的に出かけていろいろなものを見るようになったのは、(ブログなんてする気がなかったのに)たまたま自分のブログができてしまった今年からですし、出かけると言ってもほとんど東京です。
    根が出不精ですからね。
    だから、九州に関しても実はよく知りません。
    今までほとんど回らなかったことを反省しながら、今後は少しずつ見聞していこうと思います。

    初日は、今まで行ったことがない太宰府に行ってみます。

    PR

    • 空港から地下鉄で天神まで行ったら、いつの間にか七隈線とかいう路線ができている。<br />福岡も変わったね。<br />太宰府天満宮に行くということを意識したわけではないが、天神で乗り換えるのも何かの縁でしょう。<br />それはいいとして、西鉄で太宰府まで。<br /><br />降りて、国際通りという抜け道みたいな道を歩いていくと、九州国立博物館が見えてきます。<br />かなり遠いなあ。

      空港から地下鉄で天神まで行ったら、いつの間にか七隈線とかいう路線ができている。
      福岡も変わったね。
      太宰府天満宮に行くということを意識したわけではないが、天神で乗り換えるのも何かの縁でしょう。
      それはいいとして、西鉄で太宰府まで。

      降りて、国際通りという抜け道みたいな道を歩いていくと、九州国立博物館が見えてきます。
      かなり遠いなあ。

    • 丘を上っていくのは、でかい荷物を抱えている私にはちょっとしんどい。<br />上に着くと、入り口。<br />現在9:50くらい、ちょっと予定より遅れてしまった。<br />九州国立博物館の建物の形は評判良いみたいですが、私は特に感想なし。<br /><br />今日は本願寺展という特別展があるので、東京国立博物館のパスポートを持っている私は、当然それで入ります。

      丘を上っていくのは、でかい荷物を抱えている私にはちょっとしんどい。
      上に着くと、入り口。
      現在9:50くらい、ちょっと予定より遅れてしまった。
      九州国立博物館の建物の形は評判良いみたいですが、私は特に感想なし。

      今日は本願寺展という特別展があるので、東京国立博物館のパスポートを持っている私は、当然それで入ります。

    • かなりの混み具合だが何とかいけそうなので入ってみると、私が入った直後にご老人達の団体が大挙して押し寄せる!<br />しばらくすると修学旅行生の団体も大挙!<br />押しくらまんじゅうしそうな勢いでした。<br />東京の大徳川展に匹敵する混雑具合。<br />みんなこの日を狙って来ているとしか思えないくらいです。<br />だからこんな辺鄙なところで何があるの?<br /><br />臭いに気絶しそうになりながら出てきて1階まで下ります。<br />「15番山笠 天神1丁目」という飾り山笠だそうです。<br />山笠って山車みたいなものか?<br />それすらよくわかっていません。<br />今向いている面は、「黒田長政関ヶ原合戦」。<br />黒田長政は、関ヶ原の戦いでの武功がまぶしく、福岡城を築き、福岡藩初代藩主になりました。<br />父の黒田如水も有名です。

      かなりの混み具合だが何とかいけそうなので入ってみると、私が入った直後にご老人達の団体が大挙して押し寄せる!
      しばらくすると修学旅行生の団体も大挙!
      押しくらまんじゅうしそうな勢いでした。
      東京の大徳川展に匹敵する混雑具合。
      みんなこの日を狙って来ているとしか思えないくらいです。
      だからこんな辺鄙なところで何があるの?

      臭いに気絶しそうになりながら出てきて1階まで下ります。
      「15番山笠 天神1丁目」という飾り山笠だそうです。
      山笠って山車みたいなものか?
      それすらよくわかっていません。
      今向いている面は、「黒田長政関ヶ原合戦」。
      黒田長政は、関ヶ原の戦いでの武功がまぶしく、福岡城を築き、福岡藩初代藩主になりました。
      父の黒田如水も有名です。

    • 天満宮まで行こうとすると、全く予報にはなかったが雨が降っている。<br />仕方がないので、しばらく屋内にいることにします。<br />うんざりするほどの人混みで、報道陣も大人数。<br />何事かと思いましたが、どうやら入館者数400万人突破のセレモニーを行うようです。<br />そうか、これではっきりした。<br />みんなこれ狙いで来ているのか。<br />あわよくば400万人目になろう、と。<br /><br />しばらくして、400万人目の入館客が現れました。<br />報道陣がフル活動です。<br />私もセレモニーのことは知らなくて、一旦出て入り直したりしましたが、それもカウントされているのでしょうか?

      天満宮まで行こうとすると、全く予報にはなかったが雨が降っている。
      仕方がないので、しばらく屋内にいることにします。
      うんざりするほどの人混みで、報道陣も大人数。
      何事かと思いましたが、どうやら入館者数400万人突破のセレモニーを行うようです。
      そうか、これではっきりした。
      みんなこれ狙いで来ているのか。
      あわよくば400万人目になろう、と。

      しばらくして、400万人目の入館客が現れました。
      報道陣がフル活動です。
      私もセレモニーのことは知らなくて、一旦出て入り直したりしましたが、それもカウントされているのでしょうか?

    • 400万人目は、久留米からお越しの原さん親子。<br />三輪館長の挨拶の後、おびただしい量のグッズ進呈。<br /><br />インタビューが始まります。<br /><br />セレモニーの様子は、各メディアがカメラをぐるっと回しながら撮っているので、私もどこかにチラッと映っているかもしれません。

      400万人目は、久留米からお越しの原さん親子。
      三輪館長の挨拶の後、おびただしい量のグッズ進呈。

      インタビューが始まります。

      セレモニーの様子は、各メディアがカメラをぐるっと回しながら撮っているので、私もどこかにチラッと映っているかもしれません。

    • 博多高砂連という団体によるパフォーマンス。<br /><br /><br />このセレモニーをたまたま見られただけでも、今日来て良かったということでしょうか。<br />プラスに考えておくことにします。<br />それにしても、九州国立博物館は2年くらい前に開館したばかりですよね。<br />それですでに400万人とは、実にペースが早い、のではないでしょうか。<br />こんなアクセスが悪い辺鄙なところで、こんなに人が多いとは思ってもみなかった。

      博多高砂連という団体によるパフォーマンス。


      このセレモニーをたまたま見られただけでも、今日来て良かったということでしょうか。
      プラスに考えておくことにします。
      それにしても、九州国立博物館は2年くらい前に開館したばかりですよね。
      それですでに400万人とは、実にペースが早い、のではないでしょうか。
      こんなアクセスが悪い辺鄙なところで、こんなに人が多いとは思ってもみなかった。

    • 屋根付きの通路を通って天満宮まで行きます。<br />噂のシンドラー社製のエスカレーターで下に着くと、そこはもう天満宮。<br />雨もほとんど上がっています。

      屋根付きの通路を通って天満宮まで行きます。
      噂のシンドラー社製のエスカレーターで下に着くと、そこはもう天満宮。
      雨もほとんど上がっています。

    • 曲水の宴が開かれるという曲水の庭。

      曲水の宴が開かれるという曲水の庭。

    • 筑前介佐氏子首の歌碑。<br />「よろつよに ときはきふとも うめのはな たゆることなく さきわたるべし」<br />730年、大宰師・大伴旅人邸において梅の花の宴が催された際に詠まれた32首のうちの1首だそうです。<br />時は過ぎ去っても、梅の花は絶えず咲き続けることでしょう。

      筑前介佐氏子首の歌碑。
      「よろつよに ときはきふとも うめのはな たゆることなく さきわたるべし」
      730年、大宰師・大伴旅人邸において梅の花の宴が催された際に詠まれた32首のうちの1首だそうです。
      時は過ぎ去っても、梅の花は絶えず咲き続けることでしょう。

    • 菖蒲池。<br />まあ今の季節は残念ながら見ものではない。

      菖蒲池。
      まあ今の季節は残念ながら見ものではない。

    • 夢塚の碑。<br />「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」<br />1843年は、松尾芭蕉の150年忌ということで、菊屋平兵衛という人が建てたものだそうです。<br />辞世の句より名付けられています。<br />芭蕉は若い頃太宰府に参詣し、再度参拝の夢を持っていたということです。

      夢塚の碑。
      「旅に病んで 夢は枯野を かけめぐる」
      1843年は、松尾芭蕉の150年忌ということで、菊屋平兵衛という人が建てたものだそうです。
      辞世の句より名付けられています。
      芭蕉は若い頃太宰府に参詣し、再度参拝の夢を持っていたということです。

    • 太鼓橋。<br />太鼓橋、直橋、太鼓橋、と並んでいて、過去・現在・未来の三世一念の相を表したものだそうです。<br />橋を渡ることにより三世の邪念を祓い、参拝者の身を清めます。

      太鼓橋。
      太鼓橋、直橋、太鼓橋、と並んでいて、過去・現在・未来の三世一念の相を表したものだそうです。
      橋を渡ることにより三世の邪念を祓い、参拝者の身を清めます。

    • 延壽王院。<br />幕末には、朝廷を追われた三条実美ら5人の公卿(尊皇攘夷派)が滞在し、西郷隆盛、高杉晋作、坂本龍馬ら大勢の勤皇の志士らが出入りし、明治維新の策源地となりました。

      延壽王院。
      幕末には、朝廷を追われた三条実美ら5人の公卿(尊皇攘夷派)が滞在し、西郷隆盛、高杉晋作、坂本龍馬ら大勢の勤皇の志士らが出入りし、明治維新の策源地となりました。

    • おなじみの「東風吹かば・・・」歌碑です。

      おなじみの「東風吹かば・・・」歌碑です。

    • こちらもおなじみ御神牛。

      こちらもおなじみ御神牛。

    • 今から約700年前、南北朝時代に建てられ、九州では最古とされる石鳥居をくぐっていきます。

      今から約700年前、南北朝時代に建てられ、九州では最古とされる石鳥居をくぐっていきます。

    • 太鼓橋から心字池を眺めます。<br />心字池は、漢字の心をかたどっているそうです。<br /><br />観光客、特に団体客がうじゃうじゃ増えてきました。

      太鼓橋から心字池を眺めます。
      心字池は、漢字の心をかたどっているそうです。

      観光客、特に団体客がうじゃうじゃ増えてきました。

    • 現在「大菊花展」が催されています。<br />華やかです。<br />今見ているのは、「ダルマ作り」という構成の花壇だそうです。

      現在「大菊花展」が催されています。
      華やかです。
      今見ているのは、「ダルマ作り」という構成の花壇だそうです。

    • 手水鉢は、一枚岩で、他に類を見ない大きさだそうです。<br />確かにでかい。

      手水鉢は、一枚岩で、他に類を見ない大きさだそうです。
      確かにでかい。

    • 和魂漢才碑。<br />漢学に精通しつつも、日本精神を失わないようにしよう。<br />菅原道真公の深い見識を的確に表している言葉と言えます。

      和魂漢才碑。
      漢学に精通しつつも、日本精神を失わないようにしよう。
      菅原道真公の深い見識を的確に表している言葉と言えます。

    1件目~20件目を表示(全40件中)

    この旅行記のタグ

      1いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      大宰府(福岡) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集