種子島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
種子島空港からレンタカーを借りて一路種子島南部へ!対岸に光り輝く屋久島を眺めつつ、西之表港からトッピーで一路屋久島へ、夕焼けに染まる屋久島の峰々が美しいっ!

種子島空港→西之表→トッピーで屋久島へ!(18,4,2006)

2いいね!

2006/04/18 - 2006/04/18

139位(同エリア157件中)

0

11

まくらねこ

まくらねこさん

種子島空港からレンタカーを借りて一路種子島南部へ!対岸に光り輝く屋久島を眺めつつ、西之表港からトッピーで一路屋久島へ、夕焼けに染まる屋久島の峰々が美しいっ!

PR

  • 誰も見てないであろう、誰も守らないであろう海べりの40km速度標識。でも標識は「自分は自分の役目を淡々とこなすだけ」と意に介さずって感じでたってて男らしい。だけど、海辺の吹きさらしで、台風が直撃した時などを考えるとちょっとかわいそうな気もする。

    誰も見てないであろう、誰も守らないであろう海べりの40km速度標識。でも標識は「自分は自分の役目を淡々とこなすだけ」と意に介さずって感じでたってて男らしい。だけど、海辺の吹きさらしで、台風が直撃した時などを考えるとちょっとかわいそうな気もする。

  • 種子島南部、島間付近から見た屋久島。

    種子島南部、島間付近から見た屋久島。

  • 17:00、西之表港入口に到着!種子島の表玄関。空港よりも高速船で海を渡って来る人のほうが多い。地方の駅前っぽい雰囲気、タクシー運転手さんがしゃがんで話し込んでるところがアジアっぽい。

    17:00、西之表港入口に到着!種子島の表玄関。空港よりも高速船で海を渡って来る人のほうが多い。地方の駅前っぽい雰囲気、タクシー運転手さんがしゃがんで話し込んでるところがアジアっぽい。

  • 西之表港に停泊中の「新さつま」(共同フェリー)。運転者1人と車両貨物のみ乗船可という男らしい船。「新薩摩」のほうが働く男の船って感じでいいのに。<br /> <br /><br /> <br />

    西之表港に停泊中の「新さつま」(共同フェリー)。運転者1人と車両貨物のみ乗船可という男らしい船。「新薩摩」のほうが働く男の船って感じでいいのに。



  • 高速船「ロケット」号。市丸グループという企業グループのコスモラインという会社が運営している航路です。「トッピー」より後発ながら、互角に頑張っているとか。日本の南の端で熱い乗客獲得競争が行われているのです!

    高速船「ロケット」号。市丸グループという企業グループのコスモラインという会社が運営している航路です。「トッピー」より後発ながら、互角に頑張っているとか。日本の南の端で熱い乗客獲得競争が行われているのです!

  • こちらはご存知いわさきグループの鹿児島商船が運営する高速船「トッピー」。鹿児島空港で「トッピーまで」といえば鹿児島港まで連れてってくれるほど、高速船=トッピーが定着している。味の素みたいに一般名詞化している固有名詞。

    こちらはご存知いわさきグループの鹿児島商船が運営する高速船「トッピー」。鹿児島空港で「トッピーまで」といえば鹿児島港まで連れてってくれるほど、高速船=トッピーが定着している。味の素みたいに一般名詞化している固有名詞。

  • 2006年4月9日(日)午後6時5分頃、佐多岬沖3kmの海上でトッピー4号が謎の漂流物とぶつかった事故に対するお詫びの張り紙。映画「LIMIT OF LOVE 海猿」を地で行くような第十管区海上保安庁管内の大型海難事故だった。原因は未だに特定されてないが、未確認生物だったらちょっと夢があるかも(不謹慎ですいません)

    2006年4月9日(日)午後6時5分頃、佐多岬沖3kmの海上でトッピー4号が謎の漂流物とぶつかった事故に対するお詫びの張り紙。映画「LIMIT OF LOVE 海猿」を地で行くような第十管区海上保安庁管内の大型海難事故だった。原因は未だに特定されてないが、未確認生物だったらちょっと夢があるかも(不謹慎ですいません)

  • 西之表港17:15発トッピー97号で屋久島安房(あんぼう)港を目指す。

    西之表港17:15発トッピー97号で屋久島安房(あんぼう)港を目指す。

  • 椋鳩十氏が「海上アルプス」と呼んだ屋久島の山並みが大きくなる。どこかの半島の一部なら珍しくないが、島でこんな大きな山がそびえてるというのはやはり珍しい。

    椋鳩十氏が「海上アルプス」と呼んだ屋久島の山並みが大きくなる。どこかの半島の一部なら珍しくないが、島でこんな大きな山がそびえてるというのはやはり珍しい。

  • 空が茜色に染まってきた。屋久島の向こうに夕日が沈む。

    空が茜色に染まってきた。屋久島の向こうに夕日が沈む。

  • 夕日にシルエットが浮かぶ屋久島の山々。PHを拡大していただくとわかりますが、左側奥の山が太忠岳(たちゅうだけ)、その頂上付近に高さ40mの花崗岩の大岩、「天柱石」がたっているのが見えます。こんな遠くからでも見えるんですね。18:10、屋久島安房港に到着。

    夕日にシルエットが浮かぶ屋久島の山々。PHを拡大していただくとわかりますが、左側奥の山が太忠岳(たちゅうだけ)、その頂上付近に高さ40mの花崗岩の大岩、「天柱石」がたっているのが見えます。こんな遠くからでも見えるんですね。18:10、屋久島安房港に到着。

この旅行記のタグ

関連タグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

種子島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集