旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

プーケット ツアー 153 最安78,300円~こだわり条件のツアーも満載

複数のツアー会社を一括検索!

  • JTB
  • エイチ・アイ・エス
  • エス・ティー・ワールド
  • ジャルパック
  • ホワイト・ベアーファミリー
  • 名鉄観光サービス
  • 日本旅行
  • 近畿日本ツーリスト(株式会社KNT−CTウエブトラベル)

プーケット 人気スポットに行けるツアー

プーケットを旅行したトラベラーによる、観光スポットの満足度ランキングです。

プーケットの人気観光スポット ランキングをもっと見る

こだわりオプション別 おすすめツアー

※値段はすべて2名1室利用時の大人1名分、燃油込

フリープラン プーケットのツアー

フリープラン プーケットのツアーを見る(全153件)

4つ星以上のホテルに宿泊 プーケットのツアー

4つ星以上のホテルに宿泊 プーケットのツアーを見る(全101件)

プーケット ツアーの選び方

美しい海で最高の休日を!南の楽園プーケット

プーケット

世界中の旅行者が訪れるタイの中でも、一、二を争う人気スポットが南部のアンダマン海に位置するプーケット。
首都バンコクから飛行機で約1時間30分、世界屈指のリゾート地としても有名で、海ではシュノーケリングやダイビングといったマリンアクティビティが楽しめます。

その他、エレファントツアーやラフティング、至福のスパに加え、ナイトライフも充実。
レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」の舞台となったピーピー島へのショートトリップも人気です。

北へ約100kmほど足をのばして、大人のビーチリゾートのカオラックへ行けば、世界のダイバーが憧れるシミラン&スリン諸島まですぐ。
高級リゾートからエコノミーなホテルまでさまざまなタイプが揃うプーケット、予算と好みに合わせて素敵な旅を楽しみましょう!

プーケット旅行に適した時期は?

1年中温暖な気候、シミラン方面なら乾季がベスト

年間を通して暖かいプーケット、ベストシーズンの乾季は11月~3月。
気温が特に高くなるのが4~5月で、6月~10月はスコール等雨が多くなる雨季にあたります。

シミラン諸島方面でダイビングをするなら11月~5月のはじめくらいまでがベストシーズン。
ショッピングセンターやレストランでは、冷房によりとても寒くなることがあるので上着を一枚持って行くと重宝するでしょう。

日本との時差はマイナス2時間、4月上旬にはタイ正月の水かけ祭り「ソンクラーン」で盛り上がります。

プーケット旅行で気を付けるべきポイントは?(注意点)

広い島内、観光はツアーが便利!

公共交通機関の発達していないプーケットでは、乗り合いバスのようなソンテオやバイクタクシーのモーターサイなどの利用が一般的。三輪タクシーのトゥクトゥクは、高い値段を請求されたりとトラブルも多いので、利用する際は注意が必要です。

レンタカーやレンタバイクを利用する際は、事故に気を付けて。
観光するなら、送迎付きのツアーが一番。
象のトレッキングや近隣の島へのショートトリップ、パンガー湾へのツアーなどが豊富にそろっているので上手に利用しましょう。

プーケットのビーチの特色は? 好みのビーチを探そう!

タイで最も大きな島であるプーケットは、エリアによってさまざまな表情を持っています。
一番有名なのは、何と言っても中心部にあるパトン・ビーチ!ショッピングやナイトライフが充実しているだけでなく、波も穏やかで過ごしやすいと大人気。

その他、静かな雰囲気のカロン・ビーチや雨季にはサーファーに定評のあるカタ・ビーチ、
山も楽しめるナイハン・ビーチや高級ホテルを有するバンタオ・ビーチなどがおすすめです。

ビーチ

プーケットの代表的なホテルは?

パトン・ビーチに近い、おすすめホテルをご紹介!

ショッピングやレストランへアクセス抜群!プーケットの中心部、パトン・ビーチエリアにあるホテルを集めました。

  • ホテル写真
    ダイアモンド クリフ リゾート & スパ 利用のツアー

    エリアの北に位置、アンダマン海を見下ろせる丘の上にあり、静かに過ごせると人気です。

    パトンビーチにあるゲスト専用のプライベートエリアに加え、無料シャトルバスでアクセスできるプライベートビーチも所有。
    オーストラリアのブランド「ジュリーク」を使ったスパにも定評があります。

    このホテル利用のツアーを見る

  • ホテル写真
    バンタイ ビーチ リゾート & スパ 利用のツアー

    エリアの中心部にあり、パトン・ビーチまで徒歩1分!
    どこへでも徒歩で行くことができるので、ショッピングや食事に便利。

    日本人スタッフが常駐しているのもポイントです。全室バルコニー付きプールビューの客室で、ゆったりとした時間が過ごせます。

    このホテル利用のツアーを見る

素敵な休日が過ごせる、充実のリゾート

マイカオやカロンといった、落ち着いた雰囲気のビーチ沿いにある高級ホテルをご案内。広いプールも自慢です。

プーケットの空港とアクセス方法は?

プーケット国際空港へは、中心地から約30分

車で中心地から約30kmほどのところにあるプーケット国際空港。
ツアーなら送迎付きで安心です。
個人旅行の場合、一番便利なのがタクシー。市内へは約30分ほど、500バーツ程度で到着します。
その他、時間はかかりますがロットゥーと呼ばれる乗り合いのミニバスやエアポートバスを利用すれば、100バーツ程度でアクセスが可能です。

空港からの移動もツアーなら快適!

短期間の滞在なら、ツアーがおすすめ。個人手配するよりもお得なだけでなく、プーケットは公共交通機関があまり充実していないので、空港~ホテル間の移動もスムーズです。

プーケット発着の航空会社は?

プーケット国際空港へは日本からの直行便が無いため、トランジット含めたフライト時間が比較的短いバンコク経由の乗り継ぎ便が便利です。
バンコク経由の乗り継ぎ便はタイ国際航空、JAL、エアアジア、バンコクエアウェイズなどが運航しています。
その他、シンガポール航空のシンガポール経由便や、大韓航空のソウル経由便も便利です。

ツアーの種類(ダイナミックパッケージ・フリープラン・パッケージツアー・オプショナルツアー)

自分に合った旅を選ぶのがポイント

目的や予算に合わせて、自分に合ったスタイルを選ぶことが大切です。

個人旅行 航空券、ホテルともに自分で予約。
自由に選択できるメリットはありますが、短期間の旅行だとツアーより高くつくことも。
空港から中心地への移動、トラブル発生時の対処法も頭に入れておくと安心。
ダイナミック
パッケージ
個人旅行と同じく、自分で予約する形にはなりますが、航空券とホテルを自由に組み合わせて、一括オンライン予約ができます。
マイルを貯めるために航空会社を指定したい方や、泊まりたいホテルが決まっている方に向いています。
料金はリアルタイムに変動するため、条件によってはツアーより高くつくこともあります。
移動に関しては、個人旅行と同じく、トラブル発生時の対処法を頭に入れておくと安心です。
パッケージツアー

旅行会社が予約手配してくれるのがパッケージツアー。タイプは3種類。
全てのタイプに、空港ホテル間の送迎が付いていますが、前後で土産物店に立ち寄ることがあります。
もちろんお土産の購入は強制ではありませんが、指定の店へ行き1時間程度滞在するので、時間を有効活用したい人には不向き。
若干料金が高くなっても、土産物店立ち寄りなしのツアーを選ぶことがポイントです。
個人手配で航空券とホテルを取るより、フリープランや観光付きタイプの方が安くなることもあります。

フリープラン(スケルトンタイプとも言う)
航空券、ホテル、空港ホテル間の送迎付き。
空港が中心地から遠い場合、送迎付きなら個人旅行より移動がラク。
フリープランのプーケットツアーを見る

観光付きタイプ
航空券、ホテル、空港ホテル間の送迎の他に、観光や食事付き。
現地の空港で、係員が迎えてくれます。
効率的に観光地をまわれる半面、自由時間は少なめ。

添乗員同行タイプ
航空券、ホテル、空港ホテル間の送迎の他に、観光や食事付き。
さらに日本出発時から添乗員が付き添ってくれるので、トラブルが起きても何かと安心。ただし料金は一番高くなります。
添乗員同行プランのプーケットツアーを見る

オプショナルツアー

オプショナルツアーとは、旅行中の自由行動時間(フリータイム)に、別料金を支払って参加できる現地観光ツアーやアクティビティなどのことを指します。
パッケージツアーのオプションとして、用意されているのが一般的ですが、別途事前にネット予約で申し込めるタイプのツアーもあります。

パッケージツアーのオプショナルツアー
旅行会社のパッケージツアー申込時に、オプションとして同時に申し込みするタイプです。
予約手配は旅行会社がしてくれるので楽ですが、観光スポットによっては、選べる選択肢に限りがある場合もあります。

事前にネット申し込みができるオプショナルツアー
オプショナルツアーの運営者によるウェブサイトや、取次会社によるウェブサイトから申し込みするタイプです。
自分で個別に予約手配をする形にはなりますが、複数の選択肢から気に入ったプランを選べる自由度が魅力です。

プーケット旅行 お役立ち情報

どんなとこ?
プーケット島は、バンコクの南西約670kmの洋上に浮かぶ島で、その美しさから「アンダマン海の真珠」とも讃えられるビーチリゾート。観光の中心として親しまれる西海岸を中心に、世界中のツーリストを惹きつけている。面積は543平方kmとタイの島の中では最大。プーケットの語源はマレーシア語で丘を意味する「ブキッド」。その名のとおり、山がちな島の地形は変化に富み、主要道路のアップダウンも多い。熱帯の島のため、観光のベストシーズンは乾季の11〜2月。3〜5月は一年で最も暑い。雨季の6〜10月でも雨が降り続くことはないが、4〜11月はモンスーンの影響で波が高くなる。島内の移動には、決まったルートを走るソンテウ(ミニバス)、乗る前に交渉で値段を決めるタクシーに似たトゥクトゥク、バイクの後ろに乗るバイクタクシーなどがある。
日本からのアクセス
成田から直行便で約8時間。成田、羽田、関西、中部、福岡からバンコクまで直行便で行き、国内線に乗り換えて約1時間20分。バンコクから鉄道でスラーターニー駅下車[所要約12時間半]後、路線バスでプーケットまで[所要約4時間]。バスはバンコク南ターミナル発[所要約14時間]。
時差
日本との時差は-2時間。タイの方が遅れている。サマータイムはない。
空港から市内へのアクセス
プーケット国際空港(PHUKET INTERNATIONAL AIRPORT:HKT)からプーケットタウンまで32KM、タクシー 約40分。エアポートバス25-90B。エアポートリムジン(空港タクシー)-バトン・ビーチ650B、-プーケットタウン500-600B。
市内電話料金
基本料金3分間1バーツ。

情報提供:株式会社JTBパブリッシング

プーケットの観光スポット

  • パトン ビーチ

    パトン ビーチ (エリア:プーケット)

    3.84 ビーチ

    ひかのすけ

    パトン ビーチ by ひかのすけさん

    プーケット最大のビーチで、かなりの観光客で混んでいました。ベタベタになります。西欧客は片手にビールというスタイルが多かった... 
    続きを読む
  • コーラル島

    コーラル島 (エリア:プーケット)

    3.48 ビーチ マリンスポーツ

  • プロムテープ岬

    プロムテープ岬 (エリア:プーケット)

    3.47 観光の所要時間:1-2時間 海岸・海

プーケットの観光スポットをもっと見る

プーケットのグルメ・レストランスポット

  • バイレイ

    バイレイ (エリア:プーケット)

    3.47 一人当たり予算:500円未満 地元の料理

    sara

    カオマンガイの名店? by saraさん

    パトンビーチからは少し距離があるので、エレファントトレッキングのツアーの帰りに途中下車でお店の前に降ろしてもらいました。 ... 
    続きを読む
  • サバイ サバイ レストラン

    サバイ サバイ レストラン (エリア:プーケット)

    3.43 一人当たり予算:1,000円未満 アジア料理

  • ザ コーヒー クラブ (タートル ビレッジ店)

    ザ コーヒー クラブ (タートル ビレッジ店) (エリア:プーケット)

    3.38 一人当たり予算:2,000円未満 カフェ

プーケットのグルメ・レストランスポットをもっと見る

プーケットのショッピングスポット

プーケットのショッピングスポットをもっと見る

みんなのプーケット旅行記フォートラベルユーザーのプーケット ツアー旅行記


出発地で絞り込む

プーケットのおすすめツアー

  • 1

    【成田発】タイ国際航空利用 プーケット島 5日 ★往復専用車送迎付き・朝食付き★ アール・マー・リゾート&スパ(デラックス) ◇ミニバー利用OK◇     【気

  • 2

    福岡発 シンガポール航空利用プーケット5日間ザ ロイヤル パラダイス ホテル&スパ(スーペリアロイヤルウイング)に滞在

  • 3

    福岡発 シンガポール航空利用プーケット5日間ザ ロイヤル パラダイス ホテル&スパ(デラックスパラダイスウィング)※3名1室不可に滞在

  • 4

    福岡発 シンガポール航空利用プーケット5日間ノボテル プーケット ビンテージ パーク リゾート(スーペリア)に滞在

  • 5

    福岡発 シンガポール航空利用プーケット5日間スイソテルリゾートプーケットパトンビーチ(プレミア)に滞在