1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. バイエルン州
  6. ミュンヘン
  7. ミュンヘン 観光
  8. アルテ ピナコテーク
  9. クチコミ詳細
ミュンヘン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A
アルテ ピナコテーク 施設情報・クチコミに戻る

ヴィテルスバッハ家が収集した15~18世紀のヨーロッパ絵画の宝庫

  • 5.0
  • 旅行時期:2019/12(約2年前)
ちはるさん

by ちはるさん(女性)

ミュンヘン クチコミ:15件

 ヴィテルスバッハ家が16世紀から収集した名画の宝庫。
アルテ(古い)・ピナコテークには15~18世紀のヨーロッパ絵画、ノイエ(新しい)・ピナコテークには19~20世紀の絵画が展示されているとのこと。今回ノイエ・ピナコテークが改装中でしたのでアルテピナコテークだけ訪問しました。しかしラッキーなことにノイエのゴッホ「ひまわり」、ゴーギャン、クリムトなどの主な作品が展示されており見ることができました。
 中央駅からUバーン2番でTheresienctrabeで下車、徒歩7分で到着しました。
 入場料は7€、別に特別展がありましたが、通常展示で充分満足でした。とにかく広くて教科書で見たような有名な絵画が多数あり、デューラー、レンブラント、ブリューゲル、ルーベンス、ボッティチェリ、ダヴィンチ、ラファエロ、ターナー等の大作を含め、常時800点が展示されているとのこと、見て歩くほどありました。写真も取り放題ですので、外国の美術館は太っ腹です。
 帰りは徒歩2分、PinakothekenからTram27でKarlsplatzまで行きました。

施設の満足度

5.0

利用した際の同行者:
カップル・夫婦
観光の所要時間:
1-2時間
アクセス:
4.0
中央駅からUバーン2番でTheresienctrabeで下車、徒歩7分。KarlsplatzからはTram27でPinakotheken下車
コストパフォーマンス:
4.0
入場料@7€
人混みの少なさ:
4.0
ゆったり見学できました
展示内容:
5.0
大作も多数、運良くノイエ・ピナコテークのゴッホなども見ることができました

クチコミ投稿日:2020/05/06

いいね!:1

利用規約に違反している投稿は、報告することができます。 問題のある投稿を連絡する

PAGE TOP