1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア
  4. ミャンマー
  5. バガン
  6. バガン 交通
  7. レンタカー
  8. クチコミ詳細
バガン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A
レンタカー 施設情報・クチコミに戻る

バガンの交通 e-バイクの紹介(2015.10版)

  • 4.5
  • 旅行時期:2015/09(約6年前)
SHU2さん

by SHU2さん(男性)

バガン クチコミ:5件

   昨年の、バガン観光に便利なレンタル電動自転車の改訂です。

 バガン観光は、徒歩での観光はまず不可能ですので、移動手段として、レンタル自転車、レンタル電動自転車、タクシ−、馬車を利用します。

1.自転車:料金は1日2000K前後 と安価ですが、道路の状態はあまり良くなく、晴れた日などは暑さのため大変です。安くあげたい人と体力に自信がある人にお勧め
2.タクシ−:流しのタクシ−はほとんど無く、空港やバスタ−ミナルで待機しています。そのためタクシ−に乗った際に交渉するか、運転手が名刺をくれるので後で連絡をするパタ−ンが多いです。料金は1日40000K〜60000Kとなります。それ以外の方法は、ホテルでチャ−タ−タクシ−をお願いすることになり、料金はタクシ−と同程度になりますが台数が少ないで注意です。数名で利用する場合は薦めです。
3.馬車:料金は半日 15000〜20000Kで、雰囲気はいいのですが速度が遅いため時間がもったいないし、長時間は乗っているのがきついです。観光気分で30分程度(約4000K)ならいいのでは。ゆっくり観光したい人にはお勧めです。

 そこで、一般的な観光客には、e-バイク(レンタル電動自転車)をお薦めします
ただし、電動自転車と言っても、最近の電動自転車はペダルはありません(古いタイプはあります)。日本で言うなら電動スク−タ−です。
 操作は、スイッチをONにし、右ハンドルのグリップを回すとスピ−ドがで、両サイドのレバ−を引くとブレ−キがかかる仕組みです。自転車が乗れれば大丈夫ですが、最初は少し大変です。でも5分もすれば一応大丈夫でしょう。料金は、ホテルで申し込むと10000〜12000K/dayですが、ホテルの周りにはレンタル店があり、そこでは 約8000K〜10000K/day(当日のみ)でした。営業時間は、多くは 8:00〜20:00ですがお店によって若干違うようです。

注意点・アドバイスは
a)丸1日乗るとバッテリ−が無くなる場合があります、半日ぐらい乗ったらバッテリ−メ−タ−をこまめにチェックして下さい。なお、若干バッテリ−メ−タ−が怪しいので、バッテリ−の目盛りが半分無くなったら、バイクを交換するためにお店に戻って下さい。また、バッテリ−の目盛りが無く、警告ランプが点灯するものは、警告ランプがついたらすぐにお店に直行して下さい。
b)道路の状態が悪いことと、電動自転車が○国製のためパンクをする事があります。その場合は、バイクのどこかに店の電話番号が書いてありますので、そこへ連絡すると20〜30分で飛んできてパンクの修理をしてくれます。と言っても、言葉はわからないし、何処にいるかもわからないので、周りのミャンマ−の人に声をかけて下さい。必ず誰かが助けてくれます、安心して下さい。バッテリ−が無くなっても同様です。
c)PM8:00以降の利用や、日の出をみるためにバイクを利用したい場合は、1日料金に約3000Kの追加料金を払って翌朝の営業開始前後にバイクを返し下さい。その際は、必ず夕方〜夜にバイクを交換(バッテリ−の関係で)して下さい。もちろん料金は無料です。
d)バッテリ−が少なくなってバイクの交換をしても、パンクの修理をしても無料ですので安心を

参考に:朝日・夕日を、寺院の上段から見れるのは、シュエグ−ヂ−寺院とシュエサンド−・パヤです。穴場として、ティ−ロ−ミィンロ−寺院からニュウンウ−村の方へ約400m程行った右側(SHWE LAKE TOOと書いてある茶色の看板有り)の奥に、上段にあがれる寺院があります。観光客はほとんどいないし景色もなかなかでお薦めです。

施設の満足度

4.5

利用目的:
市内・近距離
コストパフォーマンス:
4.5
日本では味わえない電動自転車です
利便性:
4.5
バッテリ−がやや不安ですが便利です

クチコミ投稿日:2015/10/28

いいね!:1

利用規約に違反している投稿は、報告することができます。 問題のある投稿を連絡する

PAGE TOP