1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. エストニア
  5. タリン
  6. タリン 交通
  7. エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道)
タリン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道) Elektriraudtee

鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

タリン

このスポットの情報をシェアする

エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道) https://4travel.jp/os_shisetsu/10410258

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道)
英名
Elektriraudtee
住所
  • Vabaduse pst 176 10917 Tallinn
カテゴリ
  1. 交通
  2. 交通機関
  3. 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)
登録者
kunyu さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(5件)

タリン 交通 満足度ランキング 13位
3.3
コストパフォーマンス:
3.70
日本人の感覚では安いが、バスの方がよりコスパが良いです。 by かるあみるくさん
利便性:
3.60
エストニアでの都市間移動はバスに軍配が上がります。 by かるあみるくさん
  • 満足度の高いクチコミ(3件)

    利便性はバスには劣りますが、鉄道の旅も楽しいものです。

    4.0

    • 旅行時期:2019/09
    • 投稿日:2021/05/10

    エストニアの都市間鉄道を行っている会社で現在はElronという社名に変更されています。 エストニアの鉄道はタリンを中心と...  続きを読むしてタリンと地方都市という結び方をしていて、直線上にあるラクヴェレ-ナルヴァ、ラクヴェレ-タルトゥなどのごく一部の例外を除いて、タリン以外の都市との便は非常に悪いです。また本数も少なく、第二の都市タルトゥや第三の都市ナルヴァへは相当の本数のバスが出ているのに対してそれぞれ往復4便と非常に少なく、予め時間を決めて利用しないとのる機会はないと思います。 さらにタリン、ナルヴァ以外の観光地の駅は相当離れた所に設置されているので現地での利便性も良くないです。 都市内輸送もタリンではバス、トラムが便利な為ほぼ観光で利用することはないと思います。唯一可能性があるとすれば、バルト駅からウレミステケスクスに行くときくらいでしょうか。このルートはバス、トラムは乗り換え必須になるので鉄道の方が便利かも知れません。本数は相当少ないですが・・・。 電化されている区間は電車、それ以外へ直通する列車は気動車になりますが、車両の見た目は共通化されていて意識しないと気付きません。座席は一般車は指定席ではなく空いているところに座る形です。車掌が車内を巡回し発券するシステムでレシート型の切符が発行されました。決裁にはクレジットカードが利用可能です。ちなみにバルト駅にはチケットカウンターはありますが、車内で買ってと言われたので最初から列車に乗ってチケット購入で良いようです(改札はありません)。WiFiが無料で使え、速度はネットを見たりLINEをするには十分な速度が出ていました。 4両編成の気動車にはファーストクラスがついていて座席がランクアップしたり専用のWifiが使えます。ファーストクラスは予め予約が出来、その場合は座席指定も出来るようです。 車両は2012年から14年頃にかけてスイスのFLIRT導入し、ソビエト占領下で導入されたЭР2など旧型車両を更新しました。 車両は快適そのもので海外で見られるような汚さなどはまったくありません。ロシアゲージの1520mmの為か揺れもそこまで多くはなく、車体幅が広いので2-3配置の普通車でもまったく苦ではありませんでした。 乗車率はナルヴァ→タリンはかなり空席が目立ちましたが、タリン→タルトゥは空席はほとんどなく8割程度埋まるという感じでした。 だいたいどの都市もバスターミナルの方が駅より便利な場所にあるうえに本数の問題もあり基本的にはバスを利用した方が良いと思いますが、雰囲気を変えての鉄道旅も良いのかなと思います。  閉じる

    かるあみるく

    by かるあみるくさん(男性)

    タリン クチコミ:96件

  • エストニアの都市間鉄道を行っている会社で現在はElronという社名に変更されています。
    エストニアの鉄道はタリンを中心と...  続きを読むしてタリンと地方都市という結び方をしていて、直線上にあるラクヴェレ-ナルヴァ、ラクヴェレ-タルトゥなどのごく一部の例外を除いて、タリン以外の都市との便は非常に悪いです。また本数も少なく、第二の都市タルトゥや第三の都市ナルヴァへは相当の本数のバスが出ているのに対してそれぞれ往復4便と非常に少なく、予め時間を決めて利用しないとのる機会はないと思います。
    さらにタリン、ナルヴァ以外の観光地の駅は相当離れた所に設置されているので現地での利便性も良くないです。
    都市内輸送もタリンではバス、トラムが便利な為ほぼ観光で利用することはないと思います。唯一可能性があるとすれば、バルト駅からウレミステケスクスに行くときくらいでしょうか。このルートはバス、トラムは乗り換え必須になるので鉄道の方が便利かも知れません。本数は相当少ないですが・・・。

    電化されている区間は電車、それ以外へ直通する列車は気動車になりますが、車両の見た目は共通化されていて意識しないと気付きません。座席は一般車は指定席ではなく空いているところに座る形です。車掌が車内を巡回し発券するシステムでレシート型の切符が発行されました。決裁にはクレジットカードが利用可能です。ちなみにバルト駅にはチケットカウンターはありますが、車内で買ってと言われたので最初から列車に乗ってチケット購入で良いようです(改札はありません)。WiFiが無料で使え、速度はネットを見たりLINEをするには十分な速度が出ていました。
    4両編成の気動車にはファーストクラスがついていて座席がランクアップしたり専用のWifiが使えます。ファーストクラスは予め予約が出来、その場合は座席指定も出来るようです。

    車両は2012年から14年頃にかけてスイスのFLIRT導入し、ソビエト占領下で導入されたЭР2など旧型車両を更新しました。
    車両は快適そのもので海外で見られるような汚さなどはまったくありません。ロシアゲージの1520mmの為か揺れもそこまで多くはなく、車体幅が広いので2-3配置の普通車でもまったく苦ではありませんでした。
    乗車率はナルヴァ→タリンはかなり空席が目立ちましたが、タリン→タルトゥは空席はほとんどなく8割程度埋まるという感じでした。

    だいたいどの都市もバスターミナルの方が駅より便利な場所にあるうえに本数の問題もあり基本的にはバスを利用した方が良いと思いますが、雰囲気を変えての鉄道旅も良いのかなと思います。  閉じる

    投稿日:2020/09/04

  • タリン駅は古いけど、列車は新しかったです

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/05(約2年前)
    • 0

    タリンへの訪問は、大体リーガからバス、ヘルシンキからフェリーという方が多いとは思いますが、国内の別の都市へ行く列車が旧市街...  続きを読むの西側に位置するタリン駅から発着しています。
    駅舎やホームはかなり古くてとても綺麗とは言えませんでしたが、列車は新しくて綺麗☆
    しかもガラガラでした(笑)。
    バルト三国はバスでの移動が多いとは聞いていましたが、バスターミナルの方が人出が多かったので納得です。
      閉じる

    投稿日:2020/04/07

  • 旧市街から市場の間にある

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/08(約4年前)
    • 2

    旧市街から外れ、奥の方奥の方に進んでいくとオレンジ色の電車が見えてきます。
    エストニアは国土が狭い、もしくは車が発達して...  続きを読むいるからか全然電車が栄えていないようで、駅にプラットフォームと電車の本数が少なく、一国の首都の駅としては寂しく感じました。  閉じる

    投稿日:2019/07/15

  • 本数は少ないが、車両は新しい

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/06(約4年前)
    • 0

    タリンのバルト駅(中央駅)から、国内近郊線は、東(ナルヴァ)方面、西(パルディスキ)方面、南(パルヌ)方面の路線があります...  続きを読む。一番本数が多いのはパルディスキ方面です。列車は新しく快適です。他は、日本のローカル線という感じの運転間隔です。

    時刻表:
    http://elron.ee/en/home/soiduplaan/


    これ以外に、モスクワ、サンクトペテルブルグ行の国際列車があります。パルヌ-リガ間は線路が無いみたいです。

      閉じる

    投稿日:2017/08/18

  • エストニアの鉄道

    • 4.0
    • 旅行時期:2009/09(約12年前)
    • 0

    エストニアの鉄道の旅客輸送は国内都市間輸送を担当するエデララウドティー(Edelaraudtee)、タリン近郊で通勤電車を...  続きを読む運行するエレクトリラウドティー(Elektriraudtee)、タリン~ナルヴァ~モスクワ間の国際列車を毎日1往復運行するGOレイルの3社によって運行されています。鉄道そのものは国有なのですが、エストニア国鉄は貨物輸送のみ行い、旅客輸送は他の企業に任せています。線路幅はロシアと同じ1520mm、広軌です。

    まず国内中長距離輸送を担当するエデララウドティーは「南西鉄道」という意味で、タリンとエストニア国内各地を結ぶ路線を運行しています。1997年に設立され、現在はイギリスの鉄道会社ファーストグループの傘下に入っています。なお、ファーストグループはイギリスのほかアメリカ、カナダ、アイルランド、デンマーク、スウェーデン、オーストラリアなどで鉄道事業を手広く手がけてるそうです。。

    南西鉄道の主な路線は以下のとおりです。

    タリン~ラプラ~パルヌ
    タリン~ラプラ~ヴィリヤンディ
    タリン~タパ~タルトゥ
    タリン~タパ~ナルヴァ
    タルトゥ~オラヴァ~コイドゥラ
    タルトゥ~ヴァルガ

    各路線とも非電化で運行本数は非常に少なく、タリン~タルトゥが約4往復、タリン~レレ間が約8往復運行されるほかは、どの路線も1日3往復以下と気軽に利用できないダイヤとなっています。
    また、タルトゥとラトビアとの国境の町ヴァルガを結ぶ路線を走る2往復のうち1往復はヴァルガにてラトビアの首都リーガ行きの列車に接続します。

    エデララウドティー
    http://www.edel.ee/soiduplaanid/

    次にエレクトリラウドティーは「タリン近郊鉄道」と呼ばれ、タリン近郊の通勤輸送をを担う国有企業です。
    路線は以下のとおり。すべて電化されています。

    西線
    タリン~ケイラ~クルーガ~パルディスキ
    タリン~ケイラ~リシペレ

    東線
    タリン~アエグヴィジュ

    西線はタリンから寂れた港町パルディスキを結ぶ路線と、内陸部のリシペレを結ぶ路線からなります。かつてはリシペレからエストニアを代表するリゾート地ハープサルまで路線が延びていましたが、利用者が少なく廃止されてしまいました。
    また、本線から分岐するクルーガ~クルーガ・ランド間も最近バスに転換され、タリン~クルーガの区間列車に接続するダイヤになっています。

    東線は南西鉄道のタリン~タパ間と同じ線路を走り、タパの手前のアエグヴィジュで折り返しています。ちょうど南西鉄道の各駅停車版と言って良いでしょう。本数は西線が末端部を除き1時間に1~2本、東線が約8往復となっています。

    エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道)
    http://en.elektriraudtee.ee/passenger/timetables/printable-timetable

    タリンとロシアの首都モスクワ間で国際夜行列車を運行するのがGo Railです。かつてはタリン~ロシアのサンクトペテルブルグ間でも国際列車を走らせていましたが、長距離バスとの競争に負けて廃止されてしまいました。また、ラトビアやリトアニアといったほかのバルト3国との直通列車はありません。ほとんどの人はバスで移動しています。

    切符は南西鉄道が駅窓口で、エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道)は車内で車掌から購入する形です。駅のトイレは有料でした。

      閉じる

    投稿日:2012/01/24

1件目~5件目を表示(全5件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

エレクトリラウドティー(タリン近郊鉄道)について質問してみよう!

タリンに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • かるあみるくさん

    かるあみるくさん

  • gardeniaさん

    gardeniaさん

  • gila11さん

    gila11さん

  • ぽちゃりんさん

    ぽちゃりんさん

  • kunyuさん

    kunyuさん

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP