1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. ヴュルツブルク
  6. ヴュルツブルク 観光
  7. ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場
ヴュルツブルク×
旅行ガイド
観光
グルメ
交通
ホテル
旅行記
Q&A

ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 Wuerzburg Residence with the Court Gardens and Residence Square

史跡・遺跡

ヴュルツブルク

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場 https://4travel.jp/os_shisetsu/10263260

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

クチコミ 2ページ目(87件)

  • 建物の中も庭園も大きく素敵です!

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/05(約4年前)
    • 0

    レジデンツの建物内は写真撮影禁止であることと、荷物を入れるロッカールームがあり、使用には1ユーロが必要ですが、コインは最後...  続きを読むに戻ってくるということを入るときに入口の男性に英語で説明されました。各部屋の説明はドイツ語と英語とありました。
    中で日本語も聞こえてきたので、他にも日本人の方がいたのだと思います。
    建物の中のトイレはきれいで問題もなく、無料でした。  閉じる

    投稿日:2016/06/05

  • 外観とは違い内装が豪華絢爛な世界遺産

    • 4.5
    • 旅行時期:2016/02(約5年前)
    • 0

    世界遺産と聞いていたので外観を見た時はシンプルなその姿に違和感を覚えましたが、中にはいってみるとすごかったです。世界最大の...  続きを読むフレスコ画がまずはあります。これは階段の大広間の天井に飾られており、淡い色彩が綺麗です。また中世のそのままの客室や寝室、応接間なども見られます。外観とは違うデコラティブな空間のギャップにただただ驚きます。  閉じる

    投稿日:2016/03/30

  • 柱のほとんどない設計で、当時は安全性に問題があると指摘されながらも、第二次世界大戦中に爆撃を受けた際に、この階段室だけが残...  続きを読むったという有名な話があります。


    アントニオ・ボッシが、6か月で仕上げたという「白の間」は目を見張るほどの美しさでした。
    彼はさらにほかの部屋の装飾も任され、その過労から精神病を患ったというエピソードがあります。

    まだそこまで知られていない世界遺産ですので、はやいうちに訪れるのがお勧めです。  閉じる

    投稿日:2016/01/03

  • 中が見れなかったのが残念です

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/12(約5年前)
    • 10

    ツアーでクリスマスマーケット目的で行ったので、時間の関係上中に入って見ることが出来ませんでした、司教館も立派な建物ですが、...  続きを読む広場もかなり広く、世界遺産だそうです、
    お天気も悪く、丁度広場に付いたとき小雨が降って来てしまったので、裏にはにも行けませんでした。  閉じる

    投稿日:2016/05/07

  • 素晴らしいです!

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/09(約5年前)
    • 0

    朝一で観光に行きましたが、すでに観光バスが数台待機していました。入り口も並んでいました。ヨーロッパのシニアツアー(?)で人...  続きを読む気のようです。
    中は素晴らしく、階段の間は見事でした。ただ、ガイドツアーが多くて静かに鑑賞できる環境ではなかったのが残念です。土曜日だったからかもしれません…
    も一度ゆっくり鑑賞したいので、今度は平日に行きたいと思います。  閉じる

    投稿日:2015/10/12

  • レジデンツは、庭園もとても綺麗。

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/08(約5年前)
    • 0

    レジデンツ内部は残念ながら、撮影できません。
    内部は、ドイツ語または、英語のガイドツアーで見学できますが、一部分だけなら...  続きを読む、ガイドツアーなしに見学可能です。

    レジデンツの庭園は、色とりどりの花が咲いており、いつもとても綺麗に手入れされているので、そこを散歩するだけでも、とても気持ちの良い場所だと思います。
    初めて行ったのは、真冬で、なおかつ珍しいくらい気温が低く(−8℃)、凍えるほどでしたが、雪に囲まれる建物、庭もとても綺麗でした。

    隣にあるホフ教会も、内部がとても豪華です。こちらも内部撮影不可です。
      閉じる

    投稿日:2016/09/22

  • 階段の間の天井画がすごい

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/08(約5年前)
    • 0

    階段の間の天井画は世界で一番大きいフレスコ一枚画とのこと。
    内部の写真撮影は禁止になっているため写真はないが、どんなふう...  続きを読むに描いていったのか想像するだけでも圧巻である。
    総部屋数も340室あり、大司教(聖職者)の宮殿とは思えない。  閉じる

    投稿日:2015/09/27

  • 時間の無い人は庭だけでも綺麗です。

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/08(約5年前)
    • 0

    ロマンチックバスでフランクフルトからローテンブルクに向かう途中に休憩がてら20分ほど停車しました。時間の関係で宮殿には入れ...  続きを読むませんでしたが、庭は素晴らしいものでした。綺麗に手入れされた庭だけでも見る価値があります。建物の裏手で入場無料です。  閉じる

    投稿日:2015/08/25

  • バッグ預けました

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/07(約5年前)
    • 0

    レジデンツ前の石畳の広場はベルサイユ宮殿を思わせますが、私が訪ねた時は夕方だったからか誰もいなくて開いているのかしら?と不...  続きを読む安になりました。
    黒い大きなドアを開けると受付です。
    入場料7.5€を払うと手荷物を持ち込んでいいかチェックされます。

    財布・スマホが入る位のポシェットの人はそのままOKで、A4サイズ以上のバッグはロッカーに預けます。(お金は出る時に戻ります)
    入口から右手部分、中庭に面した部屋は7月末現在壁画修理中で布で覆われていました。
    階段を登る途中天井に素晴らしいフレスコ画が見えて来ます。

    いくつかのロココ調の部屋が見学できますが、コンパクトな造りでした。

    鍵がかかっていてツアー団体しか見れない部屋もある様です。
    ガイドさんが鍵で開けて入っていった団体について行って部屋に入りました。

    部屋数自体は多くないので見学はあっという間に終わります。

    中庭が綺麗ですので是非見学することをお勧めします。
    中庭見学のみは無料の様でした。
      閉じる

    投稿日:2015/08/18

  • いろいろ勉強になります

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/06(約5年前)
    • 0

    ドイツの世界遺産の一つで、大司教の宮殿だったものです。入ってすぐの階段の天井に描かれている絵が、とても豪華な雰囲気です。現...  続きを読む在は使われていませんが、各部屋に大きなストーブがおいてあって「さすがに寒い地域なんだな」と(現在は使われていません)、ちょっと面白かったです。また第二次大戦中にヴュルツブルグの街が空襲に遭った写真なども展示されています。いろいろ勉強になる場所だと思います。  閉じる

    投稿日:2015/07/07

  • レジデンスの庭

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/06(約5年前)
    • 0

    レジデンスはヴュルツブルクにある大司教の宮殿で、18世紀に建てられた豪華絢爛なバロック様式の巨大建築物です。外観はベルサイ...  続きを読むユ宮殿を手本に作られており、内部は入ると先ず、目に飛び込んでくる壮麗な天井画に圧倒されます。これが司教の家⁈と首を傾げたくなる豪華さで、いかにこの町における司教の権力が絶大だったかが窺い知れます。実はこれらは大戦で破壊されたものを、何年もかけ、執念で復刻したものだと分かり、再び驚きました。残念ながら内部は写真撮影は禁止されています。外観と庭園は撮影OKです。【ヴュルツブルク司教館、その庭園群と広場】として世界遺産に登録されており、庭園も素晴らしいので、ぜひ見てみてください。  閉じる

    投稿日:2015/06/08

  • ヴュルツブルクの短い滞在時間で絶対に観光したいと思っていたレジデンツに行ってきました。 駅から徒歩15分くらいで行けるので...  続きを読む便利(バスでも行けます)。

    レジデンツ内は写真撮影NGだったので、館内の展示物や壁画等の写真はありませんが、 レッドカーペットが敷かれた"階段の間"の、世界一大きなフレスコ天井画は素晴らしかったです!! ただ、個人だと見学できる部屋が限られていて、さくっと見終わっちゃったので、入場料7.5ユーロはちょっと高いかな~って感じました。

    カメラはもちろん、大きな荷物はコインロッカーに預ける必要があります。 後から戻ってきますが、ロッカー使用に1ユーロor2ユーロコインが必要ですので小銭のご用意を!

    レジデンツの内部の装飾等ももちろん素晴らしかったですが、私は個人的に庭園の素晴らしさに何倍も感動しました。 時期的にも良かったのかもしれませんが、色とりどりの花が植えられ、シンメトリーに整備されたこの庭園、本当に素晴らしかったです! 庭園は写真撮り放題だったので、記念にたくさん撮ってしまいました。
      閉じる

    投稿日:2015/07/02

  • 庭園の散策もおすすめ

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/04(約5年前)
    • 0

    とても華やかで、天井の絵が立体に見えるほど素晴らしかった。 建物内は写真が撮れないので売店でポストカードを購入。
    庭園も...  続きを読む手入れが行き届いており、ぜひ散策する時間を取ってほしい。 花を楽しむには時期が早くで残念だった。  閉じる

    投稿日:2017/04/29

  • 冬のレジデンツ

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/12(約6年前)
    • 1

    ヘッセン州から、Schoenes Wochenende Ticket(大人2人で44€、一緒に行く子供は無料)...  続きを読むを使って、ヴュルツブルクに行きました。

    驚くほど寒い日で、雪が積もっており、歩道も凍り付いていましたが、中央駅から歩いて、レジデンツへ向かいました。
    寒かったですが、晴れていたので、雪に覆われた庭園も、とても綺麗でした。

    噴水の水が凍りついていたので、相当な寒さだったと思います。
    また暖かい時期にも行きたいと思う場所で、その後も結局数回、訪れています。

    時期は問わずお薦めできる場所で、義理の両親(60代)を連れて行った際にも、喜ばれました。  閉じる

    投稿日:2016/11/03

  • 煌びやかなレジデンツ

    • 5.0
    • 旅行時期:2014/09(約6年前)
    • 1

    住んでみたいお城ナンバーワン。有名な階段の間はもちろん、部屋の内装や廊下、調度品のひとつひとつに至まで全部がすっごく綺麗で...  続きを読むした。またドイツへ行く機会があれば絶対もう一度訪れたいところです。
    ガイドツアーもありますが、好きに歩き回ることも出来ます。広々としているので部屋でひとりになることも。

    駅からはそこそこ距離があるので、移動時間は多めに見ておいたほうが良さそうです。  閉じる

    投稿日:2015/01/29

  • 18世紀に要塞から宮殿に移った司教の館

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/08(約6年前)
    • 2

    18世紀まで丘の上のマリエンベルク要塞を居城としていましたが、1720年から街中の宮殿に司教が住居を移すことになりバロック...  続きを読む様式の広大な庭園付きの宮殿が建設されました。
    広場には女神フランコニアの像がある噴水が置かれています。巨大な宮殿は広場の端からでも一枚に写り切らず、その裏手にある庭園は広場と建物を合わせた面積の3倍ほどの広さがあります。東側はバラ園や色とりどりの花があり、よく手入れされた公園のようになっており、南側には小高い樹木を配置し、彫像も飾られています。
    建物は入場料7.5ユーロですが、庭園は無料で見学できます。庭園を廻って建物の外観を一周すると表の広場から見たのとは違った雰囲気の世界遺産に登録された建物を楽しむことができます。  閉じる

    投稿日:2016/12/06

  • 庭からの眺めがとてもいい

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/08(約6年前)
    • 1

    レジデンツの中も素晴らしいですが、裏庭に行くのも忘れずに。
    ここからの眺めがとても良いのです。 遠くマリエンベルク要塞も...  続きを読む見渡せます。

    イギリス式庭園のようなレイアウト。
    綺麗に整備された庭を挟んで階段があるので、上から見れば、また違った角度から庭園とレジデンツをみることができます。
      閉じる

    投稿日:2014/10/06

  • レジデンツ

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/08(約6年前)
    • 1

    2014.8.2にフランクフルトからDBで日帰りしました。駅から大聖堂のあるマルクト広場までは歩いて30分程。ここからレジ...  続きを読むデンツに行こうとしましたが、方角を間違えて人通りの少ない真逆の方へ。出会った学生風の女性に聞いたら途中までエスコートされ大助かりしました。レジデンツはウイーンのシェーンブルン宮殿を地味にしたような感じでした。ここでも花嫁に出会い、写真をパチリ。駅までの帰りも路を間違えて、遠回りをして駅にたどり着きましたが、中心部を少し外れると出会う人が殆どいなくなるような静かな街でした。  閉じる

    投稿日:2014/09/30

  • すばらしいのはフレスコ画だけじゃない

    • 4.5
    • 旅行時期:2014/06(約6年前)
    • 11

    18世紀に建てられた大司教のためのレジデンス。世界遺産です。
    有名なのはティエボロが描いた世界一の大きさを誇る天井フレス...  続きを読むコ画のある階段の間です。思っていた以上の大きさに圧倒されます。
    しかしそれだけではありません。
    1階の庭園の間では、フレスコ画から飛び出した彫刻の見事さに驚き。
    白の間では繊細なレースのような漆喰に見とれ。
    皇帝の間では漆喰のカーテンや天井画に唸り。
    木組みの床には戦後の修復の様子や緻密さに感激しました。
    ホーフ庭園にでればシェーンブルン宮殿を彷彿させる眺めに癒されます。
    モーツアルト音楽祭を毎日開催していました。滞在日はあまり興味のない内容だったので行きませんでしたが次は是非行きたいです。  閉じる

    投稿日:2014/08/13

  • レジデンツとの呼称も

    • 4.0
    • 旅行時期:2014/05(約6年前)
    • 0

    宗教による影響力が社会的な風潮の変化により低下し、ヴュルツブルクを俯瞰するマリエンベルクの要塞の存在感が薄れてきたことに伴...  続きを読むい、1744年に当地の大司教の住まう宮殿として建造されたとのことです。街を統治するといわんばかりの要塞を捨てても尚、豪華な宮殿を立てる教会の持つ力に関心を持ちました。巨大な天井画が有名な階段の間は必見ですが、宮殿内は撮影不可です。  閉じる

    投稿日:2016/07/06

21件目~40件目を表示(全87件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

PAGE TOP