旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

SARSの流行った頃中国乗り換えした方いますか?

  • SARSの流行った頃中国乗り換えした方いますか?

    • 投稿日:2020-01-27
    • 回答:7

    締切済

    4月26日成田発、中国東方航空で上海乗り継ぎ(14時間)の便でパリに行く予定です。

    現在中国東方航空で払い戻しが行われています。

    SARSが流行った時期に乗り継ぎ含め中国へは行かなかったのと、当時の記憶があまりないです。
    ネットで検索しても、新型コロナウイスルの記事にヒットしてしまうので皆さんの経験を教えていただければと思います。
    前回とはかなり状況が違うとしても、今後を判断する材料にしたいと思っています。

    判断したい内容は
    ・(未来のことは分かりませんが)キャンセルして利用する便を変えるかどうか
    です。

    知りたいのは
    ・当時、中華系の航空会社は飛行を止めたのか?
     (武漢がすでに離着陸が停止されてるので、
     前回も同様に空港閉鎖があったのか?
     という疑問です。)
    ・乗り換えでも一度入出国することになると
     思いますが、そもそも乗り継ぎ出来たのか?
     (SARSは広州だったと思うので、国際線の
     乗り継ぎ利用は少ないかもしれませんが。)
    ・そもそもどのくらいの期間混乱が続いたのか?

    それ以外にももし当時こういうことがあったという情報があればお願いできないでしょうか?


    今回はイタリアで留学時代の仲間が集まるので、是非行きたいと考えてます。ただ、航空券も中華系以外はかなり値上がりしてるので、いつ判断するべきかを考えています。

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    aico78さん

    aico78さん

回答受付は終了しました

ピックアップ特集

回答 7件

  • 回答日:2020-01-29

    SARSの流行時期に、キャセイの香港経由便を利用しました。香港へは入国してません。香港空港は注意書きが至る所にあって、マスクした職員が多数いました。空港の利用客はそれなりの人数がいたき記憶があります。
    で、不謹慎ですが正直は感想は、機内がガラガラで一人で4席とか使ってもまだ余ってて、爆睡できて快適でした。機内の人口密度低いし、SARSに感染する雰囲気を感じませんでした。
    日本に帰国したときは、香港からの便でも特別な検査はなく、体調不良になった場合の注意書きを受け取っただけでした。

    お礼

    機内がガラガラだったというお話しはどこかのブログでもみたことありましたが、ひらのさんもそうだったんですね。
    確かに、搭乗人数がどのくらいいるのかはすごく気になっているんですが、正直こればかりはどうにもならないですものね。終息してきたと感じられれば迷いなくいくんですが・・・。
    ちなみに、経由していった先の国での入国時は特に厳しくなったりということは無かったのでしょうか。(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

    ひらのさん

    ひらのさん

  • 回答日:2020-01-28

    こんにちは。

    タイトルとはちょっと違う話ですが…。

    娘が来月上海に、中国系航空会社で観光に行く予定でしたが、昨日キャンセルしました。
    中国自体今渡航制限がかかっていますが、今現在日本に来ている中国の方が保菌者だったら、潜伏期間を考えたら微妙な期間になるからです。
    中国系航空会社ですから、当然搭乗客は中国の方が多いはずで、昨日もセントレアで帰国しようとした中国の方が発熱で飛行機が遅延した、との報道がありキャンセルし、中国本土への旅行は断念しました。
    当然キャンセル料はかかりませんでした。

    娘の場合は直近ということもあり即決でしたが、質問者様はまだ先だし、航空券代を抑えたいということなら、もう少し様子を見てみてもよいのでは?


    こればかりは、いつ収束するか、予想はつきませんからね。
    昨日の報道で、潜伏期間には感染しないとされているSARSでも収束したのが7月と言っていたので、今回はどうなのでしょうかね。
    心配です。


    行けるといいですね。

    お礼

    ありがとうございます。
    確かに、私が娘さんの立場なら、迷いなくキャンセルしますね。
    今すぐ飛び立つなら、即キャンセルして取り直しますが、不幸なのか幸いなのか少しだけ時間があるという点ですよね。

    海外の代理店なのもあって英語でやりとりしないといけないんですが、私がそこまで英語が話せないのもあり、日本人スタッフがいる日を狙っているんですが、ほとんどつながらないんです。(まぁ、これはそういうことがあってもしょうがない。とは思っていたので、それほど苦ではないんですが。)

    それもこれも含めてトータル的に判断しようとは思っています。
    ありがとうございます。(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

    rioさん

    rioさん

  • 回答日:2020-01-28

    私も、2月中旬に中国東方航空で、羽田から上海経由コロンボへのフライト(復路はコロンボ・上海・関空)を予約しています。どうしても参加しなければならないイベントがあり、aiko78さんのご心配は人ごとではありません。

    中国東方航空のサイトを見ると、27日、28日の上海・福岡便が「公衆衛生安全上」の理由でキャンセルされています。今後、すべてのフライトがキャンセルされることはないと思いますが、乗客減による減便があり得るのではないかと思っています。かつて、テロ直後のパリに行く時、乗客減のため、復路の関空便(エール・フランス)が突如キャンセルされ、成田経由に振り替えさせられた経験があるので。その際は、団体客のキャンセルでエコノミーはがら空き、個人客の多いプレミアムエコノミーはほぼ満席という状況でした。

    フライトが間引きされた場合、乗り継ぎの問題が生じるので、中国東方航空のサイトを注目しながら、機敏に対応するしかなさそうです。

    お礼

    Teramaさんも同じような状況なんですね。
    私の場合は逆にフランスのテロの直後に取っていた便は飛んでくれた&満席に近い状況(多分、様々な航空会社が減便した影響だと思いますが)でした。
    脳裏にあったのはその時の状況で、減便すれば運航している便に集中するのではないか?=自分が感染/媒介者になる率も上がる?という公式が浮かんでいました。
    まだゆらゆら気持ちが揺れていますが、しばらく注視してみます。ありがとうございました。(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

    teramaさん

    teramaさん

  • 回答日:2020-01-28

    当時北京と広州にいましたが、止まったりすることはなかったですが、機内での体温測定は有りました。今回は国を挙げての封じ込めを行なっていますので、現状は急なフライト中止もあり得ます。現実今も休みを延ばして拡散を防ごうとしています。3ヶ月後に鎮静化することを祈るばかりです。

    お礼

    Charlielongさん、当時の状況を教えて頂きありがとうございます。国内では流れないニュースがCNNでは流れていたので、そちらもWEBで見るようにしました。もう、あと私に出来ることはやはり神頼みだけかもしれないので、週末にお参り行ってきます!(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

    Charlielongさん

    Charlielongさん

  • 回答日:2020-01-27

    >>それ以外にももし当時こういうことがあったという情報があればお願いできないでしょうか?


    Webに「重症急性呼吸器症候群(SARS)流行の教訓と今後の対応
    〜香港・シンガポール・台北・中国大陸に学ぶ〜 」という
    東京海上リスクコンサルティング(株) リスクコンサルティング室 危機管理グループのPDFがあり、

    2003年は
    4月2日 WHOが広東省と香港に渡航延期勧告
    4月3日 日本政府が中国・広東省と香港に渡航延期勧告
    という記述がありました。

    現在の危険情報4つのカテゴリーで
    https://www.anzen.mofa.go.jp/masters/kansen_risk.html

    『特定の感染症に対し,IHR第49条に規定する緊急委員会において,第12条に規定する「国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態(PHEIC)」が発出され,同第18条による勧告等においてWHOが感染拡大防止のために防疫・渡航制限を認める場合等。 』は、

    『「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」
    その国・地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。(場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。) 』が出されるそうです。

    これに相当するのではないでしょうか?

    空港は閉鎖されなくても、渡航は困難になりそうに思います。

    お礼

    感染の広がりに関しては、やはり時間経過を見るしかないですよね。。。
    今回に限ってTravelgenioを通して航空券を買っていて、スペイン語はもちろん英語も航空用語が分かるレベルに無いのでやってしまった感が半端ないため、皿に焦っているところもあります。
    冷静に判断しなくては、ですね。ありがとうございます。(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2020-01-27

    SARSの時は中国に在住していました。交通機関は空路・鉄道とも普通に運行していました。ただ、広州・北京等の主要流行地に行った人は隔離措置(10日程度)が執られました。それ以外の市民は普通の日常生活を送っていました。
    当時と現在では経済の発展により、人の移動量に格段の差(特に海外への)があり、現在の中国の対策を見ると、格段の差があり、参考になりません。ともれ、現状では正確な情報を得るしかありません

    お礼

    ありがとうございます。SARSとの対応の差がかなりのものであることが理解できただけでも助かりました。
    何が本当で何がフェイクニュースなのかも判断しないと行けない時代でもあると思うので、政府の発表を注視したいと思います。ありがとうございました。(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

    km45さん

    km45さん

  • 回答日:2020-01-27

    SARSの時北京にいましたが、今の新コロナウィルス肺炎の中国政府対応は全然違います。
    SARSの頃は普通に北京ー上海、北京ー広州、北京ー日本と移動出来ていました。また交通機関も動作していました。
    よってSARSの頃の情報をお集めになるより、現在の中国の情報を出来るだけ集める方がよろしいかと思います。知り合いが広州、上海、北京にいますが彼等より日本にいるこちらの方がまだ情報は入ります。

    お礼

    ありがとうございます。
    当時は動いていたんですね。確かに「比べものにならない」と耳にします。現在の情報も集めるようにします。ご助言頂き感謝します。(by aico78さん)

    問題のある投稿を連絡する

    mizunisakanaさん

    mizunisakanaさん

PAGE TOP