旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ペットを伴う移住:ベトナムでのトランジット

  • ペットを伴う移住:ベトナムでのトランジット

    • 投稿日:2019-10-18
    • 回答:3

    締切済

    カンボジアへ移住しますが、ホーチミン(TSN)トランジットでプノンペン入りしたいです。
    動物の持ち込みに必要な書類(輸出検疫証明書)は取得予定です。

    ベトナムでの手続きについて知りたいですが、
    動物検疫は必要になりますか、

    それとも未入国トランジット
    (滞在時間5時間以下?、国や航空会社が変わるかどうかによる?)
    という手続きで不要なのでしょうか。

    詳しい方教えていただけたら幸いです。
    また並行して、ベトナム大使館/領事館へも問い合わせ手続き
    進めます。

    よろしくお願いいたしますm(__)m

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    レオぽんさん

    レオぽんさん

回答受付は終了しました

ピックアップ特集

回答 3件

  • 回答日:2019-10-19

    追記です。
    「ベトナム航空1本」と伺ったので、同社ホームページを開いてみました。

    参考URLですが、
    『注意事項: 空の旅の場合、特定の種類の犬・猫は照明や温度、湿度、気圧、音の変化等の影響を受けやすいと考えられております。ベトナム航空は、リストに記載された種類の犬のお預かりを、国内線・国際線全便にて中止させていただいております。』

    とあって「リスト」PDFを開くと、上向きで短い鼻の犬は広範囲の犬種が不可のようです。

    チェック済だとは思いますが、混血まで含めると相当な比率だと思います。
    ペットと檻の総重量は6キロ以内などの条件も含め、
    心配になり、追記させていただきました。


    【参考URL】https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/travel-information/baggage/special-baggage/petc-popup

    お礼

    ありがとうございます。
    ペットとケージの重量は機内持ち込みの場合とのことで、
    預かり荷物の場合は、32キロまで大丈夫のようです

    機内持ち込みのつもりだったので、重量再確認します。

    鼻が短い(短頭種)の犬、猫の扱いは何年か前から
    ニュースで聞いたことがありました。

    少し調べました。
    ANAの場合は夏季期間はNG
    JALの場合は、期間に関わらずNGのようです。
    ペットを連れて行かれる方は、覚えておいていただきたい情報です。

    【参考】https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/support/pets/
    【参考】https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/travel-information/baggage/prepaid-baggage(by レオぽんさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2019-10-19


    ベトナムもカンボジアにも行ったことがありますが、普通の旅行者で、ペットを連れて行ったことは、ありません。

    ちょっと興味があったので調べてみました。

    きっとご存知でしょうが、
    こちらには、ペットの国際移動に関する色々な情報が詳しく乗っています。
    日本語ページもありますが、自動翻訳のようで、意味不明のこともあります。
    原文の英文がおすすめです。
    https://www.pettravel.com/immigration/vietnam.cfm
    このサイトには、メール等で質問することもできます。


    ホーチミン経由プノンペンだと、ご利用するのは、ベトナム航空ですかねぇ。

    ベトナムに行く場合、また、ベトナム経由で、他の国に行く場合、且つ、往か複でベトナムに入国する場合、過去1ヶ月の間にベトナムに入国したことがありますかとか聞かれます。
    VISAなし15日以上で、陸路で他の国にで行く場合とか、なにか問題がある場合は、
    登場を拒否されるか、ベトナム航空は一切責任を負いませんっていう書類に署名させられます。
    一度だけ署名させられました(-_-)


    ベトナム航空、あるいは、他の航空会社であっても、あらかじめペットとの旅についての問い合わせが必要だと思います。
    https://www.vietnamairlines.com/us/en/travel-information/baggage/special-baggage

    それによれば、

    Planning for travel with your pet

    Passengers travelling with pet as checked baggage should contact Vietnam Airlines branch offices for advanced reservations. It is required to make service request at least 24 hours before departure time.
    事前にお問い合わせ下さい、となっています。

    ホーチミンでベトナムに入国しないのであれば、
    カンボジアの検疫への書類だけだと思います。
    だって、タンソンニャット(ホーチミン)空港で、検疫もイミグレーションも通りませんからねぇ。
    でも、ペットを飛行機の乗せてくれるか否かは、カンボジアの検疫書類以外は、ベトナム航空のペットポリシーだけだと思います。

    可愛いペットの命がかかってますから、
    不備のないように、手続き、頑張ってください。



    私は、別の観点からのコメントです。

    ご存知と思いますが、東南アジアって、犬食文化があるんですよねぇ。
    ベトナムでは、犬鍋、犬の丸焼き、猫鍋さえあります。
    (私は、食べたこと、ありません。犬猫好きの私には絶対に無理です。)
    カンボジアでも、犬猫食べます。


    うちの奥さんは、ベトナム人で、義父母の家では庭で、鶏、鳩、犬、猫などを飼っています。たまに豚も。。。
    鶏、鳩は、自宅の食用です。鶏は、私の滞在中、数匹ご愁傷さまになります。
    鳩粥も食べました(-_-)
    豚は、市場に売払われます。

    名前もつけられない犬は、私が行くたびに変わっているんですよねぇ。
    せっかく前に来た時、日本名を付けて可愛がっていたのですが、行くたびに、違う犬なのです。

    食用に売ってしまったのか、自分たちで食べてしまったのか、どちらかです(=_=)
    奥さんは、犬は食べませんが、犬料理は作ることができます(=_=)
    食文化の違いでしょうがないのですが、恐るべしです。。。

    飼われている猫は、名前がないのですが、
    赤ちゃんのときから、ペットとして生き抜いています。。。
    いまだに、吾輩は猫である。名前はまだ無い、状態です。
    私が勝手に、ミイちゃんと呼んでいます(~_~)


    ベトナムでは、食用にと、小遣い稼ぎの犬泥棒もいます。
    たまに事件で報道されています。
    https://www.viet-jo.com/home/news_search.php?types=news&s=%E7%8A%AC%E6%B3%A5%E6%A3%92&x=57&y=21&from_date=&to_date=&artpage=10


    シェムリアップには、4泊5日で旅行したんですけど、犬って全く見かけませんでした。
    個人的意見ですが、みんな食べられちゃんだと思っています。。。


    カンボジア人には、犬や猫を見たら、可愛いより前に、ジュルってくる人もいるかもしれません。
    ペット泥棒には、十分ご注意ください(+_+)///


    ベトナムで奥さんがペット用に可愛い子犬を飼っていて、私も可愛がっていたのですが、
    行方不明になりました。。。

    御用心、御用心です。。。

    お礼

    回答ありがとうございます。

    >ホーチミンでベトナムに入国しないのであれば、
    >カンボジアの検疫への書類だけだと思います。
    >だって、タンソンニャット(ホーチミン)空港で、検疫もイミグレーションも
    >通りませんからねぇ。

    こちらの情報が知りたかったです。
    ベトナム航空一本ですが、そのケースですと入国も不要とのことで、
    とりあえずはあんしんかと思いました。

    犬の盗難の話は、私も仕事関係の方から聞きました。
    もっと取りやすそうなのもありそうですけど、現地の方から見ると
    食べられる肉はやっぱり貴重なんでしょうね。

    セキュリティのある程度しっかりしたコンドに住むのは大事ですね。(by レオぽんさん)

    問題のある投稿を連絡する

    palさん

    palさん

  • 回答日:2019-10-19

    「すぐに」というので未経験ですが

    基本的な考え方として、到着制限区域内に乗継カウンターが設置されている航空会社であれば、一旦入国は不要で、動物検疫も不要だと思います。
    「ペット同行」という例は少ないので、搭乗なさる航空会社での確認をお勧めします。

    逆に、エアアジアなどのLCCでは、到着制限区域内に乗継カウンターが設置されていないので、一旦入国が必要になり、当然に動物検疫も必要になるでしょう。(カンボジアでの検疫で「狂犬病があるベトナムから来たペット」という厳しい扱いも受ける可能性があるので避けた方がよいと思います。)

    気になるのは、「滞在時間5時間以下」という部分で、参考URLクチコミに
    『6時頃ホーチミンに到着、8:30のエアアジアのフライト。
    トランジット2時間半。
    計画では一度入国して、荷物を受け取り、エアアジアにチェックインする予定でした。
    ところがどっこい、国際線トランジットで最低6時間の余裕がないと入国させないというのです!』

    どうしても一旦入国が必要な航空会社にせざるを得ない場合は、この点も、航空会社とベトナム大使館/領事館にご確認をお勧めします。

    実際の運用面は変更も多いので、過去のクチコミ頼りではなく、納得がいくまで機関に直接照会がよいと思います。

    【参考URL】https://4travel.jp/travelogue/11124130

    お礼

    アドバイスありがとうございます。
    旅行経験が少ないもので勉強になります。
    乗り継ぎカウンターと入国が関係しているんですね。

    また「狂犬病のあるベトナムを経由した」問題は確かに懸念ですね。
    動物検疫には、狂犬病抗体価検査というものもあり、それが場合によって
    要求されるかもしれません。カンボジア側に確かめます。
    (上記は日本帰国時には必須の検査です)

    また6時間以内では入国しなくてはよい」ではなくて「入国できない」
    なんですね。盲点ですね。もっと話題になってもよさそうだけど。

    一応ベトナム航空1本です。上の問題は回避できそうです。
    ありがとうございますm(__)m(by レオぽんさん)

    問題のある投稿を連絡する

PAGE TOP