その他の観光地×
旅行ガイド
交通
旅行記
Wi-Fi

その他の観光地 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり270円~

ツアー検索

観光 クチコミ人気ランキング 0 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 0 件

旅行記 45 件

  • 2018年10月末から又パタゴニアに行く☆今回はマーブル・カテドラルへも4

    • 同行者:一人旅
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2018/10/31 -  2018/11/17 (約2年前)

      プンタ・アレーナスから北に約250kmのプエルト・ナタレスにバスで移動。プエルト・ナタレスは、人口2万人足らずの街。南部パタゴニア観光の中心地で氷河やフィヨルド、パイネ国立公園への拠点。到着後、ランチして、途中でミロドン洞窟も見学する。その後、パイネへ向かう。ミロドンの洞窟は、プエルト・ナタレスからバスで北へ20分程。パイネ国立公園の途中で立ち寄る事が出来る。この洞窟でミロドンの骨が発見されて注目された。ミロドンは、かつてこの地方に生息し、約1万年前に絶滅したといわれる。ナマケモノのような動物のようで体調が3m以上もあったと推定されている。未だ未だ、詳しい事ははっきり分からないようだ。今回のス... もっと見る(写真57枚)

    • 2018年10月末から又パタゴニアに行く☆今回はマーブル・カテドラルへも2

      • 同行者:一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2018/10/31 -  2018/11/17 (約2年前)

        チリに入国して、サンチャゴからフライトでバルマセダへ。周囲がアンデスの山々に囲まれたバルマセダの空港から、未舗装の道路で悪路の上、工事中で1部区間片側通行・・・6時間半かかり、プエルトグアダルへ。1泊後、マーブルカテドラルに向かう。ヘネラル・カレーラ湖(アルゼンチン名・ブエノス・アイレス湖)は、チリとアルゼンチンに跨ったチリでは1番大きな湖浸食された多くの美しい洞窟が在る。氷河が溶けた湖。Hotelから、マーブル・カテドラルの拠点の町までは約1時間。スピードボートで多くの洞窟を見て回った。マーブル・カテドラル観光後、小さな桟橋に帰る時は強風で、ジェット・コースター並みのスピード、揺れに水しぶき... もっと見る(写真70枚)

      • 2018年10月末から又パタゴニアに行く☆今回はマーブル・カテドラルへも1

        • 同行者:一人旅
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2019/10/31 -  2019/11/17 (約1年前)

          写真が相変わらず多くて投稿も断念していた。しかし、昨年4月17日にアスリートのデビット・ラマ氏がカナダのバンフ近郊で発生した大規模な雪崩に巻き込まれて28歳の若さで亡くなられた。2010年からは登山家に転向。2018年には、ネパールの未踏壁の”ルナ・リー(Lunag Ri)の人類初ソロ完登に成功して、これからも活躍が期待されていただけにとても残念です。セロ・トーレ(3102m)のコンプレッサールートの制覇を達成していた事は,山の好きな方々には有名かと思う。デビット・ラマ氏のご冥福をお祈りします。2018年の10月末から、再度パタゴニアに行きセロ・トーレも遠くから見て来たので、写真を投稿する事に... もっと見る(写真75枚)

        • チリ北上中 カストロの世界遺産木造教会と個性豊かな家々

          • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2018/12/07 -  2018/12/10 (約2年前)

            世界一周 チリ北上中木造建築の教会群が世界遺産登録されているチロエ島、カストロ観光の様子ですカラフルな高床式住居、ウロコ状の外壁の木造家屋など独特な街の風景が楽しめました もっと見る(写真45枚)

          • 世界一周 チリ コジャイケ~チロエ島 カストロへフェリー利用でアクセス

            • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2018/12/05 -  2018/12/07 (約2年前)

              世界一周 チリ アウストラル街道北上中コジャイケからは小さな港町プエルト・シスネスへ行きそこからフェリーでチロエ島のケジョンへケジョンからまたバスにて世界遺産の木造教会群とカラフルな高床式住居で有名な町カストロへ向かう道中の様子です もっと見る(写真40枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            • チリアンフィヨルドを航行中に立ち寄ったフィヨルド内の小さな港町がプエルトチャカブコです。湾内に停泊した船からテンダーボートで上陸した桟橋には各国語で歓迎の挨拶が書かれており、中でもアジア系は日本語のみの様でした。桟橋の横の建物に入ると、地元の高校生らしい男女のダンスで歓迎してくれ、テーブルには町の簡単な地図や無料の飲み物なども置かれていました。港から近くの土産物品販売のテントまではシャトルバスで送迎してくれ、テント内には手作りらしいお土産物が並んでいました。その後町中を散策しましたが、人気のない長閑な町でした。真ん中には立派な遊戯施設を備えた公園があり、一寸意外に感じました。プエルトチャカブコの内陸にはプエルト・アイセンというここよりも大きい町があり、長らくパタゴニアの玄関口としての地位を保っていたそうですが、近年はチリのアイセン・デル・ヘネラル・カルロス・イバニェス・デル・カンポ州の州都であるコイケハがチリのパタゴニアへの玄関口になっているそうです。

            • チロエ島のインターネット環境はよくありません

              3.0 旅行時期:2016/03 (1ヶ月以内)

              dune45

              dune45さん(男性)

              チロエ島のインターネット環境はよくありません。私たちは、プエルトバラスから日帰りエクスカーションでチロエ島を訪れました。日本から持参した携帯電話は海外ローミングで利用出来ました。Wifi環境はあまりよくありません。カフェやレストランでは、Wifiが使えるお店もありますが、少数派だと思います。仕えたとしても速度も遅いと思われます。必要に応じ、データ通信端末などを利用するのも良いと思います。

            • チップの習慣があります

              3.0 旅行時期:2016/03 (1ヶ月以内)

              dune45

              dune45さん(男性)

              チリにはチップの習慣があります。私たちは、プエルトバラスから日帰りエクスカーションでチロエ島を訪れました。ツアーのガイドさんのほか、チロエ島でも必要に応じチップを渡しました。少額のチップの支払いにはUSドルでも喜ばれるので、常に1ドル紙幣を何枚かポケットにいれておくようにしていました。

            • チロエ島では携帯電話が発達していました

              3.0 旅行時期:2016/03 (1ヶ月以内)

              dune45

              dune45さん(男性)

              携帯電話が発達していました私たちは、プエルトバラスから日帰りエクスカーションでチロエ島を訪れました。南米全般に言える事ですが、携帯電話が発達していました。そのため、街中では公衆電話はほとんど見かけませんでした。日本から持参した携帯電話は海外ローミングで問題なく利用出来ました。

            • 重ね着スタイルがお奨めです(チロエ島)

              3.0 旅行時期:2016/03 (1ヶ月以内)

              dune45

              dune45さん(男性)

              私たちは、プエルトバラスから日帰りエクスカーションでチロエ島を訪れました。3月に訪問しましたが、一日のうちで寒暖差が激しいので、重ね着スタイルがお奨めです。ウインドブレーカーや、ストールなどもあれば良いと思います。気温はさほど上がらなくても、紫外線は強いのでUVケアには充分な注意が必要です。

            その他の観光地 のクチコミ一覧(20)

            その他の観光地 地図

            その他の観光地トラベラーランキング

            投稿数が多いトラベラー

            4Tポイントを貯めよう

            チャンスは一日一回。
            エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

            4Tポイントとは?


            PAGE TOP