トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

セブ島おすすめ観光スポット15選! 人気の島やビーチ、スパなど

4travel.jp

フォートラベル編集部

7,100以上の島からなるフィリピンのほぼ中央に位置する「セブ島」は、世界でも有数のリゾート地として知られています。透明度の高い海と真っ白な砂浜はこの島の魅力の1つ。今回は、そんなセブ島のおすすめスポット15選をご紹介!

セブ島ってどんなところ?

気候:1年を通して25~30℃前後の気温。1月~5月が乾季。6月~12月が雨季。海水浴は1年中可能です。
飛行時間:成田空港から直行便で約5時間半
時差:-1時間(日本の方が早い)
物価:基本的に物価は日本の半分以下ですが、世界屈指のリゾート地であるため、観光客が多く集まるような場所では日本と変わらない価格帯のレストランなどもあるようです。
注意点:セブの中心地「セブ・シティ」ではスリに注意が必要。特に移動手段の1つであり、セブ名物にもなっているジープニー(ジープを改造した乗り合いタクシー)では「お財布や携帯を盗まれてしまった……」ということもあるようなので、貴重品の管理はしっかり行ってください。

1. アイランドホッピング

島から島へ! 縦横無尽に移動する

セブでチャレンジしてほしいのがアイランドホッピング(アイランドツアー、アイランドピクニックとも言う)です。ボートに乗ってセブ周辺の離島を2、3か所巡り、訪れた先でダイビングやシュノーケリング、BBQなどをして楽しみます。初めての方はツアーに参加するのがよいでしょう。人気の島やガイドブックにのっていない島など、現地のガイドが案内してくれますよ♪

2. ダイビング

セブ島は世界屈指のダイビングスポット

透明度が高い海と美しいサンゴの中を、カラフルな魚が泳ぐ光景はまるでファンタジー! セブ島には世界中からダイバーが集まります。初心者にもやさしいダイビングショップもあるので、安心してチャレンジできます。

3. ジンベエザメ ウォッチング

セブでジンベエザメと一緒に泳ごう

セブ島の南端にある町「オスロブ」は、世界で一番大きな魚と言われているジンベエザメに高確率で出会える場所。サメといってもプランクトンなどを主食にしているため人間に害はありません。ジンベエザメをボートの上から見たり、一緒に泳いだりすることができます。なかなかできない体験なので、ぜひ♪

クチコミ:一生に一度の体験!

mitcheyさん

○セブプレステージツアーズでスミロン島、カワサン滝とセットのツアーを利用。○必ず出会えるのか半信半疑だったが本当に見て、触ることもできた。他ではまずできない経験。とても感動。ジンベエザメは想像以上に大きい。○船の人にGoPro預けると……もっと見る

あわせて行きたい! 「ツマログ滝(神秘の滝)」

オスロブへ訪れたらあわせて行きたい場所が「ツマログ滝」。霧のような細かい水が落ちてくる様子から“神秘の滝”とも呼ばれています。個人で行くこともできますが、ジンベエザメウォッチングとセットになっているツアーもたくさんあります。森林浴をしながらマイナスイオンをたっぷり浴びられる場所です。

クチコミ:ドクターフィッシュがいます!

たろうさん

滝も綺麗でしたし、ドクターフィッシュもいます。結構楽しかったです。車で途中まで行ってバイクに乗り換えるのですが、そのバイクが怖かったです。運転手の後ろに乗るのですが、落ちそうになりました。でも、今では良い思い出です!もっと見る

4. マクタン島

セブ旅行の拠点になる場所

セブ島の東岸に浮かぶ「マクタン島」は、空港や大型ショッピングモールなどがあり、セブ旅行の拠点になる場所です。セブ島とは、2本の橋でつながっています。「マクタン島」の東海岸側はフィリピンきってのリゾートエリア。西側は現地の方の居住エリアです。ダイビングスポットも豊富! アイランドホッピングのスタートはこのマクタン島からが多いです。

クチコミ:ダイビングスポットも沢山

55うさぎさん

空港からダイブショップに直行し、そのままダイビング、などということも可能な、ダイビングスポットの多いマクタン島。ボートで離島に行けば、サンクチュアリで元気な珊瑚も見られます。島内の移動は、メータータクシーの他、ジプニーやトライシク……もっと見る

5. モアルボアル リゾート

ダイビングスポットが豊富! イワシトルネードは必見

ダイビングが盛んなセブのなかでも、特に人気のスポットがセブ島の南西側にある「モアルボアル リゾート」です。透明度の高い海と、白い砂浜が美しい「パナグサマビーチ」や「ホワイトビーチ」があります。ここの名物は“イワシトルネード”と呼ばれているイワシの大群。何万匹ものイワシが一斉に泳ぐさまは圧巻です! ほか、ウミガメに出会えるスポットや、きれいなサンゴ礁が見られるスポットもあります。

クチコミ:鰯のトルネード!

kikiiiiiさん

セブ市内からバスやバンで約3,4時間のところにあるモアルボアルでは、ダイビングやシュノーケリングがとても楽しめました。ウミガメが右から左から泳いできたり、鰯が渦を巻いて泳ぐ鰯のトルネードの中心でもぐってみたり、ずっと海の中にいれます。もっと見る

6. カワサンフォール

エメラルドグリーンの滝つぼが美しい

モアルボアル リゾートへ訪れたら、近くにある有名なスポット「カワサンフォール」にも足を運んでみてください。エメラルドグリーンの滝つぼは天然のプールになっており泳ぐことができます。また、イカダで滝の裏側に行くことも可能。滝までの道のりは、自然あふれる道なのでハイキングがてら行くのがおすすめですよ。

クチコミ:ツアー内容だけじゃなく出逢いも思い出!

hanakoさん

ジンベイザメとカワサン滝のツアーに参加しました。ジンベエザメの迫力もカワサン滝の神秘的な色合いもどちらも感動的です! 最初は、「一日がかりのツアーは長いかな」と思っていましたが、そのぶん他の人達とも打ち解けることができ、ツアー後にスパやもっと見る

7. スミロン島

セブナンバー1の透明度を誇る海

オスロブから船で15分ほどの場所にある「スミロン島」。フィリピン初の海洋保護区に指定され、海の透明度はセブナンバー1と言われています。浅瀬で波もおだやかなので、小さなお子さまと一緒に浜辺で遊ぶことができますよ。もちろんダイビングやシュノーケリングも! オスロブとのセットツアーのほか、ゆっくりしたい場合はホテルのデイユースを利用するとよいでしょう。

クチコミ:綺麗な海に感動♪

ゆきだるまさん

オスロブでジンベイザメを見た帰りにいきました。お昼ごはんと施設のアクティビティにスミロン島までの往復船代込みのホテルのデイユースプランを使いました。ご飯は美味しいし海は最高♪ 疲れたらハンモックから綺麗な海を眺めてまったり♪いいお値段はもっと見る

8. ナルスアン島

施設が充実した観光客に人気の無人島

アイランドホッピングツアーに組み込まれることが多い人気の島。長い桟橋は「ナルスアン島」の名所です。ここは無人島ですが、観光客がよく訪れることからレストランやカフェ、トイレなど快適に過ごせる設備が充実しています。マクタン島からは船で約45分。ナルスアン島とマクタン島の間にある「ヒルトゥガン島」も有名なので、2つの島をまわれるツアーが評判です。

クチコミ:お魚がいっぱい

ゆりこりんさん

マクタン島から船でおよそ40分。透明度が良く、お魚がいっぱいいて、ダイビングに最適です。ウツボ、ミノカサゴ、カクレクマノミ、ウミウシ、チンアナゴ、などに会えます。保護区なので、手袋をしてのダイビングは禁止されています。もっと見る

セブ・シティについて

セブ・シティはマニラに次ぐフィリピン第二の都市。古い建造物や記念碑などが多数あり、フィリピンの歴史を感じられる場所です。ただし、エリアによっては注意が必要な場所も。基本的には明るい時間に観光することをおすすめします。また、夜道の一人歩きはもちろん、人通りの少ない場所には行かないよう気を付けましょう。

9. サント ニーニョ教会 / セブ・シティ

フィリピン最古の教会のひとつ

1565年に建造されたフィリピン最古の教会。教会の守護神である“サント ニーニョ”とは、幼きイエスのことです。礼拝が行われる日曜日には熱心な信者がたくさん集まっているので、お祈りのじゃまにならないよう注意して見学しましょう。セブ・シティの中心にある円形広場「フェンテ・オスメニア」からタクシーで約10分の場所にあります。

クチコミ:セブ観光の定番

DARULIさん

自身3度目の訪問でしたが、今回は初めて中庭へ入ったり、サントニーニョを拝観したりして、見どころが多かったんだな・・・と、今更ながら感心してしまいました。じっくりと見て回れば、数時間は過ごせると思います。もっと見る

10. マゼラン クロス / セブ・シティ

航海者だったマゼランが立てた木製の十字架

ポルトガルの航海者だったマゼランが、1521年に建てたという木製の十字架「マゼラン クロス」。万病に効くとのうわさが広まり、十字架を削って持ち帰ってしまう人が後を絶たなかったため、現在十字架は固いカバーで覆われています。八角堂が造られたのは1984年。サント ニーニョ教会の向かい側にあるので、あわせて訪れてみてください。

クチコミ:観光の定番

Emmaさん

セブ観光の定番です。サントニーニョ教会の隣にあるので、あわせて観光できます。平日の昼間だったせいか、私と3組程しか見に来ていませんでした。天井の絵が見所です。天井の青が本物の空とマッチする感覚がします。もっと見る

11. サン ペドロ要塞 / セブ・シティ

スペイン統治時代に建てられた要塞

スペイン統治時代の1565年に建設が開始され、1738年に完成したフィリピン最古の要塞。その後、兵舎や収容所として使われていた時代を経て、現在外観は要塞のままですが、内部は公園となって一般公開されています。屋上では統治時代に設置された大砲を見ることができます。マゼラン クロスから徒歩10分のところにあります。

クチコミ:三角形の要塞跡

papa200gさん

スペイン人が 1738 年に建設した三角形の要塞跡。現在は公園と博物館になっている。入場料も30ペソと非常に安いです。宗教的な絵とか置物が沢山あります。マゼランの十字架やフェリーターミナルも近いのでまとめて観光すれば効率的に見られます。もっと見る

12. 道教寺院 / セブ・シティ

老子の教養が保存されている寺院

セブ・シティにある高級住宅街「ビバリーヒルズ」の一角に建つ寺院。中国様式の造りで赤と緑が特徴です。ここには、中国の思想家・老子の教義が保存されています。99段の階段をのぼると寺院の最上部まで行けます。アクセスがあまりよくないのでタクシーで行くのがおすすめ。なお、寺院内は撮影禁止です。

クチコミ:山の上にある寺院

macyさん

山の上にある寺院のため眺望が良いです。公共交通機関がないため、寺院訪問が終わるまでタクシーに待ってもらった方がいいです。寺院のまわりは高級住宅地らしく、別荘のような家が建ちならんでいました。本堂の横には体育館のようなホールがありましたもっと見る

13. 山頂展望台 トップス / セブ・シティ

昼は観光、夜はデートスポットとして人気の展望台

セブ・シティの山の頂上にある展望台で、セブ・シティからマクタン島までを一望できる場所です。タクシーを往復分チャーターして行くのがおすすめ! 昼は観光客が集まり、夜はカップルのデートスポットとして人気なのだとか。軽食やお菓子、飲み物の売店もあるので、こちらで数時間ゆっくりすることもできます。

クチコミ:セブのデートスポット

アツシさん

街にいる流しのタクシー3.4台にメーター使ってトップスまでって伝えると嫌がられました。なので、メーター(山頂にタクシーはいないので街から街までの往復+夜景を見ている時間)に100ペソを追加で行ってもらえることに。山頂に着くといくらかもっと見る

14. アルニカ スパ

セブ初のスパで快適な癒やしの時間を

フィリピンのスパは日本よりも低価格で施術を受けられるのが魅力。さまざまなアクティビティや観光に疲れたらスパで癒やされてみてはいかがでしょう。「アルニカ スパ」はセブ初のスパ。伝統的なフィリピン様式の建物と、すべて単独になっているマッサージルームで、最高に快適な時間を過ごせますよ。公式サイトから事前に予約することができます。

クチコミ:贅沢な時間☆

Nishiさん

メールで直接予約して伺いました。送迎付きです。予約の時間に、ちゃんとホテルロビーまで迎えに来てくれました。コースは割とたくさんあるのですが、私は180分のコースをお願いしました。内容はフットバス リフレクソロジー ボディスクラブ フラワーもっと見る

15. ヌアッ タイ

リーズナブルな価格が魅力のマッサージ店

「ヌアッ タイ」は、フィリピンにあるフランチャイズのマッサージ店です。60分150ペソ(約315円)と、日本の相場とは比較にならないほどリーズナブル。セブ・シティの街中でもたびたび看板を見かけるので、足が疲れた時やひと休みしたい時に便利です。

クチコミ:安いのに最高

てぃーさん

マリバゴブルーウォーターから歩いていけるところに毎日通いました。おすすめは指圧300ペソかホットストーン。ホットストーンは一番高額メニューだがマッサージに温度が加わると気持ちよかったです。チップは20-50ペソを渡してました。もっと見る

セブ島のおすすめ観光スポットを紹介しました!

セブ島旅行におすすめのスポットはいかがでしたでしょうか? フォートラベルではお得なセブ島のツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。セブ島のお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧

PAGE TOP