1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 四国地方
  4. 徳島県
  5. 阿南・日和佐・海陽・那賀
  6. 阿南・日和佐・海陽・那賀 観光
  7. アカウミガメの産卵
阿南・日和佐・海陽・那賀×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

アカウミガメの産卵

祭り・イベント

2021年05月中旬~2021年08月中旬

阿南・日和佐・海陽・那賀

このスポットの情報をシェアする

アカウミガメの産卵 https://4travel.jp/dm_shisetsu/11286787

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

産卵上陸ピークは6月下旬~7月下旬にかけて最も多く、上陸する時間帯は20時~翌3時頃。

美波町大浜海岸には、毎年産卵のためアカウミガメが上陸します。期間中はウミガメ保護のため海岸への立ち入りを規制していますが、保護監視員の指示に従って産卵の様子を見学することができます。上陸後、海岸に穴を掘り、白いピンポン玉のような卵を30分程かけて100~140個位産卵するシーンは感動的です。

施設名
アカウミガメの産卵
住所
  • 徳島県海部郡美波町日和佐浦
アクセス
JR日和佐駅から徒歩で20分
営業時間
[2021年5月20日~2021年8月20日] 予定 産卵上陸ピークは6月下旬~7月下旬にかけて最も多く、上陸する時間帯は20時~翌3時頃です。
その他
開催地: 大浜海岸
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 祭り・イベント

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(3件)

阿南・日和佐・海陽・那賀 観光 満足度ランキング 35位
3.24
アクセス:
3.67
人混みの少なさ:
3.50
催し物の規模:
3.17
雰囲気:
3.83
バリアフリー:
2.50
  • 満足度の高いクチコミ(2件)

    夏にはウミガメの産卵見学が出来ます。もちろん指導員付き添いの元です。

    4.5

    • 旅行時期:2019/02
    • 投稿日:2021/07/27

    レンンタカーで日和佐の大浜海岸に行って来ました。 ここは、ウミガメの産卵地として名高く、1967年に大浜海岸のウミガメお...  続きを読むよび産卵地の名前で国の天然記念物に指定されています。また、1996年には日本の渚百選に選定されています。 夏には、ウミガメ監視員が巡回し、ウミガメの調査を行います。 この際に観察会も行われ、卵を産む段階と、砂を掛けて埋める段階は見学可となっています。もちろん、専門家立ち会いのもとです。 一度見てみたいものです。  閉じる

    entetsu

    by entetsuさん(男性)

    阿南・日和佐・海陽・那賀 クチコミ:15件

  • レンンタカーで日和佐の大浜海岸に行って来ました。
    ここは、ウミガメの産卵地として名高く、1967年に大浜海岸のウミガメお...  続きを読むよび産卵地の名前で国の天然記念物に指定されています。また、1996年には日本の渚百選に選定されています。
    夏には、ウミガメ監視員が巡回し、ウミガメの調査を行います。
    この際に観察会も行われ、卵を産む段階と、砂を掛けて埋める段階は見学可となっています。もちろん、専門家立ち会いのもとです。
    一度見てみたいものです。  閉じる

    投稿日:2019/03/02

  • 夏真っ盛りの、大浜海岸

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/08(約4年前)
    • 0

    夏真っ盛りの大浜海岸を散策してきました、ウミガメで有名な日和佐ですが、今年は、27匹のウミガメが産卵に来たようです。夜中ま...  続きを読むでホテルで待機しましたが、時期が、8月の終わりだったので、チャンスに遭遇することができませんでした。8月中旬までがチャンスだそうです。次回チャレンジしてみたいです。  閉じる

    投稿日:2017/09/06

  • 運が良ければうみがめの産卵に立ち会えます!

    • 5.0
    • 旅行時期:2010/07(約11年前)
    • 0

    一度この大浜海岸沿いにある宿に泊まってうみがめの産卵を見ようとしましたが、
    見事にうみがめは現れなかったので、今回はその...  続きを読むリベンジでやってきました。
    年によってうみがめの上陸数は大きく変わるのですが、
    年々上陸数は減っているとはいえ、今年は6月だけで20頭以上が上陸したこともあり、
    期待を大にして夜9時頃から大浜海岸の傍でひたすら待ち続けました。
    30分毎にベテランの当番の人が浜へ降りて、うみがめが上陸していないか確認に行きます。
    しばらく待ち続けて11時過ぎの見回りで、うみがめが上陸したとのこと。
    周りはぞわぞわし始めますが、うみがめは上陸しても産卵しないで帰ることもあるので、
    係員の人からは静かに待つよう何度も指示が出されます。
    そしてようやく産卵に入った段階で、浜へ入ることを許されるわけですが、
    産卵中のうみがめの周りにはさくが張られ、近くのうみがめ荘に泊まっていた人も
    駆けつけてきたので、ものすごい人数になりました。
    しかしうみがめの産卵を見るのはほんと感動もので、目に涙を浮かべながら、
    自ら掘った砂の穴へ1個ずつ卵を産み落とす姿は滅多に見れるものではありません。
    うみがめが産卵を終え、砂をかぶせて再び海へ帰っていくところで我々もさよならし、
    非常に貴重な体験をすることができた一日でした。  閉じる

    投稿日:2012/08/21

1件目~3件目を表示(全3件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

アカウミガメの産卵について質問してみよう!

阿南・日和佐・海陽・那賀に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • entetsuさん

    entetsuさん

  • 4tr-ao-aoさん

    4tr-ao-aoさん

  • Euro_Travellerさん

    Euro_Travellerさん

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

徳島県の人気ホテルランキング

PAGE TOP