旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ミトラ&ヤグール遺跡周辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ミトラ&ヤグール遺跡周辺人気旅行記ランキング3位(9件中)

2017新春のメキシコ その2~精巧なモザイクのミトラ遺跡と巨大なトゥーレの木

関連タグ

    旅行時期 2017/01/01 - 2017/01/01 (2017/01/11投稿

    2017年のお正月休み、冬は暑い所に行こうと2度目のメキシコへ。前回はメキシコシティとユカタン半島を巡ったので、中央高原を中心に回りました。

    その2は、精巧なモザイクで飾られたサポテコ族の遺跡ミトラと、アメリカ大陸最大の木と言われるトゥーレの木を訪れました。帰りがけにはメスカルの試飲も。

    ・お昼はバイキングで
    ・ミトラの教会
    ・北の中庭と石柱のホール
    ・モザイクの中庭、西の建物の中は驚きの空間
    ・南の中庭と墳墓
    ・車窓からみた、世界遺産にもなっている有史以前の横穴遺跡と岩絵
    ・メスカル蒸溜所で試飲
    ・トゥーレの木

    表紙写真は、ミトラの教会とサボテンの風景。

    写真 45枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  観光バス / 徒歩
    エリア:
    メキシコ > ミトラ&ヤグール遺跡周辺
    エリアの満足度:
    4.0
    • オアハカから44km。車で1時間強の場所にあるミトラ遺跡。

      緑の石を産出する岩山を見ながらのドライブです。

    • 遺跡に行く前に腹ごしらえ。

      オアハカ料理のバイキングです。

      この緑の野菜は、チャヨーテというハヤトウリの仲間。さっぱりして食べやすい。

    • オアハカといえばモーレ。何種類か、モーレソースで煮込んだお料理が並んでいました。

    • さて、ミトラ遺跡に到着。

      ミトラは、翌日行くモンテ・アルバンが紀元850年頃に放棄されてから、周辺にできたサポテコ族の祭祀センター。

      年表でお勉強。

    • 撮影場所の地図

      さっそくミトラ遺跡に入ります。

      今回はこの地図の下側、北の建物群と、左下の石柱の建物群に行きます。

    • 石の上、トカゲがいました。

      前回のユカタン半島とことなり、イグアナなどの爬虫類にはほとんど遭遇しませんでした。この子が唯一かな。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      北側の入口から入るとすぐに見えてくるのが教区教会。


      サポテコ族の遺跡の上に、遺跡の石を使って建てられています。

    • 教会の裏手の建物群。

      ここにもモザイクが残っています。

    • まぐさ石には、赤い顔料で描かれた当時の絵も。

      かつては極彩色で彩られていたのでしょうか。

    • 遺跡から教会を見たところ。

    • 撮影場所の地図

      こちらのほうがわかりやすいですね。

      下のほうは、遺跡の石組みそのもの。その上に、遺跡の石を再利用して、教会を建てています。

      サボテンとの対比がメキシコっぽいです。

    • 続いて石柱の建物群へ。

    • 撮影場所の地図

      北の中庭から、石柱のホールのほうを見たところ。

    • 石柱のホールに続く門。まぐさ石は巨大な一枚岩です。

      すこし赤い色が残っています。この石のモザイクは、彫って刻まれたもの。

    • 撮影場所の地図

      石柱のホール。こちらも一枚岩の石の柱が6本、並んでいます。

      かつては竹やシュロなどで屋根が葺かれていたそうです。

    • 石柱のホールに続くモザイクの中庭。

      こちらのモザイクは保存状態もよく、沢山の種類の文様を見ることができます。

    • 小さく切った石をはめ込んでいます。定規もなく、職人の腕の長さを頼りにはめ込んだのだとか。

    • イチオシ

      モザイクの中庭の四方には部屋があるのですが、特にこの西側の部屋は圧巻。

      四方がモザイクで埋め尽くされています。

    • イチオシ

      この写真、右下は一枚岩、左は切石のはめ込みと、手法が変わっているのですが、一見違いがわかりません。

    • もう一度中庭に戻って。

    • 石柱のホールから、北の中庭を見下ろします。

      かつては、この周囲にもモザイクに飾られた建物が建っていたそうです。

    • 北の中庭の手前から、石柱のホールを見たところ。

      建物の下の赤い色は最近塗られたものです。

    • 撮影場所の地図

      続いては、お隣の南の中庭へ。

    • この中庭からは地下墳墓が見つかっています。

      墳墓の入り口。とても小さいです。

    • 中にはいってみます。一度に5人くらいしか入れません。順番にね。

    • ここもモザイクで飾られています。

      二重の枠が、サポテコ族の文様の特徴。

    • こちらは一枚岩を彫ったモザイクですね。

    • 息苦しくなってきました。外へ。

    • イチオシ

      青空の下のサボテンとモザイクと教会。

    • 帰りがけ、車窓から世界遺産に指定されている、先史時代の横穴を見ることができました。

    • 石のひさしみたいになっている所には、白い顔料で描かれた岩絵も見えました。

    • 右手の小高い丘の上にあるのは、ヤグール遺跡でしょうか。

      先程の先史時代の洞窟とあわせて世界遺産に認定されています。

    • 途中のメスカル蒸溜所。

      色んな種類のリュウゼツランが植えられていますが、テキーラの材料になるアガペ以外は栽培が難しく、自生しているのを利用するのだそう。

    • 根本が膨らんで、ここに糖分がたまります。

    • それを土の中で蒸し焼きにして、

    • 大きな石臼ですりつぶします。馬やロバが引いたようです。

    • 木桶で発酵させて、

    • 最後は蒸留。これでメスカルが出来上がります。

    • 原料違いのメスカルを試飲させてもらいました。

      蒸留したてはこのように無色透明。木樽で熟成させて段々茶色くなっていきます。

      味の差は蒸留したてのほうがわかりやすいとのこと。確かに、比べると違います。

    • 一番右側の黒いのは、とても希少な原料から作られたもの。

    • 撮影場所の地図

      オアハカに戻る前に、トゥーレの木を見に行きました。

      左右に並ぶ木。向かって左が樹齢2000年を超えるトゥーレの木。右が1000年くらいとのこと。

    • 隣の町役場には、巨大な避雷針。

      大切なトゥーレの木に落雷させないための仕組みです。

    • トゥーレの木の説明。

      本当の名前は、サビーノ・ウェウェテ。ヌマスギの一種だそう。

      幹の周りは58mとあります。

    • 木の根元。毎日大量の水をやっているそう。

      スプリンクラーの水滴が虹を作っています。

    • 確かに巨大。

    ミトラ&ヤグール遺跡周辺人気旅行記ランキング3位(9件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    ミトラ&ヤグール遺跡周辺 観光スポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    メキシコ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら840円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる