旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ポルト 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ポルト人気旅行記ランキング35位(682件中)

アラフォー2人旅 in ポルトガル④ ポルト

関連タグ

    旅行時期 2016/09/26 - 2016/10/02 (2016/10/25投稿

    友人から次の旅行先にポルトガルはどうか?と提案があった。ポルトガルぅ?どうやら見ていたテレビ番組でやっていたようだ。
    ポルトガルって何があるんだ?と調べてみると、女性向きな魅力的な国であることがわかり、早速旅の計画を進める事にし、航空券を調べた。

    いつも個人旅行の我々。フルパッケージツアーのパンフレットや皆さんの旅行記やブログなどを参考に日程を組むのだが、何しろ隣国にスペインと言う巨大な観光大国があるせいか、色々調べても結局たどりつくのは同じサイトだったりして情報量が圧倒的に少ないのだ。かろうじて使えるガイドブックですら地球の迷い方オンリーである。個人旅行する方には常識だが、この迷い方のみでは情報量が全く足りず、場合によっては本当に迷ってしまうのだ。実質現地5日間でどう回ろうか今回も頭を悩ませた。

     1日目 NRT10:25-ZRH15:50  ZRH19:10-RIS21:00 <リスボンエアポート泊>
     2日目 オビドス-バターリャ-コインブラ-アゲタ(専用車で移動)  <アゲタ泊> 
    ★3日目 アゲタ-コスタノヴァ-ポルト   <ポルト泊>
    ★4日目 ポルト観光-リスボンへ    <リスボン泊>
     5日目 シントラ観光        <リスボン泊>
     6日目 ベレン地区・リスボン市内   <リスボン泊>
     7日間 RIS7:15-FRA11:00 FRA13:20-NRT8:00(翌日)

    写真 95枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  鉄道 / 徒歩
    エリア:
    ポルトガル > ポルト
    エリアの満足度:
    5.0
    • アヴェイロから列車で1時間。ポルトのサンベント駅に到着した。
      地方都市を2日間廻ったせいもあり、人の多さに驚く。

    • ポルトのサンベント駅は構内のアズレージョが素晴らしく、世界で最も美しい駅15に選ばれている。ちなみに日本からは金沢駅がはいっている。

    • このアズレージョにはポルトの歴史が描かれていて、2万枚のタイルが貼られているらしい。

    • 駅前にいた、甘栗を大声で売っているおばちゃん。

    • さて、駅から坂を上ること数分。バスティーユ広場前のクオリティーインホテルに到着した。
      ポルトやリスボンでのホテルは、地図で駅から近いと思っても坂の上だったりするから注意。などと書いてあった。このホテルもサンベント駅からかなり上るが、ゆっくり上がって10分程と、ギリギリ許容範囲内である。

    • アラフォー2人なのに、なぜかベビーベットの置かれた部屋にアサインされた。謎である。そして広い!1泊なのがもったいない位である。

    • 部屋からはポルトの街並みが見える。
      時間は17時半だが、サマータイム中の為まだ明るい。早速街歩きに出かける。

    • サント・イルデフォンソ教会。この教会のアズレージョとサン・ベント駅のアズレージョは同じ人物が描いたらしい。

    • こちらはショッピングストリートのサンタ・カタリーナ通り。
      観光客なのか、地元の人なのか、とにかく賑わっていた。

    • こっちを下ると左側にサンベント駅がある。

    • クレリゴス教会。教会に隣接しているクレゴリスの塔は、ポルトのシンボルとなっており、高さ76mでポルトガル一である。
      ポルトの街並みを一望できるようなので、登ってみることにした。

    • 教会内部は広く、2階まであがる事ができた。さすがにポルトの街では日本人を多く見かけた。ここでもツアーバッジを着けた年配夫婦を数組見かけた

    • こんな階段を譲り合いながら登っていく。15分位で上れた。

    • 鐘楼に登るのに4ユーロ。カテドラルやドヴロ川も見える。

    • その後、レロ書店へ行く。ここは世界で美しい本屋と言われており、どうやらあのハリーポッターに出てくるモデルともなった書店である。
      当初ここは明日来る予定だったのだが、思っていたよりも街が小さいのかウロウロ歩いていたらここへ着いてしまった。

    • 本屋だが、すっかり観光地化され、観光客は来るが本が売れない。そこで昨年夏頃から入場料3ユーロをとる事にしたようだ。
      入場券は本屋の前のこの赤い小屋で購入する。因みにこの入場券は本を購入する際は金券の3ユーロとして使用できる。

    • 早速店に入ると、なるほど中は素敵であった。入場料をとる代わりに、写真撮影OKなので皆あっちこっちで撮影大会である。見切れて入るなんて当たり前。無人の写真などよほど運が良くなければ撮れない。冬のシーズンオフの時期なら撮れるかも?

      写真がNGだとか、朝の1時間だけOKだとか皆さん訪れた時期により様々な情報があったが、少なくとも2016年の夏の時点では入口にいたお兄さんが日本語でシャシン、ダイジョーブと言ってくれた。

    • しかし・・・残念なのは我々は二人揃ってハリーポッターを一切見たことが無い。と言う事である。よく考えてみたら旅行は3ヶ月前に決めていたのだから、見ておけば感動もひとしおだったに違いない。いつもツメが甘い我々なのである。

    • 天井のステンドグラス。

    • ハリポタの内容を、魔法の学校。程度しか知識のない残念な二人だが、本屋が素晴らしいのは間違いない。古い建物を利用しているようで、インテリアも非常に凝っていた。

    • 広くはない店内。むしろ狭いくらいか?全体が入るような撮影スポットなぞ順番待ちだったりする、おそるべし本屋である。

    • 本屋内のトロッコにハリーポッターの本がわっちゃり積まれていた。
      ハリポタシリーズの作者JKローリングさんが、この街に数年在住していた事があり、物語の中にはポルトで見た風景が多く出ている。と言われているようだ。

    • そしてカルモ教会。この教会の側面は大きなアズレージョで覆われている。1912年に作成されて、1面のアズレージョとしてはポルトガル最大のもののようだ。

    • 確かに大きい。ポルトの教会はアズレージョの壁面が当たり前にある。

    • 時刻は19時半。だんだん日が暮れてきたが夜景撮影するにはまだ明るい。リベルターデ広場やジョアン1世広場をウロウロし、暗くなるのを待つ。

    • レトロな市電。明日は乗車するつもり。

    • 夜のサン・ベント駅。

      これからドン・ルイス1世橋のライトアップを見に地下鉄で移動するのだが・・・。1か所しかない自動券売機。数組の観光客で行列ができてしまっている。
      そして人のいる窓口はない。我々のようにガイドブック片手にモタモタ購入する他の観光客。前に並んでいたお兄さんは待っていられず、どこかへ行ってしまった。

      私も色々な国へ行っているが、この券売機での切符購入は一向に慣れない。有人窓口であれば何とか伝わるが、機械相手ではお手上げである。一応ガイドブックには書いてはあるが、実際には違う画面が表示されたりするのだ。そんな我々の後ろに地元の女の子が並び、急いでいるようだった。

      そして我々の順番がきた。するとその女の子が声をかけてくれたのだ。どこまで行くのか。と。切符の買い方解りませんオーラを全開に出し、この子に聞くしかないかなぁと思っていた日本人観光客の我々は、待ってましたとばかりに彼女に切符の購入をしてもらった。

    • その後、すぐに電車が来た。彼女は先にホームで待っていた友人達とその電車に乗りたかったようだ。間に合ってよかった。

      我々なぞ難関の切符購入を彼女にしてもらったにも関わらず、反対のホームに降りてしまい、慌てて戻ると再び彼女にこっちこっち。的な声をかけてもらう始末であった。

    • 地下鉄で1駅、ドンルイス1世橋を渡った駅で降りる。地下鉄と言ってもすぐ地上に出る。少し先に進むとピラール修道院への入り口があるので、その上り坂の道を進むと中庭がある。

    • 中庭から表紙にした写真が撮れる。意外と人は少なかったように思う。知ってる人があんまりいないのかな?

    • 徒歩で再び橋を渡って戻り、川沿いのエリアへ下っていく事にしたのだが、暗いせいもあり、いまいち道がわからない。とりあえず、カテドラルがあったので撮ってみたが、青白く光って不気味になってしまった。ここは昼間の方が良さそうだ。

    • この写真はまだキレイで整備されている場所だが、カテドラルから川沿いへ下る道は細くホームレスの住処となっている場所もあったので、夜は大きな通りを下った方が良いなと思った。
      しかし下りは良いが、帰りの上りはキツそうである。

    • そしてやっと川沿いへ出た。この辺りはおしゃれなレストランが並び、大賑わいであった。

    • 気温はちょうど良いし、テラス席は大人気である。そしてこの景色。さっきいた修道院も右に見える。

      今日は朝からコスタノヴァやアゲタそしてポルトとよく歩いたのでホテルへ帰り休む事にした。

    • 翌日。
      今日も天気がよく散策日よりである。昨日思いのほかポルトを散策できたので今日は遅めのスタート。8時半頃朝食会場へ向かう。すると大混雑。空席を探す人がウロウロしていた。日本人ツアーで朝8時半なぞ、もうツアーバスが出発する時間ではあるが、欧州のモーニングのピーク時間であった。

      混雑しすぎて、コーヒーはないし、なんと皿までないのだ。しまいには小さなソーサーに無理やりパンを乗せている人もいたし、ロビー階から朝食会場に降りる階段に座っている人もいた。とてもじゃないが写真を撮れるようなブッフェ台ではなかった。

    • ポルトは以外と徒歩で観光できる。なので今回は交通カードなどは購入しなかった。

    • 昨夜は歩かなかったサンタ・カタリーナ通りを歩く事にした。最初にカフェ・マジェスティックを観に行った。店内はアールヌーヴォー様式で優雅だと本には書いてある。我々は入店せず、外観のみ。
      このカフェで、ハリポタ作者のローリングさんが本を執筆していた姿が何度も目撃されていたようだ・・・。

    • アルマス礼拝堂。ここも壁画にアズレージョ。

    • カルモ教会のものよりも色は鮮やかに感じた。

    • ボリャオン市場。市場と言うから活気があるのかと思いきや、残念ながらそうでもなかった。焼いた魚の臭いはするものの、店頭販売やイートインなどの店はほとんど無かった。

    • 肉屋。

    • 食品売場の先には土産市場。こちらの方が観光客でにぎわっていた。

    • ワイン売場。この市場は少し期待外れだった。

    • 店の外観がかわいいワイン屋さん。

    • 昨夜おぞましい写真になってしまったカテドラルへ向かう。カテドラル周辺では募金活動だろうか、何人もの黒マント学生がウロウロし、観光客に声をかけていた。我々も声
      をかけられたが、英語すら話せないので皆去って行った。

    • カテドラルとペロリーニョ。元々要塞として12世紀に建てられ、その後改修がされている。この写真で昨夜の汚名返上である。

    • ファザードのバラ窓は、建設当時のまま残されている唯一の場所らしい。

    • バラ窓をズームで撮るととても細かい。

    • ポルト最古の教会。

    • 回廊も見る。が、我々は有料エリアに入っておきながら大失敗していた。それは回廊に併設されていた博物館を見逃していたのだ。2階へ上がり景色やアズレージョは見学したものの、1階のそこには聖具室や美術品などごっそり見忘れていた事を帰国後に知ってしまった・・・知らなきゃ良かった・・・

    • カテドラル見学後、昨夜行ったドン・ルイス1世橋へ。

    • 橋の手前で、坂につかれたのかオジサンが座ってしまっていたが日に当たって暑そうだ。9月末のこの日、朝晩は15~18℃とやや肌寒いが、日中は25~28℃と寒暖差が激しい。

    • 昨夜乗った地下鉄。車内はきれいで女性が一人で乗車しても大丈夫だと思った。

    • 橋の上から川沿い。右は旧市街で左はワイナリーの並ぶヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア。

    • 今さらではあるが、これが世界遺産となっているポルト旧市街地区。

    • 昼間バージョンは橋を渡りきった駐車場らしき場所から撮影したのだが、やはりこの橋を撮影するにはピラール修道院の中庭まで行った方が良い。高さが若干足りない。

    • ピラール修道院付近から川沿いに降りる事にした。この道がわかりにくい。ロープウェイの乗車場所を過ぎ、少し先に行くと右側の歩道に切れ目がある。この階段を下り、右に行きひたすら下る。

      すると橋のすぐ下に降りてくる事ができる。我々も前方にその階段から上がって来た婦人を見つけ、ここから降りれるんじゃない?と下ってみたのだ。

    • 橋を渡り、昨夜賑わっていたカイス・ダ・リベイラ地区へ向かう。この橋であるが、歩道は2人並んで歩けないほど狭い。前を行く人が写真を撮るのに止まるとギリギリ歩道上でよけるか、車道に出て追い抜かねばならない程だったので車両注意である。

    • レストランが多い事もあり、夜の方が人が多かったかもしれない。天候が良かったのでドヴロ川の遊覧船クルーズ乗る事にした。川にかかる6つの橋をめぐり、乗船時間はおよそ50分で12ユーロ程だった。ギリギリオンシーズンの為、船は30分毎に出ているようだった。

      少し時間があったので川べり出ていた小さなマーケットをのぞいた。結構安かった気がする。

    • レストランがあるすぐ上には住宅。

    • 出発5分前位に乗船場所へ向かったら、すでにたくさんの人が並んでいた。そしてみなこぞって2階席へ行く。

    • 13:30出港と一番暑い時間帯。かなり日が強かった。帽子はもちろん、眩しいのでサングラスも必要だ。日焼けしたくない方は室内席も広くあり、ドリンクを販売しているカウンターもそこにあった。

    • 初めに川を上っていき、その後折り返して河口へ向かう。

    • もはや何がどの橋だ?

    • ポートワインのワイナリー。ここには30以上のワイン工場があるようだ。旦那との旅であれば確実に行っていた。旦那には土産として買って行く事にした。
      下戸の友人とほぼ飲まない私。船内のカウンターでワインの試飲付きと言われ引換券をもらったが、使わずじまいであった。

    • 50分は早く感じられた。たまに吹く風は心地よいが、何しろ暑い。時間があるのなら乗船しても良いとは思う。

    • 船を降り、確かこの辺りにエンリケ王子の家があるはずだとウロウロしていると広場に出た。中央に建っているのはエンリケ航海王子の像である。

    • この広場の左にあるのがボルサ宮。元証券取引所。中は自由に見学できず、英語かポルトガル語のガイド付きツアー所要時間45分に参加しなくてはいけない。現在でもレセプションなどに使われている豪華な部屋なども見られるようだ。

    • エンリケの家はどこだどこだと探しているうちに、サン・フランシスコ教会まできてしまった。とりあえず入るかと行ってみたら、有料であった。

    • 入ってビックリ。ビカビカのキンキンである。確かに長年の経過でかなり金は黒ずんでいる。が、それでもすごい。
      実はここも写真撮影禁止だったようだが、みな話しを聞いていないのか、ばしゃばしゃ撮影しており、それに便乗してしまった。

    • 何かわからないが、皆が撮っていたから撮ってみた。と言う友人のこの写真は、どうやら家系図となっているようだ。なるほどどうりで中央部分は人が密集してわっちゃりしているはずである。それにしても家系図を彫刻で彫るとは・・・

    • その後、このサンフランシスコ教会前の市電乗り場から乗車し、市電博物館へ行った。教会前の乗り場は、そりゃあ争奪戦かのような勢いでみな乗車口に殺到する。オンシーズンの欧州で良く見る光景である。

    • この市電の運行間隔は30分毎と空いており、乗車しようと思うと地味に待つ。安くもないので短距離の場合は徒歩の方がはるかに早い。もちろん乗客はほぼ観光客である。
      これは帰りの写真。帰りは比較的空いていたので、レトロな車内を観察する余裕があった。

    • ここが市電博物館。停留所の案内は無いので自分で停留所の名前を確認し、さらに運転手にも確認して降車した。

    • 博物館内は我々の貸し切り状態。まぁよほど興味がないと来ないであろう。実際に昔走っていた電車やトラムが飾られていた。

    • 車庫としても使用中。併設のショップも商品数が少なく、残念であった。これで8ユーロは高い。もう一工夫ほしいような博物館だった。ここはさっくりと切り上げ、先ほどの広場へ戻りエンリケの家を探す。

    • エンリケの家はどうやら通り過ぎていたようだ。ポルトはポルトの歴史地区として世界遺産に登録されている。大きな建築物のように1つが登録されているわけではなく、街全体が登録されているので、世界遺産が街中あちこちにある。そしてその前にはこのような看板が建っており、世界遺産に登録されている事がわかるようになっていた。

    • ここがエンリケ航海王子が生まれたとされている場所であるが、どうやら定かではないようだ。ここは中庭。と行っても本当に入ってすぐの場所。博物館に有料で入るほどではないと思ったので、近くのショップに入ってみた。

    • ショップにはエンリケの像があったので一応撮っておいた。

    • 今日は夕方の列車でリスボンへ向かうのだが、少し時間があったので再び缶詰屋へ来た。相変わらずかわいい店内である。

    • この店は缶詰メーカーごとに陳列されているようだった。試食もあったので、試食し、無難な缶詰を購入した。

    • お腹がすいたので、リベルターデ広場のマックに入る。

    • ここのマクドナルドはシャンデリアやステンドグラスがあしらわれていた。ビックリしたのは、両脇にある大きな携帯の形をしたタブレットである。若い子達はみなこのタッチパネルで注文清算すると番号が発行され、後は番号が呼ばれるのを待つようだ。混雑する店舗だからこうしたのだろう。

      我々は奥の通常有人カウンターでオーダーし、しばし休憩。

    • 最後にポルトを離れる前にもう一度この広場をウロウロしていた。すると友人がこの旅行で購入すると決めていたキャリーケースで有名な店があった。機内持ち込みサイズのキャリーが欲しかったようで、実物を見てやはり購入を決意した。

      いざレジで会計となり、クレジットカードを出すが、店員が何度カードリーダーに通してもエラーがでるようだった。これは友人のカードが悪いのではなく、なんと!カードリーダーが壊れてしまっていたのだ。店員はどこかへ電話している。そうこうしているうちに列車の時刻がせまってきてしまい、購入する事ができなかった。店員はあと5分待ってと言うが、外人の5分なぞアテにならない。

    • サンベント駅からカンパンニャ駅まで行き、そこからポルトガルの高速列車アルファ・ペンドゥラールに乗車する。

    • 切符はポルトガル国鉄のHPから予約済みであった。会員登録し5日前までに予約すると、空席さえあればかなり安く乗車する事ができる。当初は2等のツーリストクラスにしようと思ったが、1等でも事前割引で一人26ユーロほどだったので1等にした。新幹線に3時間弱乗って3000円である。

    • HPからは食事の予約もできる。我々も当初車内で夕飯にしようと思っていたが、マックで満腹になっていたのでキャンセルした。食事は事前予約だと10%オフとなるようだった。メールに添付された予約バウチャーを印刷すれば乗車できる。

      今は変わっているかもしれないが、数年前にスペインの高速列車を予約した時は、予約バウチャーだけでは乗車できず、実際の切符への引き換えが必要だった。そういった落とし穴も無い。

    • 事前に座席指定もできるので電源がある席を指定し、ドリンクサービスのドリンクを飲み風景を眺める。もちろん座席も足元も広々。
      ただ残念ながら新幹線のグリーン車などと比べてはいけない。速度も200キロ前後の事が多かったし、そもそも車両がそこまでキレイじゃなかったのが残念であった。期待し過ぎない方が良い。それでも3000円は安い。

      そして、この旅最大のハプニングがリスボンで起こるとも知らずに仮眠するアラフォー2人であった。

    • リスボン・オリエンテ駅。地下鉄や空港線への乗り換えやバスターミナルがある大きな駅で、ここで降車する人がとても多かった。我々は次の終点のサンタ・アポローニア駅まで行く。

      サンタアポローニア駅はこのオリエンテ駅と比べると規模も小さいが、タクシーはたくさんいた。タクシーで宿に向かう。

    • 我々がリスボンで選んだ宿はアパートメントである。完全に観光地としてのリスボンを侮っていた私は、出発1か月前にホテルを決め出した。がしかし、1か月前では完全に遅かったのだ。評判の良いホテルやコストパフォーマンスの良いホテルは軒並み満室で、空室のあったホテルも迷っている数日で満室になってしまう程であった。普段価格の安いホテルなども、軒並み価格が上昇しており北欧並みの価格になっていた。

      できれば避けたかったアパートメントも視野に入れる事にし、立地・広さ・価格・部屋の雰囲気で今回もスィートインリベルターデというアパートメントを予約した。

      つい3、4か月程前、クロアチアで宿泊したアパートメントで、到着時間を事前に知らせたにもかかわらず待ちぼうけをくらい、連絡もとれず同アパートの住民の協力を得てオーナーに連絡を取ってもらったりして、迷惑をかけ時間を無駄にした事がある。

      その事を、事前にメールで誇張して書き、そういった事のないようにと厳重にお願いをしておいた。我々がアパートメントに着くと、夜10時近いのに女の子が待っていてくれた。

    • 部屋に入り説明などを受け、支払いを済ませる。単純な宿泊費は安いが、クリーニング代50ユーロとデポジットとして400ユーロ預けなくてはいけない。このデポジットは何もなければ引き落としされない。

      彼女は何かあったら電話するようにといい残して帰っていった。散々部屋の写真を撮り、テレビをつけるものの、なぜか付かない。現地ケーブルテレビのリモコンとの切り替えがわからず、結局滞在中観る事はできなかった。これも彼女がいる間に付けてみるべきだった。

      遅くなる前にとりあえず水を買いに行こう。と買い物に出かける事にした。部屋を出る時は勝手に鍵がかかった。ここで私の何かが予感したのだろう。閉まった部屋のドアを前にし、友人に一回開けてみ?と言った。

    • すると、どう鍵を回しても差してもドアは開かなかった。???。交代して反対に差してみたり回してみたり必死になる事数十分。どう頑張ってもドアは開かない。夜の22時半。アラフォー2人は必死の形相でジンワリ汗をかきながら四苦八苦するがビクともしない。ドアが壊れたのか?さて困った。買い物どころではない。

      こういったときホテルであればフロントに行き、鍵もしくは部屋の変更で済む。が、そうはいかない。仕方がないので、向かいの部屋のブザーを押すが誰も出ない。

    • 下の階から音がするから人がいるのではないか?と音のする部屋へノックをしに行った友人。その部屋にはおばあちゃんが住んでいた。友人が必死にカタコト英語と顔芸で説明する。おばあちゃんが我々の部屋のドアを開けようとしてくれるも開かない。予約バウチャーに書かれた連絡先に電話してくれるも先ほどの彼女は出ない。

      するとこのおばあちゃんはポルトガル語しか話せないので、英語がわかる離れて暮らす自分の娘に、電話をしてくれた。困っている日本人がいると。がしかし、娘も電話に出ず・・・。

    • 完全におばあちゃんを巻き込んでしまった。このアパートには上下2部屋ずつ計4部屋ある。おばあちゃんは向かいに住むソフィアと言う女性に助けを求めた。ソフィアの家は我々の下の階。

      ソフィアは20代前半であろう若いロシア人女性であった。事の次第をおばあちゃんが話す。そしてソフィアがコツがあるかのように我々の部屋の鍵を回した。すると、なんと開いたではないか!!えぇぇぇ!おばあちゃんとソフィアと我々2人で大喜びしていると、我々の向かいの部屋の扉が開いた。何の騒ぎだろうと思ったようだ。

      ってゆーかいるんじゃん!!ブザー鳴らしたのに。見た目は50代位のおじさんであった。こうして我々はこのアパートの住人全員と対面し、迷惑をかけた事になった。

    • これがその鍵である。ドアが少し歪んでいたようで、ひっぱりながら回す的なコツで、ドアが開いた。本当にこれには助かった。

      気を取り直して水を買いに行くも時間ももう遅くなってしまい、すぐに帰宅しグッタリ就寝であった。それにしても買い物前に試して良かった。買い物後だったらさらに時間は遅く、皆寝ていたかもしれない。

    ポルト人気旅行記ランキング35位(682件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    ポルトガル旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    このエリアのホテル

    ポルト ホテル一覧へ

    jyun1226さん

    jyun1226さん 写真

    海外22カ国渡航

    国内1都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    ピックアップ特集

    閉じる