旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

シャウエン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

シャウエン人気旅行記ランキング3位(128件中)

GW次なる絶景を求めてモロッコへ(青の町シャウエン編)

旅行時期 2014/04/26 - 2014/04/30 (2014/05/18投稿

2014年のGWは飛び石で3日休めば11連休。<br />例年のパターンから、間の休みは年休奨励となることが予想されたので<br />早くからどこへ行くか検討していました。<br /><br />といっても、簡単に行けそうな場所はほぼ行った感がありますので、<br />新たな絶景を求めてプロフィール欄にあるリストの中から選ぼうと決心。<br />時期的にもあうモロッコを目指してみることにしました。<br /><br />絶景リストの中の一つ、青の町シャウエン。<br />以前、世界の絶景を集めた写真集で見て一目ぼれをしてしまった場所です。<br />モロッコにはその他にもサハラ砂漠があり、これも絶景です。<br />さらに旅行本で見たお洒落なリヤドにも泊まってみようと、非常に欲張りな<br />プランを立ててみました。<br /><br />ということで、今回も行きたい場所ありきの旅ということで、スケルトン<br />ツアーに宿泊は個人予約と、昨年と同じような形にしました。<br /><br />ただ、昨年はトルコにギリシアと、英語はもちろん、日本語でもそれなりに<br />通用する場所でしたが、今回は現地では英語もあまり通用しないとのこと。<br />色々不安材料はありましたが、果たしてどうだったでしょうか。<br /><br />それでは10日間の新たな絶景を求める旅の始まりです。

2014年のGWは飛び石で3日休めば11連休。
例年のパターンから、間の休みは年休奨励となることが予想されたので
早くからどこへ行くか検討していました。

といっても、簡単に行けそうな場所はほぼ行った感がありますので、
新たな絶景を求めてプロフィール欄にあるリストの中から選ぼうと決心。
時期的にもあうモロッコを目指してみることにしました。

絶景リストの中の一つ、青の町シャウエン。
以前、世界の絶景を集めた写真集で見て一目ぼれをしてしまった場所です。
モロッコにはその他にもサハラ砂漠があり、これも絶景です。
さらに旅行本で見たお洒落なリヤドにも泊まってみようと、非常に欲張りな
プランを立ててみました。

ということで、今回も行きたい場所ありきの旅ということで、スケルトン
ツアーに宿泊は個人予約と、昨年と同じような形にしました。

ただ、昨年はトルコにギリシアと、英語はもちろん、日本語でもそれなりに
通用する場所でしたが、今回は現地では英語もあまり通用しないとのこと。
色々不安材料はありましたが、果たしてどうだったでしょうか。

それでは10日間の新たな絶景を求める旅の始まりです。

写真 49枚

テーマ:
街歩き
交通手段 : 
利用旅行会社:
ファイブ・スター・クラブ
エリア:
モロッコ > シャウエン
エリアの満足度:
5.0
  • 500_33625454

    モロッコへの旅は、エミレーツ航空で。
    まず、中継地のドバイまで約11時間、乗り換えの後モロッコの玄関口カサブランカまで7時間。途中のドバイでの待ち時間をあわせれば24時間を超える非常に長い旅です。
    疲れますが、成田夜発の便でしたので、意外と寝ることはでき、時差ボケには悩まされませんでした。
    写真は、中継地のドバイです。深夜4時着、8時発という便なのですが、さすが24時間空港、昼間より賑わっているのではないかと思うくらい明るく、近代的な空港でした。

  • 500_33630536

    モロッコの玄関口、カサブランカのムハンマド5世国際空港に到着しました、
    天候は見ての通りの快晴。一応、モロッコはこの時期は雨季ということですが、日本に比べればもちろん雨は少ないです。
    しかし、その分非常に暑いことは言うまでもありません。

  • 500_33626239

    空港から出ると、ドライバー兼ガイドをしてくれる方が待っていました。
    今回の旅行は、同じ行程のグループが全くないようで、完全にプライベートツアーになりました。
    名前は、アル・アラ・ウッディ―ンさんと言いましたが、アラビア系独特の発音で、非常に日本人には発音しにくい。名前でなく、ほとんど人称で読んでいました。

  • 500_33625456

    この日はフェズまで移動して、旧市街にあるパーサホテルに宿泊しました。
    フェズは2日後に再び訪れますが、その時に豪華リヤドに泊まりたいため、1泊目はこちらで節約です。

  • 500_33625455

    ホテルの中庭です。
    写真で見るときれいですが、部屋は値段相応、というかそれ以下で、旅行中一番悪かったかもしれません。
    ドアノブも壊れていて鍵もかかりませんでしたが、所詮1泊目の格安宿。疲れていましたし、クレームを言うのも億劫なので、あきらめて寝てしまいました。

  • 500_33626457

    翌日は朝から4時間かけてシャウエンに向かいます。
    シャウエンは最近日本でも注目されていますが、通常のモロッコ周遊コースから外れた不便な場所にありますので、一般的なツアーではまず寄ることがありません。
    今回の旅行も、イメージとしては、フェズ連泊の代わりに1泊2日のシャウエンミニツアーを組み合わせたという感じです。
    写真はシャウエンに向かう道すがらの風景ですが、意外と言ってはなんですが、緑が多く、肥沃な土地というイメージを受けました。モロッコというとアフリカと乾燥した大地というイメージでしたが、北部は農業と牧畜が盛んな緑豊かな土地でした。

  • 500_33625445

    長い行程ですので、途中、ドライバーが何か所か休憩をしながら風景を見せてくれます。
    これは湖沿いの高台からですが、遠くに見える町の姿が湖に映り、異国情緒を漂わせています。

  • 500_33626456

    そしてようやくシャウエンの入口に着きました。
    道端にぽつんと青い扉のオブジェがありますが、ここからシャウエンの町に入るという目印です。

  • 500_33625458

    その場で車を降り、反対側を眺めると、これから行くシャウエンの町が一望できました。
    標高900mの高台に位置する山間の町で、モロッコの他の町に比べ、やはり少し涼しい感じがします。

  • 500_33626243

    そのまま、奥に見える山上まで上がり、シャウエンの町が一望できるレストランで昼食です。
    ここはアトラス・シャウエンというホテルですが、シャウエンは小さな町ですので、ここは日本人のツアーでも使用されることがある数少ないホテルのうちの一つです。

  • 500_33625446

    イチオシ

    レストランのテラスからの眺望です。
    青の町と呼ばれていますが、周りには緑も多く、ヨーロッパの山間の町をイメージするような美しい風景です。

  • 500_33625459

    そこから歩いて下の町まで向かいます。
    旧市街(メディナ)はご覧のような城壁に囲まれていて、外敵が容易に侵入できないようになっています。

  • 500_33626458

    そして、外壁にある門の一つから中へ入ると、青の世界がいきなり広がっていました。
    外から見る限りここまで青いと思いませんでしたので、驚きの声を上げてしまいました。

  • 500_33625460

    この町では、地元ガイドが案内してくれることになっており、前に見える黄色い衣装を着ている方がそうです。
    もちろん日本語など話せず、英語も最低限のようです。
    最初は少しガイドしてくれていましたが、途中、「この青は蚊が嫌うから塗っているのだ」と言ったので、「ガイドブックには、ユダヤ教徒が自分たちの聖なる色ということで塗ったのが始まりという説もあるようですが」と私が言ったら、不機嫌になり、以後全く話をしてくれなくなりました。
    ガイドのプライドを傷つけたか、イスラム教徒の前でユダヤ教ということはタブーだったかわかりませんが、いずれにしても失敗でした。

  • 500_33625450

    ということで、ガイドはどんどん歩いて行ってしまう。妻はガイドに遅れないように一生懸命、自分はこれと思った写真を撮りながら遅れて走っていくという三者三様の街歩きが始まりました。
    写真は道路脇にあった門の内側を覗き見た光景ですが、遠くの扉もまた青く、どこを見ても青一色。本当に面白い風景です。

  • 500_33625448

    イチオシ

    天気が良いので、特に薄く塗られた水色が映えて、まさに世界の絶景の一つと言っても過言ではない景色が目の前に次々に現れます。
    これがシャウエンで私が本当に見たかった景色そのものです。

  • 500_33625451

    そして、この町に住む人たちの民族衣装もまた青色です。
    青の町の中で目立ちませんが、この衣装もまた美しい青色をしています。

  • 500_33626459

    モロッコはイスラム教徒が大多数を占める町なので、街中にはいたるところにモスクがありますが、シャウエンではモスクにあるミナレットももちろん青色です。

  • 500_33625462

    途中、お店に青色の素が並んでいました。
    この染料を調合して青に染めるているようです。

  • 500_33625447

    この日は月曜日、市場の立つ日ということで、多くの人が町にあふれていました。
    野菜はもちろん青くありませんので、緑や赤色の野菜が目を楽しませてくれます。

  • 500_33625463

    メディナの中には車は入れませんので、輸送の中心となるのは、ご覧のようにロバです。
    近くを流れる小川から水をくみ、家まで運んでいます。

  • 500_33625464

    町はずれの水源地に来ました。
    透明な水が勢いよく流れ、涼しげです。でも山上の町まで運ぶのは骨が折れることでしょう。

  • 500_33626633

    水源地付近から街を見上げます。やはり外から見るとそこまで青くない、と思いますが、中に入ると一変します。

  • 500_33625465

    街中を歩いていると、家具屋の前を通り過ぎました。
    テーブルを水色に塗っているところのようですが、青に統一することがこの町で暮らすことの基本のようですね。

  • 500_33625466

    更に下に降りてきて、公園で一休みです。
    前に見えるのは教会で、ここから先はスペイン人の町ということです。そして、青色の町はここまでということで、今度はホテルに向かって歩いていきます。

  • 500_33625467

    少し行くと、カスバの前を通り過ぎました。
    カスバとは土でできたアフリカ地方に見られる砦のことで、さすがにここは青くありません。ホテルからもすぐそばで、観光の際の良い目印になりました。

  • 500_33626630

    ホテル前のマクゼン広場にやってきました。
    チップ15$を渡してガイドとはここでお別れです。しかし何も話してくれないガイドでした。
    ま、そういうこともありますけどね。

  • 500_33625468

    シャウエンで宿泊するホテルはこのホテル・パラドールです。
    ここまで見てきたとおり、メディナの中央の広場の真ん前にあり、散策には最高の立地です。

  • 500_33625469

    部屋も広くはありませんが清潔で、町の規模を考えれば十分満足できるものでした。

  • 500_33625470

    ホテルの部屋からの眺望ですが、緑の山と、少しですが青い街の一部が見えて、ここからの景色もなかなかだと思いました。

  • 500_33625472

    ホテルで一休みした後、先ほどはガイドについていくだけで終わってしまいましたので、妻と再度街中を散策開始です。

  • 500_33625461

    イチオシ

    改めて街中を眺めますが、やはり美しい、の一言です。
    街中にはところどころに観葉植物のプランターが見えますが、ここはスペインから逃れてきた人々によって作られた町ですので、アンダルシア地方の風習が伝わったということです。
    そういえば、この青い色をすべて白く塗り替えたら、ミハスの白い街並みのようになるかもしれませんね。

  • 500_33626631

    イチオシ

    昼間の時間帯は青い街に日射す光の陰影が素晴らしく、見ていていつまでも飽きません。

  • 500_33632377

    ちょっと裏通りに入ってみても、え、こんなところまで青?というくらい完全に青に彩られています。
    その姿はまるでおとぎの国のようです。

  • 500_33631432

    旧市街の所々にはお店があり、青い街の中でカラフルな布製品やオブジェが目を引きます。
    と言っても、フェズやマラケシュのような過度な客引きもないので、じっくりと見て回ることができます。

  • 500_33625471

    夢中になって写真を撮っていると、全く知らない場所に出てきてしまいました。
    もともと、地図も持たずに散策していたので、迷うという概念すらありませんでしたが、とりあえず近くにある広場まで出てみることにしました。

  • 500_33626632

    周囲を眺めると、どうも町の下のほうに下がりすぎたようです。
    少し上にカスバと隣接していたミナレットが見えますので、それを目印にホテルに戻りました。
    小さな町なので助かりましたが、フェズやマラケシュのような迷宮都市ではこうはいかないでしょう。

  • 500_33625473

    夕食をとったあと、今度は一人で夕闇の町の散策に出かけました。
    散策もこの日だけで3度目なので、周囲の道はほぼ覚えてしまいました。時間的にも遅いので、あまり暗い場所にはい行かないよう、にぎやかな通りを中心に散策開始です。

  • 500_33625452

    路地に一つ一つ街灯がともっていき、昼とはまた違った美しい青の表情を見せてくれています。

  • 500_33626241

    お土産屋もそろそろ店じまいということで、片づけを始める時間となっています。
    昨年のサントリーニ島もそうでしたが、時間帯によって違う町の景色にいつまで見ていても飽きが来ません。

  • 500_33626242

    シャウエンの町は山間の田舎町ですので、一人で歩いていても危険だと思うようなことはなく、店の呼び込みとかもあまりありませんんので、安心して街歩きができます。
    そうは言っても、そろそろ日暮れ、完全に暗くなる前にホテルに戻って休むことにします。

  • 500_33625590

    翌朝、出発は9時ですが、せっかくなので夜明け直後の町を散策することにしました。
    まだ薄暗く、誰もいない町は静かで、昼とも、夜ともまた違った独特の雰囲気を醸し出しています。

  • 500_33630537

    朝方の街並みはひんやりとしていて、また違った雰囲気で魅了します。
    モロッコでは8時くらいが夜明けですが、人々の活動もそれくらいからということで、朝はゆっくりで、あたりは静まりかえっえいます。

  • 500_33625474

    気が付くと、目の前に猫が一匹。
    驚くようにこちらを眺めています。

  • 500_33625589

    サントリーニ島もそうでしたが、青い街には猫が多い、かどうかはわかりませんが、朝はたくさんの猫を見かけました。

  • 500_33626460

    そのまま街中を一周しましたが、あっという間に1時間がたってしまい、ホテルへ戻ることになりました。
    この誰もいない時間帯の青い街もまた印象的なものでした。

  • 500_33626634

    ホテル9時出発ということで、丸1日もないような滞在時間でしたが、この町に宿泊できたことは本当に良かったです。
    特に暮れゆく夜の町と、誰もいない朝の町、これは宿泊者だけの特権ですので、ツアーではなかなかこうはいきません。
    あわただしい中でしたが、十分満足できる滞在でした。

  • 500_33625645

    また4時間かけてフェズへ戻る道中ですが、付近には花が咲き乱れていました。

  • 500_34170374

    イチオシ

    モロッコ旅行の最大の目的、シャウエンの滞在はあっという間でしたが、本当に美しい景色を堪能することができました。
    しかし、まだ旅は始まったばかり、この先、果たしてどんな絶景が待っているでしょうか。

シャウエン人気旅行記ランキング3位(128件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

この旅行で利用したホテル

シャウエン ホテル

この旅行で行った観光スポット

シャウエン 観光スポットランキング

この旅行で利用した交通施設

シャウエン 交通施設ランキング

このエリアのホテル

シャウエン ホテル一覧へ

この旅行記の地図

拡大する


Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報