田沢湖・乳頭温泉郷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
11月上旬、3泊4日の旅程で秋田へ訪れました、初日(11/2)は乳頭温泉郷・鶴の湯温泉泊、ご存じの通り鶴の湯温泉は、予約云々の前にTELが繋がりません(人気のバロメータ)、何度かトライし、話が出来たので「一人泊、トイレ付」の最短予約可能日を確認、幸い「囲炉裏付きの本陣(トイレ付)」が予約できました。インターネットからの場合、トイレ付の部屋は二人以上の予約となり、一人利用の予約は不可です。<br /><br />初めてキャンペーンの類(全国旅行支援)を活用し、お得感を享受しました。<br /><br />2022年11月6日 Ver.00<br />表紙写真:日帰り入浴の方々も帰り、おちついた乳頭温泉郷・鶴の湯温泉

錦秋の秋田路 1/3 (乳頭温泉郷・鶴の湯温泉泊 「本陣」からルームチェンジ 編) 2022

84いいね!

2022/11/02 - 2022/11/02

33位(同エリア830件中)

6

27

ichiro

ichiroさん

11月上旬、3泊4日の旅程で秋田へ訪れました、初日(11/2)は乳頭温泉郷・鶴の湯温泉泊、ご存じの通り鶴の湯温泉は、予約云々の前にTELが繋がりません(人気のバロメータ)、何度かトライし、話が出来たので「一人泊、トイレ付」の最短予約可能日を確認、幸い「囲炉裏付きの本陣(トイレ付)」が予約できました。インターネットからの場合、トイレ付の部屋は二人以上の予約となり、一人利用の予約は不可です。

初めてキャンペーンの類(全国旅行支援)を活用し、お得感を享受しました。

2022年11月6日 Ver.00
表紙写真:日帰り入浴の方々も帰り、おちついた乳頭温泉郷・鶴の湯温泉

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
5.0
交通
4.5
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 新幹線 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 秋晴れの田沢湖駅 東京10:20→田沢湖13:10 JR秋田新幹線こまち17号<br /><br />私の鶴の湯温泉へのアクセス方法は、羽後交通バス(田沢湖駅14:20→アルパこまくさ14:54 630円)と、アルパこまくさから宿の送迎バスを利用します。(事前に予約済み)

    秋晴れの田沢湖駅 東京10:20→田沢湖13:10 JR秋田新幹線こまち17号

    私の鶴の湯温泉へのアクセス方法は、羽後交通バス(田沢湖駅14:20→アルパこまくさ14:54 630円)と、アルパこまくさから宿の送迎バスを利用します。(事前に予約済み)

  • 田沢湖駅前の「そば五郎」<br />新幹線内のお昼を控えめにし「もりそば」(700円)をいただきました。

    田沢湖駅前の「そば五郎」
    新幹線内のお昼を控えめにし「もりそば」(700円)をいただきました。

  • 「そば五郎」は、田沢湖駅前の物産館・田沢湖市の中に併設されています。<br />田沢湖地蕎麦を五割、微粒子そば粉をつなぎに十割りで製麺、蕎麦とつゆは添加物や学調味料は未使用とのことです、おつゆは甘めでした。

    「そば五郎」は、田沢湖駅前の物産館・田沢湖市の中に併設されています。
    田沢湖地蕎麦を五割、微粒子そば粉をつなぎに十割りで製麺、蕎麦とつゆは添加物や学調味料は未使用とのことです、おつゆは甘めでした。

  • 写真中央の山は、乳頭山(秋田側の呼び名、岩手側の呼称は「烏帽子岳」)。<br />送迎バスの運転手の方が、途中のビューポイントの説明、場所によってはユックリ走り、また、宿の近況など色々な話を聞かせていただきました、何気ない「おもてなしの精神」、30~40分の時間でしたが嬉しい気持ちになりました。何よりも感心しましたのは、宿に着くまで何度か言葉になっていた「皆さんに応援してもらっていますから」との謙虚なコメント、予約が取れない人気宿の方の真摯な姿勢に頭が下がりました。<br />宿に着く前、温泉に入る前に私の宿の評価は星5つになっていました。(笑)<br />

    写真中央の山は、乳頭山(秋田側の呼び名、岩手側の呼称は「烏帽子岳」)。
    送迎バスの運転手の方が、途中のビューポイントの説明、場所によってはユックリ走り、また、宿の近況など色々な話を聞かせていただきました、何気ない「おもてなしの精神」、30~40分の時間でしたが嬉しい気持ちになりました。何よりも感心しましたのは、宿に着くまで何度か言葉になっていた「皆さんに応援してもらっていますから」との謙虚なコメント、予約が取れない人気宿の方の真摯な姿勢に頭が下がりました。
    宿に着く前、温泉に入る前に私の宿の評価は星5つになっていました。(笑)

  • 乳頭温泉郷・鶴の湯温泉 紅葉も終わりをむかえています。

    乳頭温泉郷・鶴の湯温泉 紅葉も終わりをむかえています。

  • かやぶき屋根の「本陣」の宿泊棟と事務所、そして右側は二号館&三号館

    かやぶき屋根の「本陣」の宿泊棟と事務所、そして右側は二号館&三号館

  • 鶴の湯温泉事務所と橋を渡った奥は「黒湯」「白湯」

    鶴の湯温泉事務所と橋を渡った奥は「黒湯」「白湯」

  • 鶴の湯温泉の事務所入り口

    鶴の湯温泉の事務所入り口

  • 事務所受付と売店(旅行支援のクーポンを利用し、お土産に「いぶりがっこ」を調達しました)

    事務所受付と売店(旅行支援のクーポンを利用し、お土産に「いぶりがっこ」を調達しました)

  • チェックイン後、宿の方から施設・温泉の説明を受け、部屋に案内されました。

    チェックイン後、宿の方から施設・温泉の説明を受け、部屋に案内されました。

  • 夕景をむかえる鶴の湯温泉

    夕景をむかえる鶴の湯温泉

  • 本陣の宿泊棟(左) 手前から三番目がお世話になる部屋(本陣三)です。

    本陣の宿泊棟(左) 手前から三番目がお世話になる部屋(本陣三)です。

  • 風情のある「本陣三」の室内、奥は洗面所とトイレです。

    風情のある「本陣三」の室内、奥は洗面所とトイレです。

  • 夕食は室内の囲炉裏でいただきます。

    夕食は室内の囲炉裏でいただきます。

  • 囲炉裏の周りに夕食が準備されました、でも、ここからが新たなステージの幕開けでした。<br /><br />部屋に案内された時から「カメムシ」が散見され、常備のガムテープで駆除していました、囲炉裏の炭を持ってこられた方から「部屋の変更を事務所に相談されたらいかがですか」との助言を受け、私は虫への苦手意識はありませんでしたので「様子を見ます」と返答していました。<br />ですが食事を運んでこられた時には、カメムシの襲来にギブアップ状態、宿の方から部屋を変わりましょうとルームチェンジが確定しました。<br />変更の部屋は、グレードアップの「新本陣二(トイレ付)」です、少し混乱しましたが、新しい部屋で山の食彩をメインとする夕食を美味しくいただきました、食事の量は十分すぎるほどです、食べきれませんでした。(笑)

    囲炉裏の周りに夕食が準備されました、でも、ここからが新たなステージの幕開けでした。

    部屋に案内された時から「カメムシ」が散見され、常備のガムテープで駆除していました、囲炉裏の炭を持ってこられた方から「部屋の変更を事務所に相談されたらいかがですか」との助言を受け、私は虫への苦手意識はありませんでしたので「様子を見ます」と返答していました。
    ですが食事を運んでこられた時には、カメムシの襲来にギブアップ状態、宿の方から部屋を変わりましょうとルームチェンジが確定しました。
    変更の部屋は、グレードアップの「新本陣二(トイレ付)」です、少し混乱しましたが、新しい部屋で山の食彩をメインとする夕食を美味しくいただきました、食事の量は十分すぎるほどです、食べきれませんでした。(笑)

  • 新本陣棟2階の貸し切り風呂、入口の札(空 or 使用中)を変えるだけの予約不要の簡単利用方法です。<br />お風呂の撮影は禁止ですが、貸し切り風呂の場合、他の方がいないので「撮影OK」の許可をいただいています。

    新本陣棟2階の貸し切り風呂、入口の札(空 or 使用中)を変えるだけの予約不要の簡単利用方法です。
    お風呂の撮影は禁止ですが、貸し切り風呂の場合、他の方がいないので「撮影OK」の許可をいただいています。

  • 新本陣棟の階段

    新本陣棟の階段

  • 新本陣棟1階の大広間 朝食はこちらでいただきます。

    新本陣棟1階の大広間 朝食はこちらでいただきます。

  • 鶴の湯温泉の朝食(湯葉豆腐が追加)<br />バードウオッチング、美術館巡りが趣味とおっしゃられた弘前在住の方、楽しい朝のひと時、有難うございました。

    鶴の湯温泉の朝食(湯葉豆腐が追加)
    バードウオッチング、美術館巡りが趣味とおっしゃられた弘前在住の方、楽しい朝のひと時、有難うございました。

  • カメムシ騒動で「本陣三」から「新本陣二」に変更になりました、急なルームチェンジのため、部屋(新本陣二)の撮影を失念していました。

    カメムシ騒動で「本陣三」から「新本陣二」に変更になりました、急なルームチェンジのため、部屋(新本陣二)の撮影を失念していました。

  • 新本陣棟の出入り口 左側は事務所につながっています。

    新本陣棟の出入り口 左側は事務所につながっています。

  • 朝の鶴の湯温泉(事務所と橋を渡った奥の「黒湯」「白湯」)

    朝の鶴の湯温泉(事務所と橋を渡った奥の「黒湯」「白湯」)

  • 朝の鶴の湯温泉(混浴露天風呂と中の湯)<br />調布から来られた方から鶴の湯温泉について色々教えていただきました、三陸から青森にむかわれるとのこと、お世話になりました。

    朝の鶴の湯温泉(混浴露天風呂と中の湯)
    調布から来られた方から鶴の湯温泉について色々教えていただきました、三陸から青森にむかわれるとのこと、お世話になりました。

  • 朝の鶴の湯温泉(混浴露天風呂)<br />宿の雰囲気・温泉・食事、そしてスタッフの対応、全てにおいて満足の宿かと思います、但し「虫、カメムシ」の苦手な方は予約の際、確認されることをおすすめします。

    朝の鶴の湯温泉(混浴露天風呂)
    宿の雰囲気・温泉・食事、そしてスタッフの対応、全てにおいて満足の宿かと思います、但し「虫、カメムシ」の苦手な方は予約の際、確認されることをおすすめします。

  • 朝の鶴の湯温泉<br />旅行支援のクーポンの準備、また、宿泊の会計処理を夕食後、対応していただき有難うございました、翌朝の事務所は、チェックアウト対応でとても混雑し、送迎バス利用の私は、慌てることなく乗車できました。

    朝の鶴の湯温泉
    旅行支援のクーポンの準備、また、宿泊の会計処理を夕食後、対応していただき有難うございました、翌朝の事務所は、チェックアウト対応でとても混雑し、送迎バス利用の私は、慌てることなく乗車できました。

  • アルパこまくさ<br />宿の送迎バス(8:30)を利用、アルパこまくさ(9:04)から羽後交通バスで田沢湖駅(9:38)むかいます。

    アルパこまくさ
    宿の送迎バス(8:30)を利用、アルパこまくさ(9:04)から羽後交通バスで田沢湖駅(9:38)むかいます。

  • アルパこまくさから田沢湖の遠望<br /><br />旅の二日目(11/3)、 田沢湖駅から新幹線ではなく、路線バス(羽後交通 田沢湖駅9:45→角館駅10:24)で角館へ訪れます。

    アルパこまくさから田沢湖の遠望

    旅の二日目(11/3)、 田沢湖駅から新幹線ではなく、路線バス(羽後交通 田沢湖駅9:45→角館駅10:24)で角館へ訪れます。

84いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • ドロミティさん 2022/11/07 09:08:06
    鶴の湯温泉☆彡
    ichiroさん、おはようございます。

    東北の紅葉はもう終わりかけているのですね。
    鶴の湯温泉入口から見えた紅葉が綺麗で目を奪われました。
    山の紅葉に加えてススキもまた趣を添えていますね。

    茅葺き屋根の長屋が風情があって、「本陣」という名前も
    江戸時代にタイムスリップしたように感じます。
    乳白色の湯で体の芯から温まったのではないでしょうか。

    カメムシ!
    偶然にも昨夜、夫から今年はカメムシが異常に繁殖してる」
    って話を聞いたばかり、夫の実家(都内)でも家の中で
    みつけたそうです@@

    角館編も楽しみにしております。
                       ドロミティ

    ichiro

    ichiroさん からの返信 2022/11/07 21:38:46
    こんばんは、ドロミティさん
    旅行記ご覧いただき、また、書き込み有難うございます。

    おっしゃる通り、山の紅葉は終盤をむかえています、旅行記の「鶴の湯温泉の紅葉」は、宿に着いたタイミングで撮影しました、ちょうど夕陽の光があたってくれたのではと思います。私のお気に入りは、夕景前の茅葺き屋根の「本陣」と電球の灯りのコラボです、本当に風情がありました。
    コロナの影響で傍若無人の大陸系&近くて遠いお隣の国の人たちがいないので、ユックリと静かに過ごすことが出来ました、乳頭温泉郷・鶴の湯温泉に限りませんネ。(笑)

    旅行記内の「カメムシ騒動」は、オブラートに包んだ控えめな表現にとどめています、実際は、私自身で50匹近く駆除し、宿の方から「朝、囲炉裏の炭が燃えた後、灰の上はカメムシで真っ黒になるよ」と言われました、何よりも荷物や服装のなかまで入ってくるので困りました、虫・カメムシを苦手な方は、鶴の湯温泉に泊まる際、部屋の選択と覚悟が必要と思います。(笑)

    ichiro
  • HAPPINさん 2022/11/07 09:04:33
    おもてなしの心
    おはようございます、ichiroさん。
    いつもありがとうございます。

    乳頭温泉のお宿、いいですねぇ。
    送迎車の中での観光案内。おもてなしの心があふれていて、それだけで星がUP。その気持ちよーくわかります。
    カメムシ騒動は困りますが、お部屋をアップグレードして頂けて、よかったですね。

    おいしいお料理の数々。
    お宿ではゆったりしたお時間を過ごせそうですね。

    素敵な旅行記、ありがとうございました。

    Happin

    ichiro

    ichiroさん からの返信 2022/11/07 20:58:05
    こんばんは、Happinさん
    旅行記をご覧いただき、また、書き込み有難うございます。

    乳頭温泉郷・鶴の湯温泉は、宿の雰囲気・温泉・食事、宿のおもてなし、全てにおいて満足の宿でした、たしかにカメムシ騒動がありましたが、貴重な旅の体験として、話のネタが増えました。(笑)
    ご存知かもしれませんが部屋にはテレビもなく、携帯(ソフトバンク)も繋がりません、いやでも一人静かな夜をむかえられ、考えるには最高の環境です。。。(笑)

    来月は師走です、年々時間が過ぎるのが早く感じるようになりました、既に人生の第4コーナーを過ぎ、ゴール前の直線をむかえています、まだまだ、行きたいところ、やりたいことが沢山残っているのですが。

    Happinさんのご近所かなと思いますが、久留和海岸の天ぷら「葉むら」ご存知ですか、助言いただけましたら幸いです。

    ichiro

    HAPPIN

    HAPPINさん からの返信 2022/11/07 21:17:13
    RE: こんばんは、Happinさん
    ごめんんさい。
    意外に地元横須賀の有名店?に疎いもので。
    名前は聞いたことがあるような気がしますが、行ったことないんです。
    お役に立てず申し訳ありません。

    Happin

    ichiro

    ichiroさん からの返信 2022/11/07 21:47:20
    RE: RE: こんばんは、Happinさん
    久留和海岸は逗子エリアでした、失礼しました。

    ichiro

ichiroさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP

ピックアップ特集