大東・四条畷旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ウォーキングルート:JR野崎駅9:12~9:30大東市立歴史民族資料館9:44~(スーパー立寄)~9:57野崎観音10:13~10:17野崎城跡10:22~10:57飯盛城跡(飯盛山)巡り・昼食12:25~12:41四條畷神社12:49~13:01JR四條畷駅<br /><br />*飯盛城跡内は、「飯盛城跡石垣ガイド」で、虎口~Ⅸ郭(南丸)~ NHK・FM受信所のあるⅧ郭(千畳敷郭)~飯盛山最高峰のⅠ郭(高櫓郭)~展望台のあるⅡ郭(本郭)~楠公寺のあるX郭(馬場)~Ⅲ郭~登山三百回記念碑のあるⅤ郭(御体塚郭)~飯盛山史蹟碑のあるⅥ郭の順に歩き、曲輪・堀切・土塁・石垣遺構を確認しながら隈なく歩く。<br /><br />[飯盛城]<br />戦国時代は三好長慶の居城 。<br />飯盛山の山頂に南北約700メートル・東西約400メートルの規模の西日本有数の中世の山城跡。<br />遺構は、石垣・曲輪・堀切・土橋が良好な状態で残り、織田信長の安土城以前に石垣が多くの曲輪で用いられている。<br />2017年(平成29年)4月6日「続日本100名城」に選定、2021年(令和3年)10月11日国の史跡に指定。<br /><br />[三好長慶]<br />1560年(永禄3年)11月居城とし、五畿内(大和、山城、河内、摂津、和泉)と四国の一帯を統治し室町幕府の政治を動かした。<br />1564(永禄7年)42歳で没。死後3年間秘められ遺体は御体塚郭に仮埋葬されたといわれている。<br />近年、織田信長に先駆ける天下人として評価されている。<br /><br /><br /><br />

大阪府の城跡巡り【飯盛山ハイキング】:飯盛城跡~石垣・曲輪・堀切・土橋が良好な状態で残る

3いいね!

2022/05/03 - 2022/05/03

71位(同エリア77件中)

0

74

TTukomi

TTukomiさん

この旅行記のスケジュール

2022/05/03

この旅行記スケジュールを元に

ウォーキングルート:JR野崎駅9:12~9:30大東市立歴史民族資料館9:44~(スーパー立寄)~9:57野崎観音10:13~10:17野崎城跡10:22~10:57飯盛城跡(飯盛山)巡り・昼食12:25~12:41四條畷神社12:49~13:01JR四條畷駅

*飯盛城跡内は、「飯盛城跡石垣ガイド」で、虎口~Ⅸ郭(南丸)~ NHK・FM受信所のあるⅧ郭(千畳敷郭)~飯盛山最高峰のⅠ郭(高櫓郭)~展望台のあるⅡ郭(本郭)~楠公寺のあるX郭(馬場)~Ⅲ郭~登山三百回記念碑のあるⅤ郭(御体塚郭)~飯盛山史蹟碑のあるⅥ郭の順に歩き、曲輪・堀切・土塁・石垣遺構を確認しながら隈なく歩く。

[飯盛城]
戦国時代は三好長慶の居城 。
飯盛山の山頂に南北約700メートル・東西約400メートルの規模の西日本有数の中世の山城跡。
遺構は、石垣・曲輪・堀切・土橋が良好な状態で残り、織田信長の安土城以前に石垣が多くの曲輪で用いられている。
2017年(平成29年)4月6日「続日本100名城」に選定、2021年(令和3年)10月11日国の史跡に指定。

[三好長慶]
1560年(永禄3年)11月居城とし、五畿内(大和、山城、河内、摂津、和泉)と四国の一帯を統治し室町幕府の政治を動かした。
1564(永禄7年)42歳で没。死後3年間秘められ遺体は御体塚郭に仮埋葬されたといわれている。
近年、織田信長に先駆ける天下人として評価されている。



PR

  • 9:12着、JR野崎駅下車。<br />ウォーキングルート:JR野崎駅~大東市立歴史民族資料館~野崎観音~野崎城跡~飯盛城跡(飯盛山)~四條畷神社~JR四條畷駅。

    9:12着、JR野崎駅下車。
    ウォーキングルート:JR野崎駅~大東市立歴史民族資料館~野崎観音~野崎城跡~飯盛城跡(飯盛山)~四條畷神社~JR四條畷駅。

  • 野崎駅周辺案内図。

    野崎駅周辺案内図。

  • 歴史民族資料館。<br />歴史とスポーツふれあいセンター 2階にはある大東市の施設。<br />飯盛山城跡の資料を求めに寄る。<br />大東市内の古墳や飯盛城の出土品を展示していた。<br /><br />開館時間:9:30~19:30<br />入館料:無料<br />休館日:第1・第3火曜日(休日の場合翌日)<br />              12月29日~1月3日

    歴史民族資料館。
    歴史とスポーツふれあいセンター 2階にはある大東市の施設。
    飯盛山城跡の資料を求めに寄る。
    大東市内の古墳や飯盛城の出土品を展示していた。

    開館時間:9:30~19:30
    入館料:無料
    休館日:第1・第3火曜日(休日の場合翌日)
    12月29日~1月3日

  • 歴史民族資料館。<br />宮谷古墳群出土品。

    歴史民族資料館。
    宮谷古墳群出土品。

  • 歴史民族資料館。<br />飯盛城跡出土品と飯盛城跡

    歴史民族資料館。
    飯盛城跡出土品と飯盛城跡

  • 歴史民族資料館に置かれていた「飯盛城跡石垣ガイド」。これを見て飯盛城跡を隈なく歩く。

    歴史民族資料館に置かれていた「飯盛城跡石垣ガイド」。これを見て飯盛城跡を隈なく歩く。

  • 「飯盛城跡石垣ガイド」の詳しい縄張り図ときめ細かい遺構図。

    「飯盛城跡石垣ガイド」の詳しい縄張り図ときめ細かい遺構図。

  • 野崎側からの飯盛山(飯盛城跡)の眺め。<br /><br />写真ほぼ中央の電波塔(NHK・FM受信所)は、飯盛城跡Ⅷ郭(千畳敷郭)の場所。

    野崎側からの飯盛山(飯盛城跡)の眺め。

    写真ほぼ中央の電波塔(NHK・FM受信所)は、飯盛城跡Ⅷ郭(千畳敷郭)の場所。

  • 野崎観音(慈眼寺)参道。

    野崎観音(慈眼寺)参道。

  • 野崎観音(慈眼寺)。<br />長い階段を登る。

    野崎観音(慈眼寺)。
    長い階段を登る。

  • 野崎観音(慈眼寺)、山門。

    野崎観音(慈眼寺)、山門。

  • 野崎観音(慈眼寺)、本堂。<br />十一面観世音菩薩(平安中期)を本尊とする曹洞宗の禅寺。行基によって約1300年前の天平勝宝年間に開山。

    野崎観音(慈眼寺)、本堂。
    十一面観世音菩薩(平安中期)を本尊とする曹洞宗の禅寺。行基によって約1300年前の天平勝宝年間に開山。

  • 野崎観音(慈眼寺)。<br />本堂裏手に飯盛山ハイキングコースがある。

    野崎観音(慈眼寺)。
    本堂裏手に飯盛山ハイキングコースがある。

  • 野崎観音(慈眼寺)、石造九重層塔。<br />石塔は昭和初期まで九層だったが、最上層と相輪を失い、現在は高さ2.8mの八重層塔。<br />1294年(永仁2年)の造立銘があり、74字の金石文を礎石に刻する北河内最古の層塔。<br /><br />野崎城の曲輪跡に建っている。

    野崎観音(慈眼寺)、石造九重層塔。
    石塔は昭和初期まで九層だったが、最上層と相輪を失い、現在は高さ2.8mの八重層塔。
    1294年(永仁2年)の造立銘があり、74字の金石文を礎石に刻する北河内最古の層塔。

    野崎城の曲輪跡に建っている。

  • 石造九重層塔からの眺望。<br />真下は野崎観音(慈眼寺)本堂。

    石造九重層塔からの眺望。
    真下は野崎観音(慈眼寺)本堂。

  • 野崎城跡。本曲輪。<br />

    野崎城跡。本曲輪。

  • 野崎城跡の解説板。<br />野崎観音(慈眼寺)の裏山、飯盛山南西の尾根標高114.4mに本曲輪が築かれた山城。<br /><br />野崎観音から飯盛山のハイキングコースは、曲輪を2箇所通り本曲輪に着く。本曲輪から下りとなり、そこが堀切となる。

    野崎城跡の解説板。
    野崎観音(慈眼寺)の裏山、飯盛山南西の尾根標高114.4mに本曲輪が築かれた山城。

    野崎観音から飯盛山のハイキングコースは、曲輪を2箇所通り本曲輪に着く。本曲輪から下りとなり、そこが堀切となる。

  • 野崎城堀切跡。<br />本曲輪の南東側にある。

    野崎城堀切跡。
    本曲輪の南東側にある。

  • 沢を渡る。

    沢を渡る。

  • 道標。<br />左側が七曲がりを経て飯盛山へのハイキングコース。<br />右側(写真の道)は灌頂の滝へ。滝で道は途切れる(行き止まり)。

    道標。
    左側が七曲がりを経て飯盛山へのハイキングコース。
    右側(写真の道)は灌頂の滝へ。滝で道は途切れる(行き止まり)。

  • 灌頂の滝への道、枯れ枝で塞がれ荒れた谷沿い斜面の細い道。

    灌頂の滝への道、枯れ枝で塞がれ荒れた谷沿い斜面の細い道。

  • 灌頂の滝。<br /><br />滝より先は、踏み跡らしき跡があったので、滝横斜面を登る。少し登るとルートではないと実感する。が、斜面を下る方が危険と判断して、滑り落ちないように、這うようにして枝を掴み掴みよじ登る。

    灌頂の滝。

    滝より先は、踏み跡らしき跡があったので、滝横斜面を登る。少し登るとルートではないと実感する。が、斜面を下る方が危険と判断して、滑り落ちないように、這うようにして枝を掴み掴みよじ登る。

  • 灌頂の滝50m程上にあった洞窟。<br /><br />木の枝を掴み掴み、滑り落ちそうになりながら灌頂の滝の斜面を登ると、洞窟に出る。<br />人工的な施しが確認でき、登山道が近いと実感。<br />遭難しなかった事にホットする。低山だと舐めていたことに反省。<br /><br />洞窟内には献花があった。不気味さを感じる。

    灌頂の滝50m程上にあった洞窟。

    木の枝を掴み掴み、滑り落ちそうになりながら灌頂の滝の斜面を登ると、洞窟に出る。
    人工的な施しが確認でき、登山道が近いと実感。
    遭難しなかった事にホットする。低山だと舐めていたことに反省。

    洞窟内には献花があった。不気味さを感じる。

  • 洞窟の上には石碑があり、ハイキングコースにでた。<br /><br />この場所は、ハイキングコースの七曲がりを登り切った先付近。

    洞窟の上には石碑があり、ハイキングコースにでた。

    この場所は、ハイキングコースの七曲がりを登り切った先付近。

  • ハイキングコース上にある、祠。

    ハイキングコース上にある、祠。

  • 辻ノ新池。

    辻ノ新池。

  • 城跡付近のハイキングコースは、戦国ロマンロードと名付けられている。<br />飯盛城跡内に入ると、曲輪を取り巻くように道が色々と枝分かれし、道標もほとんどない。<br /><br />ハイキングコースは、虎口~Ⅸ郭(南丸)~ NHK・FM受信所のあるⅧ郭(千畳敷郭)~飯盛山最高峰のⅠ郭(高櫓郭)~展望台のあるⅡ郭(本郭)~Ⅲ郭~登山三百回記念碑のあるⅤ郭(御体塚郭)~飯盛山史蹟碑のあるⅥ郭がルート。<br /><br />「飯盛城跡石垣ガイド」で、虎口~Ⅸ郭(南丸)~ NHK・FM受信所のあるⅧ郭(千畳敷郭)~飯盛山最高峰のⅠ郭(高櫓郭)~展望台のあるⅡ郭(本郭)~楠公寺のあるX郭(馬場)~Ⅲ郭~登山三百回記念碑のあるⅤ郭(御体塚郭)~飯盛山史蹟碑のあるⅥ郭の順に歩き、曲輪・堀切・土塁・石垣遺構を実感しながら隈なく歩く。<br />

    城跡付近のハイキングコースは、戦国ロマンロードと名付けられている。
    飯盛城跡内に入ると、曲輪を取り巻くように道が色々と枝分かれし、道標もほとんどない。

    ハイキングコースは、虎口~Ⅸ郭(南丸)~ NHK・FM受信所のあるⅧ郭(千畳敷郭)~飯盛山最高峰のⅠ郭(高櫓郭)~展望台のあるⅡ郭(本郭)~Ⅲ郭~登山三百回記念碑のあるⅤ郭(御体塚郭)~飯盛山史蹟碑のあるⅥ郭がルート。

    「飯盛城跡石垣ガイド」で、虎口~Ⅸ郭(南丸)~ NHK・FM受信所のあるⅧ郭(千畳敷郭)~飯盛山最高峰のⅠ郭(高櫓郭)~展望台のあるⅡ郭(本郭)~楠公寺のあるX郭(馬場)~Ⅲ郭~登山三百回記念碑のあるⅤ郭(御体塚郭)~飯盛山史蹟碑のあるⅥ郭の順に歩き、曲輪・堀切・土塁・石垣遺構を実感しながら隈なく歩く。

  • 虎口。<br />両側に石垣が残っている。

    虎口。
    両側に石垣が残っている。

  • 虎口の解説板。

    虎口の解説板。

  • 虎口の右手の石垣。

    虎口の右手の石垣。

  • 虎口を過ぎると、Ⅸ郭(南丸)。

    虎口を過ぎると、Ⅸ郭(南丸)。

  • Ⅸ郭(南丸)の解説板。<br />土塁跡。

    Ⅸ郭(南丸)の解説板。
    土塁跡。

  • Ⅸ郭(南丸)。

    Ⅸ郭(南丸)。

  • Ⅸ郭(南丸)の土塁跡。

    Ⅸ郭(南丸)の土塁跡。

  • Ⅸ郭(南郭)からⅧ郭(千畳敷郭)に入る。

    Ⅸ郭(南郭)からⅧ郭(千畳敷郭)に入る。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)の解説板。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)の解説板。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)。<br />NHK・FM受信所。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)。
    NHK・FM受信所。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)の土塁跡。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)の土塁跡。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭の間の堀切。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭の間の堀切。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭の間の堀切。<br />写真上部はⅧ郭(千畳敷郭)。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭の間の堀切。
    写真上部はⅧ郭(千畳敷郭)。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭(高櫓郭)の間の土橋の解説板。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭(高櫓郭)の間の土橋の解説板。

  • Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭(高櫓郭)の間の土橋。

    Ⅷ郭(千畳敷郭)とⅠ郭(高櫓郭)の間の土橋。

  • 飯盛山最高峰(314m)は、Ⅰ郭(高櫓郭)。<br /><br />飯盛城址碑・小楠公(楠木正行)像・国旗掲揚台・飯盛城址案内マップがある。

    飯盛山最高峰(314m)は、Ⅰ郭(高櫓郭)。

    飯盛城址碑・小楠公(楠木正行)像・国旗掲揚台・飯盛城址案内マップがある。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)。飯盛城址碑。

    Ⅰ郭(高櫓郭)。飯盛城址碑。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)に立つ、飯盛城址案内マップ。

    Ⅰ郭(高櫓郭)に立つ、飯盛城址案内マップ。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)の小楠公(楠木正行)像。

    Ⅰ郭(高櫓郭)の小楠公(楠木正行)像。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)の小楠公(楠木正行)像。

    Ⅰ郭(高櫓郭)の小楠公(楠木正行)像。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)の国旗掲揚台。

    Ⅰ郭(高櫓郭)の国旗掲揚台。

  • Ⅱ郭(本郭)。 <br />Ⅱ郭(本郭)には展望台がある。<br />展望台より、Ⅰ郭(高櫓郭)を望む。

    Ⅱ郭(本郭)。 
    Ⅱ郭(本郭)には展望台がある。
    展望台より、Ⅰ郭(高櫓郭)を望む。

  • Ⅱ郭(本郭)、展望台にある三好長慶の解説板。

    Ⅱ郭(本郭)、展望台にある三好長慶の解説板。

  • Ⅱ郭(本郭)、展望台からの大阪の眺め。

    Ⅱ郭(本郭)、展望台からの大阪の眺め。

  • Ⅱ郭(本郭)の北西側斜面の石垣。

    Ⅱ郭(本郭)の北西側斜面の石垣。

  • X郭(馬場)の北西部の石垣。

    X郭(馬場)の北西部の石垣。

  • X郭(馬場)跡に建つ楠公寺。<br />楠木正行をはじめ「四條畷の戦い」の戦死者を弔うために開山。

    X郭(馬場)跡に建つ楠公寺。
    楠木正行をはじめ「四條畷の戦い」の戦死者を弔うために開山。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)とⅡ郭(本郭)の東斜面下の石垣。

    Ⅰ郭(高櫓郭)とⅡ郭(本郭)の東斜面下の石垣。

  • Ⅰ郭(高櫓郭)とⅡ郭(本郭)の東斜面下の石垣。<br /><br />Ⅲ郭とⅣ郭(三本松郭)の曲輪跡は素通り。<br /><br />各尾根筋には曲輪群A~曲輪群Fと名付けられた6箇所の曲輪がある。Ⅲ郭から連なる曲輪群Aだけハイキングコース上にある。

    Ⅰ郭(高櫓郭)とⅡ郭(本郭)の東斜面下の石垣。

    Ⅲ郭とⅣ郭(三本松郭)の曲輪跡は素通り。

    各尾根筋には曲輪群A~曲輪群Fと名付けられた6箇所の曲輪がある。Ⅲ郭から連なる曲輪群Aだけハイキングコース上にある。

  • V郭(御体塚郭)の南西斜面の石垣。

    V郭(御体塚郭)の南西斜面の石垣。

  • V郭(御体塚郭)。<br />V郭(御体塚郭)の登山三百回記念碑。

    V郭(御体塚郭)。
    V郭(御体塚郭)の登山三百回記念碑。

  • V郭(御体塚郭)の北東斜面の石垣。

    V郭(御体塚郭)の北東斜面の石垣。

  • V郭(御体塚郭)とⅥ郭の間の堀切。

    V郭(御体塚郭)とⅥ郭の間の堀切。

  • V郭(御体塚郭)とⅥ郭の間の堀切。 

    V郭(御体塚郭)とⅥ郭の間の堀切。 

  • Ⅵ郭。

    Ⅵ郭。

  • Ⅵ郭。<br />Ⅵ郭は「眺望270°スポット」と呼ばれ、比叡山・比良山・京都市内(京都タワー)・大山崎・高槻・中山連山・六甲山・神戸・和泉山系と大阪平野全域を眺められる。ここに城がある意図が理解できる眺望。<br /><br />Ⅵ郭で昼食。休憩するにはベストの場所。

    Ⅵ郭。
    Ⅵ郭は「眺望270°スポット」と呼ばれ、比叡山・比良山・京都市内(京都タワー)・大山崎・高槻・中山連山・六甲山・神戸・和泉山系と大阪平野全域を眺められる。ここに城がある意図が理解できる眺望。

    Ⅵ郭で昼食。休憩するにはベストの場所。

  • Ⅵ郭からの眺望。<br />和泉山系方向とあべのハルカス。

    Ⅵ郭からの眺望。
    和泉山系方向とあべのハルカス。

  • Ⅵ郭からの眺望。<br />大阪市内中心部と六甲山系須磨方向の眺望。

    Ⅵ郭からの眺望。
    大阪市内中心部と六甲山系須磨方向の眺望。

  • Ⅵ郭からの眺望。<br />高槻・大山崎・京都市内方向の眺望。

    Ⅵ郭からの眺望。
    高槻・大山崎・京都市内方向の眺望。

  • Ⅵ郭。<br />Ⅵ郭の飯盛山史蹟碑。

    Ⅵ郭。
    Ⅵ郭の飯盛山史蹟碑。

  • Ⅵ郭から四條畷神社への登山道は、ほぼ階段状の道。<br /><br />階段状の道は、登りも下りも歩きにくい。

    Ⅵ郭から四條畷神社への登山道は、ほぼ階段状の道。

    階段状の道は、登りも下りも歩きにくい。

  • 四條畷神社。<br />南北朝時代、四條畷の合戦で足利軍との戦いに敗れた楠木正行と一族の将士24人を祀る神社。1890年(明治23年)に創建。<br />「大楠公」は父楠木正成、息子楠木正行は「小楠公」。

    四條畷神社。
    南北朝時代、四條畷の合戦で足利軍との戦いに敗れた楠木正行と一族の将士24人を祀る神社。1890年(明治23年)に創建。
    「大楠公」は父楠木正成、息子楠木正行は「小楠公」。

  • 四條畷神社。

    四條畷神社。

  • 四條畷側からの飯盛山(飯盛城跡)の眺め。<br /><br />写真ほぼ中央の電波塔(NHK・FM受信所)は、飯盛城跡Ⅷ郭(千畳敷郭)の場所。<br />

    四條畷側からの飯盛山(飯盛城跡)の眺め。

    写真ほぼ中央の電波塔(NHK・FM受信所)は、飯盛城跡Ⅷ郭(千畳敷郭)の場所。

  • JR四條畷駅到着。<br />13:07発の電車に乗車。

    JR四條畷駅到着。
    13:07発の電車に乗車。

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

大東・四条畷の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集