台北旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本へ帰国&一週間の隔離生活が終了 高雄 2022/02/20<br /><br />本日、台北松山発15:35、羽田着19:25で日本へ戻ります。妻と12時半頃、空港に着ける高鐵に乗りました。<br />台北からは、地下鉄を乗り継いで松山空港駅まで行きました。<br />松山空港に来るのは、本当に久しぶりです。飛行機は、JALとチャイナエアーラインのコードシュア便で、搭乗手続きする人は、14,5名位でした。前回の帰国では、日本入国の際、必要となる質問票の入力でかなりの時間を費やしましたが、今回は、台湾ではありませんでした。<br />質問票は日本入国の時に、必要となる書類で、空港会社側の好意で、入国の際スムーズに入国できるように事前に台湾でしていましたが、文字化けなどバグのオンパレードの出来の悪いアプリケーションソフトで、入力を完成するまで、悪戦苦闘をしましました。日本に着いても、質問票にミスがあっても、修正することは出来ず、結局は日本で再入力をするしかなく、本当に役所は、徒労に終わるつまらない作業を強要したものです。<br />何ということはない、台湾で質問票の入力が無ければ、空港に到着するのは3時間前でなく、2時間前でよかったですよ。<br /><br />必要なものとして、<br />台湾出国の時は、パスポート、陰性証明書、台湾で使用できるスマフォ<br />日本入国の時は、パスポート、陰性証明書、質問票、日本で使用できるスマフォ<br />質問票は、厚生労働省のページからダウンロードできます。<br />厚生労働省のページ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00251.html<br />ワクチン接種証明書のアドバンテージは台湾も日本もありませんでした。<br />スマフォは、追跡アプリMySOSを使用の為<br /><br />松山空港を利用したのは、羽田着の航空券が桃園でなく、松山でした。前回、成田発の専用タクシーは予約できず、今回は、羽田着を選びました。<br />空港からの専用タクシーは成田空港から八王子までは4~5万円、航空券代は2.5万円、<br />羽田空港から八王子までは2.7万円、航空券代は5万円位です。<br /><br />搭乗手続きを終えて、食事をしようと空港内を回ってみましたが、2、3軒位のお店が営業しており、その中の1軒に入り、牛肉麺を注文しました。空港内のせいか、店内のソーシャルディスタンスは徹底しており、隣り合わせで食事は認めず、順番待ちのお客がお店の前に並んでいました。<br /><br />機内では、誓約書など2,3の書類を書かされました。スマフォを持っていない人にはレンタルすることに同意するかしないか云々などの項目もありました。<br /><br />定刻通り、羽田に着きました。誘導員の指示に導かれて、夢遊病者の様に前の人に従って、細長い空港内を進んで行きます。所々に、PCR検査などが書かれた表示板、行先版が置かれ係官が待機し、書類の回収、質問、アプリのダウンロード、PCR検査などを手際よく対応していました。<br /><br />質問票の所では、係員から、「質問票はお済ですか?」と言われ、前回、日本の空港で入力したので、「済んでいません、事前にやるのですか?」と聞くと、「皆さん、やられていますよ」とやや上から見線、「前回のアプリは酷かった、知っています?」に対しては、スルー。係員に促されて、QRコードを読み込んで、早速入力開始、若干問題はありましたが、断然、良くなっていますね。作業は1,2分で終わりました。<br />乗降客が少ない間は、日本空港内で入力するのは良いと思いますが、多くなってきた場合は、PCR検査もありますので、事前に入力しておくと早く解放されるように思います。<br /><br />次に進み、ここでも、又同じような書類を書かされました。「同じような書類を書かされますね」と言うと「すいません」と言う返事。<br /><br />MySOSのコーナーでは、「ダウンロードをしていますか?」聞かれ、前回、ダウンロードした画面を見せながら、「去年は、何にも、追跡調査はしていませんでしたね。」と言うと、またまたスルー。<br />今回は、前回全くしていなかった、メール、携帯電話の確認、空港からの移動手段をしっかり聞かれました。<br />これでなくちゃ。また、指定された待機場所の住所以外の所では、現在地場所報告はしないで下さいと言われました。管理する方の負担が増えるからでしょうか。<br /><br />対応してくれた係員は7,8人でしたが、殆どが外国人でした。皆さん流ちょうな日本語を話しましたが、イントネーションが違っていました。台湾の話題をしても、スルーでしたので、台湾人ではないようでした。因みに、専用タクシーの運手さんもイントネーションが違っていたので、日本人ではない感じがしました。外国の方が多くなりましたね。<br /><br />PCR検査(強制なので、無料です。)が陰性でしたので、やっと空港から出ることができました。<br />後は、事前に予約していた専用タクシーで自宅に帰るだけです。<br />専用タクシーの予約は、台湾から行いました。ネットで「VIP配車タクシー」を探し、ここにしました。<br />低価格、LINEでやり取りができる、振込が可能、でしたのでここに決めました。<br />因みに、羽田空港からは八王子までは、高速代を入れて27,890円でした。<br />事前にした待ち合わせ時間は、到着時間+3時間にしていましたが、早めに出られたので、その旨を連絡すると、早めに来てくれました。日本空港に着いた時に、一報を入れ、解放される時間を告げると、きめ細かく対応をしてくれました。<br /><br />

日本へ帰国&一週間の隔離生活が終了 高雄 2022/02/20

55いいね!

2022/02/20 - 2022/02/27

2361位(同エリア26709件中)

2

34

台湾見聞録

台湾見聞録さん

日本へ帰国&一週間の隔離生活が終了 高雄 2022/02/20

本日、台北松山発15:35、羽田着19:25で日本へ戻ります。妻と12時半頃、空港に着ける高鐵に乗りました。
台北からは、地下鉄を乗り継いで松山空港駅まで行きました。
松山空港に来るのは、本当に久しぶりです。飛行機は、JALとチャイナエアーラインのコードシュア便で、搭乗手続きする人は、14,5名位でした。前回の帰国では、日本入国の際、必要となる質問票の入力でかなりの時間を費やしましたが、今回は、台湾ではありませんでした。
質問票は日本入国の時に、必要となる書類で、空港会社側の好意で、入国の際スムーズに入国できるように事前に台湾でしていましたが、文字化けなどバグのオンパレードの出来の悪いアプリケーションソフトで、入力を完成するまで、悪戦苦闘をしましました。日本に着いても、質問票にミスがあっても、修正することは出来ず、結局は日本で再入力をするしかなく、本当に役所は、徒労に終わるつまらない作業を強要したものです。
何ということはない、台湾で質問票の入力が無ければ、空港に到着するのは3時間前でなく、2時間前でよかったですよ。

必要なものとして、
台湾出国の時は、パスポート、陰性証明書、台湾で使用できるスマフォ
日本入国の時は、パスポート、陰性証明書、質問票、日本で使用できるスマフォ
質問票は、厚生労働省のページからダウンロードできます。
厚生労働省のページ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00251.html
ワクチン接種証明書のアドバンテージは台湾も日本もありませんでした。
スマフォは、追跡アプリMySOSを使用の為

松山空港を利用したのは、羽田着の航空券が桃園でなく、松山でした。前回、成田発の専用タクシーは予約できず、今回は、羽田着を選びました。
空港からの専用タクシーは成田空港から八王子までは4~5万円、航空券代は2.5万円、
羽田空港から八王子までは2.7万円、航空券代は5万円位です。

搭乗手続きを終えて、食事をしようと空港内を回ってみましたが、2、3軒位のお店が営業しており、その中の1軒に入り、牛肉麺を注文しました。空港内のせいか、店内のソーシャルディスタンスは徹底しており、隣り合わせで食事は認めず、順番待ちのお客がお店の前に並んでいました。

機内では、誓約書など2,3の書類を書かされました。スマフォを持っていない人にはレンタルすることに同意するかしないか云々などの項目もありました。

定刻通り、羽田に着きました。誘導員の指示に導かれて、夢遊病者の様に前の人に従って、細長い空港内を進んで行きます。所々に、PCR検査などが書かれた表示板、行先版が置かれ係官が待機し、書類の回収、質問、アプリのダウンロード、PCR検査などを手際よく対応していました。

質問票の所では、係員から、「質問票はお済ですか?」と言われ、前回、日本の空港で入力したので、「済んでいません、事前にやるのですか?」と聞くと、「皆さん、やられていますよ」とやや上から見線、「前回のアプリは酷かった、知っています?」に対しては、スルー。係員に促されて、QRコードを読み込んで、早速入力開始、若干問題はありましたが、断然、良くなっていますね。作業は1,2分で終わりました。
乗降客が少ない間は、日本空港内で入力するのは良いと思いますが、多くなってきた場合は、PCR検査もありますので、事前に入力しておくと早く解放されるように思います。

次に進み、ここでも、又同じような書類を書かされました。「同じような書類を書かされますね」と言うと「すいません」と言う返事。

MySOSのコーナーでは、「ダウンロードをしていますか?」聞かれ、前回、ダウンロードした画面を見せながら、「去年は、何にも、追跡調査はしていませんでしたね。」と言うと、またまたスルー。
今回は、前回全くしていなかった、メール、携帯電話の確認、空港からの移動手段をしっかり聞かれました。
これでなくちゃ。また、指定された待機場所の住所以外の所では、現在地場所報告はしないで下さいと言われました。管理する方の負担が増えるからでしょうか。

対応してくれた係員は7,8人でしたが、殆どが外国人でした。皆さん流ちょうな日本語を話しましたが、イントネーションが違っていました。台湾の話題をしても、スルーでしたので、台湾人ではないようでした。因みに、専用タクシーの運手さんもイントネーションが違っていたので、日本人ではない感じがしました。外国の方が多くなりましたね。

PCR検査(強制なので、無料です。)が陰性でしたので、やっと空港から出ることができました。
後は、事前に予約していた専用タクシーで自宅に帰るだけです。
専用タクシーの予約は、台湾から行いました。ネットで「VIP配車タクシー」を探し、ここにしました。
低価格、LINEでやり取りができる、振込が可能、でしたのでここに決めました。
因みに、羽田空港からは八王子までは、高速代を入れて27,890円でした。
事前にした待ち合わせ時間は、到着時間+3時間にしていましたが、早めに出られたので、その旨を連絡すると、早めに来てくれました。日本空港に着いた時に、一報を入れ、解放される時間を告げると、きめ細かく対応をしてくれました。

旅行の満足度
3.0
グルメ
3.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
タクシー 飛行機
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

55いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 台湾見聞録さん 2022/03/03 23:31:50
    まるきゅーさん 今晩は
    >後一つ質問ですが陰性証明書は印刷していきましたか?デジタルでも問題ないですか?
    台湾の病院で発行した、日文、英文、中文の紙の陰性証明書を、そのまま提出したので、デジタルでいいかどうかは判りません。どうもすいません。
    私も、厚生省のHPなど調べましたが、媒体の記載はないですね。
    可能であれば、一応、印刷しておいた方が無難かと。
    気をつけてお帰り下さい。
  • まるきゅーさん 2022/03/03 19:20:49
    旅行記で紹介させてもらうこと確定しました(笑)
    台湾見聞録様、こんにちは。
    帰国時羽田なので動線がよくわかりました。
    これ旅行記で紹介させていただきます(確定)
    僕はフィジーから23時間(フィジー時間での計算)の旅で帰国しますが、トランジットが9時間超となりました。
    日本の必要書類はこまめに調べています。一応必要なアプリはスマホに入れました。
    後一つ質問ですが陰性証明書は印刷していきましたか?デジタルでも問題ないですか?
    3月からフィジー(豪州)に対する隔離がなくなったので僕も7日間待機(3日目に検査すれば4日目から待機解除)となりそうです。まるきゅー

台湾見聞録さんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

台湾で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
台湾最安 160円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

台湾の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集