モンサンミッシェル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ロマンチック街道 ローテンブルク観光<br />10月2日<br /> 中部国際空港~フレンクフルト<br />  仕掛け時計(マイスタートゥルンワ・市長の一気飲み)<br /><br />10月3日<br /> ローテンブルク観光<br /> ビーズ教会<br /><br />ロマンチック街道 ノイシュバンシュタイン城<br />10月4日<br /> ノイシュバンシュタイン城<br /> ドイツ~オーストリア~スイス移動<br /><br />ロマンチック街道 スイス編<br />10月5日<br /> インターラーケン~ユングフラウ<br /> ユングフラウ鉄道でユングフラウヨッホ<br /> TGVフランス新幹線にてパリ、リヨン駅<br /><br />ロマンチック街道 パリ編<br />10月6日<br /> パリ市内観光<br /><br />ロマンチック街道 モンサンミッシェル<br />10月7日<br /> モンサンミッシェル<br /><br />10月8日<br /> ドゴール空港~フランクフルト空港<br /> 名古屋へ 

ロマンチック街道 モンサンミッシェル

28いいね!

2012/10/02 - 2012/10/08

204位(同エリア1829件中)

0

76

ys3158さん

ロマンチック街道 ローテンブルク観光
10月2日
 中部国際空港~フレンクフルト
  仕掛け時計(マイスタートゥルンワ・市長の一気飲み)

10月3日
 ローテンブルク観光
 ビーズ教会

ロマンチック街道 ノイシュバンシュタイン城
10月4日
 ノイシュバンシュタイン城
 ドイツ~オーストリア~スイス移動

ロマンチック街道 スイス編
10月5日
 インターラーケン~ユングフラウ
 ユングフラウ鉄道でユングフラウヨッホ
 TGVフランス新幹線にてパリ、リヨン駅

ロマンチック街道 パリ編
10月6日
 パリ市内観光

ロマンチック街道 モンサンミッシェル
10月7日
 モンサンミッシェル

10月8日
 ドゴール空港~フランクフルト空港
 名古屋へ 

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
観光バス 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 10月7日<br />パリを出発、ノルマンディー地方へ。<br /> モンサンミッシェルに向けて出発。

    10月7日
    パリを出発、ノルマンディー地方へ。
     モンサンミッシェルに向けて出発。

  • モンサンミッシェル近郊にて昼食です。

    モンサンミッシェル近郊にて昼食です。

  • モンサンミッシェル近郊にて昼食。

    モンサンミッシェル近郊にて昼食。

  • モンサンミッシェル近郊にて昼食、レストランに入ります。

    モンサンミッシェル近郊にて昼食、レストランに入ります。

  • 食事には付き物のビールを注文します。

    食事には付き物のビールを注文します。

  • 有名なふわふわオムレツです。どんな味がするのでしょうか?

    イチオシ

    有名なふわふわオムレツです。どんな味がするのでしょうか?

  • 外側は焦げ目がついていますが、中は見ての通りです。<br /> まろやかでふわふわ美味しい。

    外側は焦げ目がついていますが、中は見ての通りです。
     まろやかでふわふわ美味しい。

  • ローストポーク、メインの料理です。

    ローストポーク、メインの料理です。

  • アップルタルト。

    アップルタルト。

  • 昼食のレストランを後にして、モンサンミッシェルに向け出発。

    昼食のレストランを後にして、モンサンミッシェルに向け出発。

  • バスはここまでこれ以上モンサンミッシェルは行く事が出来ません、ここからは歩いてモンサンミッシェルまで行くことになります。

    バスはここまでこれ以上モンサンミッシェルは行く事が出来ません、ここからは歩いてモンサンミッシェルまで行くことになります。

  • モンサンミッシェルに向けてみんなで歩いています。

    モンサンミッシェルに向けてみんなで歩いています。

  • モンサンミッシェルへ少しずつ近づいています、帰る人大勢の観光客です。

    モンサンミッシェルへ少しずつ近づいています、帰る人大勢の観光客です。

  • 世界遺産<br /> モンサンミッシェル到着。

    世界遺産
     モンサンミッシェル到着。

  • 空気も澄み切っています。<br /> モンサンミッシェルも一段と綺麗に見えますね。

    イチオシ

    地図を見る

    空気も澄み切っています。
     モンサンミッシェルも一段と綺麗に見えますね。

  • ラ・メール・プーラール。<br /> 有名なふわふわオムレツを作っています。

    ラ・メール・プーラール。
     有名なふわふわオムレツを作っています。

  • 有名なふわふわオムレツ作りの作業中です。

    イチオシ

    地図を見る

    有名なふわふわオムレツ作りの作業中です。

  • これからモンサンミッシェル修道院に入ります、昔から多数の人が通った王の門です。

    これからモンサンミッシェル修道院に入ります、昔から多数の人が通った王の門です。

  • 王の門を潜った場内の風景です。<br /> 左手は郵便局で、右側は外郭の城壁。

    王の門を潜った場内の風景です。
     左手は郵便局で、右側は外郭の城壁。

  • 門を島内側から見てみるとこんな感じ。<br /> 上にはキリスト像ですか?

    門を島内側から見てみるとこんな感じ。
     上にはキリスト像ですか?

  • 門をくぐってもお土産屋さんが続きます。<br /> メインストリートの上には道にまたがる渡り廊下が。

    門をくぐってもお土産屋さんが続きます。
     メインストリートの上には道にまたがる渡り廊下が。

  • モンサンミッシェルのメインストリートは全長150mくらいです。<br /> モンサンミッシェルの中はどこでも同じようなみやげ物、レストランが並んでます。

    モンサンミッシェルのメインストリートは全長150mくらいです。
     モンサンミッシェルの中はどこでも同じようなみやげ物、レストランが並んでます。

  • これから細い階段を上り城の中へ。

    これから細い階段を上り城の中へ。

  • サン・ピエール教会から進む墓地です。

    サン・ピエール教会から進む墓地です。

  • 修道院の周りも立体迷路のように道があって楽しかったです。

    修道院の周りも立体迷路のように道があって楽しかったです。

  • 修道院へ向かう。

    修道院へ向かう。

  • これから城の中へ入ります。

    これから城の中へ入ります。

  • 修道院。

    修道院。

  • このテラスからの眺めも壮大でした。<br /> フランスって平たんですね。

    このテラスからの眺めも壮大でした。
     フランスって平たんですね。

  • 1987年に、修復された大天使ミカエル像がヘリコプターで運ばれ設置される様子が再現されています。

    1987年に、修復された大天使ミカエル像がヘリコプターで運ばれ設置される様子が再現されています。

  • 修道院 付属教会正面。<br /> 西のテラスに面して建つ、ロマネスク様式の教会で1000年~1010年の間に完成。

    修道院 付属教会正面。
     西のテラスに面して建つ、ロマネスク様式の教会で1000年~1010年の間に完成。

  • 階段を上ると(ソー・ゴーティエ) と呼ばれるテラスに出ます。<br /> ソー とは「跳躍」 とか「飛び込み」 という意味で恋愛に絶望し、飛び降り自殺した囚人の名に由来するそうです。

    イチオシ

    地図を見る

    階段を上ると(ソー・ゴーティエ) と呼ばれるテラスに出ます。
     ソー とは「跳躍」 とか「飛び込み」 という意味で恋愛に絶望し、飛び降り自殺した囚人の名に由来するそうです。

  • テラスからの風景です。<br /> 島のあるサンマロ湾は、潮の干満差が15m以上とヨーロッパでも最大級で<br />潮の満ちる速さは馬が駆けるほどの速さなのだとか。<br /> 干潮時に島へ歩いて渡るしかなかった時代に、多くの巡礼者が波に呑まれ<br />命を落としたそうです。

    テラスからの風景です。
     島のあるサンマロ湾は、潮の干満差が15m以上とヨーロッパでも最大級で
    潮の満ちる速さは馬が駆けるほどの速さなのだとか。
     干潮時に島へ歩いて渡るしかなかった時代に、多くの巡礼者が波に呑まれ
    命を落としたそうです。

  • 修道院なので祈りの場があります。<br /> 1000年より1010年の間に建築された教会は、標高80mの岩山の頂上に鎮座しております。<br /> 当時はロマネスク様式の建造物だったのですが、現在は半分くらいしか残っていません。写真は1523年に完成したゴシック様式の内陣。

    修道院なので祈りの場があります。
     1000年より1010年の間に建築された教会は、標高80mの岩山の頂上に鎮座しております。
     当時はロマネスク様式の建造物だったのですが、現在は半分くらいしか残っていません。写真は1523年に完成したゴシック様式の内陣。

  • 修道院付属教会。<br />大きいです。

    イチオシ

    地図を見る

    修道院付属教会。
    大きいです。

  • 身廊の天井部分の板張りヴォールト。<br /> これは過重を軽減するためのもので、薄い板に覆われた曲面天井です。<br />

    身廊の天井部分の板張りヴォールト。
     これは過重を軽減するためのもので、薄い板に覆われた曲面天井です。

  • 祭壇脇には木彫りの聖ミカエル像。

    祭壇脇には木彫りの聖ミカエル像。

  • 床のモザイクです。さりげない模様ですが、丁寧な仕事ぶりがよくわかります。

    床のモザイクです。さりげない模様ですが、丁寧な仕事ぶりがよくわかります。

  • 回廊を回っていきます。<br /> こちらの天井も板張りヴォールトです。<br /> 

    回廊を回っていきます。
     こちらの天井も板張りヴォールトです。
     

  • 僧達の瞑想の空間<br /> ここは別棟に向かう分岐点なのですが、修道僧のみなさんにとっては「祈りと瞑想の場」でした。

    僧達の瞑想の空間
     ここは別棟に向かう分岐点なのですが、修道僧のみなさんにとっては「祈りと瞑想の場」でした。

  • モンサンミッシェル修道院はモンサンミッシェルの北側に位置し低階層、中階層、上階層と三層のゴシック様式の建物でできています。<br /> その美しさからラ・メルヴェイユ(驚嘆)と呼ばれています。1212年に着工が始まり16年かけて造り上げた建物で着工される前のロマネス様式と完成後のゴシック様式の建築です。

    モンサンミッシェル修道院はモンサンミッシェルの北側に位置し低階層、中階層、上階層と三層のゴシック様式の建物でできています。
     その美しさからラ・メルヴェイユ(驚嘆)と呼ばれています。1212年に着工が始まり16年かけて造り上げた建物で着工される前のロマネス様式と完成後のゴシック様式の建築です。

  • 円柱をわずかにずらすことで、変化のある視覚効果があらわれ、周囲を歩くと柱が無限に続くような錯覚におちいります。

    円柱をわずかにずらすことで、変化のある視覚効果があらわれ、周囲を歩くと柱が無限に続くような錯覚におちいります。

  • ゴシック様式のアーチが美しい。

    ゴシック様式のアーチが美しい。

  • アーチの上には装飾がされていて、すべてが違うデザイン。

    アーチの上には装飾がされていて、すべてが違うデザイン。

  • 食事中はただひたすら神への感謝を示し一切口をきいてはいけない決まりだそうです。<br />

    食事中はただひたすら神への感謝を示し一切口をきいてはいけない決まりだそうです。

  • 修道僧の説教が隅々まで行き渡るように設計されています。<br /> 修道僧は説教を聴きつつ、沈黙のうちに食事をとったそうです。

    修道僧の説教が隅々まで行き渡るように設計されています。
     修道僧は説教を聴きつつ、沈黙のうちに食事をとったそうです。

  • 最上階の回廊の隣にある食堂は、中に入ると両側には細長い59個もの窓があります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           <br /> 当時、修道士たちは静かに食事をして聖人伝などを聞いていました。食堂の天井部分は重量を軽減するために木でできています。<br />

    最上階の回廊の隣にある食堂は、中に入ると両側には細長い59個もの窓があります。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
     当時、修道士たちは静かに食事をして聖人伝などを聞いていました。食堂の天井部分は重量を軽減するために木でできています。

  • モンサンミッシェルの修道院の内核部分には、石で造られたレリーフがあります。<br /> そこには伝説に出てくるアヴランシュの司教オベールが聖ミカエル(聖ミカエルとは天使の上に立つ位の高い天使)からお告げを受けてる場面が掘られています。<br /><br />

    モンサンミッシェルの修道院の内核部分には、石で造られたレリーフがあります。
     そこには伝説に出てくるアヴランシュの司教オベールが聖ミカエル(聖ミカエルとは天使の上に立つ位の高い天使)からお告げを受けてる場面が掘られています。

  • 構造図を見てもらえればわかるように、この真上は食堂となっております。ここは王や貴族などの身分の高い人をもてなしたお部屋だそうで、すぐ食事が整えられるようにカマドなどが設けられています。<br /> この部屋もゴシック様式アーチ型の天井と葉型模様の装飾が大変優美でございました。

    構造図を見てもらえればわかるように、この真上は食堂となっております。ここは王や貴族などの身分の高い人をもてなしたお部屋だそうで、すぐ食事が整えられるようにカマドなどが設けられています。
     この部屋もゴシック様式アーチ型の天井と葉型模様の装飾が大変優美でございました。

  • 地下にある礼拝堂になります。厚い壁に半円形状の小さな窓があります。ここは「迎賓の間」と呼ばれ王族や貴族が訪れた際に食事を出す場所として使用されていました。<br /> 天井はアーチ型の造りになっていて、ゴシック建築最盛期にみられる造りとなっています。

    地下にある礼拝堂になります。厚い壁に半円形状の小さな窓があります。ここは「迎賓の間」と呼ばれ王族や貴族が訪れた際に食事を出す場所として使用されていました。
     天井はアーチ型の造りになっていて、ゴシック建築最盛期にみられる造りとなっています。

  • マグラダのマリアの礼拝堂小窓から柔らかい光が入ってきます。

    マグラダのマリアの礼拝堂小窓から柔らかい光が入ってきます。

  • 聖マルタン礼拝堂<br /> 南側の土台になっている建物11世紀に建てられ1度も改装したことがない<br />完全なロマネスク様式です。

    聖マルタン礼拝堂
     南側の土台になっている建物11世紀に建てられ1度も改装したことがない
    完全なロマネスク様式です。

  • 大車輪もともと、納骨堂があったところ。<br /> 10から16世紀にかけて絶え間なく行われた増改築の現場で実際に使われていた貨物昇降機。

    大車輪もともと、納骨堂があったところ。
     10から16世紀にかけて絶え間なく行われた増改築の現場で実際に使われていた貨物昇降機。

  • 大車輪もともと、納骨堂があったところ。<br /> 10から16世紀にかけて絶え間なく行われた増改築の現場で実際に使われていた貨物昇降機。<br /> 牢獄時代の名残が残っている場所で、大きな車輪の中に6人ほどの囚人が入って、ハムスターの用に歩いて車輪を回して、上の階に荷物や食料、石材などを届けたそうです。

    大車輪もともと、納骨堂があったところ。
     10から16世紀にかけて絶え間なく行われた増改築の現場で実際に使われていた貨物昇降機。
     牢獄時代の名残が残っている場所で、大きな車輪の中に6人ほどの囚人が入って、ハムスターの用に歩いて車輪を回して、上の階に荷物や食料、石材などを届けたそうです。

  • 14世紀初頭まであった医務室(崩壊したらしい)と修道僧の納骨堂の間にあるのが、このチャペルで、ここは死者のためのチャペルとなってます。

    14世紀初頭まであった医務室(崩壊したらしい)と修道僧の納骨堂の間にあるのが、このチャペルで、ここは死者のためのチャペルとなってます。

  • さて、いよいよ出口付近ですが、ここで迎えてくれたのが大天使ミカエル。<br /> これは尖塔の上に立っておられるお姿のレプリカです。本物は金メッキで燦然と輝いておられます。

    さて、いよいよ出口付近ですが、ここで迎えてくれたのが大天使ミカエル。
     これは尖塔の上に立っておられるお姿のレプリカです。本物は金メッキで燦然と輝いておられます。

  • 西テラスの真下の部分に出てきました。<br /> 内部はなかなか見所がありました、ここからぐるーっと迂回して入城口に戻ります<br />。<br /><br />

    イチオシ

    地図を見る

    西テラスの真下の部分に出てきました。
     内部はなかなか見所がありました、ここからぐるーっと迂回して入城口に戻ります


  • サン・ピエール教会。<br /> 上部に登る途中にありましたモンサンミッシェルの最上部にある巨大な教会の他にも、別な教会がありました。<br />

    サン・ピエール教会。
     上部に登る途中にありましたモンサンミッシェルの最上部にある巨大な教会の他にも、別な教会がありました。

  • とっても綺麗なステンドグラス色鮮やかでとっても綺麗でした。

    とっても綺麗なステンドグラス色鮮やかでとっても綺麗でした。

  • 聖母子像。<br /> この聖母子像のすぐ隣にあるステンドグラスにも聖母子(右側)がいるんですが、今日の主役は左側のこの人、いやこの天使か。<br />

    聖母子像。
     この聖母子像のすぐ隣にあるステンドグラスにも聖母子(右側)がいるんですが、今日の主役は左側のこの人、いやこの天使か。

  • モン・サン・ミッシェルの上に君臨(?)する大天使。

    モン・サン・ミッシェルの上に君臨(?)する大天使。

  • ステンドグラス、綺麗です。

    ステンドグラス、綺麗です。

  • 教会の奥に飾られたかわいらしいステンドグラスが人気です。

    教会の奥に飾られたかわいらしいステンドグラスが人気です。

  • 教会の門にはフランス人が崇拝するジャンヌダルクがいた様です。

    教会の門にはフランス人が崇拝するジャンヌダルクがいた様です。

  • 修道院はさすがに立派で、所要時間は1時間~1時間半というところです。<br /> 三層構造になっていて複雑ですが、示された順路通りに行けば迷いません。<br />長い間に増築が重ねられたため、カロリング期の様式、ノルマン様式、ロマネスク様式、ゴシック様式と、様々な様式が混在しています。<br /><br />

    修道院はさすがに立派で、所要時間は1時間~1時間半というところです。
     三層構造になっていて複雑ですが、示された順路通りに行けば迷いません。
    長い間に増築が重ねられたため、カロリング期の様式、ノルマン様式、ロマネスク様式、ゴシック様式と、様々な様式が混在しています。

  • モンサンミッシェルを後にしてパリへ。

    モンサンミッシェルを後にしてパリへ。

  • パリは、もう夜になっていました。

    パリは、もう夜になっていました。

  • エッフェル塔はライトアップされ、金色、銅色の光が塔の骨組みを複雑にきらめかせていました。

    イチオシ

    地図を見る

    エッフェル塔はライトアップされ、金色、銅色の光が塔の骨組みを複雑にきらめかせていました。

  • 夕食は、フランス料理で有名な、エスカルゴの料理です。

    イチオシ

    夕食は、フランス料理で有名な、エスカルゴの料理です。

  • サーモン。

    サーモン。

  • クリームブリュレ。

    クリームブリュレ。

  • ホテルは、メルキュール ガール ド リヨンもう夜になっていました。<br /> 本日は、往復約700Km強の長いドライブでした。

    ホテルは、メルキュール ガール ド リヨンもう夜になっていました。
     本日は、往復約700Km強の長いドライブでした。

  • ホテルメルキュール ガール ド リヨン。

    ホテルメルキュール ガール ド リヨン。

  • 10月8日<br />シャルル・ドゴール空港第一ターミナル、LH1029便にてフランクフルトへ。<br /> 1時間のフライトです。<br /><br /> <br />

    10月8日
    シャルル・ドゴール空港第一ターミナル、LH1029便にてフランクフルトへ。
     1時間のフライトです。

     

  • フランクフルトで出国検査。

    フランクフルトで出国検査。

  • ルフトハンザ航空LH736便で名古屋へ。

    ルフトハンザ航空LH736便で名古屋へ。

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集