イタリア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
いつもならこの時期、旅の計画で頭はいっぱい。<br />だけどそんな時旅行会社の友人からいただいた言葉。<br />「3年は海外なんて無理だよ!」<br />わかっていたけど、現実を突きつけられると胸が痛い。<br /><br />最近は旅の写真ばかり見返してる。<br />やっぱり思うのは旅ってすごい。<br />そしてヨーロッパって美しい。<br />特にイタリアは絵になる。<br /><br />写真を整理しているうちに思いついた。<br />せっかくだから自分のお気に入りを4traにUPしていこう!<br /><br />思い出深い写真をコメント付きであげていきます。<br />よかったらお付き合いを。<br />そしてイタリアを一緒に思い出しませんか・・・^^<br /><br />表紙の写真<br />01<br />2013年1月<br />妻と私。そして生まれて15か月の娘と3歳になったばかりの息子。<br />家族4人でイタリア縦断の旅。<br />大好きなイタリアをどうしても子どもたちに見せたくて。<br />ここはトスカーナの宝石とか言われているPienza。<br />小さな町だったけど3泊。<br />昼も夜も私がキッチンで料理した。<br />食材はコープで買い込んで。<br />現地でのパスタ、チーズ、ワイン、野菜はどれも最高!<br />ピエンツァの街を朝の散歩中・・・<br />1月の朝は冷え込んでいて。<br />視線の先にはオルチヤ渓谷。<br />糸杉がきれいで・・・<br />息子はママにべったり。<br />子どもたちはイタリアに初めて足を踏み入れ3日目の朝でした。<br />

Italia お気に入りの写真を1枚ずつUPすることにしました!

137いいね!

2020/01/04 - 2020/01/05

261位(同エリア39405件中)

16

43

procida

procidaさん

いつもならこの時期、旅の計画で頭はいっぱい。
だけどそんな時旅行会社の友人からいただいた言葉。
「3年は海外なんて無理だよ!」
わかっていたけど、現実を突きつけられると胸が痛い。

最近は旅の写真ばかり見返してる。
やっぱり思うのは旅ってすごい。
そしてヨーロッパって美しい。
特にイタリアは絵になる。

写真を整理しているうちに思いついた。
せっかくだから自分のお気に入りを4traにUPしていこう!

思い出深い写真をコメント付きであげていきます。
よかったらお付き合いを。
そしてイタリアを一緒に思い出しませんか・・・^^

表紙の写真
01
2013年1月
妻と私。そして生まれて15か月の娘と3歳になったばかりの息子。
家族4人でイタリア縦断の旅。
大好きなイタリアをどうしても子どもたちに見せたくて。
ここはトスカーナの宝石とか言われているPienza。
小さな町だったけど3泊。
昼も夜も私がキッチンで料理した。
食材はコープで買い込んで。
現地でのパスタ、チーズ、ワイン、野菜はどれも最高!
ピエンツァの街を朝の散歩中・・・
1月の朝は冷え込んでいて。
視線の先にはオルチヤ渓谷。
糸杉がきれいで・・・
息子はママにべったり。
子どもたちはイタリアに初めて足を踏み入れ3日目の朝でした。

PR

  • 43 2019年12月28日  <br />Centro Storico Napoli<br />ナポリ駅からダ・ミケーレそしてプロチダへ向かう船が出るフェリーターミナルへ向かう途中…<br />下町の香りが漂うところを歩いてみる。<br />見上げると洗濯物ばかり。<br />洗剤のいい匂いもしてくる。<br />マンマらしき人の大きな声も聞こえてくる。<br /><br />このような景色を見ると、<br />母を訪ねて三千里を思い出す。<br />マルコがジェノバの町を駆け回っていた。<br />そのシーンはまさにこんなんだったな~。

    43 2019年12月28日  
    Centro Storico Napoli
    ナポリ駅からダ・ミケーレそしてプロチダへ向かう船が出るフェリーターミナルへ向かう途中…
    下町の香りが漂うところを歩いてみる。
    見上げると洗濯物ばかり。
    洗剤のいい匂いもしてくる。
    マンマらしき人の大きな声も聞こえてくる。

    このような景色を見ると、
    母を訪ねて三千里を思い出す。
    マルコがジェノバの町を駆け回っていた。
    そのシーンはまさにこんなんだったな~。

  • 42  2019年12月28日<br />Napoli Pizzeria Da Michele<br />ナポリ到着後、最初に目指したのがここ。<br />世界一有名なピザ屋「ダ・ミケーレ」<br />数年前に来た時は激混みで断念。<br />仕方なくスーパーでハムやチーズの夕食。<br />今回は…<br />店の入り口まで近づくことすらできない状態。<br />昼前から並んでても買えないらしい…<br /><br />いつ行けば入れるのか…<br /><br />ナポリは3泊したことがあるけど、<br />一度も外食したことがない。<br />食の町なのに…

    42 2019年12月28日
    Napoli Pizzeria Da Michele
    ナポリ到着後、最初に目指したのがここ。
    世界一有名なピザ屋「ダ・ミケーレ」
    数年前に来た時は激混みで断念。
    仕方なくスーパーでハムやチーズの夕食。
    今回は…
    店の入り口まで近づくことすらできない状態。
    昼前から並んでても買えないらしい…

    いつ行けば入れるのか…

    ナポリは3泊したことがあるけど、
    一度も外食したことがない。
    食の町なのに…

  • 41  2019年12月24日<br />バルセロナからベネツィアに飛んできた。<br />私と息子以外は初のベニス。<br />私たちを待ち受けていたのは高潮だった。<br />当初は駅からホテルまで船で移動の予定。<br />しかし、高潮のため数時間欠航とのこと。<br /><br />歩いて移動する事とする。<br />簡易的に作った高潮対策用の歩道の上を歩いて行く。<br /><br />前を歩くのが息子。<br />その前は友達。<br />ある意味、忘れられないベネツィアになった。

    41 2019年12月24日
    バルセロナからベネツィアに飛んできた。
    私と息子以外は初のベニス。
    私たちを待ち受けていたのは高潮だった。
    当初は駅からホテルまで船で移動の予定。
    しかし、高潮のため数時間欠航とのこと。

    歩いて移動する事とする。
    簡易的に作った高潮対策用の歩道の上を歩いて行く。

    前を歩くのが息子。
    その前は友達。
    ある意味、忘れられないベネツィアになった。

  • 40 <br />2013年1月1日<br />オルヴィエート<br />新年を迎えてすぐのOrvieto<br />大聖堂の前では多くの人が新年を祝っていた。<br />Jazzフェスティバルの真っただ中のこの町は、<br />昼間も真夜中も音楽が鳴り響いていた。<br />その音楽を楽しもうと、<br />この町を選んで家族で来たのだが・・・<br />3歳になったばかりの息子が高熱に見舞われた。<br />看病ばかりの数日。<br />しかし今となっては良い思い出。<br /><br />妻はほとんど付きっきり。<br />私と娘だけで少しだけ町を歩いたりした・・・<br />

    40
    2013年1月1日
    オルヴィエート
    新年を迎えてすぐのOrvieto
    大聖堂の前では多くの人が新年を祝っていた。
    Jazzフェスティバルの真っただ中のこの町は、
    昼間も真夜中も音楽が鳴り響いていた。
    その音楽を楽しもうと、
    この町を選んで家族で来たのだが・・・
    3歳になったばかりの息子が高熱に見舞われた。
    看病ばかりの数日。
    しかし今となっては良い思い出。

    妻はほとんど付きっきり。
    私と娘だけで少しだけ町を歩いたりした・・・

  • 39  2019年1月<br />ミラノ中央駅<br />朝8時頃ホテルから駅のバス停まで徒歩で移動中。<br />この駅の大きさにはホントにビックリ。<br />駅の正面から大きな道があり、<br />路面電車が走っていたりする様子を見ていて、札幌を思い出したりしてました。<br />

    39 2019年1月
    ミラノ中央駅
    朝8時頃ホテルから駅のバス停まで徒歩で移動中。
    この駅の大きさにはホントにビックリ。
    駅の正面から大きな道があり、
    路面電車が走っていたりする様子を見ていて、札幌を思い出したりしてました。

  • 38<br />2016年8月Siena<br />真夏のシエナに2泊。<br />前を歩いているのは妻と娘と息子。<br />カンポ広場で西陽を受けながらぶらぶら散歩。<br />子ども達は何度でもジェラートが食べたくなる。<br />果物屋さんでスイカを半身購入し4人で食べた。<br /><br />シエナという町は不思議と落ち着く。<br />いつまでも長居したくなる。<br /><br />先日、何かで読んだのだが、<br />ある日本人がシエナを気に入り、<br />娘にシエナと名付け、<br />その後、その子はシエナに留学したそうで・・・<br />いるんですね~。<br />シエナ好きが!!<br />うれしくなりました。

    38
    2016年8月Siena
    真夏のシエナに2泊。
    前を歩いているのは妻と娘と息子。
    カンポ広場で西陽を受けながらぶらぶら散歩。
    子ども達は何度でもジェラートが食べたくなる。
    果物屋さんでスイカを半身購入し4人で食べた。

    シエナという町は不思議と落ち着く。
    いつまでも長居したくなる。

    先日、何かで読んだのだが、
    ある日本人がシエナを気に入り、
    娘にシエナと名付け、
    その後、その子はシエナに留学したそうで・・・
    いるんですね~。
    シエナ好きが!!
    うれしくなりました。

  • 37<br />2014年1月Venezia<br />初めてのヴェネツィア。<br />迷路のような街のため、どうしてもホテルが見つけられず…<br />相変わらずGoogleMapはうまく使えないし…<br />おまけに雨足が強くなってくる。<br /><br />やっとの思いでホテルに着いた時には、<br />ブーツがびしょ濡れ。<br />そんな旅のスタート。<br /><br />この旅はベネツィアからシチリア。<br />そしてローマに戻ってきて日本へ。<br /><br />コロナ禍の現在、夢にまでイタリアやヨーロッパが出てきます。次に行けるのはいつの日か…<br />時間があれば1ヶ月くらい自転車でイタリア縦断したい…<br />でも、その時はアマルフィ海岸だけは避けよう…<br />間違いなく車とぶつかるか、<br />崖下に落ちてしまいそう。<br />

    37
    2014年1月Venezia
    初めてのヴェネツィア。
    迷路のような街のため、どうしてもホテルが見つけられず…
    相変わらずGoogleMapはうまく使えないし…
    おまけに雨足が強くなってくる。

    やっとの思いでホテルに着いた時には、
    ブーツがびしょ濡れ。
    そんな旅のスタート。

    この旅はベネツィアからシチリア。
    そしてローマに戻ってきて日本へ。

    コロナ禍の現在、夢にまでイタリアやヨーロッパが出てきます。次に行けるのはいつの日か…
    時間があれば1ヶ月くらい自転車でイタリア縦断したい…
    でも、その時はアマルフィ海岸だけは避けよう…
    間違いなく車とぶつかるか、
    崖下に落ちてしまいそう。

  • 36<br />Sicilia Ragusa<br />2014年1月<br />イブラ地区の街の中を歩いていると<br />ドゥオモ・ディ・サン・ジョルジョの後ろ姿が・・・<br />真冬ということもあって、<br />ほとんど人気のない夜。<br />ちょっと変わった色合いのこの教会。<br /><br />この石畳に照らされた、<br />オレンジ色の街灯がいかにもシチリアっぽくて。<br /><br />宿泊は小さなB&amp;B。<br />年配のおばあちゃんがオーナーで。<br />安くて親切とALL ABOUTで紹介されていたので迷わず決めました。<br />宿泊者は私しかおらず。<br />朝食はフォカッチャやらフルーツやらハムにチーズ。<br />おまけにサンドイッチまで作ってくれて・・・<br />パレルモまで行くバスの中で食べなさいって。<br />パレルモでは簡単にケータイを出しちゃいけないよ!<br />気を付けて日本まで帰るんだよ!<br />本当のおばあちゃんのように私のことを心配してくれて・・・<br /><br />最後に別れるときには涙ぐみそうになってしまいました。<br />あれから6年たっているけど元気かな~。<br />元気なら又会いに行ってみたいな~。

    36
    Sicilia Ragusa
    2014年1月
    イブラ地区の街の中を歩いていると
    ドゥオモ・ディ・サン・ジョルジョの後ろ姿が・・・
    真冬ということもあって、
    ほとんど人気のない夜。
    ちょっと変わった色合いのこの教会。

    この石畳に照らされた、
    オレンジ色の街灯がいかにもシチリアっぽくて。

    宿泊は小さなB&B。
    年配のおばあちゃんがオーナーで。
    安くて親切とALL ABOUTで紹介されていたので迷わず決めました。
    宿泊者は私しかおらず。
    朝食はフォカッチャやらフルーツやらハムにチーズ。
    おまけにサンドイッチまで作ってくれて・・・
    パレルモまで行くバスの中で食べなさいって。
    パレルモでは簡単にケータイを出しちゃいけないよ!
    気を付けて日本まで帰るんだよ!
    本当のおばあちゃんのように私のことを心配してくれて・・・

    最後に別れるときには涙ぐみそうになってしまいました。
    あれから6年たっているけど元気かな~。
    元気なら又会いに行ってみたいな~。

    ラグーサ イブラ (旧市街) 旧市街・古い町並み

  • 35<br />2009年1月<br />アマルフィ海岸<br />初めてイタリアに足を踏み入れ、<br />プロチダに2泊、<br />ナポリに1泊して次に来たのがアマルフィ。<br />ここに2泊。<br />ソレントからバスでここまで。<br />滞在中はポジターノに行ったり、<br />歩いて隣町のアトラーニまで行ったり。<br />どこを歩いていても海が本当にきれいで!<br />ティレニア海ですね。<br />ここまで来たらシチリアもそんなに遠くないな~と思いつつ。<br /><br />そういえばこの辺ではロバをよく見かけた。<br />工事現場では荷物を背中に乗せて運んでいたり、<br />急こう配の町の中を、<br />配達人と一緒にバッグを背負って歩いていたり・・・。<br />なかなか見かけない光景に思わずシャッターを切りました。

    35
    2009年1月
    アマルフィ海岸
    初めてイタリアに足を踏み入れ、
    プロチダに2泊、
    ナポリに1泊して次に来たのがアマルフィ。
    ここに2泊。
    ソレントからバスでここまで。
    滞在中はポジターノに行ったり、
    歩いて隣町のアトラーニまで行ったり。
    どこを歩いていても海が本当にきれいで!
    ティレニア海ですね。
    ここまで来たらシチリアもそんなに遠くないな~と思いつつ。

    そういえばこの辺ではロバをよく見かけた。
    工事現場では荷物を背中に乗せて運んでいたり、
    急こう配の町の中を、
    配達人と一緒にバッグを背負って歩いていたり・・・。
    なかなか見かけない光景に思わずシャッターを切りました。

  • 34<br />2019年12月<br />Napoli<br />世界でいちばん美しい駅舎という写真集を数年毎に購入。<br />リスボンの駅や、<br />ロンドンの駅。<br />個人的にはパリの北駅がいちばん好き。<br />その写真集の表紙を飾るのがここトレド駅。<br />宇宙空間にいるような感覚に。<br />地下鉄を降りたら一度改札を抜けるのかと思ったら、構内にありすぐに現れました。<br /><br />私だけでなく、多くの人がエスカレーターを上ったり降りたり…

    34
    2019年12月
    Napoli
    世界でいちばん美しい駅舎という写真集を数年毎に購入。
    リスボンの駅や、
    ロンドンの駅。
    個人的にはパリの北駅がいちばん好き。
    その写真集の表紙を飾るのがここトレド駅。
    宇宙空間にいるような感覚に。
    地下鉄を降りたら一度改札を抜けるのかと思ったら、構内にありすぐに現れました。

    私だけでなく、多くの人がエスカレーターを上ったり降りたり…

  • 33<br />2017年12月<br />Burano<br />ヴェネツィアから船で約1時間。<br />ここブラーノ島へ。<br />小さな運河沿いにびっしりとカラフルな家が立ち並ぶ。<br />どこに立ち寄るでもなく、<br />ただただ歩いているだけで楽しめてしまう。<br />2019年末にヴェネツィアに行った際は、<br />昼と夜にそれぞれ一度ずつここに来た。<br />夜はライトアップされて、さらにきれいなんだろうな~と期待してきたけど、<br />ライトアップなんて全くされず、<br />静寂のブラーノでした。<br />それもまた良かったです。

    33
    2017年12月
    Burano
    ヴェネツィアから船で約1時間。
    ここブラーノ島へ。
    小さな運河沿いにびっしりとカラフルな家が立ち並ぶ。
    どこに立ち寄るでもなく、
    ただただ歩いているだけで楽しめてしまう。
    2019年末にヴェネツィアに行った際は、
    昼と夜にそれぞれ一度ずつここに来た。
    夜はライトアップされて、さらにきれいなんだろうな~と期待してきたけど、
    ライトアップなんて全くされず、
    静寂のブラーノでした。
    それもまた良かったです。

    ブラーノ島 散歩・街歩き

  • 32<br />2014年1月<br />Venezia<br />雨のVenice。<br />路地が狭いのでみんなで傘を差すと、<br />それがぶつかり合い。<br /><br />ヴァポレット(水上バス)の24時間チケットを購入し、<br />行く先もわからない船に何度も乗った。<br />水上から見るVeneziaの街もたまらなく素敵だった。<br />そういえばこの後、イカ墨パスタというものを始めて食べてみた。<br />これがまた美味で・・・

    32
    2014年1月
    Venezia
    雨のVenice。
    路地が狭いのでみんなで傘を差すと、
    それがぶつかり合い。

    ヴァポレット(水上バス)の24時間チケットを購入し、
    行く先もわからない船に何度も乗った。
    水上から見るVeneziaの街もたまらなく素敵だった。
    そういえばこの後、イカ墨パスタというものを始めて食べてみた。
    これがまた美味で・・・

  • 31<br />2019年12月<br />Procida Island<br />夜明け前のプロチダ コッリチェッラ地区<br /><br />私以外の家族と友人をローマから先に日本に帰し、<br />すぐさまやって来たプロチダ島。<br />11年ぶりだった。<br />かなり久しぶりだったが、<br />大きく変わった様子はなく・・・<br />観光客も増えているわけでもなく・・・<br />ゆったりとした時間が流れてました。<br /><br />このあたりで写真を撮っていると、<br />カモメの鳴き声<br />教会の鐘の音<br />船のエンジン音<br />たまに、空に飛行機のエンジン音<br />シチリア、アフリカ、ナポリ方面に飛んでいるのがわかります。<br /><br />この島でゆっくりと1週間ぐらい滞在できたら・・・<br />と思いながらシャッターを切っていました。

    31
    2019年12月
    Procida Island
    夜明け前のプロチダ コッリチェッラ地区

    私以外の家族と友人をローマから先に日本に帰し、
    すぐさまやって来たプロチダ島。
    11年ぶりだった。
    かなり久しぶりだったが、
    大きく変わった様子はなく・・・
    観光客も増えているわけでもなく・・・
    ゆったりとした時間が流れてました。

    このあたりで写真を撮っていると、
    カモメの鳴き声
    教会の鐘の音
    船のエンジン音
    たまに、空に飛行機のエンジン音
    シチリア、アフリカ、ナポリ方面に飛んでいるのがわかります。

    この島でゆっくりと1週間ぐらい滞在できたら・・・
    と思いながらシャッターを切っていました。

  • 30<br />2009年1月<br />ローマ スペイン広場より<br />初めて足を踏み入れたイタリア。<br />そしてローマ。<br />まだまだ旅慣れていなく、<br />スペイン広場の階段を上がるときも<br />ミサンガ売りが寄ってくる。<br />「ニホンジン?ナカタ シッテルヨ!」<br />ちょっとでも答えると執拗にまとわりついてくる。<br />もちろん買わなかったけど・・・<br /><br />今なら「No Grazie!」<br />の一言で終わってしまうけど・・・<br /><br />この時は全くイタリア語を使えず・・・<br />この旅でイタリアを大好きになってしまったので、<br />次の旅先もイタリアに来ると決めた。<br />帰国後、時間を見つけてはイタリア語を頭に叩き込んだ。<br /><br />もちろんたいしたことないけど・・・笑<br />でも、下手なイタリア語を駆使して臨んだ次年度のイタリア旅は、<br />また違った面白さがあった。<br /><br />

    30
    2009年1月
    ローマ スペイン広場より
    初めて足を踏み入れたイタリア。
    そしてローマ。
    まだまだ旅慣れていなく、
    スペイン広場の階段を上がるときも
    ミサンガ売りが寄ってくる。
    「ニホンジン?ナカタ シッテルヨ!」
    ちょっとでも答えると執拗にまとわりついてくる。
    もちろん買わなかったけど・・・

    今なら「No Grazie!」
    の一言で終わってしまうけど・・・

    この時は全くイタリア語を使えず・・・
    この旅でイタリアを大好きになってしまったので、
    次の旅先もイタリアに来ると決めた。
    帰国後、時間を見つけてはイタリア語を頭に叩き込んだ。

    もちろんたいしたことないけど・・・笑
    でも、下手なイタリア語を駆使して臨んだ次年度のイタリア旅は、
    また違った面白さがあった。

    スペイン広場 広場・公園

  • 29<br />2019年12月25日<br />Venezia<br />クリスマスの朝<br />Veneziaは高潮。<br />どこにも仮設の橋が作られて大変な朝。<br />ここはサンマルコ広場の海に面したところ。<br /><br />この潮が引いたのは昼頃。<br />夕方にはいつも通り。<br />この2か月後にはコロナウイルスでカーニバルも中止。<br />この先Veneziaはどうなっていくのか。<br />また数年後に訪れないと!

    29
    2019年12月25日
    Venezia
    クリスマスの朝
    Veneziaは高潮。
    どこにも仮設の橋が作られて大変な朝。
    ここはサンマルコ広場の海に面したところ。

    この潮が引いたのは昼頃。
    夕方にはいつも通り。
    この2か月後にはコロナウイルスでカーニバルも中止。
    この先Veneziaはどうなっていくのか。
    また数年後に訪れないと!

  • 28<br />2010年1月<br />Firenze<br />ミケランジェロ広場の正面には大聖堂。<br />視線を左に移すとアルノ川にかかるポンテベッキオがこうして見える。<br /><br />この時泊まった宿は札幌出身の女性と、<br />カメラマンの男性が経営していたB&amp;B。<br />美男美女のお二人でした。<br /><br />フィレンツェ滞在中はずっと雨か曇り。<br />2014年にも行ったことがあるけど、<br />その時も曇天。<br />いつか晴れ渡った青い空のフィレンツェを見てみたい・・・

    28
    2010年1月
    Firenze
    ミケランジェロ広場の正面には大聖堂。
    視線を左に移すとアルノ川にかかるポンテベッキオがこうして見える。

    この時泊まった宿は札幌出身の女性と、
    カメラマンの男性が経営していたB&B。
    美男美女のお二人でした。

    フィレンツェ滞在中はずっと雨か曇り。
    2014年にも行ったことがあるけど、
    その時も曇天。
    いつか晴れ渡った青い空のフィレンツェを見てみたい・・・

    ミケランジェロ広場 広場・公園

  • 27<br />Cinque Terre 「Manarola」<br />2010年1月<br />朝、フィレンツェを電車で出てラ・スペッツァへ。<br />そこからまた電車でここへ。<br />観光シーズンはかなりの人でごった返すそうだが、<br />一応真冬ということで閑散としていた。<br />撮影ポイントはマナローラの町の中心から<br />200メートルほど先。<br />午前中は逆光になるので午後からの方がベスト。<br /><br />次の日フィレンツェの市場でどこに行ってきたの?<br />と聞かれたので<br />「チンクエテッレだよ」<br />と言ったら半笑いされながら<br />「ベタだね・・・」<br />のようなことを言われてしまった。^^;

    27
    Cinque Terre 「Manarola」
    2010年1月
    朝、フィレンツェを電車で出てラ・スペッツァへ。
    そこからまた電車でここへ。
    観光シーズンはかなりの人でごった返すそうだが、
    一応真冬ということで閑散としていた。
    撮影ポイントはマナローラの町の中心から
    200メートルほど先。
    午前中は逆光になるので午後からの方がベスト。

    次の日フィレンツェの市場でどこに行ってきたの?
    と聞かれたので
    「チンクエテッレだよ」
    と言ったら半笑いされながら
    「ベタだね・・・」
    のようなことを言われてしまった。^^;

  • 26<br />2012年12月<br />Colosseo<br />子どもたちを連れて初めての海外旅。<br />最初に訪れたのはローマ。<br />そしてまずはここに。<br />夜のコロッセオはライトアップされていて、<br />とにかく幻想的。<br />2000年前からここに存在しているということで、<br />ロマンを感じずにはいられない。<br />3歳になった息子も<br />「大きいね~!」を繰り返していた。<br />1歳の娘は、もちろん何もわからず見上げていた。<br />生まれてからまだ400日。<br />無理もありません。^^;<br /><br />この旅は22日間のイタリア縦断。<br />予定通りにはいかず少々短くなりましたが・・・<br />今考えるとなんと無謀な計画だったのかと思ってしまいますが・・・<br />とにかくこの時は、<br />子どもたちに大好きなイタリアを見せたい一心で・・・

    26
    2012年12月
    Colosseo
    子どもたちを連れて初めての海外旅。
    最初に訪れたのはローマ。
    そしてまずはここに。
    夜のコロッセオはライトアップされていて、
    とにかく幻想的。
    2000年前からここに存在しているということで、
    ロマンを感じずにはいられない。
    3歳になった息子も
    「大きいね~!」を繰り返していた。
    1歳の娘は、もちろん何もわからず見上げていた。
    生まれてからまだ400日。
    無理もありません。^^;

    この旅は22日間のイタリア縦断。
    予定通りにはいかず少々短くなりましたが・・・
    今考えるとなんと無謀な計画だったのかと思ってしまいますが・・・
    とにかくこの時は、
    子どもたちに大好きなイタリアを見せたい一心で・・・

    コロッセオ 建造物

  • 25<br />2014年1月<br />Sicilia Favignana<br />朝、パレルモをバスで出てトラーパニ港へ。<br />その後フェリーでここファヴィニャーナ島へ。<br />到着後ホテルに荷物を預け自転車でたどり着いた場所がここ。<br />「カーラ ロッサ」<br />真っ青な海といえばシチリアから結構離れているランペドゥーサ島が有名。<br />しかしここも穴場です。<br />TOSHIBAレグザのCMでも使われた海。<br />福山雅治さんがここで船に立っていた。<br /><br />真冬ということでここには私のほかに現地の方が2人だけ。<br />静かな海でした。<br />海底の白砂に太陽の光が反射して、<br />透明に近いブルーというのでしょうか。<br />吸い込まれるような色でした。<br /><br />小さな島なので夜はどこも開いてなくて、<br />コープでパンとハムだけの夕食でした。<br />本当はマグロが有名な島なので、<br />レストランでおいしいものを考えていましたが・・・残念<br /><br />次の日トラーパニに一泊しましたが、<br />そこで初めて食べたクスクス。<br />味は正直よくわからなかったけど。<br />夜遅くまでレストランのウェイターと、<br />テレビでサッカーを観戦してました。

    25
    2014年1月
    Sicilia Favignana
    朝、パレルモをバスで出てトラーパニ港へ。
    その後フェリーでここファヴィニャーナ島へ。
    到着後ホテルに荷物を預け自転車でたどり着いた場所がここ。
    「カーラ ロッサ」
    真っ青な海といえばシチリアから結構離れているランペドゥーサ島が有名。
    しかしここも穴場です。
    TOSHIBAレグザのCMでも使われた海。
    福山雅治さんがここで船に立っていた。

    真冬ということでここには私のほかに現地の方が2人だけ。
    静かな海でした。
    海底の白砂に太陽の光が反射して、
    透明に近いブルーというのでしょうか。
    吸い込まれるような色でした。

    小さな島なので夜はどこも開いてなくて、
    コープでパンとハムだけの夕食でした。
    本当はマグロが有名な島なので、
    レストランでおいしいものを考えていましたが・・・残念

    次の日トラーパニに一泊しましたが、
    そこで初めて食べたクスクス。
    味は正直よくわからなかったけど。
    夜遅くまでレストランのウェイターと、
    テレビでサッカーを観戦してました。

  • 24<br />Sicilia Cefalu<br />2014年1月<br />チェファルーの岩山(La Rocca)からの眺め<br />約20分ほど歩くとここへたどり着く。<br />ティレニア海に浮かぶように見える<br />オレンジ色の屋根の街並みがきれいだった。<br /><br />撮影した場所は実は結構な崖の端。<br />高所恐怖症なので足がすくむ・・・<br />一眼では撮ることができず、<br />スマホを手に持ち、何とか撮ることができた。<br /><br />高いところが得意なら、<br />もっといろんな写真が撮れるのにな~といつも思う。<br /><br />フィレンツェで鐘楼に上ったときは、<br />階段だったため徐々に恐怖が増していき、<br />半分まで行ったところで引き返してきた。<br />情けない・・・^^;

    24
    Sicilia Cefalu
    2014年1月
    チェファルーの岩山(La Rocca)からの眺め
    約20分ほど歩くとここへたどり着く。
    ティレニア海に浮かぶように見える
    オレンジ色の屋根の街並みがきれいだった。

    撮影した場所は実は結構な崖の端。
    高所恐怖症なので足がすくむ・・・
    一眼では撮ることができず、
    スマホを手に持ち、何とか撮ることができた。

    高いところが得意なら、
    もっといろんな写真が撮れるのにな~といつも思う。

    フィレンツェで鐘楼に上ったときは、
    階段だったため徐々に恐怖が増していき、
    半分まで行ったところで引き返してきた。
    情けない・・・^^;

  • 23<br />Sicilia Modica<br />2014年1月<br />サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教会<br />展望台から見たこの教会は本当に美しかった!<br /><br />この日はどこの店も閉まってて、<br />何も食べれず…<br />スーパーですら閉まってて。<br />やっと見つけたお土産屋さんにあった<br />展示品らしきシチリアワイン。<br />店の棚の上にほこりをかぶって置いてあったのを見つけた。<br /><br />それをください!<br />と言ったら笑いながら<br />売るつもりはないんだけどな~<br />と言われたけど交渉成功。<br /><br />モディカの夜景を見ながら、<br />ワインをラッパ飲みしながら撮影してました。<br /><br />この地にまた行ってみたいなぁ…

    23
    Sicilia Modica
    2014年1月
    サン・ジョヴァンニ・エヴァンジェリスタ教会
    展望台から見たこの教会は本当に美しかった!

    この日はどこの店も閉まってて、
    何も食べれず…
    スーパーですら閉まってて。
    やっと見つけたお土産屋さんにあった
    展示品らしきシチリアワイン。
    店の棚の上にほこりをかぶって置いてあったのを見つけた。

    それをください!
    と言ったら笑いながら
    売るつもりはないんだけどな~
    と言われたけど交渉成功。

    モディカの夜景を見ながら、
    ワインをラッパ飲みしながら撮影してました。

    この地にまた行ってみたいなぁ…

  • 22<br />Venezia<br />2019年12月<br />初めてここの鐘楼に上ってみた。<br />オレンジ色の夕景が絵画のようにきれいだった。<br />この2ヶ月後にはコロナが発生するなんて知るはずもなく…

    22
    Venezia
    2019年12月
    初めてここの鐘楼に上ってみた。
    オレンジ色の夕景が絵画のようにきれいだった。
    この2ヶ月後にはコロナが発生するなんて知るはずもなく…

  • 21<br />Firenze<br />2010年1月<br />フィレンツェ滞在中はほとんど曇り空。<br />でもミケランジェロ広場からのこの眺めは、<br />空が青くても曇っていても夜でも関係なし。<br />町すべてが美術館と言われているけど、<br />それもうなずける。<br />カメラ片手に2、3日歩き回りました。<br />中央市場で飲むビールやワイン。<br />つまみも美味しかったな~。

    21
    Firenze
    2010年1月
    フィレンツェ滞在中はほとんど曇り空。
    でもミケランジェロ広場からのこの眺めは、
    空が青くても曇っていても夜でも関係なし。
    町すべてが美術館と言われているけど、
    それもうなずける。
    カメラ片手に2、3日歩き回りました。
    中央市場で飲むビールやワイン。
    つまみも美味しかったな~。

    ミケランジェロ広場 広場・公園

  • 20<br />2016年8月<br />Siena<br />息子3歳、娘1歳の時に初めて訪れたシエナ。<br />その時娘はまだ歩き始めて間もなく。<br />シエナのカンポ広場でよちよち歩き。<br />息子は前日まで40度ほどの熱。<br />いろいろとハラハラした旅でした。<br /><br />しかしこの時は上の子も小学一年生。<br />いろいろと興味を持ちながらの旅。<br /><br />そしてこの部屋はカンポ広場に面している宿。<br />値段もリーズナブル。<br />眺めも最高でテンションの上がる兄妹でした。<br /><br />この日の晩は妻が熱を出し、<br />体中に発疹。<br />夜中、保険会社に電話したり、<br />病院を探したり、大変な夜になろうとはこの時は知りもせず・・・<br /><br />結局病院には行かないうちに朝が来て、<br />薬局で薬を購入。<br />なんとか良い方向に向かっていったのですが。<br /><br />旅行中は健康でいられることが最高の贅沢かもしれないですね。<br />

    20
    2016年8月
    Siena
    息子3歳、娘1歳の時に初めて訪れたシエナ。
    その時娘はまだ歩き始めて間もなく。
    シエナのカンポ広場でよちよち歩き。
    息子は前日まで40度ほどの熱。
    いろいろとハラハラした旅でした。

    しかしこの時は上の子も小学一年生。
    いろいろと興味を持ちながらの旅。

    そしてこの部屋はカンポ広場に面している宿。
    値段もリーズナブル。
    眺めも最高でテンションの上がる兄妹でした。

    この日の晩は妻が熱を出し、
    体中に発疹。
    夜中、保険会社に電話したり、
    病院を探したり、大変な夜になろうとはこの時は知りもせず・・・

    結局病院には行かないうちに朝が来て、
    薬局で薬を購入。
    なんとか良い方向に向かっていったのですが。

    旅行中は健康でいられることが最高の贅沢かもしれないですね。

    カンポ広場 広場・公園

  • 19<br />Procida<br />2009年1月<br />初めてのイタリア。<br />そしてプロチダ島。<br />初めてのイタリアは衝撃的過ぎ。<br /><br />夜に通りを歩いてたらスクーターに乗った少年たちに取り囲まれる。<br />襲われるのか・・・<br />と思ったら<br />「日本人は見かけたことがない。<br />一緒に写真撮ろう!」<br />みんなで記念写真。<br />「ありがとー」と言って風のように去っていった。<br /><br />サンロッコ通りをベビーカーを押しながら、<br />ゆっくりと歩いていくカップル。<br />いかにも幸せそうな・・・<br />ゆったりとした時間が流れていました。

    19
    Procida
    2009年1月
    初めてのイタリア。
    そしてプロチダ島。
    初めてのイタリアは衝撃的過ぎ。

    夜に通りを歩いてたらスクーターに乗った少年たちに取り囲まれる。
    襲われるのか・・・
    と思ったら
    「日本人は見かけたことがない。
    一緒に写真撮ろう!」
    みんなで記念写真。
    「ありがとー」と言って風のように去っていった。

    サンロッコ通りをベビーカーを押しながら、
    ゆっくりと歩いていくカップル。
    いかにも幸せそうな・・・
    ゆったりとした時間が流れていました。

  • 18<br />Sicilia Ragusa<br />2014年1月<br />この旧市街側のイブラという街を<br />どうしてもこの目で見たくてここに行きました。<br />撮影場所はある教会の前。<br />夕方前に間違えてそこでの葬式に参加してしまい、<br />1時間以上抜けられなかったのは、<br />今となっては笑い話です。<br /><br />それにしてもこの街の眺めは最高でした。<br />教会の緑っぽい色がまた特徴的でした。<br /><br />夜、近くのバルに行ったらカウンターにいたお姉さんに、この店に日本人が来たのは初めてだよ!と言われた。<br />その後、私のイタリア語がなってなかったのか、簡単なイタリア語会話の勉強をさせられた。<br />結構本気でやらされ、笑えない状況だったのも今となっては笑い話です。

    18
    Sicilia Ragusa
    2014年1月
    この旧市街側のイブラという街を
    どうしてもこの目で見たくてここに行きました。
    撮影場所はある教会の前。
    夕方前に間違えてそこでの葬式に参加してしまい、
    1時間以上抜けられなかったのは、
    今となっては笑い話です。

    それにしてもこの街の眺めは最高でした。
    教会の緑っぽい色がまた特徴的でした。

    夜、近くのバルに行ったらカウンターにいたお姉さんに、この店に日本人が来たのは初めてだよ!と言われた。
    その後、私のイタリア語がなってなかったのか、簡単なイタリア語会話の勉強をさせられた。
    結構本気でやらされ、笑えない状況だったのも今となっては笑い話です。

  • 17<br />Sicilia Palermo「Quattro Canti」<br />2014年1月<br />クアットロ・カンティとはイタリア語で四つ角。<br />まさにパレルモ旧市街の中心。<br />この時はここに3日間滞在。<br />イタリア本土とはまた違う空気を感じた。<br />ラグーザからパレルモへ向かうバスの中。<br />隣はドイツ人。<br />前はチュニジア人。<br />周りはイタリア人。<br />みんなでパスポートを見せ合った。<br />日本語が一番難しい・・・と皆が言うなか、<br />チュニジアの人は俺のが一番難しい!<br />と言い張ってた。<br />と話してたら、きゅうに電話に出て大声でけんかしてたり。<br />高速で女性が犬を轢いてしまい警察が交通規制していたり。<br />次は事故があって、高速を下ろされてしまい、<br />そのことを運転手に文句言う人がいたり・・・<br />休憩だよ!といって一番初めに降りる運転手。<br />トイレの後は誰よりも先に煙草に火をつけてた。<br />笑ってばかりの旅でした。<br /><br />とにかくパレルモは食べ物がおいしい!<br />ストリート市場が楽しい。<br />マフィアには会えなかった・・・

    17
    Sicilia Palermo「Quattro Canti」
    2014年1月
    クアットロ・カンティとはイタリア語で四つ角。
    まさにパレルモ旧市街の中心。
    この時はここに3日間滞在。
    イタリア本土とはまた違う空気を感じた。
    ラグーザからパレルモへ向かうバスの中。
    隣はドイツ人。
    前はチュニジア人。
    周りはイタリア人。
    みんなでパスポートを見せ合った。
    日本語が一番難しい・・・と皆が言うなか、
    チュニジアの人は俺のが一番難しい!
    と言い張ってた。
    と話してたら、きゅうに電話に出て大声でけんかしてたり。
    高速で女性が犬を轢いてしまい警察が交通規制していたり。
    次は事故があって、高速を下ろされてしまい、
    そのことを運転手に文句言う人がいたり・・・
    休憩だよ!といって一番初めに降りる運転手。
    トイレの後は誰よりも先に煙草に火をつけてた。
    笑ってばかりの旅でした。

    とにかくパレルモは食べ物がおいしい!
    ストリート市場が楽しい。
    マフィアには会えなかった・・・

  • 16<br />Sicilia「Cefalu」<br />2014年1月<br />パレルモに滞在中チェファル―まで日帰りの旅。<br />ここはNew Cinema Paradiseの撮影が行われたところ。<br />まさにこの海岸が舞台になっている。<br />朝からこの海辺にたくさんの人がやってきた。<br />市民の憩いの場所になっている。<br />年配の方ばかりでなく、<br />小さな子供たち、<br />学校をさぼっている高校生など。<br />私も一緒になってベンチでゆっくりしていました。<br />1月というのに春のようなチェファルでした。

    16
    Sicilia「Cefalu」
    2014年1月
    パレルモに滞在中チェファル―まで日帰りの旅。
    ここはNew Cinema Paradiseの撮影が行われたところ。
    まさにこの海岸が舞台になっている。
    朝からこの海辺にたくさんの人がやってきた。
    市民の憩いの場所になっている。
    年配の方ばかりでなく、
    小さな子供たち、
    学校をさぼっている高校生など。
    私も一緒になってベンチでゆっくりしていました。
    1月というのに春のようなチェファルでした。

  • 15<br />Venezia<br />2019年クリスマスの朝<br />前日の朝も高潮でサンマルコ広場は水没。<br />この日は大丈夫かな…<br />と思ってたけど行ってみたらとんでもないことになっていた。<br />地元の方は大変なのに本当に申し訳ないのですが、<br />今までにみたことのない眺めが飛び込んできて、<br />息を飲みました。<br />素晴らしくきれいだったのです。<br />ここはサンマルコ広場沿いにある通り。<br />上からの灯りが海水に反射してました。<br /><br />たくさんのカムラマンらしき人がたくさんいて、<br />ここでシャッターを切ってました。

    15
    Venezia
    2019年クリスマスの朝
    前日の朝も高潮でサンマルコ広場は水没。
    この日は大丈夫かな…
    と思ってたけど行ってみたらとんでもないことになっていた。
    地元の方は大変なのに本当に申し訳ないのですが、
    今までにみたことのない眺めが飛び込んできて、
    息を飲みました。
    素晴らしくきれいだったのです。
    ここはサンマルコ広場沿いにある通り。
    上からの灯りが海水に反射してました。

    たくさんのカムラマンらしき人がたくさんいて、
    ここでシャッターを切ってました。

  • 15<br />2014年1月<br />Verona<br />スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディ<br />Venezia滞在中2日目。<br />朝早くから雨が降りやまず、<br />予定していたvenezia散策を止め、<br />急遽電車でVeronaへ。<br />よく調べてみるとサッカーの試合があったから。<br /><br />ポルタ・ヌォーヴァ駅から歩いて15分だったのに、<br />間違って一つ前の駅で降りてしまう。<br />5キロ以上あることがわかると、<br />バスで行こうと思い停留所で待つが、<br />来る気配がなかったので歩いていくことに。<br />これが大成功。<br />市内の観光地や街並みを楽しみながら2時間近くかけサッカー場へ。<br />Veronaの街が、こんなに素晴らしかったなんて知らなかったので、<br />とても得したような気分になりました。<br /><br />ローマで見た時のような雰囲気とは違ったけど、<br />地元の応援に交じり、ビールを片手に楽しむことができました。<br /><br />雨上がりということもあり、<br />カクテル光線を浴びた芝生が美しかった。

    15
    2014年1月
    Verona
    スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディ
    Venezia滞在中2日目。
    朝早くから雨が降りやまず、
    予定していたvenezia散策を止め、
    急遽電車でVeronaへ。
    よく調べてみるとサッカーの試合があったから。

    ポルタ・ヌォーヴァ駅から歩いて15分だったのに、
    間違って一つ前の駅で降りてしまう。
    5キロ以上あることがわかると、
    バスで行こうと思い停留所で待つが、
    来る気配がなかったので歩いていくことに。
    これが大成功。
    市内の観光地や街並みを楽しみながら2時間近くかけサッカー場へ。
    Veronaの街が、こんなに素晴らしかったなんて知らなかったので、
    とても得したような気分になりました。

    ローマで見た時のような雰囲気とは違ったけど、
    地元の応援に交じり、ビールを片手に楽しむことができました。

    雨上がりということもあり、
    カクテル光線を浴びた芝生が美しかった。

  • 14<br />2016年8月<br />Pisa<br />家族でまわったヨーロッパ旅。<br />ポルトガル、スペインからここピサに入ってきました。<br />初めてピサに宿をとり朝の散歩。<br />夜中、少しだけ雨が降ったおかげで、<br />逆さの斜塔を目にすることができました。<br />朝の太陽に照らされ、<br />黄金色に染まる斜塔もなかなかでした。

    14
    2016年8月
    Pisa
    家族でまわったヨーロッパ旅。
    ポルトガル、スペインからここピサに入ってきました。
    初めてピサに宿をとり朝の散歩。
    夜中、少しだけ雨が降ったおかげで、
    逆さの斜塔を目にすることができました。
    朝の太陽に照らされ、
    黄金色に染まる斜塔もなかなかでした。

  • 08<br />2017年12月<br />Venezia 「Piazza San Marco」<br />夜のサンマルコ広場は本当に美しい。<br />感動の連続です。<br />この旅は小学2年の息子と2人旅。<br />Veneziaではピザを食べまくっていた。<br />一緒にバルに行って食べたり、<br />船に乗って初めてブラーノ島に渡ったり。<br />思い出の旅になりました。<br />

    08
    2017年12月
    Venezia 「Piazza San Marco」
    夜のサンマルコ広場は本当に美しい。
    感動の連続です。
    この旅は小学2年の息子と2人旅。
    Veneziaではピザを食べまくっていた。
    一緒にバルに行って食べたり、
    船に乗って初めてブラーノ島に渡ったり。
    思い出の旅になりました。

  • 13<br />Firenze<br />2010年1月<br />この旅はわずか5日間ほど。<br />成田からフランクフルトまでの機内で、<br />たまたま乗り合わせた男性とずっと話し、<br />ドイツビールを飲み続けた。<br />現在になっても忘れられない話の内容が多くて、<br />とても楽しい旅のスタートでした。<br />その方が言っていたのは、<br />貯金するくらいなら旅をした方がよい。<br />子どもたちとアメリカ横断の旅をしたんだ。<br />スケールの大きなナイスガイでした。<br /><br />この写真はポンテベッキオ付近。<br />朝8時過ぎ・・・<br />朝からあいにくの雨模様。<br />ついてないな~<br />と思っていたら虹が出ているではありませんか!<br />思わずシャッターを切りました。<br />プレゼントをもらったような、<br />うれしい気持ちになりました。<br /><br />連日の雨でアルノ川は濁っていましたが・・・<br />それにしてもFirenzeはどこも魅力たっぷりなところでした。

    13
    Firenze
    2010年1月
    この旅はわずか5日間ほど。
    成田からフランクフルトまでの機内で、
    たまたま乗り合わせた男性とずっと話し、
    ドイツビールを飲み続けた。
    現在になっても忘れられない話の内容が多くて、
    とても楽しい旅のスタートでした。
    その方が言っていたのは、
    貯金するくらいなら旅をした方がよい。
    子どもたちとアメリカ横断の旅をしたんだ。
    スケールの大きなナイスガイでした。

    この写真はポンテベッキオ付近。
    朝8時過ぎ・・・
    朝からあいにくの雨模様。
    ついてないな~
    と思っていたら虹が出ているではありませんか!
    思わずシャッターを切りました。
    プレゼントをもらったような、
    うれしい気持ちになりました。

    連日の雨でアルノ川は濁っていましたが・・・
    それにしてもFirenzeはどこも魅力たっぷりなところでした。

  • 12<br />2009年1月<br />Positano<br />初めてのイタリアの地。<br />プロチダの次に目指したのはアマルフィコースト。<br />ここはポジターノ。<br />ナポリからローカル電車でソレントへ。<br />そこからはバスで。<br />海岸沿いの崖の上に作られた道をバスは飛ばしていく。<br />途中、道が狭く通れないときは、<br />いったん下がってサイドミラーをたたむなどして、<br />ドライバーみんなが協力していた。<br />あまりの揺れで、バスに乗っていた人が具合が悪くなってしまった。<br />停留所でもなんでもないところに、<br />その人を降ろしてバスは立ち去った。<br /><br />たどり着いたその先には絶景が待っていました。

    12
    2009年1月
    Positano
    初めてのイタリアの地。
    プロチダの次に目指したのはアマルフィコースト。
    ここはポジターノ。
    ナポリからローカル電車でソレントへ。
    そこからはバスで。
    海岸沿いの崖の上に作られた道をバスは飛ばしていく。
    途中、道が狭く通れないときは、
    いったん下がってサイドミラーをたたむなどして、
    ドライバーみんなが協力していた。
    あまりの揺れで、バスに乗っていた人が具合が悪くなってしまった。
    停留所でもなんでもないところに、
    その人を降ろしてバスは立ち去った。

    たどり着いたその先には絶景が待っていました。

  • 11<br />2014年1月<br />Ponte di Rialto<br />白い巨象ともいわれているリアルト橋。<br />1591年完成。(古い!日本でいうと何時代なんだろう・・・)<br />Veneziaを訪れた際は必ず行くところではないでしょうか。<br /><br />私ももちろんVeneziaに行ったときは、<br />目印にもちょうどよいと思い初めに行ってみた。<br /><br />すると橋が落ちてしまうんじゃないかと思うくらいの人の波・・・<br />思わずシャッターを切ってしまいました。

    11
    2014年1月
    Ponte di Rialto
    白い巨象ともいわれているリアルト橋。
    1591年完成。(古い!日本でいうと何時代なんだろう・・・)
    Veneziaを訪れた際は必ず行くところではないでしょうか。

    私ももちろんVeneziaに行ったときは、
    目印にもちょうどよいと思い初めに行ってみた。

    すると橋が落ちてしまうんじゃないかと思うくらいの人の波・・・
    思わずシャッターを切ってしまいました。

  • 10<br />2019年1月<br />Milano<br />初めてミラノに行きました。<br />地下鉄を上がって目の前に現れた巨大なドゥオーモ。<br />ものすごい数の観光客。<br />どこも活気があってオシャレな街並みでした。<br /><br />この旅はスペイン、アンダルシアがメインの旅でした。<br />キャセパシフィックでミラノ。<br />ライアンエアでセビーリャへ。<br />わずか6日ほどの旅でした。

    10
    2019年1月
    Milano
    初めてミラノに行きました。
    地下鉄を上がって目の前に現れた巨大なドゥオーモ。
    ものすごい数の観光客。
    どこも活気があってオシャレな街並みでした。

    この旅はスペイン、アンダルシアがメインの旅でした。
    キャセパシフィックでミラノ。
    ライアンエアでセビーリャへ。
    わずか6日ほどの旅でした。

  • 09<br />Isola di Procida<br />2019年12月<br />ローマ フィウミチーノ空港で妻と子供たちを先に日本に帰し、一人で向かったのがナポリ。そこからフェリーで1時間。プロチダ島へ。<br />2009年1月に初めてイタリアに足を踏み入れたのがここ。その時から、この島が大好きになってしまい、さらにイタリアにハマってしまった。<br />観光客は数えるほどしかいなくて、下町の雰囲気。<br />この写真の時は、左の路地からものすごい夫婦喧嘩の声が…<br />それを覗き込む近所の人たち。正面からは三輪カー。前にはタバコを指に持ったお姉さん。カモメの鳴き声も響いてる。<br />そんな日常のどうでもいい一コマかもしれないけど、私にしたら惹かれる風景です。

    09
    Isola di Procida
    2019年12月
    ローマ フィウミチーノ空港で妻と子供たちを先に日本に帰し、一人で向かったのがナポリ。そこからフェリーで1時間。プロチダ島へ。
    2009年1月に初めてイタリアに足を踏み入れたのがここ。その時から、この島が大好きになってしまい、さらにイタリアにハマってしまった。
    観光客は数えるほどしかいなくて、下町の雰囲気。
    この写真の時は、左の路地からものすごい夫婦喧嘩の声が…
    それを覗き込む近所の人たち。正面からは三輪カー。前にはタバコを指に持ったお姉さん。カモメの鳴き声も響いてる。
    そんな日常のどうでもいい一コマかもしれないけど、私にしたら惹かれる風景です。

  • 07<br />CinqueTerre「Vernazza」<br />2010年1月<br />この時はフィレンツェ中心に5日間だけの旅。<br />その中にチンクエテッレまで一泊で行ってきました。<br />ローカル電車でいくつかの町に行きましたが、<br />その中でもヴェルナッツァのこの眺めに心奪われました。<br />真冬だったので観光客などはほとんどいなくて・・・<br />この場所で夕方から真っ暗になるまで写真を撮ってました。<br />その間、誰一人とここに来ることはありませんでした。<br />この眺めを独り占めしてしまいました。<br /><br />カラフルな街だけど、<br />どちらかというと赤やピンクが目立ってます。<br />そういえばここのスパゲッティは美味しかったです。<br />帰る日にピサの町に寄ってからフィレンツェに戻りました。

    07
    CinqueTerre「Vernazza」
    2010年1月
    この時はフィレンツェ中心に5日間だけの旅。
    その中にチンクエテッレまで一泊で行ってきました。
    ローカル電車でいくつかの町に行きましたが、
    その中でもヴェルナッツァのこの眺めに心奪われました。
    真冬だったので観光客などはほとんどいなくて・・・
    この場所で夕方から真っ暗になるまで写真を撮ってました。
    その間、誰一人とここに来ることはありませんでした。
    この眺めを独り占めしてしまいました。

    カラフルな街だけど、
    どちらかというと赤やピンクが目立ってます。
    そういえばここのスパゲッティは美味しかったです。
    帰る日にピサの町に寄ってからフィレンツェに戻りました。

  • 06<br />Colosseo<br />2019年12月<br />ローマに行くたびに必ず訪れるのがここ。<br />2000年前から存在しているとなるとロマンを感じてしまう。<br />近くからもいいけど、遠くから見えた瞬間に胸は高鳴ります。<br /><br />夜のコロッセオも素晴らしい。<br />ライトアップされ闇に浮かび上がっている様子は圧巻!<br /><br />朝行くとこの周りをランニングしている人がたくさんいます。<br />なんと贅沢なランニングコース。<br />次回行くことができたら、私も参加しないと!

    06
    Colosseo
    2019年12月
    ローマに行くたびに必ず訪れるのがここ。
    2000年前から存在しているとなるとロマンを感じてしまう。
    近くからもいいけど、遠くから見えた瞬間に胸は高鳴ります。

    夜のコロッセオも素晴らしい。
    ライトアップされ闇に浮かび上がっている様子は圧巻!

    朝行くとこの周りをランニングしている人がたくさんいます。
    なんと贅沢なランニングコース。
    次回行くことができたら、私も参加しないと!

  • 05<br />2014年1月<br />バチカン<br />一人旅2週間の最後はローマに泊まりました。<br />シチリアのトラーパニからローマへ飛んできました。<br />本当は夜に到着する飛行機だったけど、<br />朝一のチケットに空港で変更することに成功。<br />覚えたてのイタリア語で必死に変更を頼んだら、<br />料金もそのままで乗っていいよ!とのこと。<br />何度も「Grazie mille!」を連呼しました。<br /><br />トラーパニを発つときと、<br />ローマに降り立つときに、<br />ニューシネマパラダイスが機内でずっとかかっていて・・・<br /><br />大好きな曲。<br />今でもよく耳にしますが、<br />その度にその旅のことを思い出してしまいます。<br /><br />午前中にローマに着いて、<br />その後はローマ市内をひたすら歩きました。<br />ここはバチカン。<br />夕焼け空が絵画のようで・・・

    05
    2014年1月
    バチカン
    一人旅2週間の最後はローマに泊まりました。
    シチリアのトラーパニからローマへ飛んできました。
    本当は夜に到着する飛行機だったけど、
    朝一のチケットに空港で変更することに成功。
    覚えたてのイタリア語で必死に変更を頼んだら、
    料金もそのままで乗っていいよ!とのこと。
    何度も「Grazie mille!」を連呼しました。

    トラーパニを発つときと、
    ローマに降り立つときに、
    ニューシネマパラダイスが機内でずっとかかっていて・・・

    大好きな曲。
    今でもよく耳にしますが、
    その度にその旅のことを思い出してしまいます。

    午前中にローマに着いて、
    その後はローマ市内をひたすら歩きました。
    ここはバチカン。
    夕焼け空が絵画のようで・・・

  • 04<br />2009年1月<br />初めてのイタリア。<br />その最終日の夜にサッカー観戦を入れました。<br />場所はローマ郊外「ローマオリンピコスタジアム」<br />30年ほど前のイタリアワールドカップでは決勝が行われた、<br />歴史あるスタジアム。<br />カードはAS ROMA vs MILAN<br />サッカーを見るのは初めてだったけど、<br />もう熱狂の渦という言葉がぴったり!<br /><br />さらにこの日はベッカムがミランに移籍してデビュー戦。<br />ローマっ子がベッカムをやじる、やじる。<br />「ビクトリア~~」って。笑<br />発煙筒は投げ込まれるは、<br />どこも禁煙だけど、そんなのまもっている人はいない。<br />客席はどこも煙だらけ。<br />試合は2-2の引き分け。<br />皆さん、くすぶったまま帰っていきました。<br /><br />帰りのバスは超満員。<br />どこに行くかもわからないけど乗り込んで、<br />なんとなくついていったら無事テルミニ駅に到着。<br />スリリングな一日でした。

    04
    2009年1月
    初めてのイタリア。
    その最終日の夜にサッカー観戦を入れました。
    場所はローマ郊外「ローマオリンピコスタジアム」
    30年ほど前のイタリアワールドカップでは決勝が行われた、
    歴史あるスタジアム。
    カードはAS ROMA vs MILAN
    サッカーを見るのは初めてだったけど、
    もう熱狂の渦という言葉がぴったり!

    さらにこの日はベッカムがミランに移籍してデビュー戦。
    ローマっ子がベッカムをやじる、やじる。
    「ビクトリア~~」って。笑
    発煙筒は投げ込まれるは、
    どこも禁煙だけど、そんなのまもっている人はいない。
    客席はどこも煙だらけ。
    試合は2-2の引き分け。
    皆さん、くすぶったまま帰っていきました。

    帰りのバスは超満員。
    どこに行くかもわからないけど乗り込んで、
    なんとなくついていったら無事テルミニ駅に到着。
    スリリングな一日でした。

  • 03<br />2014年1月<br />Sicilia「Modica」<br />初めてシチリアに足を踏み入れたその日に、<br />カターニャの空港から真っ先に訪れた町がここモディカ。<br />家がびっしりと並んでいる姿がどうしても見たくて。<br /><br />撮影ポイントにシチリアワインとモディカチョコレート。<br />それを飲んで食べながらの撮影でした。<br />灯りが一つ一つ増えていく夕暮れは、<br />なんと言っていいかわからないくらい素晴らしかった。<br /><br /><br />シチリアには7日ほど滞在。<br />モディカ<br />ラグーザ<br />パレルモ<br />チェファル<br />ファヴィニャーナ<br />トラーパニ<br />これらの街を歩きました。<br />本島にシチリアはどこも美味しい食べ物ばかりで。<br /><br />絶対にまた行きたい島です。

    03
    2014年1月
    Sicilia「Modica」
    初めてシチリアに足を踏み入れたその日に、
    カターニャの空港から真っ先に訪れた町がここモディカ。
    家がびっしりと並んでいる姿がどうしても見たくて。

    撮影ポイントにシチリアワインとモディカチョコレート。
    それを飲んで食べながらの撮影でした。
    灯りが一つ一つ増えていく夕暮れは、
    なんと言っていいかわからないくらい素晴らしかった。


    シチリアには7日ほど滞在。
    モディカ
    ラグーザ
    パレルモ
    チェファル
    ファヴィニャーナ
    トラーパニ
    これらの街を歩きました。
    本島にシチリアはどこも美味しい食べ物ばかりで。

    絶対にまた行きたい島です。

  • 02<br />2014年1月<br />4traveler yamada423さんの旅行記にここからの眺めがありまして。<br />この眺めを自分の目で見てみたい。<br />そう思うといてもたってもいられず、<br />yamadaさんに質問し、<br />詳しいことを教えていただいてから乗り込んだ初Veniceでした。<br /><br />Veneziaの南側「アッカデミーア橋」からの眺めは別世界にいるような感覚でした。これは夕方に撮った写真です。朝は逆光になりますが、それもまた素晴らしかったです。滞在中、2度この橋を訪れました。<br /><br />実はイタリア旅4度目で初のVeneziaでした。<br />素晴らしいところなのはわかっていたけど、<br />物価は高いそうだし、<br />ハネムーンで行くようなところ・・・<br />というイメージがあって、ちょっと敬遠していました。<br /><br />しかし行ってみるものですね~。<br />すべてが素晴らしかった!!<br />まさに別世界、異次元。<br />Veneziaの虜になってしまいました。<br /><br />そういえばこれは一人旅の時でした。<br />2回目は小学2年の息子と二人旅。<br />3回目は2019ねん12月に家族全員でここに行きました。<br />次はいつ行けるかな~。<br />

    02
    2014年1月
    4traveler yamada423さんの旅行記にここからの眺めがありまして。
    この眺めを自分の目で見てみたい。
    そう思うといてもたってもいられず、
    yamadaさんに質問し、
    詳しいことを教えていただいてから乗り込んだ初Veniceでした。

    Veneziaの南側「アッカデミーア橋」からの眺めは別世界にいるような感覚でした。これは夕方に撮った写真です。朝は逆光になりますが、それもまた素晴らしかったです。滞在中、2度この橋を訪れました。

    実はイタリア旅4度目で初のVeneziaでした。
    素晴らしいところなのはわかっていたけど、
    物価は高いそうだし、
    ハネムーンで行くようなところ・・・
    というイメージがあって、ちょっと敬遠していました。

    しかし行ってみるものですね~。
    すべてが素晴らしかった!!
    まさに別世界、異次元。
    Veneziaの虜になってしまいました。

    そういえばこれは一人旅の時でした。
    2回目は小学2年の息子と二人旅。
    3回目は2019ねん12月に家族全員でここに行きました。
    次はいつ行けるかな~。

137いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (16)

開く

閉じる

  • かれんさん 2021/10/29 12:02:27
    プロチダさん こんにちは!
    私も イタリアには 今後一度は行きたいと思っています。特に、ローマ、ナポリ、海岸線の美しいところも、ぜひ見に行きたいです。コロナが あともう少し収束すれば、行けるかもしれませんね。私のつたない旅行記に「いいね!」をいただき、ありがとうございました。またイタリアの素晴らしい写真をたくさん見せていただき、楽しかったです。今後ともお体 ご自愛くださいね、そのうえでお互いに旅行を楽しみましょう。

    procida

    procidaさん からの返信 2021/10/29 13:22:59
    Re: プロチダさん こんにちは!
    かれんさんへ
    こんにちは!
    イギリスと私の住んでいる北海道の旅行記を拝見させていただきました。
    湖水地方、とてもキレイですね~。
    私もそこを歩いてみたいです。
    ナポリからアマルフィへの海岸線は本当に見どころいっぱいです。
    機会がありましたらぜひ行ってみてください!
    私も英国大好きです。
    また行きたいです。

    プロチダ
  • mitsuhiroさん 2021/01/26 09:17:19
    素晴らしい写真
    1枚1枚の写真に詩情があります。まさにアート。素晴らしい写真でした。

    procida

    procidaさん からの返信 2021/01/26 13:50:33
    RE: 素晴らしい写真
    mitsuhiroさんへ

    こんにちは。
    昨日、ミラノの旅行記にお邪魔しました。
    ガッレリア、大聖堂・・・
    私もミラノに一度行きました。
    魅力的な街ですよね。

    また行きたいです。

    プロチダ
  • liberty-libertyさん 2020/11/23 21:47:18
    有難うございます(*^^*)
    procidaさん、こんばんは!
    素晴らしい写真の数々に心躍りながら拝見させて頂きました。

    世界はこんなにも美しく
    旅はこんなにも感動に満ちている

    自粛が続く中
    旅を諦めてしまいそうになる私に
    改めて火を灯してくれる旅行記でした(*´∇`*)

    そうそう♪
    procidaさんに感化された私は
    今月初め、近場のサイクリングコースで自転車漕いでみたんです。
    オンボロママチャリなのでお尻が痛くなりましたが(笑)
    でも、すごく心洗われる時間を過ごせました。

    4トラに載せる程のものでもないのでアップしていませんが
    私の個人ブログにその時の様子を載せました。
    「たびねこカンパニーの旅絵本」っていうブログなんですけどね(^^)
    お時間ある時にでも遊びに来てみて下さい♪
    https://tabineko-company.com/

    ではまた(^o^)/

    リバ

    procida

    procidaさん からの返信 2020/11/24 08:03:56
    Re: 有難うございます(*^^*)
    おはようございます!リバさん!

    さっそくブログ見ましたよ。
    サイクリングの動画も!
    楽しいブログですね。
    これからも続編を期待しています。

    自転車は乗り始めお尻が痛くなってしまいますよね。
    よくわかります。
    私も初めの1か月はそことの闘いでした。笑
    でも自転車は爽快感があってとってもいいですよね。
    こちら北海道の内陸地方はただいま真っ白です。
    この冬一番の雪が降りました。
    もしかしたら根雪かな~。
    明日には融けるよ・・・なんて会話が朝から飛び交ってます。

    次の自転車は4か月か5か月後になります。
    早く春が来てほしいです。

    プロチダ
  • akikoさん 2020/11/07 15:36:17
    イタリアのとっておきの写真の数々♪
    procidaさん、こんにちは~

    イタリアのとっておきのお気に入りの写真、
    一枚一枚ゆっくり見せていただきました。

    表紙の坂道を降りて行く母子の写真は、
    procidaさんの奥さまとお子さまだったんですね。

    てっきり現地の方が写り込んだ写真だと思いました。
    自然にトスカーナの景色に溶け込んでいて…
    本当に素敵な写真ですね!

    続くヴェネチアの写真も夕刻のオレンジ色の空が
    とても美しくて、素敵なヴェネチアがさらに美しさを
    増していますね。

    シシリアのイブラという街の夜景には見惚れました。

    そのあとの写真も、またそのあとの写真も、きっと
    procidaさんにとって、思い出が詰まった旅の
    ワンシーンなのでしょうね~

    全ての写真が美しくて、またエピソードも興味深くて
    たっぷり楽しませていただきました♪

    akiko

    procida

    procidaさん からの返信 2020/11/08 10:49:55
    Re: イタリアのとっておきの写真の数々♪
    akikoさんへ
    こんにちは!
    イブラは素晴らしくきれいな街でした。
    真冬ということもあり、静かな街の中に一つ一つ灯りがついていく様子は幻想的でもありました。
    この時はシチリアの一人旅。
    次の日からパレルモ、チェファル、ファヴィニャーナ、トラーパニなどに行きました。
    どこもフォトジェニックなところで、忘れられない旅になりました。

    ラグーザでは高齢のおばあさんが経営するB&Bに一泊しました。
    旅立つ時に本当の肉親のようにいろいろと心配してくれて…
    涙が出そうになりました。

    また、世界中を自由に旅できる日が来ますように。

    プロチダ
  • パパさん 2020/11/03 11:21:38
    こんにちは。
    procidaさん

    こんにちは。
    サントリーニ島の旅行記を訪ねて頂きありがとうございます。

    >いつもならこの時期、旅の計画で頭はいっぱい。
    >だけどそんな時旅行会社の友人からいただいた言葉。
    >「3年は海外なんて無理だよ!」
    >わかっていたけど、現実を突きつけられると胸が痛い。

    私たちもこの時期は海外旅行の話で頭がいっぱいでしたね。
    来年は海外旅行は無理だと思っています。
    早くても2022年かな?
    今年は旅行には行っていません。
    年末にお台場の日航ホテルに泊まりにいく予定です。
    来年は国内旅行と思っています。
    GWは屋久島に行く予定です。
    夏は北海道かなと思っています。

    >最近は旅の写真ばかり見返してる。
    >やっぱり思うのは旅ってすごい。
    >そしてヨーロッパって美しい。
    >特にイタリアは絵になる。

    旅行の写真は最近やっと見ることができるようになりました。
    9月位までは、辛くて写真を見ることもできませんでした。
    最近やっと少しずつですが旅行の写真をみるようになりました。
    4トラもほとんどアクセスしませんでした。
    少しずつですが、口コミを書くようになりました。

    イタリアは絵になる。そう思います。
    本当なら8月にミラノ近郊をドライブする予定でした。
    湖畔のホテルも予約していました。
    また、いつかきっとイタリアに行きたいです。

    時々お邪魔します。

    パパさん

    procida

    procidaさん からの返信 2020/11/03 19:47:17
    Re: こんにちは。
    こんばんは!
    ベネチア、そしてチヴィタにも行かれてるのですね。先ほど旅行記にお邪魔しました。
    チヴィタまでの上り坂はあんなに急なのですね。想像以上でした。
    クルーズでゆったりと移動の旅…
    また経験はないのですが、一度やってみたいです。地中海なんか行きたいな~。

    私も来年の海外は諦めてます。
    せめて沖縄に行けたら…と思ってますが。

    >9月位までは、辛くて写真を見ることもできませんでした。
    最近やっと少しずつですが旅行の写真をみるようになりました。

    その思いホントによくわかります。
    私もそうでした。
    秋になるまで4traを見なかった時期があります。なんか虚しくなってきてしまって。

    ミラノ近郊をドライブですか!
    最高ですね。
    それにも憧れます。
    私はまだ海外で運転デビューはないのですが、もしできたらトスカーナあたりを走ってみたいです。

    北海道にも来てくださいね。
    夏は涼しくていいですよ~!

    今後ともよろしくお願いします。

    プロチダ



  • maayさん 2020/11/02 23:07:42
    すみません。
    送信してしまいました(笑)
    そして、プロチダさんのアカデミア橋からの写真が私をベネチアに誘ってくれたことを思い出します(*´-`)

    プロチダ島のお写真は、Tシャツにされた写真でしたか?
    プロチダさんのお写真は、物語が沢山あって楽しいです。まとまだ楽しみにしています(^-^)

    maay

    procida

    procidaさん からの返信 2020/11/03 06:19:14
    Re: !
    おはようございます!
    そうでした。
    アカデミア橋の話し、以前しましたよね。
    最近、テレビでもあの橋からの映像を何度か観ました。
    朝も夕も昼も、それぞれ別の顔を持ち、どれも魅力的だと感じます。
    プロチダの写真。
    そうです、Tシャツの写真です!
    やっぱりあの青い空が気に入ってます。

    今回の一枚ずつUPは50枚か100枚の切りのいいとこまで続けたいと思います。自分にとってイタリアを思い出すいい機会になってます。

    また、ベネチアに行ける日が早く来るといいですね!
    プロチダ
  • maayさん 2020/11/02 23:00:31
    procidaさん!
    ピサの"逆さ斜塔"が素敵すぎます。

    procida

    procidaさん からの返信 2020/11/03 06:25:36
    Re: procidaさん!
    ピサは本当に素敵な町です。
    建物がどれも歴史を感じます。
    あと、駅近くにとても美味しいトラットリアがあります!

    斜塔は傾き過ぎ。
    もし、地震でも来たらいちばん初めに倒れてしまうのでは…と心配になります。
    プロチダ

    maay

    maayさん からの返信 2020/11/03 07:53:46
    Re: procidaさん!
    おはようございます。
    シチリアの写真もアップされてましたね。
    昨年の「NHK 旅するイタリア語」で俄然旅したくなっていました。
    シチリアは、2年前に行った知り合いが、"とてもとても良いところなのだが、夏は人が増えすぎた…"と嘆いていて(彼女もその一人な訳なんだけど!)、当分は行けないだろうな…と季節外れの旅行に憧れていたのですが。

    東京周辺は、go to の影響で劇混みの様子で、最近、身近な街散策で楽しんでます。
    自分の街にこんなところあったのかー!と(笑)でも、
    知らない街を彷徨う旅は…しばらくお預けでしょうか。あのワクワク感に早く再開したいものです!
    maay

    procida

    procidaさん からの返信 2020/11/03 08:47:02
    Re: procidaさん!
    旅するイタリア語!
    そうなんですよ。
    ずっとシチリアが舞台でしたよね。
    全て見ました。
    ラグーザやファヴィニャーナまで映ってましたよね。
    全てが魅力的なシチリアです。

    行きたいですね~!

    プロチダ

procidaさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集