北京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず」(松尾芭蕉)<br />2017年 中国、北京一人旅 第1弾。<br /><br />◇日程<br /><br /> 〇 2017年11月6日(月)<br />  広島→北京<br /><br /> 〇 2017年11月7日(火)<br />  北京<br /><br /> 〇 2017年11月8日(水)<br />  北京<br /><br /> 〇 2017年11月9日(木)<br />  北京<br /><br /> 〇 2017年11月10日(金)<br />  北京→広島<br /><br />あっ、太宰治先生、罪深き子羊をお許しください。アーメン。

ポーカーやりに 北京においでよ トランプ大統領 1

10いいね!

2017/11/06 - 2017/11/10

1264位(同エリア5113件中)

0

24

fudekagePaPa

fudekagePaPaさん

「予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず」(松尾芭蕉)
2017年 中国、北京一人旅 第1弾。

◇日程

 〇 2017年11月6日(月)
  広島→北京

 〇 2017年11月7日(火)
  北京

 〇 2017年11月8日(水)
  北京

 〇 2017年11月9日(木)
  北京

 〇 2017年11月10日(金)
  北京→広島

あっ、太宰治先生、罪深き子羊をお許しください。アーメン。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
3.0
グルメ
3.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 習近平と会談するために、外遊に行ってくる。<br />政府専用機がチャーターできなかったため、エコノミー席で、広島空港から、上海浦東空港で乗り換え、北京入りだ。<br />来年、妻を連れての北京旅行の下調べもかねて。

    習近平と会談するために、外遊に行ってくる。
    政府専用機がチャーターできなかったため、エコノミー席で、広島空港から、上海浦東空港で乗り換え、北京入りだ。
    来年、妻を連れての北京旅行の下調べもかねて。

  • お昼前に上海空港に到着。4時間ほど待つ。<br />コンビニに、既視感のあるスナックが…<br />こ、これは、広島生まれの「かっぱえびせん」ではないのか…<br />お味は、エビの香りがちょっと薄い…<br />上海国際空港は近代的な建物で、天井が青いのが印象的。<br />ぶら下がっている棒が、釣り天井(お代官が紐を引くと、天井が降りてきて、お銀姉さん危な~いというあれ)みたいで、ちょっと怖い。<br />北京行きの国内線待合室に移動すると…<br />まるで、50年前の田舎のよろず屋のような趣。<br />本当にここから中国の首都、北京へ飛行機に乗るの?<br />大丈夫だった。<br />「次は終点、暗がり峠前」ではなく、無事、北京国際空港に到着した。

    お昼前に上海空港に到着。4時間ほど待つ。
    コンビニに、既視感のあるスナックが…
    こ、これは、広島生まれの「かっぱえびせん」ではないのか…
    お味は、エビの香りがちょっと薄い…
    上海国際空港は近代的な建物で、天井が青いのが印象的。
    ぶら下がっている棒が、釣り天井(お代官が紐を引くと、天井が降りてきて、お銀姉さん危な~いというあれ)みたいで、ちょっと怖い。
    北京行きの国内線待合室に移動すると…
    まるで、50年前の田舎のよろず屋のような趣。
    本当にここから中国の首都、北京へ飛行機に乗るの?
    大丈夫だった。
    「次は終点、暗がり峠前」ではなく、無事、北京国際空港に到着した。

  • 北京空港にお迎えの政府公用車が来ていなかったので、空港鉄道と地下鉄を使い、自分で前門大街へ移動する。<br />ここで一つ失敗。今回、銀嶺カードにお金をチャージしていたので、空港で両替していなかった。手元には、以前西安に行った残りの中国元しかない。<br />で、『准南牛肉湯』と

    北京空港にお迎えの政府公用車が来ていなかったので、空港鉄道と地下鉄を使い、自分で前門大街へ移動する。
    ここで一つ失敗。今回、銀嶺カードにお金をチャージしていたので、空港で両替していなかった。手元には、以前西安に行った残りの中国元しかない。
    で、『准南牛肉湯』と

  • 餅(パン)ネギ入りを食べ、銀嶺カードで支払おうとすると、<br />何それ? って顔。<br />銀嶺カード使えないじゃないの。もうQRコードペイが主流みたい。でも当時は、中国の銀行に口座を持っていないとQRコードペイが使えなかったので、銀嶺カードを頼りにしていたのに…<br />ギリギリの手持ち中国元で払い、明日、ATMキャッシングをすることにした。

    餅(パン)ネギ入りを食べ、銀嶺カードで支払おうとすると、
    何それ? って顔。
    銀嶺カード使えないじゃないの。もうQRコードペイが主流みたい。でも当時は、中国の銀行に口座を持っていないとQRコードペイが使えなかったので、銀嶺カードを頼りにしていたのに…
    ギリギリの手持ち中国元で払い、明日、ATMキャッシングをすることにした。

  • ホテルは予約していた四合院づくりのお宿。<br />魯迅の小説に出てくるそのままだ。<br />『北京ハイドコートヤードホテル』って小ジャレた名前が付いているが、4泊しても13,700円だ。

    ホテルは予約していた四合院づくりのお宿。
    魯迅の小説に出てくるそのままだ。
    『北京ハイドコートヤードホテル』って小ジャレた名前が付いているが、4泊しても13,700円だ。

  • 中庭部分に、ホテルの守り神だろうか、ドーンと布袋様が座っている。<br />う~ん、このお腹、親近感があるな~

    中庭部分に、ホテルの守り神だろうか、ドーンと布袋様が座っている。
    う~ん、このお腹、親近感があるな~

  • きっと、昔の使用人の個室を客室に改造したんだろう。<br />シャワールームも、たぶん日本の女の子は無理だと思う。<br />あの天井の棒は何?<br />これって、建物が倒壊しないようにするつっかえ棒?<br />きっとそうだと思う。

    きっと、昔の使用人の個室を客室に改造したんだろう。
    シャワールームも、たぶん日本の女の子は無理だと思う。
    あの天井の棒は何?
    これって、建物が倒壊しないようにするつっかえ棒?
    きっとそうだと思う。

  • 朝は、毎日、体によさそうな献立が出た。<br />たぶん中国の人たちが、毎日食べている献立に近いものだと思う。<br />ザーサイ以外は薄味で、ハオチー。<br />ザーサイは極塩辛。

    朝は、毎日、体によさそうな献立が出た。
    たぶん中国の人たちが、毎日食べている献立に近いものだと思う。
    ザーサイ以外は薄味で、ハオチー。
    ザーサイは極塩辛。

  • 北京ハイドコートヤードホテルの外観は…<br />ここって、おしゃれスポットの前門大街の一本裏の通りだが、あちゃらの清潔感と違って、共用公衆トイレがあったり、大人のおもちゃ屋があったりと、清朝時代のままの、猥雑なかぐわしい匂いがする。<br />でも、こっちのほうが好き。中国と言えばこうでなくっちゃ。(個人の感想です)

    北京ハイドコートヤードホテルの外観は…
    ここって、おしゃれスポットの前門大街の一本裏の通りだが、あちゃらの清潔感と違って、共用公衆トイレがあったり、大人のおもちゃ屋があったりと、清朝時代のままの、猥雑なかぐわしい匂いがする。
    でも、こっちのほうが好き。中国と言えばこうでなくっちゃ。(個人の感想です)

    前門大街 市場

  • 翌朝、ATMでキャッシングして勇気凛凛。<br />両替手数料より、キャッシングの利息のほうが安いのだ。<br />では、八達嶺長城に行ってみよう。もちろんツアーではなく自力だ。<br />現在、北京北方の黄土店駅から列車が出ているらしいので、地下鉄で黄土店駅へ。

    翌朝、ATMでキャッシングして勇気凛凛。
    両替手数料より、キャッシングの利息のほうが安いのだ。
    では、八達嶺長城に行ってみよう。もちろんツアーではなく自力だ。
    現在、北京北方の黄土店駅から列車が出ているらしいので、地下鉄で黄土店駅へ。

  • 和諧号がやって来た。プラットフォームに列車が入線すると、バケツとモップを持ったおじさんたちが、ボディのモップがけを始めた。<br />人力のほうが経費が掛からないんだろうな~<br />八達嶺長城まで、1時間乗って、たった6元(100円)

    和諧号がやって来た。プラットフォームに列車が入線すると、バケツとモップを持ったおじさんたちが、ボディのモップがけを始めた。
    人力のほうが経費が掛からないんだろうな~
    八達嶺長城まで、1時間乗って、たった6元(100円)

  • 列車が動き始めると、制服を着た車掌らしき人たちが何人も来る。<br />検札かなと思ったが、物を売り始めた。<br />黙って商品を見せる人は全然売れなくて、乗客と掛け合い漫才をしながら愛想よく、笑顔で売る女性もいる。<br />中国で、こんなに笑顔で売っている人を初めて見た。<br />商品は、お祭りで売っているような素朴なおもちゃだったが、説明の後、飛ぶように売れていた。

    列車が動き始めると、制服を着た車掌らしき人たちが何人も来る。
    検札かなと思ったが、物を売り始めた。
    黙って商品を見せる人は全然売れなくて、乗客と掛け合い漫才をしながら愛想よく、笑顔で売る女性もいる。
    中国で、こんなに笑顔で売っている人を初めて見た。
    商品は、お祭りで売っているような素朴なおもちゃだったが、説明の後、飛ぶように売れていた。

  • 30分ほど乗ると、長城が見えてきた。<br />居庸関長城だ。ここ、かっこいい! <br />狭い谷の底に要塞があって、左右の谷を長城を結んである。<br />妻を連れてくる時は、ここにしよう。<br />時刻表を見ると、ここから八達嶺までは近いのに、30分以上かかる。<br />私も理由を知らなかったが、時刻表に乗っていない山間の小さな駅で止まる。<br />「今からバックします。」という放送があったのだろうか、観光の中国のおばちゃんたちが大騒ぎし始めて、降りてしまった。

    30分ほど乗ると、長城が見えてきた。
    居庸関長城だ。ここ、かっこいい! 
    狭い谷の底に要塞があって、左右の谷を長城を結んである。
    妻を連れてくる時は、ここにしよう。
    時刻表を見ると、ここから八達嶺までは近いのに、30分以上かかる。
    私も理由を知らなかったが、時刻表に乗っていない山間の小さな駅で止まる。
    「今からバックします。」という放送があったのだろうか、観光の中国のおばちゃんたちが大騒ぎし始めて、降りてしまった。

  • 列車はバックのまま発車して、5分ほどで八達嶺駅に到着する。<br />これって、スイッチバックだ。しかし、この和諧号、何両編成?<br />6両以上あったような…<br />それも、複線のスイッチバックだ。<br />恐るべし中国。かわいそうな途中下車のおばちゃん。

    列車はバックのまま発車して、5分ほどで八達嶺駅に到着する。
    これって、スイッチバックだ。しかし、この和諧号、何両編成?
    6両以上あったような…
    それも、複線のスイッチバックだ。
    恐るべし中国。かわいそうな途中下車のおばちゃん。

    八達嶺駅

  • 駅から八達嶺に歩いていくと、ラクダを連れているおじさんがいる。<br />乗るのか? 食べるのか? 

    駅から八達嶺に歩いていくと、ラクダを連れているおじさんがいる。
    乗るのか? 食べるのか? 

  • 来た~ 万里の長城!<br />ここは風が強いな~<br />空の色が深いな~<br />

    来た~ 万里の長城!
    ここは風が強いな~
    空の色が深いな~

  • 当時の兵士は、自分の持ち場まで通勤するの大変だっただろうな~<br />などと、不謹慎な感想を持ってしまう。いかんいかん。<br />

    当時の兵士は、自分の持ち場まで通勤するの大変だっただろうな~
    などと、不謹慎な感想を持ってしまう。いかんいかん。

  • 長城に登り、ヘロヘロになっておりてきた。<br />あれ? 駅まで少し走ったら、一本前の電車に乗れるではないか。<br />よーし走ろう。今はただその一事だ。走れ! __ __ __。<br />老体に鞭打って駅まで走った。そして疾風の如く駅に突入した。間に合った。<br />これで黄土店駅に戻ってから、明十三陵に行ってみよう。<br />帰りも壮大なスイッチバックを通り、南口の駅へ停車。<br />ここで地図を見ていて気付いた。<br />「ここで降りたら、明十三陵にショートカットできるかも?」

    長城に登り、ヘロヘロになっておりてきた。
    あれ? 駅まで少し走ったら、一本前の電車に乗れるではないか。
    よーし走ろう。今はただその一事だ。走れ! __ __ __。
    老体に鞭打って駅まで走った。そして疾風の如く駅に突入した。間に合った。
    これで黄土店駅に戻ってから、明十三陵に行ってみよう。
    帰りも壮大なスイッチバックを通り、南口の駅へ停車。
    ここで地図を見ていて気付いた。
    「ここで降りたら、明十三陵にショートカットできるかも?」

  • 列車から飛び降りた。(もちろんドアからホームへ)<br />南口は、田舎の鄙びた駅で、駅前のトイレはうわさに聞くニーハオトイレだった。<br />果物屋でブドウを買い、摘まみながらバス停を探す。<br />乗り込んだバスのかわいい車掌さんに話を聞くと、私が使っている百度地図よりも高徳地図の方がいいらしい。すぐダウンロードしたら喜んでくれた。<br />言われた所でバスを降り、村を横切ると、明十三陵に行くバス停にたどり着いた。

    列車から飛び降りた。(もちろんドアからホームへ)
    南口は、田舎の鄙びた駅で、駅前のトイレはうわさに聞くニーハオトイレだった。
    果物屋でブドウを買い、摘まみながらバス停を探す。
    乗り込んだバスのかわいい車掌さんに話を聞くと、私が使っている百度地図よりも高徳地図の方がいいらしい。すぐダウンロードしたら喜んでくれた。
    言われた所でバスを降り、村を横切ると、明十三陵に行くバス停にたどり着いた。

  • ここ十三陵も広大だ。<br />定陵へ行ってみたが、地下へ降りるまで長かった~

    ここ十三陵も広大だ。
    定陵へ行ってみたが、地下へ降りるまで長かった~

    明の十三陵 史跡・遺跡

  • 地下何階かわからないが、万歴帝や妃の棺が並んでいる。<br />時間切れで長陵には行けなかった。<br />でも、ここは妻を連れてくる必要はないかな。

    地下何階かわからないが、万歴帝や妃の棺が並んでいる。
    時間切れで長陵には行けなかった。
    でも、ここは妻を連れてくる必要はないかな。

  • 前門大街に戻り、北京ダックの夕食。<br />う~ん、これ美味しいのか?

    前門大街に戻り、北京ダックの夕食。
    う~ん、これ美味しいのか?

    前門大街 市場

  • 肉まんとシュウマイ?<br />シュウマイの中身は炊き込みご飯が入っていた。

    肉まんとシュウマイ?
    シュウマイの中身は炊き込みご飯が入っていた。

  • 西安でおなじみの羊肉のシシカバブ。<br />お肉の味を楽しむというより、香辛料のエキゾチックさを楽しむ料理だな。<br />明日は、習近平に会いに、故宮博物院に行ってみよう。

    西安でおなじみの羊肉のシシカバブ。
    お肉の味を楽しむというより、香辛料のエキゾチックさを楽しむ料理だな。
    明日は、習近平に会いに、故宮博物院に行ってみよう。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 301円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集