周荘旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3回目の蘇州旅行、今回は蘇州をベースに近郊の水郷古鎮をめぐってきました。<br />今回は、同里・周荘・用直・南潯をめぐって、以前行ったことのある烏鎮・西塘と合わせて、江南六大古鎮コンプリート。<br />3日目の、周荘古鎮です。<br />水郷古鎮という言葉が、本当にぴったりの古鎮でした。

周荘古鎮(蘇州をベースにふらふら水郷巡りしてみました③)

114いいね!

2019/12/21 - 2019/12/31

1位(同エリア89件中)

びっぱワン

びっぱワンさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

3回目の蘇州旅行、今回は蘇州をベースに近郊の水郷古鎮をめぐってきました。
今回は、同里・周荘・用直・南潯をめぐって、以前行ったことのある烏鎮・西塘と合わせて、江南六大古鎮コンプリート。
3日目の、周荘古鎮です。
水郷古鎮という言葉が、本当にぴったりの古鎮でした。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
3.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝早くのバスで、蘇州北広場バスターミナルから出発です。<br />人気の路線と思うんですが、バスはけっこう古いタイプ。<br />まあ、17元(250円くらい)なので、まあ、いいんですけど。

    朝早くのバスで、蘇州北広場バスターミナルから出発です。
    人気の路線と思うんですが、バスはけっこう古いタイプ。
    まあ、17元(250円くらい)なので、まあ、いいんですけど。

    蘇州北広場バスターミナル バス系

  • このバス、某「○○の歩き方」では、周荘古鎮が終点と書いてあったんで、そのつもりで乗っていたら、終点は、バスターミナル。<br />しかたない、路線バスに乗り換えるかあ、とバスを降りたら、同じような人がしょっちゅういるのか、白タクのおじさんが声をかけてきて、誘ってきます。どうしようかなあ、と考えたけど、2人で20元っていうし、まあいいかと思って、白たくで直行。<br />10分弱で、入口に到着です。<br />

    このバス、某「○○の歩き方」では、周荘古鎮が終点と書いてあったんで、そのつもりで乗っていたら、終点は、バスターミナル。
    しかたない、路線バスに乗り換えるかあ、とバスを降りたら、同じような人がしょっちゅういるのか、白タクのおじさんが声をかけてきて、誘ってきます。どうしようかなあ、と考えたけど、2人で20元っていうし、まあいいかと思って、白たくで直行。
    10分弱で、入口に到着です。

    周荘 旧市街・古い町並み

    昔の雰囲気も、けっこう残っています。 by びっぱワンさん
  • 入口で共通入場券を購入して(100元)、さっそく古鎮に入って行きますが、朝早いせいか人影は少なめ。

    入口で共通入場券を購入して(100元)、さっそく古鎮に入って行きますが、朝早いせいか人影は少なめ。

    周荘 旧市街・古い町並み

    昔の雰囲気も、けっこう残っています。 by びっぱワンさん
  • 最初に向かったのは、澄虚道院という道観(道教のお寺)。<br />入口はこんなに狭いけど、奥は結構広くなっています。

    最初に向かったのは、澄虚道院という道観(道教のお寺)。
    入口はこんなに狭いけど、奥は結構広くなっています。

    澄虚道院 史跡・遺跡

    道教寺院 by びっぱワンさん
  • こんなふうに中庭っぽくなっていたりして、ちょっとした感じです。

    こんなふうに中庭っぽくなっていたりして、ちょっとした感じです。

    澄虚道院 史跡・遺跡

    道教寺院 by びっぱワンさん
  • そして、道教らしい、微妙な色彩の像。<br />でも、あんまり偉そうじゃないんで、けっこう好きですが。<br />

    そして、道教らしい、微妙な色彩の像。
    でも、あんまり偉そうじゃないんで、けっこう好きですが。

    澄虚道院 史跡・遺跡

    道教寺院 by びっぱワンさん
  • そして、次は迷楼。<br />小さな街なので、ほとんど隣みたいな感じで、見どころが続きます。

    そして、次は迷楼。
    小さな街なので、ほとんど隣みたいな感じで、見どころが続きます。

    迷楼 史跡・遺跡

    飲食店跡 by びっぱワンさん
  • 見どころと言っても、ここは、革命にかかわったのメンバーが、よく酒を酌み交わした場所というところなので、その時の様子を再現した人形があったりしますが、知らない人たちなので、展示は、ほぼスルー<br />(日本でいえば、寺田屋みたいな場所なのかもしれません。)

    見どころと言っても、ここは、革命にかかわったのメンバーが、よく酒を酌み交わした場所というところなので、その時の様子を再現した人形があったりしますが、知らない人たちなので、展示は、ほぼスルー
    (日本でいえば、寺田屋みたいな場所なのかもしれません。)

    迷楼 史跡・遺跡

    飲食店跡 by びっぱワンさん
  • ただ、川沿いに建っているので、窓から川と、老街を眺めて飲むのは、ちょっといいかなあ。<br />(2階からの写真ですが、この手前が水路になっています。)

    ただ、川沿いに建っているので、窓から川と、老街を眺めて飲むのは、ちょっといいかなあ。
    (2階からの写真ですが、この手前が水路になっています。)

    迷楼 史跡・遺跡

    飲食店跡 by びっぱワンさん
  • これが、水路の様子。<br />いかにも水郷っていう感じですね。

    イチオシ

    これが、水路の様子。
    いかにも水郷っていう感じですね。

  • ここは、観光地化しているのに、昔の感じの水路が、けっこう綺麗にされないまま残っていて、いい感じです。

    イチオシ

    ここは、観光地化しているのに、昔の感じの水路が、けっこう綺麗にされないまま残っていて、いい感じです。

  • そのまま、南方向に歩いて、古鎮の南端、南湖園に行ってみました。

    そのまま、南方向に歩いて、古鎮の南端、南湖園に行ってみました。

  • ここは、古鎮というより、むしろ新しめのきれいなお寺。<br />元々、北宋の時代に造られたお寺のようですが、最近、再建されたようです。

    ここは、古鎮というより、むしろ新しめのきれいなお寺。
    元々、北宋の時代に造られたお寺のようですが、最近、再建されたようです。

  • 特徴は、やたら広い池でしょうか。<br />ただ、あまり趣みたいなのは感じられません。

    特徴は、やたら広い池でしょうか。
    ただ、あまり趣みたいなのは感じられません。

  • 中国の池と言えば、大量の金魚<br />ここにもたくさんいました。<br />おばさんが、寒そうにエサを売っていましたが、お客さんが少なくかわいそう。

    中国の池と言えば、大量の金魚
    ここにもたくさんいました。
    おばさんが、寒そうにエサを売っていましたが、お客さんが少なくかわいそう。

  • 南湖園の南には、南湖という、大きな湖が広がっています。<br />まあ、特に綺麗とかいうわけではありませんが。

    南湖園の南には、南湖という、大きな湖が広がっています。
    まあ、特に綺麗とかいうわけではありませんが。

  • ただ、南湖の東に架かっている、この長橋は、けっこう印象的。<br />いかにも、中国の橋っていう感じで、全長約230メートルもあるそうです。

    イチオシ

    ただ、南湖の東に架かっている、この長橋は、けっこう印象的。
    いかにも、中国の橋っていう感じで、全長約230メートルもあるそうです。

  • 橋のたもとは、南湖秋月園というちょっとした公園になっています。<br />

    橋のたもとは、南湖秋月園というちょっとした公園になっています。

  • 公園を出て、水郷古鎮の方に戻ってみました。<br />本当に、いかにも、っていう感じの水路が続きます。<br />実は、色々入場はしますが、<br />こんな水路を見て、まったりするだけでも、けっこう満足

    イチオシ

    公園を出て、水郷古鎮の方に戻ってみました。
    本当に、いかにも、っていう感じの水路が続きます。
    実は、色々入場はしますが、
    こんな水路を見て、まったりするだけでも、けっこう満足

  • それでも、もちろん、だいたいすべての施設には入ってみるんですが、(共通入場券も買ってますし←元を取らなきゃみたいな、せこい考えも)次に行ったのは、沈庁というお屋敷です。<br />

    それでも、もちろん、だいたいすべての施設には入ってみるんですが、(共通入場券も買ってますし←元を取らなきゃみたいな、せこい考えも)次に行ったのは、沈庁というお屋敷です。

    沈庁 史跡・遺跡

    豪邸 by びっぱワンさん
  • 周荘というのは、沈万三という人が発展させたようですが、ここは、その子孫のお屋敷です。<br />さすがに、やたら広い、そして、豪華

    周荘というのは、沈万三という人が発展させたようですが、ここは、その子孫のお屋敷です。
    さすがに、やたら広い、そして、豪華

    沈庁 史跡・遺跡

    豪邸 by びっぱワンさん
  • これは、沈万三の銅像と思われます。<br />金ぴかで、富の神様になっているようでした。

    これは、沈万三の銅像と思われます。
    金ぴかで、富の神様になっているようでした。

    沈庁 史跡・遺跡

    豪邸 by びっぱワンさん
  • これは、本日の昼食 ではありません。<br />当時のもてなし料理を再現したもののようです。

    これは、本日の昼食 ではありません。
    当時のもてなし料理を再現したもののようです。

    沈庁 史跡・遺跡

    豪邸 by びっぱワンさん
  • 本当に、たくさんの部屋があります。<br />100室を越えるとか。

    本当に、たくさんの部屋があります。
    100室を越えるとか。

    沈庁 史跡・遺跡

    豪邸 by びっぱワンさん
  • 家の中の廊下というか通路です。<br />出口が、はるかかなたに見えます。

    家の中の廊下というか通路です。
    出口が、はるかかなたに見えます。

    沈庁 史跡・遺跡

    豪邸 by びっぱワンさん
  • 沈庁を出たところにある富安橋です。<br />建造から700年以上たっているようですが、全然現役の美しい橋です。

    沈庁を出たところにある富安橋です。
    建造から700年以上たっているようですが、全然現役の美しい橋です。

    富安橋 建造物

    周荘の中心にあります。 by びっぱワンさん
  • 水路沿い以外の道も、こんなに狭い道が多いです。<br />けっこう生活感もあります。

    水路沿い以外の道も、こんなに狭い道が多いです。
    けっこう生活感もあります。

  • 昼食です。<br />客引きのおばちゃんにつられて入った店で、<br />メニューを見て、前菜、お魚、炒飯、スープ、っていう感じで、注文して出てきたのがこれ、確かにあっているんですが、味の方は正直はずれ。<br />(あと、魚は、フグっぽかったけど、よかったのかなあ)<br />客引きのいる店は、やめた方がいいと、あらためて学習です。<br />まあ、水路沿いで、眺めはいいのが救いではありました。

    昼食です。
    客引きのおばちゃんにつられて入った店で、
    メニューを見て、前菜、お魚、炒飯、スープ、っていう感じで、注文して出てきたのがこれ、確かにあっているんですが、味の方は正直はずれ。
    (あと、魚は、フグっぽかったけど、よかったのかなあ)
    客引きのいる店は、やめた方がいいと、あらためて学習です。
    まあ、水路沿いで、眺めはいいのが救いではありました。

  • 食後の最初の見物先は、天孝徳民間収蔵館<br />普通の、しょぼい収蔵館です。<br />これも、古鎮らしい、といえばそうではあるのですが。

    食後の最初の見物先は、天孝徳民間収蔵館
    普通の、しょぼい収蔵館です。
    これも、古鎮らしい、といえばそうではあるのですが。

  • 続いて行ったのが、逸飛の家。<br />有名な芸術家(旅行画家)らしいのですが、知らない人。

    続いて行ったのが、逸飛の家。
    有名な芸術家(旅行画家)らしいのですが、知らない人。

  • 二つの橋が合体したような橋の双橋です。<br />(残念、その様子が分かる写真撮ってなかった)<br />周荘の、ほぼ中心にあります。

    二つの橋が合体したような橋の双橋です。
    (残念、その様子が分かる写真撮ってなかった)
    周荘の、ほぼ中心にあります。

    双橋 建造物

    人気の橋です。 by びっぱワンさん
  • 双橋から、東へ少し歩くと、沈万三の水塚があります。<br />本人は、水底に葬られているそうです。

    双橋から、東へ少し歩くと、沈万三の水塚があります。
    本人は、水底に葬られているそうです。

  • 最後に行ったのが、周荘博物館

    最後に行ったのが、周荘博物館

  • 周荘の歴史に関する展示をしているんですが、こんな普通の展示もありますし、

    周荘の歴史に関する展示をしているんですが、こんな普通の展示もありますし、

  • 昔の風俗を再現した人形なんかも充実しています。

    昔の風俗を再現した人形なんかも充実しています。

  • これは、映像を使って、昔の結婚式の様子を再現した展示。<br />人形みたく見えるけど、映像です。

    これは、映像を使って、昔の結婚式の様子を再現した展示。
    人形みたく見えるけど、映像です。

  • 入口が結構しょぼい感じだったので、全然期待しないで入ったんですが、中は広くて、展示も充実しているし、十分楽しめました。

    入口が結構しょぼい感じだったので、全然期待しないで入ったんですが、中は広くて、展示も充実しているし、十分楽しめました。

  • 最後の最後は、出口付近にあった、紙箱王とかいう展示施設。<br />共通入場券で入れるので、入っては見ましたが、段ボールで造った動物なんかがあるだけ、結構きれいな建物で、展示も多いんですが、周荘とは、全く関係ないし、趣旨不明な展示施設でした。

    最後の最後は、出口付近にあった、紙箱王とかいう展示施設。
    共通入場券で入れるので、入っては見ましたが、段ボールで造った動物なんかがあるだけ、結構きれいな建物で、展示も多いんですが、周荘とは、全く関係ないし、趣旨不明な展示施設でした。

  • というわけで、周荘見学終了。<br />帰りは、ちゃんと、白タクではなく路線バスでバスターミナルに向かいます。

    というわけで、周荘見学終了。
    帰りは、ちゃんと、白タクではなく路線バスでバスターミナルに向かいます。

  • そして、また長距離バスで蘇州まで帰ります。<br />切符を見ると16:10発となってますが、本当に、朝早くから、夕方まで、一日楽しませてもらいました。

    そして、また長距離バスで蘇州まで帰ります。
    切符を見ると16:10発となってますが、本当に、朝早くから、夕方まで、一日楽しませてもらいました。

114いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集