ベイルート旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の盆の旅行は、昨年末と同じく、広州トランジットのドバイ便のチケットを買いました。年末年始のドバイ経由の中東旅行が楽しかったので、8か月後の夏休みも同じルートを辿ることにしたのです。<br /><br />今回は、ドバイからどこへ行くか。さんざん迷った挙句、こんな理由から、レバノン・ベイルート行きを選択しました。<br /><br />1、外務省の危険レベルが、レバノンの多くで2から1に下がっていること。(そのため「地球の歩き方」にレバノンが再掲載されました。)<br />2、5つの世界遺産など、観光資源が豊富そうなこと。<br />3、レバノン料理が、おいしそうなこと。<br />4、中東では、夏の暑さが(まだ)穏やかそうなこと。<br /><br />危険レベルが下がったとはいえ、シリアと国境を接している国です。ベイルートの市内散策を除いて、観光はすべてガイドを依頼しました。そういった観光方法なども含めて、7泊8日のレバノン観光について、4回に分けて旅行記を書いていきます。<br /><br />下記が旅程です。3回目は、レバノンの世界遺産観光についてです。<br /><br /> 8月11日(日)09:00関空→11:45広州、19:05広州→23:05ドバイ<br />        中国南方航空、ドバイ泊<br /> 8月12日(月)07:30ドバイ→10:35ベイルート、エミレーツ航空<br />        レバノン観光、ベイルート泊<br />   8月13日(火)レバノン観光、ベイルート泊<br />※8月14日(水)レバノン観光、ベイルート泊<br />※8月15日(木)レバノン観光、ベイルート泊<br /> 8月16日(金)レバノン観光<br />        22:55ベイルート→03:50ドバイ、フライドバイ<br /> 8月17日(土)ドバイ泊<br /> 8月18日(日)01:00ドバイ→12:35広州、16:25広州→21:00関空<br />          中国南方航空<br /><br />※1ドル=113円で、計算しています。<br />※1ドル=1,500レバノンポンドで、計算しています。

レバノン'19③~アンジャル、ティールとカディーシャ渓谷

12いいね!

2019/08/11 - 2019/08/18

27位(同エリア77件中)

旅行記グループ レバノン'19

0

50

今年の盆の旅行は、昨年末と同じく、広州トランジットのドバイ便のチケットを買いました。年末年始のドバイ経由の中東旅行が楽しかったので、8か月後の夏休みも同じルートを辿ることにしたのです。

今回は、ドバイからどこへ行くか。さんざん迷った挙句、こんな理由から、レバノン・ベイルート行きを選択しました。

1、外務省の危険レベルが、レバノンの多くで2から1に下がっていること。(そのため「地球の歩き方」にレバノンが再掲載されました。)
2、5つの世界遺産など、観光資源が豊富そうなこと。
3、レバノン料理が、おいしそうなこと。
4、中東では、夏の暑さが(まだ)穏やかそうなこと。

危険レベルが下がったとはいえ、シリアと国境を接している国です。ベイルートの市内散策を除いて、観光はすべてガイドを依頼しました。そういった観光方法なども含めて、7泊8日のレバノン観光について、4回に分けて旅行記を書いていきます。

下記が旅程です。3回目は、レバノンの世界遺産観光についてです。

 8月11日(日)09:00関空→11:45広州、19:05広州→23:05ドバイ
       中国南方航空、ドバイ泊
 8月12日(月)07:30ドバイ→10:35ベイルート、エミレーツ航空
       レバノン観光、ベイルート泊
8月13日(火)レバノン観光、ベイルート泊
※8月14日(水)レバノン観光、ベイルート泊
※8月15日(木)レバノン観光、ベイルート泊
 8月16日(金)レバノン観光
       22:55ベイルート→03:50ドバイ、フライドバイ
 8月17日(土)ドバイ泊
 8月18日(日)01:00ドバイ→12:35広州、16:25広州→21:00関空
      中国南方航空

※1ドル=113円で、計算しています。
※1ドル=1,500レバノンポンドで、計算しています。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
20万円 - 25万円
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 4日目。(続き)<br />午前中のバールベック観光を終え、昼食です。

    4日目。(続き)
    午前中のバールベック観光を終え、昼食です。

  • レバノンの日常食、シュワルマ。パンにケバブをはさんで食べます。時間がタイトだったので、車の中で食べました。1本4,500レバノンポンド(339円)。

    レバノンの日常食、シュワルマ。パンにケバブをはさんで食べます。時間がタイトだったので、車の中で食べました。1本4,500レバノンポンド(339円)。

  • シリア人の難民キャンプだそうです。重たい現実のなかを車は走ります。

    シリア人の難民キャンプだそうです。重たい現実のなかを車は走ります。

  • この日2つ目の観光地、世界遺産アンジャル。

    この日2つ目の観光地、世界遺産アンジャル。

    アンジャル 史跡・遺跡

  • 円いアーチが特徴です。

    円いアーチが特徴です。

  • 戦乱の気配など、まったく感じることはなかったのですが、ここはシリア国境から数キロという場所に位置しています。その地理関係から、この遺跡に行くためには絶対にガイドを頼む必要があるだろうと、旅行の計画当初から考えていました。

    戦乱の気配など、まったく感じることはなかったのですが、ここはシリア国境から数キロという場所に位置しています。その地理関係から、この遺跡に行くためには絶対にガイドを頼む必要があるだろうと、旅行の計画当初から考えていました。

  • そして、最後の観光地、世界遺産ティール。アンジャルからティールまでが遠かったので、この日のスケジュールはハードになりました。車で2時間ぐらい、かかったかな。

    そして、最後の観光地、世界遺産ティール。アンジャルからティールまでが遠かったので、この日のスケジュールはハードになりました。車で2時間ぐらい、かかったかな。

    ティール 史跡・遺跡

  • 広大な広場は、かつて競技場だった場所です。奥に、観覧席のごくわずかな部分だけが残っています。

    広大な広場は、かつて競技場だった場所です。奥に、観覧席のごくわずかな部分だけが残っています。

  • 観覧席の一部です。このスタジアムは、2万人を収容できたそうです。

    観覧席の一部です。このスタジアムは、2万人を収容できたそうです。

  • ティールには、観光する場所が2か所あります。ここは、スタジアムから車で5分ほど。入場料も2回支払う必要があるようでした。

    ティールには、観光する場所が2か所あります。ここは、スタジアムから車で5分ほど。入場料も2回支払う必要があるようでした。

  • ローマ時代の列柱がたくさん残っています。

    ローマ時代の列柱がたくさん残っています。

  • ティールは海沿いにありました。

    ティールは海沿いにありました。

  • バールベック、アンジャル、ティールと3つの世界遺産観光を終え、ベイルートに帰ってきました。朝8時半の出発で夜8時前の解散という、12時間近いドライブとなりました。<br /><br />写真は、何度か缶ビールを買ったベイルートのショップです。

    バールベック、アンジャル、ティールと3つの世界遺産観光を終え、ベイルートに帰ってきました。朝8時半の出発で夜8時前の解散という、12時間近いドライブとなりました。

    写真は、何度か缶ビールを買ったベイルートのショップです。

  • 夕食は、昨日と同じく「バルバル」。地元の人たちで、本当に賑わっています。

    夕食は、昨日と同じく「バルバル」。地元の人たちで、本当に賑わっています。

  • 前菜とパン。

    前菜とパン。

  • ファラーフェルというスナック。生野菜もついていました。

    ファラーフェルというスナック。生野菜もついていました。

  • そして、主食のケバブ。27,000レバノンポンド(2,034円)の晩ごはんでした。

    そして、主食のケバブ。27,000レバノンポンド(2,034円)の晩ごはんでした。

  • 5日目。<br />3日連続のガイドさんとのドライブも、最終日です。

    5日目。
    3日連続のガイドさんとのドライブも、最終日です。

  • まずは、ベイルート近郊のドッグ・リバー。川沿いに、ラムセス2世などの歴史上の人物の碑文が残されています。

    まずは、ベイルート近郊のドッグ・リバー。川沿いに、ラムセス2世などの歴史上の人物の碑文が残されています。

  • ドッグ・リバーの高台から。

    ドッグ・リバーの高台から。

  • 山沿いの道を通って、次の観光地へ向かいます。

    山沿いの道を通って、次の観光地へ向かいます。

  • ジェイタ洞窟です。

    ジェイタ洞窟です。

  • ロープウェーに乗って、洞窟に向かいます。

    ロープウェーに乗って、洞窟に向かいます。

  • 洞窟に入ると美しい鍾乳洞が見られますが、残念ながら、撮影禁止。レバノン人が多い観光地でした。

    洞窟に入ると美しい鍾乳洞が見られますが、残念ながら、撮影禁止。レバノン人が多い観光地でした。

  • この3日間でレバノンの5つの世界遺産をすべて回ります。この日は、最後の世界遺産「カディーシャ渓谷と神の杉の森」が目的です。渓谷は高地にあり、国内屈指といわれる景観のなかを車は走ります。

    この3日間でレバノンの5つの世界遺産をすべて回ります。この日は、最後の世界遺産「カディーシャ渓谷と神の杉の森」が目的です。渓谷は高地にあり、国内屈指といわれる景観のなかを車は走ります。

    カディーシャ渓谷(聖なる谷)と神のスギの森(ホルシュ・アルツ・エル=ラーブ) 山・渓谷

  • 渓谷に、尼僧院が見えてきました。

    渓谷に、尼僧院が見えてきました。

  • 尼僧院。

    尼僧院。

  • この教会は、キリスト教の「マロン派」という宗派に属しています。

    この教会は、キリスト教の「マロン派」という宗派に属しています。

  • 尼僧院も含めた渓谷の文化的な景観が、世界遺産として登録されています。

    尼僧院も含めた渓谷の文化的な景観が、世界遺産として登録されています。

  • そして、渓谷の街で昼食。

    そして、渓谷の街で昼食。

  • ピーナッツの前菜など。

    ピーナッツの前菜など。

  • サラダ(左)とフムス(右)。野菜をすりつぶしてペースト状にしたフムスも名物料理なので、何度も頼みました。

    サラダ(左)とフムス(右)。野菜をすりつぶしてペースト状にしたフムスも名物料理なので、何度も頼みました。

  • 主食のケバブ。おいしくいただき、27,000レバノンポンド(2,034円)。

    主食のケバブ。おいしくいただき、27,000レバノンポンド(2,034円)。

  • レバノン国旗にはレバノン杉が描かれています。レバノン杉は、レバノンの象徴とでもいうべき存在なのですが、非常に数が少なくなっています。その僅かに現存するレバノン杉が「カディーシャ渓谷と神の杉の森」として世界遺産に登録されています。

    レバノン国旗にはレバノン杉が描かれています。レバノン杉は、レバノンの象徴とでもいうべき存在なのですが、非常に数が少なくなっています。その僅かに現存するレバノン杉が「カディーシャ渓谷と神の杉の森」として世界遺産に登録されています。

  • レバノン杉の保護区の見学です。

    レバノン杉の保護区の見学です。

  • 貴重な杉が自生しています。

    貴重な杉が自生しています。

  • 樹齢数千年だとか。

    樹齢数千年だとか。

  • 保護区の周りは、ちょっとした土産物通りになっていました。

    保護区の周りは、ちょっとした土産物通りになっていました。

  • そして、再び高地の景観のなかを、車は走ります。

    そして、再び高地の景観のなかを、車は走ります。

  • 帰途に、プシャーレという街を通りました。表紙写真も、ここからです。

    帰途に、プシャーレという街を通りました。表紙写真も、ここからです。

  • ホテルに帰ってきました。3日間お付き合いいただいたガイドさんとは、チップを渡してお別れです。

    ホテルに帰ってきました。3日間お付き合いいただいたガイドさんとは、チップを渡してお別れです。

    オリエント プリンス ホテル ホテル

  • 明日の夜に空港に向かうので、この日がベイルートの最後の夜になります。ホテル近くの繁華街、ハムラ地区を散策することにしました。

    明日の夜に空港に向かうので、この日がベイルートの最後の夜になります。ホテル近くの繁華街、ハムラ地区を散策することにしました。

  • ハムラ地区の「メズヤン」というレストラン。ここもガイドブックに載っていました。

    ハムラ地区の「メズヤン」というレストラン。ここもガイドブックに載っていました。

  • まずはパン。

    まずはパン。

  • スープとサラダ。

    スープとサラダ。

  • ヨーグルト味の料理です。

    ヨーグルト味の料理です。

  • なんやかんや頼んで、27,000レバノンポンド(2,034円)の晩ごはん。

    なんやかんや頼んで、27,000レバノンポンド(2,034円)の晩ごはん。

  • 夜のハムラ地区。治安の怖さは感じませんでしたが、小さな子どもを抱いた母親に喜捨を求められることが多かったです。レバノン人なのか、その他の国の人なのかは分かりませんが…。

    夜のハムラ地区。治安の怖さは感じませんでしたが、小さな子どもを抱いた母親に喜捨を求められることが多かったです。レバノン人なのか、その他の国の人なのかは分かりませんが…。

  • それでも観光で来ているので、アイスクリームを注文します。3,000レバノンポンド(226円)。

    それでも観光で来ているので、アイスクリームを注文します。3,000レバノンポンド(226円)。

  • この日はアイスのデザートでおしまいです。④に続きます。

    この日はアイスのデザートでおしまいです。④に続きます。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集