博多旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月31日~9月1日、博多の情報の更新に行ってきました。<br /> と言っても、1泊2日のショートステイで、主として、私の普通の日常行動での情報更新だから、きわめて小範囲の情報更新だ。<br />☆福岡市  ラーメン 源柳       ラーメン    博多区立花寺1-9-31<br />☆八女市  うどん  つるや      ごぼう天うどん 八女市 本町 西矢原町417-1<br />☆築後市  うなぎ  うもり      鰻料理     福岡県 筑後市 長浜 141-2<br />中洲川端  ぜんざい 川端ぜんざい広場 ぜんざい    福岡市博多区 上川端町 10-256<br />中洲川端  うどん  かろのうろん   うどん     福岡市博多区 上川端町 2-1<br />☆博多祇園 餃子   博多祇園鉄なべ  餃子      福岡市博多区 祇園町 2-20<br />(☆印は、実際に飲食したお店、その他は、外からの観察のみ)<br />予期していなかったことでは、福岡空港の国内線ターミナルの更新が今年8月初めに終了していて、新しい国内線ターミナルを経験できた。3階のお土産屋さんの通りも広く、長く、きれいになったし、レストランではラーメン滑走路ができていて、福岡や北海道、東京などのラーメン屋が集まるラーメンコーナーができていた。もちろん、帰途には、2時間もはやく空港に行って、新しい空港を堪能した。残念ながらラーメン滑走路のラーメン店には立ち寄りしなかった。空港に行く前に昼食に八女市のつるやに行ったからだ。<br />ターミナル前にあった駐車場は、以前からあった立体駐車場に集められ、ターミナル前の通りが広く、すっきりになった。<br />うなぎのうもりの食事は、今回の個人旅行の範疇外の食事であったけど、店も庭もきれいだったし、料理もきれい盛られでいておいしかったのでここに記載した。八女市を訪れて、ちょっと落ち着いた雰囲気のところで、旅の話をしながら食事したり、飲み物を楽しんだりするところとしてお勧めだ。<br />ウナギ料理の専門店かというと、鰻を現代風にアレンジしたお店というのが近い言い方かもしれない。鰻の蒸篭蒸や茶わん蒸しもあるけど、サラダやデザートなどの洋風のメニューもある。どの世代にも合うメニューの店だね。<br />つるやは、ごぼう天のうどんが食べたいと地元の知り合いにお願いしてつれていってもらったうどん屋さんだ。八女には何度も来ているけど、「うもり」も、「つるや」も今回初めて行ったお店だ。<br />うどんは、中細で、ごぼう天のゴボウやニンジンは、ほかのところよりやや細めに切ってあり、あげたばかりのごぼうてんが、どんぶりの中で、ジュージューと音を立てている状態ででてくる。出来立ての天ぷらをサービスするところは多いが、あげたばかりの天ぷらをだすのは、きわめて少ないと思う。私には、中洲川端のうろんより気に入った。<br />ころもが、どういうつくりなのか、うどんのつゆにつけておいても、食べるときにサクサクと音がするくらいにからっとあげてあり、最後の一口まで、シャキシャキ感が続き、おいしかった。<br />ごぼうてんとしては、素晴らしくおいしいうどんだね。昼時にいったので、お店のうしろの駐車場がいっぱいで、店の前の駐車場が1台分だけ残っていたので、そこに車をとめ、昼時に車をとめることができた。<br />ごぼう天を食べた後、九州道を空港に向かい、最後の1泊は、車は不要ということで、車を返却した。いつも使っているレンタカー会社は、オリックスだ。理由は、いろいろな会社の車に乗れ、新車を購入するとき、参考になるからだ。<br />私の場合、自分の判断基準で「良い」と判断したところを長く使う主義で、コマーシャルや宣伝を見て、変えることはしない性格だ。同じ伝では、ガソリンは、JALカードを使ってシェルで常に給油する。給油のためにわざわざ遠くに行くのは経費増になるので、はやめ早めに給油する。航空会社は、航空燃料を大量に消費するので、航空会社系のカードで給油すると、そのガソリンスタンドの会員価格で給油でき、私のJALカードでは、年会費の高いカードを利用しているのでマイルも2倍貯まる。<br />クレジットカードの高い年会費は、ガソリンの値引き、頻度高く行く国内外の旅行傷害保険の費用節減、特典マイルでの旅行費用節減などで、元を取る。私のカード選択基準は、「年会費ただ」が選択基準ではなく、日常の生活で多くの見返りが期待できるカードを選定している。ちなみに、私のガソリン代は、月約2万円だ。月間1500キロを走行しているからだ。<br /> 国内線ターミナルの改装が終わったので、空港を出た目の前にレンタカー会社が位置しているような形になり、ORIXへのアクセスが良くなった。<br /> ちなみについ最近きたハーツのメールマガジンで、何日利用で1日無料という案内があった。<br /> 宿は、例によって、booking.comで予約した。いろいろな予約サイトを利用して、「信用できる」、「言っているとおりのサービスが提供される」、「予約後、ウェルカムメールをホテルよりもらえるケースがあり、予約が確実であることを事前に確認できる」などの理由により、booking.comが現在に残った。だいたい、一番安い、というどこかの会社の宣伝文句は、検証しようのない宣伝文句と思う。今回の予約でも、長年の利用による特典で、表示料金からの割引があったし、確保された部屋は、最上階の部屋で、そのホテルチェーンのクラブメンバーの部屋だった。其のフロワーでは、自動販売機の飲み物(清涼飲料水)が無料になっていた。こういう特典は、価格比較サイトの予約では獲得できないしね。<br /> ホテルの予約では、予約したホテルが他のゲストに使われ、宿に着いた時は、部屋がなかったことがあった。強談判(もちろん、英語で)を行い、ホテルからの移動の交通費一切ホテル負担で、別のホテルの変更に同意したことがある。その時使ったホテル予約サイトは、直ちに使用を停止した。<br /> チェコで予約した1等寝台が連結されていない事態が発生し、これも車掌と強談判を行い、代わりの寝台は、3等車に確保されたけど、車掌に、予約した車両を使用できなかったとの裏書をお願いし、料金の払い戻し手続きを行おうとし、発券手続きをした日本の予約窓口にお願いしたが、なしの礫だった。この予約サイトも以後は使用していない。<br /> ほかにもいろいろあるが、販売するときは、魅力的な言葉を使い、いざ、トラブルが起こると、対応できる職員がいない予約サイトもあるので、長年使って、言っている通りのサービスを提供し続けているところが、サービスサイトのベストと思っている。<br /> 海外の旅行でトラブルに巻き込まれた時は、自分の正当性をきちんと言わないといけない。「以心伝心」なんて、ない。<br /> 今回のホテルの予約では、予約サイトで提供された割引で、朝食を追加した。<br /> 予約したホテルは、ドーミインだ。ホテルの中に温泉があり、ほぼ、24時間温泉が楽しめるので、ドーミインが、他のホテルと同じ条件であれば、ドーミインを選択する。ドーミインは朝食がおいしい。今回のホテルでは、無料の夜食ラーメンのサービスがあったので、もちろん、利用した。ホテルは、きれい、行きたいところの近くにある、セキュリティが確か、朝食がおいしい、その上に温泉があれば申し分ない。<br /> ホテルでは、例によって、近場のお勧めレストランの資料を入手したけど、ワイフの検索に従って、歩いて数分のところにある「鉄なべ」に行った。5時半の開始で、直後に間に合うように行き、列に並んだけど、すぐに入れた。店は結構大きい。<br /> 餃子を注文したが、小さい餃子なので、ひとり2人分の注文がお勧めということで、店のお勧めの手羽先に加え、さば、クジラのぬた他を頼んだ。店は混んでいたけど、回転が速いので、列があっても待つことをお勧めする。<br /> 餃子は、小さめで、汁いっぱいというより、からっとした、皮もおいしい餃子だね。<br />熱い餃子をフーフー言いながら食べた。餃子は中国人に言わせるとご飯と同じ主食だから、白飯を注文するのは、邪道だけど、白飯も注文した。<br /> ビールを飲んでも、食事はアッという間に終わった、それから川端通をあるき、帰りはなまめかしい祇園のとおりを歩いてホテルに戻った。川端通では、あそこにも行った、個々にも行ったと棚卸しながら歩いた。<br /> このあと、ワイフは、友達とマルタ島に行き、私は猫と留守番をし、その後、阿蘇、湯前に来る。ワイフと一緒だ。阿蘇は、ワイフの友達の別荘にお世話になる。その後、湯前の古民家を訪ねる。<br /> 阿蘇旅行では、ワイフヘのちいさなドッキリプログラムを予定している。飛行機が予約してあると、現金払いで、日本航空の「さくらラウンジ」を利用できるというので、2人分予約した。飛行機の出発前の時間は、そこで朝食を取りながら過ごす予定だ。ワイフが喜んでくれると嬉しいけどね。<br /> その後は、ワイフと一緒にホノルル旅行だ。この旅行は、ワイフとワイフの友達の3人についていく旅行だ。静かに邪魔にならないようにする。ワイフとその友達に特に頼まれない限り別行動だ。どこかに食事を案内しなければならなくなったら、朝食は、Bills, 夕食は Willowの心づもりだ。銀座のバーに接待する場合だって、店の子が、誰が主賓で、気配りをちゃんとお願いできる店に案内しないと折角の接待も台無しになる。ただ、酒が飲めればよいわけではない。<br />ホノルルでは、ワイフの友達がどこの店なら、行ったこともなく、楽しんでもらえるかをちゃんと事前情報収集をワイフからしておく。<br />ワイフの友達は、スイス旅行の常連だ。毎年、1~2回は、トレッキングにスイスに行っている。<br /> ホノルルの後は、ハノイ旅行だ。マイルを使った特典旅行だ。ホテルは、ワイフと一緒なので、ヒルトンを使う。<br /> 娘から、松戸市内のJR馬橋駅西口駅ビル2階にシンガポールのティラミススターの店ができたから、なるべく行ってとの注文があった。小さな駅ビルの奥まったところに出店したので、店にくるお客が少ないのではいかと心配してのことだ。娘とティラミススターとは、何も関係はないが、折角出店して、すぐ店が閉店してしまうのを心配してのことだ。<br /> 確かに、海外から日本に出店してくる店が多くなった。私が比較的に良く行く木更津の三井アウトレットでも、パンケーキの店も来たし、ポプコーンの店も来た。舞浜のイクスピアリにもパンケーキの店が来ている。成功する店もあるけど、しばらくすると店を閉じてしまう例もある。<br /> ハワイとか、台北とか、シンガポールとか、シアトルとか、ラスベガスとかの特別の場所で味わう感覚と、日本で味わう感覚では、舞台装置が違うので、どうしても、テイストが変わる。だから、身近なところに出店してくると、応援したくなるのだ。旅の思い出も一緒に味わえるからね。<br /><br />

博多情報の更新

1いいね!

2019/08/31 - 2019/09/01

3468位(同エリア3791件中)

0

1

8月31日~9月1日、博多の情報の更新に行ってきました。
 と言っても、1泊2日のショートステイで、主として、私の普通の日常行動での情報更新だから、きわめて小範囲の情報更新だ。
☆福岡市  ラーメン 源柳       ラーメン    博多区立花寺1-9-31
☆八女市  うどん  つるや      ごぼう天うどん 八女市 本町 西矢原町417-1
☆築後市  うなぎ  うもり      鰻料理     福岡県 筑後市 長浜 141-2
中洲川端  ぜんざい 川端ぜんざい広場 ぜんざい    福岡市博多区 上川端町 10-256
中洲川端  うどん  かろのうろん   うどん     福岡市博多区 上川端町 2-1
☆博多祇園 餃子   博多祇園鉄なべ  餃子      福岡市博多区 祇園町 2-20
(☆印は、実際に飲食したお店、その他は、外からの観察のみ)
予期していなかったことでは、福岡空港の国内線ターミナルの更新が今年8月初めに終了していて、新しい国内線ターミナルを経験できた。3階のお土産屋さんの通りも広く、長く、きれいになったし、レストランではラーメン滑走路ができていて、福岡や北海道、東京などのラーメン屋が集まるラーメンコーナーができていた。もちろん、帰途には、2時間もはやく空港に行って、新しい空港を堪能した。残念ながらラーメン滑走路のラーメン店には立ち寄りしなかった。空港に行く前に昼食に八女市のつるやに行ったからだ。
ターミナル前にあった駐車場は、以前からあった立体駐車場に集められ、ターミナル前の通りが広く、すっきりになった。
うなぎのうもりの食事は、今回の個人旅行の範疇外の食事であったけど、店も庭もきれいだったし、料理もきれい盛られでいておいしかったのでここに記載した。八女市を訪れて、ちょっと落ち着いた雰囲気のところで、旅の話をしながら食事したり、飲み物を楽しんだりするところとしてお勧めだ。
ウナギ料理の専門店かというと、鰻を現代風にアレンジしたお店というのが近い言い方かもしれない。鰻の蒸篭蒸や茶わん蒸しもあるけど、サラダやデザートなどの洋風のメニューもある。どの世代にも合うメニューの店だね。
つるやは、ごぼう天のうどんが食べたいと地元の知り合いにお願いしてつれていってもらったうどん屋さんだ。八女には何度も来ているけど、「うもり」も、「つるや」も今回初めて行ったお店だ。
うどんは、中細で、ごぼう天のゴボウやニンジンは、ほかのところよりやや細めに切ってあり、あげたばかりのごぼうてんが、どんぶりの中で、ジュージューと音を立てている状態ででてくる。出来立ての天ぷらをサービスするところは多いが、あげたばかりの天ぷらをだすのは、きわめて少ないと思う。私には、中洲川端のうろんより気に入った。
ころもが、どういうつくりなのか、うどんのつゆにつけておいても、食べるときにサクサクと音がするくらいにからっとあげてあり、最後の一口まで、シャキシャキ感が続き、おいしかった。
ごぼうてんとしては、素晴らしくおいしいうどんだね。昼時にいったので、お店のうしろの駐車場がいっぱいで、店の前の駐車場が1台分だけ残っていたので、そこに車をとめ、昼時に車をとめることができた。
ごぼう天を食べた後、九州道を空港に向かい、最後の1泊は、車は不要ということで、車を返却した。いつも使っているレンタカー会社は、オリックスだ。理由は、いろいろな会社の車に乗れ、新車を購入するとき、参考になるからだ。
私の場合、自分の判断基準で「良い」と判断したところを長く使う主義で、コマーシャルや宣伝を見て、変えることはしない性格だ。同じ伝では、ガソリンは、JALカードを使ってシェルで常に給油する。給油のためにわざわざ遠くに行くのは経費増になるので、はやめ早めに給油する。航空会社は、航空燃料を大量に消費するので、航空会社系のカードで給油すると、そのガソリンスタンドの会員価格で給油でき、私のJALカードでは、年会費の高いカードを利用しているのでマイルも2倍貯まる。
クレジットカードの高い年会費は、ガソリンの値引き、頻度高く行く国内外の旅行傷害保険の費用節減、特典マイルでの旅行費用節減などで、元を取る。私のカード選択基準は、「年会費ただ」が選択基準ではなく、日常の生活で多くの見返りが期待できるカードを選定している。ちなみに、私のガソリン代は、月約2万円だ。月間1500キロを走行しているからだ。
 国内線ターミナルの改装が終わったので、空港を出た目の前にレンタカー会社が位置しているような形になり、ORIXへのアクセスが良くなった。
 ちなみについ最近きたハーツのメールマガジンで、何日利用で1日無料という案内があった。
 宿は、例によって、booking.comで予約した。いろいろな予約サイトを利用して、「信用できる」、「言っているとおりのサービスが提供される」、「予約後、ウェルカムメールをホテルよりもらえるケースがあり、予約が確実であることを事前に確認できる」などの理由により、booking.comが現在に残った。だいたい、一番安い、というどこかの会社の宣伝文句は、検証しようのない宣伝文句と思う。今回の予約でも、長年の利用による特典で、表示料金からの割引があったし、確保された部屋は、最上階の部屋で、そのホテルチェーンのクラブメンバーの部屋だった。其のフロワーでは、自動販売機の飲み物(清涼飲料水)が無料になっていた。こういう特典は、価格比較サイトの予約では獲得できないしね。
 ホテルの予約では、予約したホテルが他のゲストに使われ、宿に着いた時は、部屋がなかったことがあった。強談判(もちろん、英語で)を行い、ホテルからの移動の交通費一切ホテル負担で、別のホテルの変更に同意したことがある。その時使ったホテル予約サイトは、直ちに使用を停止した。
 チェコで予約した1等寝台が連結されていない事態が発生し、これも車掌と強談判を行い、代わりの寝台は、3等車に確保されたけど、車掌に、予約した車両を使用できなかったとの裏書をお願いし、料金の払い戻し手続きを行おうとし、発券手続きをした日本の予約窓口にお願いしたが、なしの礫だった。この予約サイトも以後は使用していない。
 ほかにもいろいろあるが、販売するときは、魅力的な言葉を使い、いざ、トラブルが起こると、対応できる職員がいない予約サイトもあるので、長年使って、言っている通りのサービスを提供し続けているところが、サービスサイトのベストと思っている。
 海外の旅行でトラブルに巻き込まれた時は、自分の正当性をきちんと言わないといけない。「以心伝心」なんて、ない。
 今回のホテルの予約では、予約サイトで提供された割引で、朝食を追加した。
 予約したホテルは、ドーミインだ。ホテルの中に温泉があり、ほぼ、24時間温泉が楽しめるので、ドーミインが、他のホテルと同じ条件であれば、ドーミインを選択する。ドーミインは朝食がおいしい。今回のホテルでは、無料の夜食ラーメンのサービスがあったので、もちろん、利用した。ホテルは、きれい、行きたいところの近くにある、セキュリティが確か、朝食がおいしい、その上に温泉があれば申し分ない。
 ホテルでは、例によって、近場のお勧めレストランの資料を入手したけど、ワイフの検索に従って、歩いて数分のところにある「鉄なべ」に行った。5時半の開始で、直後に間に合うように行き、列に並んだけど、すぐに入れた。店は結構大きい。
 餃子を注文したが、小さい餃子なので、ひとり2人分の注文がお勧めということで、店のお勧めの手羽先に加え、さば、クジラのぬた他を頼んだ。店は混んでいたけど、回転が速いので、列があっても待つことをお勧めする。
 餃子は、小さめで、汁いっぱいというより、からっとした、皮もおいしい餃子だね。
熱い餃子をフーフー言いながら食べた。餃子は中国人に言わせるとご飯と同じ主食だから、白飯を注文するのは、邪道だけど、白飯も注文した。
 ビールを飲んでも、食事はアッという間に終わった、それから川端通をあるき、帰りはなまめかしい祇園のとおりを歩いてホテルに戻った。川端通では、あそこにも行った、個々にも行ったと棚卸しながら歩いた。
 このあと、ワイフは、友達とマルタ島に行き、私は猫と留守番をし、その後、阿蘇、湯前に来る。ワイフと一緒だ。阿蘇は、ワイフの友達の別荘にお世話になる。その後、湯前の古民家を訪ねる。
 阿蘇旅行では、ワイフヘのちいさなドッキリプログラムを予定している。飛行機が予約してあると、現金払いで、日本航空の「さくらラウンジ」を利用できるというので、2人分予約した。飛行機の出発前の時間は、そこで朝食を取りながら過ごす予定だ。ワイフが喜んでくれると嬉しいけどね。
 その後は、ワイフと一緒にホノルル旅行だ。この旅行は、ワイフとワイフの友達の3人についていく旅行だ。静かに邪魔にならないようにする。ワイフとその友達に特に頼まれない限り別行動だ。どこかに食事を案内しなければならなくなったら、朝食は、Bills, 夕食は Willowの心づもりだ。銀座のバーに接待する場合だって、店の子が、誰が主賓で、気配りをちゃんとお願いできる店に案内しないと折角の接待も台無しになる。ただ、酒が飲めればよいわけではない。
ホノルルでは、ワイフの友達がどこの店なら、行ったこともなく、楽しんでもらえるかをちゃんと事前情報収集をワイフからしておく。
ワイフの友達は、スイス旅行の常連だ。毎年、1~2回は、トレッキングにスイスに行っている。
 ホノルルの後は、ハノイ旅行だ。マイルを使った特典旅行だ。ホテルは、ワイフと一緒なので、ヒルトンを使う。
 娘から、松戸市内のJR馬橋駅西口駅ビル2階にシンガポールのティラミススターの店ができたから、なるべく行ってとの注文があった。小さな駅ビルの奥まったところに出店したので、店にくるお客が少ないのではいかと心配してのことだ。娘とティラミススターとは、何も関係はないが、折角出店して、すぐ店が閉店してしまうのを心配してのことだ。
 確かに、海外から日本に出店してくる店が多くなった。私が比較的に良く行く木更津の三井アウトレットでも、パンケーキの店も来たし、ポプコーンの店も来た。舞浜のイクスピアリにもパンケーキの店が来ている。成功する店もあるけど、しばらくすると店を閉じてしまう例もある。
 ハワイとか、台北とか、シンガポールとか、シアトルとか、ラスベガスとかの特別の場所で味わう感覚と、日本で味わう感覚では、舞台装置が違うので、どうしても、テイストが変わる。だから、身近なところに出店してくると、応援したくなるのだ。旅の思い出も一緒に味わえるからね。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
レンタカー JALグループ
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ブッキングドットコム

PR

  • 掲載する写真は、これ1枚です。かhろのうろんは、中洲川端にある、以前にいったことのあるうどん屋さんです。営業開始前からお客様の列ができます。

    掲載する写真は、これ1枚です。かhろのうろんは、中洲川端にある、以前にいったことのあるうどん屋さんです。営業開始前からお客様の列ができます。

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

アーサーさんの関連旅行記

アーサーさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集