群馬旅行記(ブログ) 一覧に戻る
吹割の滝が見たいと夫が言い出したので、早速、7月の連休を利用して行くことを計画。<br /><br />本当は、群馬なら、日帰りで行ける距離。<br />天気が良い日に行くに越したことはないのですが、<br />群馬に行くなら、私も、テレビ(帰れマンデー)で見て気になっていた赤城神社や覚滿淵に行ってみたいし・・<br />ということで、1泊することにしました。<br /><br />宿泊は、老神温泉と考えていたのですが、<br />希望していたホテルが、ちょっとの差で満室になってしまい、<br />やむなく、近辺のホテルを探して、猿ヶ京温泉で良さそうな所を見つけてはみたのですが、<br />夫はどうも気に入らない様子。<br /><br />結局、ホタルが見られるかもしれないという理由で、<br />たくみの里のペンションに決定。<br />旅行を楽しみにしていたのですが、梅雨明けが微妙な7月の中旬、<br />お天気はどうかな~と心配していた通り、<br />しっかり梅雨空の中の旅となってしまいました。<br /><br />では、1日目です。

梅雨の中の群馬1泊2日旅 1日目(たくみの里~泰寧寺~ペンションポミエ)

23いいね!

2019/07/14 - 2019/07/15

1912位(同エリア9387件中)

旅行記グループ 梅雨時の群馬旅

0

142

吹割の滝が見たいと夫が言い出したので、早速、7月の連休を利用して行くことを計画。

本当は、群馬なら、日帰りで行ける距離。
天気が良い日に行くに越したことはないのですが、
群馬に行くなら、私も、テレビ(帰れマンデー)で見て気になっていた赤城神社や覚滿淵に行ってみたいし・・
ということで、1泊することにしました。

宿泊は、老神温泉と考えていたのですが、
希望していたホテルが、ちょっとの差で満室になってしまい、
やむなく、近辺のホテルを探して、猿ヶ京温泉で良さそうな所を見つけてはみたのですが、
夫はどうも気に入らない様子。

結局、ホタルが見られるかもしれないという理由で、
たくみの里のペンションに決定。
旅行を楽しみにしていたのですが、梅雨明けが微妙な7月の中旬、
お天気はどうかな~と心配していた通り、
しっかり梅雨空の中の旅となってしまいました。

では、1日目です。

旅行の満足度
4.0

PR

  • 連日雨模様の今年の7月。<br />家を出た時から、しっかり雨でした。<br /><br />さて、高速に乗って群馬に向かいます。<br />先日のミステリーバスツアーでも、最初に立ち寄った関越道「赤城高原サービスエリア」<br /><br />今回も、最初に寄りました。

    連日雨模様の今年の7月。
    家を出た時から、しっかり雨でした。

    さて、高速に乗って群馬に向かいます。
    先日のミステリーバスツアーでも、最初に立ち寄った関越道「赤城高原サービスエリア」

    今回も、最初に寄りました。

  • あの時はきれいに見えていた景色も、今日は雲の中。

    あの時はきれいに見えていた景色も、今日は雲の中。

  • 案内板に記されている、どの山も見ることはできません。

    案内板に記されている、どの山も見ることはできません。

  • 公園が綺麗に整備されているのは変わらず。<br />今はコキアが綺麗に並んでいます。

    公園が綺麗に整備されているのは変わらず。
    今はコキアが綺麗に並んでいます。

  • 花壇越しに梅雨空を見上げました。<br /><br />さて、この先、関越道の月夜のICを出て、たくみの里に向かいます。

    花壇越しに梅雨空を見上げました。

    さて、この先、関越道の月夜のICを出て、たくみの里に向かいます。

  • たくみの里では、道の駅でもある豊楽館の駐車場に停めました。<br />そこから、ハーバリウム体験ができる「ドライフラワーの家」を目指しながら、散策してみることにしました。

    たくみの里では、道の駅でもある豊楽館の駐車場に停めました。
    そこから、ハーバリウム体験ができる「ドライフラワーの家」を目指しながら、散策してみることにしました。

  • 道の駅「たくみの里」から、「ドライフラワーの家」に向かう途中のここは「夢や」<br />週末の土・日曜日は、『農家バイキング』で季節の食材を使ったお料理を出してくれます。

    道の駅「たくみの里」から、「ドライフラワーの家」に向かう途中のここは「夢や」
    週末の土・日曜日は、『農家バイキング』で季節の食材を使ったお料理を出してくれます。

  • ここが、ドライフラワーの家です。

    ここが、ドライフラワーの家です。

  • 店内には、沢山のドライフラワーが・・。

    店内には、沢山のドライフラワーが・・。

  • ハーバリウムの見本が置かれていました。<br /><br />瓶は大中小あって、それぞれに、円方体、角方体、台形のような形、丸型等がありました。<br /><br />そこから一体選びます。

    ハーバリウムの見本が置かれていました。

    瓶は大中小あって、それぞれに、円方体、角方体、台形のような形、丸型等がありました。

    そこから一体選びます。

  • 私は四角い瓶の中(1500円)を選んで、早速、ハーバリウム作りに挑戦です。<br /><br />黄色と白とオレンジを使ってみようかと、ドライフラワーを集めてきました。

    私は四角い瓶の中(1500円)を選んで、早速、ハーバリウム作りに挑戦です。

    黄色と白とオレンジを使ってみようかと、ドライフラワーを集めてきました。

  • 花が浮き上がってこないように、途中に押さえになるような具材を入れつつ作りました。<br />結局、オレンジは使わず、黄色と白でまとめてみることに・・。<br />

    花が浮き上がってこないように、途中に押さえになるような具材を入れつつ作りました。
    結局、オレンジは使わず、黄色と白でまとめてみることに・・。

  • 夫は白と赤、2色で作りました。<br />二つの瓶にオイルを入れてもらいます。

    夫は白と赤、2色で作りました。
    二つの瓶にオイルを入れてもらいます。

  • 包装する前に、写真撮影用に並べてくれました。<br /><br />ハーバリウム作りは、とっても楽しかったです。<br />反省点もたくさんあったので、<br />もう何度でも挑戦したくなりました。

    包装する前に、写真撮影用に並べてくれました。

    ハーバリウム作りは、とっても楽しかったです。
    反省点もたくさんあったので、
    もう何度でも挑戦したくなりました。

  • ドライフラワーの家から出ると、目の前は、「蚕・繭・絹の家工房」<br />里山の学校の一部が工房になっています。<br /><br />その建物のまえは、大きな広場になっていて、<br />藁細工のオブジェが並んでいました。

    ドライフラワーの家から出ると、目の前は、「蚕・繭・絹の家工房」
    里山の学校の一部が工房になっています。

    その建物のまえは、大きな広場になっていて、
    藁細工のオブジェが並んでいました。

  • ハーバリウムを作った後は、昼食を食べる場所を探します。<br />ここは「たくみカフェ」

    ハーバリウムを作った後は、昼食を食べる場所を探します。
    ここは「たくみカフェ」

  • ペンションの夕飯が、和食中心なので、<br />昼食はパスタでちょうど良いかと、ここで昼食を摂ることにしましたが、<br />ちょうど団体さんが入った後で、しばらくは入店できないというので、<br />少しの間、他を散策することに・・。

    ペンションの夕飯が、和食中心なので、
    昼食はパスタでちょうど良いかと、ここで昼食を摂ることにしましたが、
    ちょうど団体さんが入った後で、しばらくは入店できないというので、
    少しの間、他を散策することに・・。

  • 「香りの家」ここではこんにゃくの手作り体験ができます。<br />その手前には、たくみの里 周遊馬車の荷車があります。

    「香りの家」ここではこんにゃくの手作り体験ができます。
    その手前には、たくみの里 周遊馬車の荷車があります。

  • 香りの家の正面。

    香りの家の正面。

  • 香りの家のそばには、<br />大烏天狗神輿が置かれていました。

    香りの家のそばには、
    大烏天狗神輿が置かれていました。

  • 反射して見づらいですが、大烏天狗の神輿です。

    反射して見づらいですが、大烏天狗の神輿です。

  • 香りの家の前は、たくみの里のバス停留所になっています。

    香りの家の前は、たくみの里のバス停留所になっています。

  • 「一之宮Cafe」<br />バームクーヘンが有名なお店です。<br />お土産として、後程買いに来る予定。

    「一之宮Cafe」
    バームクーヘンが有名なお店です。
    お土産として、後程買いに来る予定。

  • 「ファニーファーム」<br /><br />クレープとアイスクリームのお店です。

    「ファニーファーム」

    クレープとアイスクリームのお店です。

  • 「やまいち屋」<br />『野ぼとけそば』というメニューが人気の蕎麦や。<br /><br />野ぼとけそばとは、小分けになった蕎麦の上に<br />それぞれ別の具(えび天・山かけ・山菜・いくらおろし)がのり、<br />四つの味が一度に楽しめるというもの。

    「やまいち屋」
    『野ぼとけそば』というメニューが人気の蕎麦や。

    野ぼとけそばとは、小分けになった蕎麦の上に
    それぞれ別の具(えび天・山かけ・山菜・いくらおろし)がのり、
    四つの味が一度に楽しめるというもの。

  • さんしょうの家<br />甘酒があります。

    さんしょうの家
    甘酒があります。

  • たくみの里の宿場通り。<br />宿場町の面影を宿す通りです。

    たくみの里の宿場通り。
    宿場町の面影を宿す通りです。

  • 宿場通りは、<br />山が見えないのが残念です。

    宿場通りは、
    山が見えないのが残念です。

  • ふーちゃんラーメン

    ふーちゃんラーメン

  • 鈴の家

    鈴の家

  • 里山の学校

    里山の学校

  • 里の学校の校庭(?)には、こんな藁細工が・・、。

    里の学校の校庭(?)には、こんな藁細工が・・、。

  • さて、30分くらい経ったところで、さっき立ち寄ったたくみカフェに戻ってみると、<br />今度はすぐに通してもらえました。<br /><br />ランチセットのパスタを注文しました。<br />前菜のプレートです。<br />パンがとてもおいしかった。

    さて、30分くらい経ったところで、さっき立ち寄ったたくみカフェに戻ってみると、
    今度はすぐに通してもらえました。

    ランチセットのパスタを注文しました。
    前菜のプレートです。
    パンがとてもおいしかった。

  • トマトソースのパスタ。<br />程よい酸味で美味しい~^。

    トマトソースのパスタ。
    程よい酸味で美味しい~^。

  • たらこスパ。<br />クリーム系で濃厚。<br /><br />この2種類を二人でシェアして食べました。<br />とてもおいしかったです。

    たらこスパ。
    クリーム系で濃厚。

    この2種類を二人でシェアして食べました。
    とてもおいしかったです。

  • 入り口の販売コーナー。<br /><br />食事の後は、また散策することにしました。

    入り口の販売コーナー。

    食事の後は、また散策することにしました。

  • 「ふれあいの家」<br />おそばが食べられます。<br />蕎麦打ちも体験でいますし、年間通しての収穫体験もできるようです。

    「ふれあいの家」
    おそばが食べられます。
    蕎麦打ちも体験でいますし、年間通しての収穫体験もできるようです。

  • 田園風景。<br /><br />山が見えないのが、本当に残念。

    田園風景。

    山が見えないのが、本当に残念。

  • 「ガラスの家」

    「ガラスの家」

  • 「熊野神社」

    「熊野神社」

  • 1周まわって、宿場通りに戻ってきました。<br /><br />

    1周まわって、宿場通りに戻ってきました。

  • ここたくみの里の宿場通りは、三国街道の宿場・須川宿で、<br />町並み整備が進み、水路などが復元(元は街道中心に流れていたそうです。)され、<br />平成12年(2000)には歴史国道に指定されたそうです。

    ここたくみの里の宿場通りは、三国街道の宿場・須川宿で、
    町並み整備が進み、水路などが復元(元は街道中心に流れていたそうです。)され、
    平成12年(2000)には歴史国道に指定されたそうです。

  • 宿場通りには、側道にずっと水が流れていて、その水がとっても綺麗でした。<br />これが水路ですね。

    宿場通りには、側道にずっと水が流れていて、その水がとっても綺麗でした。
    これが水路ですね。

  • こちらも宿場通りの水路。<br />本当に、綺麗で小川のようです。

    こちらも宿場通りの水路。
    本当に、綺麗で小川のようです。

  • 花々も飾られていて、綺麗に整備されています。

    花々も飾られていて、綺麗に整備されています。

  • 「野ぼとけ」<br />お菓子カフェ

    「野ぼとけ」
    お菓子カフェ

  • ここには、しあわせ地蔵と、野ぼとけスタンプラリーの説明地図がありました。

    ここには、しあわせ地蔵と、野ぼとけスタンプラリーの説明地図がありました。

  • たくみの里周辺には野仏が点在しています。<br />ここにある地図に、その野ぼとけ9か所が記されていました。<br /><br />これらの野ぼとけをめぐるスタンプラリーがあります。<br />「たくみの里ガイドマップ」を利用し、スタンプを押して<br />全部回ると最後の泰寧寺で記念品がもらえるようです。

    たくみの里周辺には野仏が点在しています。
    ここにある地図に、その野ぼとけ9か所が記されていました。

    これらの野ぼとけをめぐるスタンプラリーがあります。
    「たくみの里ガイドマップ」を利用し、スタンプを押して
    全部回ると最後の泰寧寺で記念品がもらえるようです。

  • そして、これがしあわせ地蔵。<br />右が母地蔵。左がわらべ地蔵。

    そして、これがしあわせ地蔵。
    右が母地蔵。左がわらべ地蔵。

  • 「和紙の家」

    「和紙の家」

  • 須川宿資料館。

    須川宿資料館。

  • 染の家

    染の家

  • くるみ細工の家。<br /><br />奥で、くるみ細工をしている方が見えました。

    くるみ細工の家。

    奥で、くるみ細工をしている方が見えました。

  • ここにも、須川宿の説明が掲示されていました。

    ここにも、須川宿の説明が掲示されていました。

  • マッチ絵の家の入り口です。<br />興味はあったのですが、時間がないので見送りました。<br /><br />遠くに見えるのは、火の見やぐらです。

    マッチ絵の家の入り口です。
    興味はあったのですが、時間がないので見送りました。

    遠くに見えるのは、火の見やぐらです。

  • この通りには、水車もあります。

    この通りには、水車もあります。

  • ちゃんと動いていました。

    ちゃんと動いていました。

  • 「急須の家」

    「急須の家」

  • 急須の家(中村工房)は、通りより奥まったところにありました。

    急須の家(中村工房)は、通りより奥まったところにありました。

  • たくみの里食堂

    たくみの里食堂

  • 水車の近くは、花が綺麗に植えられていました。<br />これで、遠くの山々が見えていたら、最高でしたね。

    水車の近くは、花が綺麗に植えられていました。
    これで、遠くの山々が見えていたら、最高でしたね。

  • 水路を撮ってみました。<br />

    水路を撮ってみました。

  • 「歴史的国道整備について」というタイトルの説明板。

    「歴史的国道整備について」というタイトルの説明板。

  • みなかみ町第8分団がありました。<br />すぐそばには、火の見やぐらもありました。

    みなかみ町第8分団がありました。
    すぐそばには、火の見やぐらもありました。

  • 鉄公房

    鉄公房

  • さんしょうの家

    さんしょうの家

  • 宿場通りと庄屋通りが交わる角(小松屋)の前に、須川宿の石柱があります。

    宿場通りと庄屋通りが交わる角(小松屋)の前に、須川宿の石柱があります。

  • 一之宮Cafe<br /><br />ここで、お土産を買いました。<br />バームクーヘンです。<br />

    一之宮Cafe

    ここで、お土産を買いました。
    バームクーヘンです。

  • 店内です。<br />

    店内です。

  • 豊楽館に戻ってきました。<br />これはレンタル自転車。<br />たくみの里は、かなり広範囲なので、<br />天気が良かったら、サイクリングも良いですよね。

    豊楽館に戻ってきました。
    これはレンタル自転車。
    たくみの里は、かなり広範囲なので、
    天気が良かったら、サイクリングも良いですよね。

  • 豊楽館の前のテラス。<br /><br />ここから、今度は車で、泰寧寺に向かいます。

    豊楽館の前のテラス。

    ここから、今度は車で、泰寧寺に向かいます。

  • 泰寧寺の入り口です。

    泰寧寺の入り口です。

  • 入り口の脇には、広場があって、何やら石碑が立っていましたが、<br />「禅の」の下が読めませんでした(^_^;)

    入り口の脇には、広場があって、何やら石碑が立っていましたが、
    「禅の」の下が読めませんでした(^_^;)

  • 泰寧寺の入り口にしあわせ地蔵尊の像がありました。<br />ここはあじさい寺で有名らしいです。<br />早速あじさいに出迎えられました。

    泰寧寺の入り口にしあわせ地蔵尊の像がありました。
    ここはあじさい寺で有名らしいです。
    早速あじさいに出迎えられました。

  • 入ってすぐのところにも、あじさいがありました。

    入ってすぐのところにも、あじさいがありました。

  • 通路の先に、橋が見えました。<br />左横の立て看板は、重要文化財である説明です。

    通路の先に、橋が見えました。
    左横の立て看板は、重要文化財である説明です。

  • 右の立て看板は、泰寧寺由緒の説明。

    右の立て看板は、泰寧寺由緒の説明。

  • 橋です。<br />

    橋です。

  • 池です。<br />少し、白っぽい水の色です。

    池です。
    少し、白っぽい水の色です。

  • 緑色の苔で覆われた橋で、とても風情があります。

    緑色の苔で覆われた橋で、とても風情があります。

  • この池は、白狐沢という川の一部です。<br />白狐沢は、ホタルの生息地としても有名です。

    この池は、白狐沢という川の一部です。
    白狐沢は、ホタルの生息地としても有名です。

  • 橋から下流を見ると、すぐ先が小さな滝のように落ちていっているのが分かります。<br />この先を流れていって、たくみの里まで川は続いていきます。

    橋から下流を見ると、すぐ先が小さな滝のように落ちていっているのが分かります。
    この先を流れていって、たくみの里まで川は続いていきます。

  • 池の上流側です。

    池の上流側です。

  • あじさいは、今まさに見ごろという感じでした。

    あじさいは、今まさに見ごろという感じでした。

  • あじさいと池。

    あじさいと池。

  • あじさいの先に、泰寧寺の山門に続く階段が見えます。

    あじさいの先に、泰寧寺の山門に続く階段が見えます。

  • あじさいは、上の方へと続いています。

    あじさいは、上の方へと続いています。

  • 山門に向かう通路の両側に、あじさいが咲き誇っています。

    山門に向かう通路の両側に、あじさいが咲き誇っています。

  • 今渡ってきた端の方を振り返りました。

    今渡ってきた端の方を振り返りました。

  • 階段の下まで来ました。

    階段の下まで来ました。

  • ここからも、橋が見えます。

    ここからも、橋が見えます。

  • 山門前に押野用水を引かれている説明の立て看板がありました。

    山門前に押野用水を引かれている説明の立て看板がありました。

  • 階段を登った先に、また少し階段があり、山門が見えてきました。

    階段を登った先に、また少し階段があり、山門が見えてきました。

  • 山門前の通路にもあじさいがあり、竹林もありました。

    山門前の通路にもあじさいがあり、竹林もありました。

  • 今通ってきた通路です。

    今通ってきた通路です。

  • さて、山門まで来ました。<br />山門は県の重要文化財に指定されています。<br /><br />当山門は間口3間・奥行2間の楼門(ろうもん)で、入母屋造の構造をとる禅宗様式の建築です。<br /><br />上層内部には釈迦三尊像、迦葉・阿難の二大弟子、十六羅漢像が安置され、<br />その天井は格天井で花鳥絵が描かれています。<br />中央手前に龍です。

    さて、山門まで来ました。
    山門は県の重要文化財に指定されています。

    当山門は間口3間・奥行2間の楼門(ろうもん)で、入母屋造の構造をとる禅宗様式の建築です。

    上層内部には釈迦三尊像、迦葉・阿難の二大弟子、十六羅漢像が安置され、
    その天井は格天井で花鳥絵が描かれています。
    中央手前に龍です。

  • 山門の先にも、階段が見えます。

    山門の先にも、階段が見えます。

  • その奥が鳳凰

    その奥が鳳凰

  • 左右2間ずつの4問は各々天女の彩色画が描かれています。<br />1体目の天女

    左右2間ずつの4問は各々天女の彩色画が描かれています。
    1体目の天女

  • これも2体目の天女。

    これも2体目の天女。

  • 三体目の天女。

    三体目の天女。

  • 4体目の天女。

    4体目の天女。

  • 鐘楼がありました。

    鐘楼がありました。

  • 鐘楼には、先週行われた<br />ホタルあじさい鑑賞のイベントの案内板が残っていました。

    鐘楼には、先週行われた
    ホタルあじさい鑑賞のイベントの案内板が残っていました。

  • 鐘楼の違う面には、お地蔵様が・・。

    鐘楼の違う面には、お地蔵様が・・。

  • お寺の本堂。

    お寺の本堂。

  • あじさい祭りの時の記念品が、自由にもらえるようになっていました。<br />1枚もらってきました。

    あじさい祭りの時の記念品が、自由にもらえるようになっていました。
    1枚もらってきました。

  • 野ぼとけは、泰寧寺にもあって、<br />野ぼとけめぐりスタンプラリーのスタンプ台がありました。

    野ぼとけは、泰寧寺にもあって、
    野ぼとけめぐりスタンプラリーのスタンプ台がありました。

  • 幟も立っています。

    幟も立っています。

  • 橋の近くまで戻ってきました。<br />今度は池の反対側から橋を見ました。

    橋の近くまで戻ってきました。
    今度は池の反対側から橋を見ました。

  • 川べりには、観音像みたいなものが置いてありました。

    川べりには、観音像みたいなものが置いてありました。

  • 池?(沢?)には、鯉が泳いでいました。<br /><br />白い鯉が美しかったです。

    池?(沢?)には、鯉が泳いでいました。

    白い鯉が美しかったです。

  • 沢べりを歩いていきます。

    沢べりを歩いていきます。

  • 沢の中に飛び石があって、水嵩によっては向こう岸まで歩いていけるようですが、<br />今は水が多くて途中が水没しており、無理でした。

    沢の中に飛び石があって、水嵩によっては向こう岸まで歩いていけるようですが、
    今は水が多くて途中が水没しており、無理でした。

  • これが飛び石です。

    これが飛び石です。

  • 上流は細い川になっています。

    上流は細い川になっています。

  • 川の部分。

    川の部分。

  • 飛び石の周りにも、鯉が沢山泳いでいるのが見えますね。

    飛び石の周りにも、鯉が沢山泳いでいるのが見えますね。

  • 駐車場まで戻ってきました。

    駐車場まで戻ってきました。

  • ペンションに行く前に、たくみの里の端の方を少しだけドライブ。<br /><br />ここは、野々宮神社。

    ペンションに行く前に、たくみの里の端の方を少しだけドライブ。

    ここは、野々宮神社。

  • ペンション ポミエに着きました。<br /><br />エントランス前には、フルーツ狩りの管板が立っていました。

    ペンション ポミエに着きました。

    エントランス前には、フルーツ狩りの管板が立っていました。

  • ペンション ポミエは、受付があるフロント脇に食堂があります。<br /><br />宿泊は、この棟に隣接されているログハウスになります。

    ペンション ポミエは、受付があるフロント脇に食堂があります。

    宿泊は、この棟に隣接されているログハウスになります。

  • フロント。

    フロント。

  • ペンション前には、こんなりんごのオブジェも。

    ペンション前には、こんなりんごのオブジェも。

  • 宿泊棟の入り口。<br /><br />ここに二部屋あり、こことは別棟で、フロント棟の裏手にも宿泊棟があるようです。

    宿泊棟の入り口。

    ここに二部屋あり、こことは別棟で、フロント棟の裏手にも宿泊棟があるようです。

  • 宿泊棟から、フロント棟へ通じる通路。<br /><br />屋根がないので、雨が降っているとちょっと不便ですね。

    宿泊棟から、フロント棟へ通じる通路。

    屋根がないので、雨が降っているとちょっと不便ですね。

  • ペンションの部屋の中です。

    ペンションの部屋の中です。

  • ペンションの窓から見える景色。<br />

    ペンションの窓から見える景色。

  • 向かい側には、竹細工の家がありました。

    向かい側には、竹細工の家がありました。

  • 今回の宿泊は、ブルーベリー狩りがついていました。<br /><br />ペンションに着いてから、近くのブルーベリー畑に向かい、30分つみ放題のブルーベリー狩りをしました。

    今回の宿泊は、ブルーベリー狩りがついていました。

    ペンションに着いてから、近くのブルーベリー畑に向かい、30分つみ放題のブルーベリー狩りをしました。

  • 日照不足で、まだ実付が悪いそうです。<br /><br />摘みながら少し食べましたが、やっぱり少し甘味は少なかったです。<br />それでも、一パック持ち帰りにして、ヨーグルトに入れて食べました。

    日照不足で、まだ実付が悪いそうです。

    摘みながら少し食べましたが、やっぱり少し甘味は少なかったです。
    それでも、一パック持ち帰りにして、ヨーグルトに入れて食べました。

  • ブルーベリー畑の隣に、ペンションのリンゴ畑がありました。<br /><br />

    ブルーベリー畑の隣に、ペンションのリンゴ畑がありました。

  • 今、これくらいの色づきでした。

    今、これくらいの色づきでした。

  • フロント横にある食堂。

    フロント横にある食堂。

  • 夕飯です。<br />実は、この日は宿泊客が自分たちだけでした。<br /><br />うどん、刺し身、天ぷら、煮物、焼き魚、酢の物、和え物、漬け物など、品数は豊富でした。

    夕飯です。
    実は、この日は宿泊客が自分たちだけでした。

    うどん、刺し身、天ぷら、煮物、焼き魚、酢の物、和え物、漬け物など、品数は豊富でした。

  • 上記のほかに、蕎麦。<br /><br />私たちは、普段夕飯で炭水化物をとらないので、<br />この日はうどん、そば、ご飯と沢山炭水化物をとってしまいました(^_^;)<br />味は良かったです。

    上記のほかに、蕎麦。

    私たちは、普段夕飯で炭水化物をとらないので、
    この日はうどん、そば、ご飯と沢山炭水化物をとってしまいました(^_^;)
    味は良かったです。

  • ペンションでとれたさくらんぼ。<br /><br />さくらんぼは、ほぼ7月上旬で終わりなので、<br />最後のさくらんぼだそうです。<br />美味しくい戴きました。

    ペンションでとれたさくらんぼ。

    さくらんぼは、ほぼ7月上旬で終わりなので、
    最後のさくらんぼだそうです。
    美味しくい戴きました。

  • 部屋内に掲示されていた案内。<br /><br />コウモリが入ってい来ることがある、と書いてありました。<br />ログハウスなので、若干の隙間から入ってくることもあるんですね。<br /><br />隙間がありそうなところは、詰め物などで塞ぐ対処はされていました。

    部屋内に掲示されていた案内。

    コウモリが入ってい来ることがある、と書いてありました。
    ログハウスなので、若干の隙間から入ってくることもあるんですね。

    隙間がありそうなところは、詰め物などで塞ぐ対処はされていました。

  • コウモリを捕まえるための網のようです。<br /><br />たくみの里付近は、ホタルがいることでも有名です。<br />ペンションの方に、居そうな場所を教えてもらって、懐中電灯も貸してもらいましたが、<br />ホタルが出そうな時間帯に(7時半~8時過ぎ)雨が降り出し、<br />ちょうど川と田んぼに向かった時には、かなりの大雨だったせいか、残念ながら見ることが出来ませんでした。<br /><br />大雨の中、ペンションに戻ってきた私たちは、それからお風呂に入りました。

    コウモリを捕まえるための網のようです。

    たくみの里付近は、ホタルがいることでも有名です。
    ペンションの方に、居そうな場所を教えてもらって、懐中電灯も貸してもらいましたが、
    ホタルが出そうな時間帯に(7時半~8時過ぎ)雨が降り出し、
    ちょうど川と田んぼに向かった時には、かなりの大雨だったせいか、残念ながら見ることが出来ませんでした。

    大雨の中、ペンションに戻ってきた私たちは、それからお風呂に入りました。

  • お風呂場は、私たちの部屋の前にありました。<br />

    お風呂場は、私たちの部屋の前にありました。

  • 新設されたもののようで、中は綺麗でした。<br />風呂場は2か所あって、男と女に分かれていますが、<br />この日は私たちだけだったので、左の男風呂での入浴となりました。

    新設されたもののようで、中は綺麗でした。
    風呂場は2か所あって、男と女に分かれていますが、
    この日は私たちだけだったので、左の男風呂での入浴となりました。

  • 洗い場が3,4か所あり、ジェット仕様になっていました。<br />ゆっくりほっこりできました。<br /><br />明日は、雨が降らないことを願いつつ、1日目は終わりです。

    洗い場が3,4か所あり、ジェット仕様になっていました。
    ゆっくりほっこりできました。

    明日は、雨が降らないことを願いつつ、1日目は終わりです。

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

群馬の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集