シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 カンボジアのアンコールワットは映像や画像で沢山観て来たが、行ったことはなかった。いつかは行ってみたいと思っていたら思わぬ格安ツアーがあったので、参加しました。やっとアンコールワットに行けると思ったら、年甲斐も無く心が踊る。<br /> 12世紀初頭に建設されて、その後は人知れずジャングルに埋もれていたものが発見されたクメール王朝の都、建造物の素晴らしさとそれに施されたレリーフの数々です。アンコールワットを中心に、アンコール遺跡群の見物も終了してしまいました。本当はもっと色々な遺跡を見たかったが、団体行動なので仕方なく、帰国します。<br /> この③はシェムリアップにある「トレンサップ湖及び周辺のオールドマーケット」の観光の旅行記です。<br />

やっとアンコールワットに行ける(③トレンサップ湖周辺編)

10いいね!

2017/01/06 - 2017/01/10

3353位(同エリア8224件中)

0

39

オータムリーフさん

 カンボジアのアンコールワットは映像や画像で沢山観て来たが、行ったことはなかった。いつかは行ってみたいと思っていたら思わぬ格安ツアーがあったので、参加しました。やっとアンコールワットに行けると思ったら、年甲斐も無く心が踊る。
 12世紀初頭に建設されて、その後は人知れずジャングルに埋もれていたものが発見されたクメール王朝の都、建造物の素晴らしさとそれに施されたレリーフの数々です。アンコールワットを中心に、アンコール遺跡群の見物も終了してしまいました。本当はもっと色々な遺跡を見たかったが、団体行動なので仕方なく、帰国します。
 この③はシェムリアップにある「トレンサップ湖及び周辺のオールドマーケット」の観光の旅行記です。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
3.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
観光バス
航空会社
ANA
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
読売旅行

PR

  •  このツアーも今日で最終日、昨日のアンコールワット遺跡群を見物して、かなり歩いて疲れてしまったが、このホテルで連泊の最後の日をぐっすりと眠れたので、元気が回復してきた。今日はシェムリアップの近郊にある、トレンサップ湖を船で見物して、バスでプノンペンに戻り、その日の夜行便で成田に帰ることになっている。

     このツアーも今日で最終日、昨日のアンコールワット遺跡群を見物して、かなり歩いて疲れてしまったが、このホテルで連泊の最後の日をぐっすりと眠れたので、元気が回復してきた。今日はシェムリアップの近郊にある、トレンサップ湖を船で見物して、バスでプノンペンに戻り、その日の夜行便で成田に帰ることになっている。

    シティ アンコール ホテル ホテル

    こじんまりとしたフレンドリーなホテル by オータムリーフさん
  •  このホテルは「CITY ANGKOR HOTEL」と云い、中々快適なホテルでした。そんなに大きなものではなく、我々日本人観光客には適当な大きさで、家庭的であり、安心して泊まれる。

    イチオシ

     このホテルは「CITY ANGKOR HOTEL」と云い、中々快適なホテルでした。そんなに大きなものではなく、我々日本人観光客には適当な大きさで、家庭的であり、安心して泊まれる。

  •  ホテルを8時30分にバスで出発してシェムリアップの南にある東南アジア一番の湖「トレンサップ湖」に向かった。そして、30分程度で、その湖のクルーズ船発着場所に到着する。<br /> 見た目は「あっれ!そんなに大きなもではないじゃん」と思ったが、それは間違いで、船に乗って少し進むとその大きさがを実感することになる。<br />

     ホテルを8時30分にバスで出発してシェムリアップの南にある東南アジア一番の湖「トレンサップ湖」に向かった。そして、30分程度で、その湖のクルーズ船発着場所に到着する。
     見た目は「あっれ!そんなに大きなもではないじゃん」と思ったが、それは間違いで、船に乗って少し進むとその大きさがを実感することになる。

  •  この写真を見て下さい。広大な湖であることが分かります。季節が乾季であると、その広さは琵琶湖の3,4倍であるが、雨期になると、その広さは20倍以上になり、水深も1m前後から10m位になるそうですので。ものすごく広い淡水湖だそうです。

     この写真を見て下さい。広大な湖であることが分かります。季節が乾季であると、その広さは琵琶湖の3,4倍であるが、雨期になると、その広さは20倍以上になり、水深も1m前後から10m位になるそうですので。ものすごく広い淡水湖だそうです。

  •  さて、我々は一層の中型のクルーズ船に乗り込みます。なぜか現地の子供達も乗り込んでくるのです。何か物売りの子供達だろうかと思っていた。

     さて、我々は一層の中型のクルーズ船に乗り込みます。なぜか現地の子供達も乗り込んでくるのです。何か物売りの子供達だろうかと思っていた。

  •  先ほど一緒に乗り込んできた子供だが、観光客のマッサージを始めたのである。これびっくりです。

     先ほど一緒に乗り込んできた子供だが、観光客のマッサージを始めたのである。これびっくりです。

  •  あれあれ、隣をはしる観光船は2階建てで、快適に飛ばしている。乗っているお客の顔は好奇心の塊で、これから出会う事に期待感が浮かんでいる。多分我々も同じ顔で船の人になっているのでしょう。

     あれあれ、隣をはしる観光船は2階建てで、快適に飛ばしている。乗っているお客の顔は好奇心の塊で、これから出会う事に期待感が浮かんでいる。多分我々も同じ顔で船の人になっているのでしょう。

  •  湖の中州があるのでしょうか、樹木がびっしりと生えています。面白い形です。

     湖の中州があるのでしょうか、樹木がびっしりと生えています。面白い形です。

  •  水上生活者の家です。説明によれば、この湖には沢山の人々が湖上生活をしている。その数は100万人ともいわれています。

     水上生活者の家です。説明によれば、この湖には沢山の人々が湖上生活をしている。その数は100万人ともいわれています。

  •  更に、前方には沢山の湖上生活者の家々が観えます。聞くところによれば、村を構成していて、生活の糧は湖で漁師を営んでいるそうです。主食も魚がほとんどだそうです。

     更に、前方には沢山の湖上生活者の家々が観えます。聞くところによれば、村を構成していて、生活の糧は湖で漁師を営んでいるそうです。主食も魚がほとんどだそうです。

  •  あっれ! こんな小さなボートで観光している人もいるね。個人的にチャーターして回ってくれるらしい。こちらの方が色々と楽しめて良いかもしれない。

     あっれ! こんな小さなボートで観光している人もいるね。個人的にチャーターして回ってくれるらしい。こちらの方が色々と楽しめて良いかもしれない。

  •  かなり向こうには大きな水上の建物と左側には電波タワーらしきものが見える。あのタワーはまさか湖上に浮いている建物に建てたものではないでしょうね。もし、そうだったらタワーが揺れて役に立たないのではと思うが。

     かなり向こうには大きな水上の建物と左側には電波タワーらしきものが見える。あのタワーはまさか湖上に浮いている建物に建てたものではないでしょうね。もし、そうだったらタワーが揺れて役に立たないのではと思うが。

  •  観光客の為に道の駅ならぬ湖の駅が沢山ある。ここは観光客が上陸して、水上生活の様子を見学したり、併設有れたお土産屋やレストランがあって商売をしているのです。

    イチオシ

     観光客の為に道の駅ならぬ湖の駅が沢山ある。ここは観光客が上陸して、水上生活の様子を見学したり、併設有れたお土産屋やレストランがあって商売をしているのです。

  • 我々も、一つの駅に上陸する。

    我々も、一つの駅に上陸する。

  •  この建物にはかならず2階に展望台があり、ここに上がって湖の周囲を眺めることが出来る。顔に当たる湖上の風が心地よい。

     この建物にはかならず2階に展望台があり、ここに上がって湖の周囲を眺めることが出来る。顔に当たる湖上の風が心地よい。

  • ワニが居た!これは食料にするのだろうか。トレンサップ湖に生息するワニらしい。

    ワニが居た!これは食料にするのだろうか。トレンサップ湖に生息するワニらしい。

  •  トレンサップ湖に棲む大ナマズのいけすもあったが、ナマズさんたちは元気が良い。これも食料だろうね。

     トレンサップ湖に棲む大ナマズのいけすもあったが、ナマズさんたちは元気が良い。これも食料だろうね。

  •  船にもどり、再び湖上ツアーが再開される。ここは湖上生活者のためのマーケットである。どんなものが売っているのだろうか、興味があるね。

     船にもどり、再び湖上ツアーが再開される。ここは湖上生活者のためのマーケットである。どんなものが売っているのだろうか、興味があるね。

  • 教会もあるんだね。すごいです。

    教会もあるんだね。すごいです。

  • ここもスーパーマーケットらしい。看板に商品名が書いてある。

    イチオシ

    ここもスーパーマーケットらしい。看板に商品名が書いてある。

  •  水上生活者の住民の足は、当然小舟だが、子供達もうまく小舟を操っているではありませんか。

     水上生活者の住民の足は、当然小舟だが、子供達もうまく小舟を操っているではありませんか。

  •  さて、トレンサップ湖クルージングを終えて、次は近くにあるオールドマーケットを訪問します。<br /> これも楽しみにしていた1つです。このような団体ツアーは数多く参加しているが、決まってマーケットに連れていかれます。でも、それは正解でしょう。その土地の活気を観ることが出来るのです。

     さて、トレンサップ湖クルージングを終えて、次は近くにあるオールドマーケットを訪問します。
     これも楽しみにしていた1つです。このような団体ツアーは数多く参加しているが、決まってマーケットに連れていかれます。でも、それは正解でしょう。その土地の活気を観ることが出来るのです。

    オールドマーケット 市場

  •  いつも市場の見学で多くの観光客がお邪魔して、すみませんね・・・と心の中で言いながら、マーケットに入っていきまます。

     いつも市場の見学で多くの観光客がお邪魔して、すみませんね・・・と心の中で言いながら、マーケットに入っていきまます。

  •  マーケットの内部は、最初は衣類関係をところ狭しと並べて売っている場所に来ました。この辺で値切りながらの買い物もまた楽しいですね。<br /><br /> 

     マーケットの内部は、最初は衣類関係をところ狭しと並べて売っている場所に来ました。この辺で値切りながらの買い物もまた楽しいですね。

     

  •  ここは果物屋です。珍しい果物も並べてあって、観るだけでも楽しく、食べた気になりました。

     ここは果物屋です。珍しい果物も並べてあって、観るだけでも楽しく、食べた気になりました。

  •  この写真にある様に、地元の人の買い物、売り手の女性が忙しく働いているのです。活気がありますね。

    イチオシ

     この写真にある様に、地元の人の買い物、売り手の女性が忙しく働いているのです。活気がありますね。

  • 品物も豊富です。

    品物も豊富です。

  • 大きな屋根の市場を通り抜けて、マーケットの外側に並ぶお土産屋が連なる通りに出る。ものすごい数のお土産屋であり、どの店も同じような民芸品や土地の食べ物を販売している。<br /> 

    大きな屋根の市場を通り抜けて、マーケットの外側に並ぶお土産屋が連なる通りに出る。ものすごい数のお土産屋であり、どの店も同じような民芸品や土地の食べ物を販売している。
     

  •  その一軒のお土産屋に入る。色々なお土産が売っている。民芸品やハンモック、衣料品なども多く並べて売っているのだ。ここは言い値で勝手は損をする。言われた値段の半分から交渉するのが良い。買う意思があるとどんどん下げてくる。半分にはならないにしても、かなり値下げをしてくる。ここではしばらく買い物タイムで自由時間となる。<br />

     その一軒のお土産屋に入る。色々なお土産が売っている。民芸品やハンモック、衣料品なども多く並べて売っているのだ。ここは言い値で勝手は損をする。言われた値段の半分から交渉するのが良い。買う意思があるとどんどん下げてくる。半分にはならないにしても、かなり値下げをしてくる。ここではしばらく買い物タイムで自由時間となる。

  •  ところは変わって、次に向かったのは近くにある小ぎれいなレストランに入る。昼食時間です。いろいろな花が咲き乱れて中々良い感じのお店だ。

     ところは変わって、次に向かったのは近くにある小ぎれいなレストランに入る。昼食時間です。いろいろな花が咲き乱れて中々良い感じのお店だ。

  •  お客は余り入っていない。カンボジア料理であり、それなりに美味しかった。この店の名前はNew Bayon Resturantと云うらしい。メニューの一部をご紹介します。

     お客は余り入っていない。カンボジア料理であり、それなりに美味しかった。この店の名前はNew Bayon Resturantと云うらしい。メニューの一部をご紹介します。

    ニュー・バイヨン 地元の料理

  •  いや~、料理の名前は忘れたが、珍しい食べ物でしたが、それなりに美味しかったよ。カンボジア料理も中々美味でした。

     いや~、料理の名前は忘れたが、珍しい食べ物でしたが、それなりに美味しかったよ。カンボジア料理も中々美味でした。

  •  さて、さて、これでカンボジアでの観光は全て終了である。また、長い時間を掛けてプノンペンへのバスの旅だ。<br /><br /> バスの席は前方なので、周りの景色が良く観える。バスは順調に走る。<br /> 14:20頃ドライブインに寄る。トイレタイムである。ここは往路で寄ったドライブインと同じ場所である。<br /> 次のトイレ休憩は16:10頃、ガソリンスタンドだが往路とは違う場所だった、ここで15分程休憩して再度出発となる。<br /><br /> プノンペン市郊外に近づいたら、バスは渋滞にはまった。中々動かないが、大橋を渡り終わった辺りから少しずつ動き始めた。

     さて、さて、これでカンボジアでの観光は全て終了である。また、長い時間を掛けてプノンペンへのバスの旅だ。

     バスの席は前方なので、周りの景色が良く観える。バスは順調に走る。
     14:20頃ドライブインに寄る。トイレタイムである。ここは往路で寄ったドライブインと同じ場所である。
     次のトイレ休憩は16:10頃、ガソリンスタンドだが往路とは違う場所だった、ここで15分程休憩して再度出発となる。

     プノンペン市郊外に近づいたら、バスは渋滞にはまった。中々動かないが、大橋を渡り終わった辺りから少しずつ動き始めた。

  •  空港に行く前に夕食会場のレストランに寄る。トンレサップ川沿いにある「TITANIC」とあり、クルーズ船を模した店内で、トレンサップ川を行き来する観光船が良く観える場所だ。

     空港に行く前に夕食会場のレストランに寄る。トンレサップ川沿いにある「TITANIC」とあり、クルーズ船を模した店内で、トレンサップ川を行き来する観光船が良く観える場所だ。

  •  トレンサップ川幅は大きく、その川の傍のレストランで眺めは抜群です。

     トレンサップ川幅は大きく、その川の傍のレストランで眺めは抜群です。

  •  ここでもカンボジア料理だが、どれを食べても本当においしい料理です。

     ここでもカンボジア料理だが、どれを食べても本当においしい料理です。

  •  周囲は薄暗くなりました。プノンペンの街の灯りも増してきて、ダイアモンドの輝きになってきました。

     周囲は薄暗くなりました。プノンペンの街の灯りも増してきて、ダイアモンドの輝きになってきました。

  •  レストランから観る夜景。トレンサップ川をクルージングしている観光船がゆっくりと航行している様子を眺めながらの食事でした。<br /> 時間がゆったりと流れていきます。

     レストランから観る夜景。トレンサップ川をクルージングしている観光船がゆっくりと航行している様子を眺めながらの食事でした。
     時間がゆったりと流れていきます。

  •  あれっ!、ここはプノンペン国際空港です。これですべてのカンボジア旅行は終了です。夜行便で日本に帰ります。<br /> 短い期間の、駆け足のカンボジア観光は瞬く間に終了しました。ゆっくりと観たいときは、いつも思うのですが、中々個人では行けないのが現状です。<br /><br /> さて、これでカンボジアの旅行記①~③は終了です。お読みいただき、誠に有難うございました。次回は別の旅行記をアップします。<br /><br />                               完

     あれっ!、ここはプノンペン国際空港です。これですべてのカンボジア旅行は終了です。夜行便で日本に帰ります。
     短い期間の、駆け足のカンボジア観光は瞬く間に終了しました。ゆっくりと観たいときは、いつも思うのですが、中々個人では行けないのが現状です。

     さて、これでカンボジアの旅行記①~③は終了です。お読みいただき、誠に有難うございました。次回は別の旅行記をアップします。

                                   完

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集