金沢旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GW第二弾は、家族旅行。2泊4日(+1車中泊)で目的地は、<br />1日目:立山黒部アルペンルート雪の壁、金沢泊<br />2日目:金沢観光と和菓子作り体験、加賀温泉郷泊。<br />3日目:武家屋敷、金箔貼り体験。<br /><br />今回は2日目:金沢観光と和菓子作り体験編<br />早めに宿を出て、ひがし茶屋街を散策。午前中は、21世紀美術館・石浦神社・金沢城観光。お昼ご飯は、また近江町市場。越山甘清堂で和菓子作り体験をして、加賀温泉郷・かがり吉祥亭泊り。

金沢の旅(2日目:金沢観光と和菓子作り体験)

14いいね!

2019/05/03 - 2019/05/05

1180位(同エリア3323件中)

0

42

GW第二弾は、家族旅行。2泊4日(+1車中泊)で目的地は、
1日目:立山黒部アルペンルート雪の壁、金沢泊
2日目:金沢観光と和菓子作り体験、加賀温泉郷泊。
3日目:武家屋敷、金箔貼り体験。

今回は2日目:金沢観光と和菓子作り体験編
早めに宿を出て、ひがし茶屋街を散策。午前中は、21世紀美術館・石浦神社・金沢城観光。お昼ご飯は、また近江町市場。越山甘清堂で和菓子作り体験をして、加賀温泉郷・かがり吉祥亭泊り。

PR

  • 観光客の来ないうちにひがし茶屋街を観光したかったので、8時すぐには宿をでました。出格子と石畳が続く古い街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。朝早いので、まだ人通りはありません。

    観光客の来ないうちにひがし茶屋街を観光したかったので、8時すぐには宿をでました。出格子と石畳が続く古い街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。朝早いので、まだ人通りはありません。

  • 日当たりの良い場所では窓ガラスに青空が映えて。とてもきれいです。

    日当たりの良い場所では窓ガラスに青空が映えて。とてもきれいです。

  • 和風の建物の中に、レトロな感じの建物があります。創業100年の老舗洋食屋さんの自由軒です。オムライスやタンシチューが美味しいと評判です。オープンしていれば食べて行きたかったのですが...

    和風の建物の中に、レトロな感じの建物があります。創業100年の老舗洋食屋さんの自由軒です。オムライスやタンシチューが美味しいと評判です。オープンしていれば食べて行きたかったのですが...

  • 金つばの中田屋です。昭和9年創業で、金つばで検索すると一番にでてくる程有名です。中田屋のシンボルマークは、龍の絵柄に「憲」の文字をデザインしたものですが、創業者の中田憲龍の名前がその由来です。龍があらわす意味は正義感と信用だすです。

    金つばの中田屋です。昭和9年創業で、金つばで検索すると一番にでてくる程有名です。中田屋のシンボルマークは、龍の絵柄に「憲」の文字をデザインしたものですが、創業者の中田憲龍の名前がその由来です。龍があらわす意味は正義感と信用だすです。

  • 屋根の雨樋の上についているとげとげしたものは忍び返しです。昔の建物は一階建てだったので、泥棒避けについていましたが、その名残りで二階建てになってもつけるのがステータスだったそうです。ひがし茶屋街の観光ガイド、まいどさんに教えてもらいました。また、金沢は太平洋戦争で空襲に合わなかったので、古い建物が残っていますが、終戦が3日遅かったら空襲にあっていたそうです。

    屋根の雨樋の上についているとげとげしたものは忍び返しです。昔の建物は一階建てだったので、泥棒避けについていましたが、その名残りで二階建てになってもつけるのがステータスだったそうです。ひがし茶屋街の観光ガイド、まいどさんに教えてもらいました。また、金沢は太平洋戦争で空襲に合わなかったので、古い建物が残っていますが、終戦が3日遅かったら空襲にあっていたそうです。

  • 菅原道真を祀り、芸妓さんの守り神、ひがし茶屋街の鎮守社として創建された東山菅原神社です。小さな狛犬が二体ずつ向かい合って立っていますが、オスの狛犬の頭をなでると、女性は幸せになれるという伝説があるそうです。

    菅原道真を祀り、芸妓さんの守り神、ひがし茶屋街の鎮守社として創建された東山菅原神社です。小さな狛犬が二体ずつ向かい合って立っていますが、オスの狛犬の頭をなでると、女性は幸せになれるという伝説があるそうです。

  • ひがし茶屋街から21世紀美術館へはレンタサイクルで。基本料金200円で、30分以内に次のポートに返却すれば何回乗ってもタダです。但し、ポートによって自転車が集中したり、その逆になかったりで必ずしも便利という訳ではないようです。

    ひがし茶屋街から21世紀美術館へはレンタサイクルで。基本料金200円で、30分以内に次のポートに返却すれば何回乗ってもタダです。但し、ポートによって自転車が集中したり、その逆になかったりで必ずしも便利という訳ではないようです。

  • 加賀藩御用菓子司森八本店です。寛永2年(1625年)創業、390年の伝統がある銘菓です。

    加賀藩御用菓子司森八本店です。寛永2年(1625年)創業、390年の伝統がある銘菓です。

  • 途中に古木があったので立ち寄ってみました、橋場のコウヤマキです。加賀藩の武家屋敷に植えられていたとされ、樹齢400年以上と言われています。

    途中に古木があったので立ち寄ってみました、橋場のコウヤマキです。加賀藩の武家屋敷に植えられていたとされ、樹齢400年以上と言われています。

  • 21世紀美術館では、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」に行きたかったのですが、もの凄い行列。チケット待ちとスイミング・プール順番待ちで、美術館を一周するぐらいの行列なので諦めました。それにしても、このエレベーターも変わっています。普通はロープでの吊り下げ式ですが、このエレベーターは下から支えて油圧駆動です。エレベーターは閉鎖的な感じがしますが、これだと開放的です。

    21世紀美術館では、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」に行きたかったのですが、もの凄い行列。チケット待ちとスイミング・プール順番待ちで、美術館を一周するぐらいの行列なので諦めました。それにしても、このエレベーターも変わっています。普通はロープでの吊り下げ式ですが、このエレベーターは下から支えて油圧駆動です。エレベーターは閉鎖的な感じがしますが、これだと開放的です。

  • ヤン・ファーブルの「雲を測る男」です。もう少し近くから見たかった。

    ヤン・ファーブルの「雲を測る男」です。もう少し近くから見たかった。

  • ジェ-ムズタレルのブループラネットスカイ・タレルの部屋です。なんとも不思議な空間です。

    ジェ-ムズタレルのブループラネットスカイ・タレルの部屋です。なんとも不思議な空間です。

  • これもサンナデザインの「イス」です。うさぎの耳の様な形のイスを使って、皆思い思いのポーズで写真を撮っています。

    これもサンナデザインの「イス」です。うさぎの耳の様な形のイスを使って、皆思い思いのポーズで写真を撮っています。

  • サンナによる球体パビリオン「まる」です。外側から見ると魚眼レンズの様に周りが見えますが、内側はその逆。外からも内からも写真を撮る人で一杯です。

    サンナによる球体パビリオン「まる」です。外側から見ると魚眼レンズの様に周りが見えますが、内側はその逆。外からも内からも写真を撮る人で一杯です。

  • 内側はこんな感じです。景色が広がって見えるのではなく、凝縮される様に見えるのが面白い。

    内側はこんな感じです。景色が広がって見えるのではなく、凝縮される様に見えるのが面白い。

  • 石浦神社は21世紀美術館のお向かいにあります。547年に草創され、金沢最古の宮として、 最初は三輪神社を号していました。明治になって、石浦神社と改称したそうです。

    石浦神社は21世紀美術館のお向かいにあります。547年に草創され、金沢最古の宮として、 最初は三輪神社を号していました。明治になって、石浦神社と改称したそうです。

  • まだ令和になって四日目なので、令和の字が新鮮です。石浦神社の公式キャラクターきまる君です。

    まだ令和になって四日目なので、令和の字が新鮮です。石浦神社の公式キャラクターきまる君です。

  • 前日は素通りした金沢城に向かいます。重要文化財石川門が見えてきました。石川城三御門の一つです。

    前日は素通りした金沢城に向かいます。重要文化財石川門が見えてきました。石川城三御門の一つです。

  • 石浦神社から10分程で石川橋に到着。金沢城(左側)と兼六園(右側)を結ぶ橋です。石川橋の下の道路はもともと金沢城のお堀だったそうです。

    石浦神社から10分程で石川橋に到着。金沢城(左側)と兼六園(右側)を結ぶ橋です。石川橋の下の道路はもともと金沢城のお堀だったそうです。

  • ここでちょっと休憩、箔一の金箔のかがやきソフトクリーム、891円です。金箔を一瞬でまくのは職人技です。北陸新幹線開業の3日前に完成したそうです。

    ここでちょっと休憩、箔一の金箔のかがやきソフトクリーム、891円です。金箔を一瞬でまくのは職人技です。北陸新幹線開業の3日前に完成したそうです。

  • 兼六園側から石川橋を渡って金沢城に向かいます。正面に見えるのは石川門。

    兼六園側から石川橋を渡って金沢城に向かいます。正面に見えるのは石川門。

  • 兼六園と繋がっていることもあって、石川門は有名ですが、大手門ではなく搦手門というのは意外でした。

    兼六園と繋がっていることもあって、石川門は有名ですが、大手門ではなく搦手門というのは意外でした。

  • 金沢城の石川門は枡形門として有名です。前の写真で見えていたのは高麗門(一の門)で、一気に真っすぐ進めない様に、わざと直角に進路をまげています。この写真は檜門(二の門)です。一の門、二の門は逆の言い方もある様で、金沢城・小田原城はこの言い方、江戸城・名古屋城・松本城などは逆の言い方をする様です。

    金沢城の石川門は枡形門として有名です。前の写真で見えていたのは高麗門(一の門)で、一気に真っすぐ進めない様に、わざと直角に進路をまげています。この写真は檜門(二の門)です。一の門、二の門は逆の言い方もある様で、金沢城・小田原城はこの言い方、江戸城・名古屋城・松本城などは逆の言い方をする様です。

  • 中に入ると三の丸広場。広々とした空間が気持ちいい。向こうに見えるのは五十間長屋。

    中に入ると三の丸広場。広々とした空間が気持ちいい。向こうに見えるのは五十間長屋。

  • 五十間長屋の左端にある橋爪門続櫓です。橋爪門続櫓は二の丸の正門である橋爪一の門を見下ろす位置にあり、 三の丸から二の丸へ向かう人々を監視するための重要な櫓です。橋爪門も、石川門と同様、かつては枡形だったそうです。

    五十間長屋の左端にある橋爪門続櫓です。橋爪門続櫓は二の丸の正門である橋爪一の門を見下ろす位置にあり、 三の丸から二の丸へ向かう人々を監視するための重要な櫓です。橋爪門も、石川門と同様、かつては枡形だったそうです。

  • 二の丸の内側に入りました。右端が橋爪門の内側、その左が五十間長屋、そして菱櫓です。金沢城には現在天守閣がなく、クライマックスがないのが残念です。そろそろお昼時なので、近江町市場へ向かいました。

    二の丸の内側に入りました。右端が橋爪門の内側、その左が五十間長屋、そして菱櫓です。金沢城には現在天守閣がなく、クライマックスがないのが残念です。そろそろお昼時なので、近江町市場へ向かいました。

  • 金沢城は日本百名城の35番、百名城スタンプをもらいました。これで17城目です。

    金沢城は日本百名城の35番、百名城スタンプをもらいました。これで17城目です。

  • 午後は、和菓子作り体験で武蔵町へ行くので、その通り道の近江町市場へ行きました。前日はお寿司だったので、海鮮浜焼きの近江町金沢横丁へ。お寿司で有名な近江町市場寿しの支店だそうです。

    午後は、和菓子作り体験で武蔵町へ行くので、その通り道の近江町市場へ行きました。前日はお寿司だったので、海鮮浜焼きの近江町金沢横丁へ。お寿司で有名な近江町市場寿しの支店だそうです。

  • カキ・ホタテ・イカ・サザエをいただきました。

    カキ・ホタテ・イカ・サザエをいただきました。

  • 午後の目玉は、越山甘清堂で和菓子作り体験です。山中温泉に移動するので、13時半からのに参加しました。一人1200円で、和菓子2種類を2個づつ作ることができます。

    午後の目玉は、越山甘清堂で和菓子作り体験です。山中温泉に移動するので、13時半からのに参加しました。一人1200円で、和菓子2種類を2個づつ作ることができます。

  • 黒の餡子を丸めてから、外側にピンク色の餡子をかぶせます。ピンク色の餡子を丸めて、お団子状態にします。最後に木べらで切り込みを入れて、花びらのような模様を入れます。失敗しても、また丸めれば良いので、何度も挑戦して結構いい感じに仕上がりました。

    黒の餡子を丸めてから、外側にピンク色の餡子をかぶせます。ピンク色の餡子を丸めて、お団子状態にします。最後に木べらで切り込みを入れて、花びらのような模様を入れます。失敗しても、また丸めれば良いので、何度も挑戦して結構いい感じに仕上がりました。

  • 餡子を平たくのばして、その上に細長い棒状にしたおうど色の餡子をのせます。おうど色の餡子も平たくなる様に、お団子にします。その後、耳かき状の道具で葉っぱの模様を作っていきます。出来あがったら、ひとつづつケースに入れて、箱にしまいます。こうすると、お店で買ったみたいです。

    餡子を平たくのばして、その上に細長い棒状にしたおうど色の餡子をのせます。おうど色の餡子も平たくなる様に、お団子にします。その後、耳かき状の道具で葉っぱの模様を作っていきます。出来あがったら、ひとつづつケースに入れて、箱にしまいます。こうすると、お店で買ったみたいです。

  • 荷物を取りにひがし茶屋街まで戻ってから、散策しながら金沢駅へ。前日の主計町茶屋街散策では気づかなかった久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)を発見。平安時代の初めに乙剣大明神と称し、加賀国小坂荘久保市村の産土神として創建されたそうです。

    荷物を取りにひがし茶屋街まで戻ってから、散策しながら金沢駅へ。前日の主計町茶屋街散策では気づかなかった久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)を発見。平安時代の初めに乙剣大明神と称し、加賀国小坂荘久保市村の産土神として創建されたそうです。

  • 尾張町の博多もつ鍋龍です。もつ鍋でも美味しいと評判のお店ですが、建物も築100年以上と言われています。もっと時間があれば入ってみたいお店の一つです。

    尾張町の博多もつ鍋龍です。もつ鍋でも美味しいと評判のお店ですが、建物も築100年以上と言われています。もっと時間があれば入ってみたいお店の一つです。

  • 金沢駅から加賀温泉駅までは、昨日と同じくサンダーバード。

    金沢駅から加賀温泉駅までは、昨日と同じくサンダーバード。

  • 加賀温泉駅までは25分なので、あっという間でした。新幹線用のホーム増設工事中でした。2023年春頃開業予定で、敦賀まで延びる様です。

    加賀温泉駅までは25分なので、あっという間でした。新幹線用のホーム増設工事中でした。2023年春頃開業予定で、敦賀まで延びる様です。

  • 加賀温泉駅から山中温泉までは路線バス。山中温泉バスターミナルまで約30分です。南町ゆげ街道を散策しながら、かがり吉祥亭まで徒歩約15分。

    加賀温泉駅から山中温泉までは路線バス。山中温泉バスターミナルまで約30分です。南町ゆげ街道を散策しながら、かがり吉祥亭まで徒歩約15分。

  • チコちゃんに叱られないでしょうか。

    チコちゃんに叱られないでしょうか。

  • 中はきもの店の店先には大きな草履。あしたの天気はどうでしょうか。

    中はきもの店の店先には大きな草履。あしたの天気はどうでしょうか。

  • 鶴仙渓眺望広場にはYA〇ANAKAのMが抜けたフォトスポットがあったので、人文字で完成させました。

    鶴仙渓眺望広場にはYA〇ANAKAのMが抜けたフォトスポットがあったので、人文字で完成させました。

  • かがり吉祥亭に到着。早速温泉に入って、夕食。

    かがり吉祥亭に到着。早速温泉に入って、夕食。

  • 夕食は鶴仙渓を望む絶景レストラン加賀鳶で、和食をいただきました。前菜、お造り、焼物、郷土料理は治部煮、天婦羅、ご飯、デザートのフルコースでした。明日は最終日、山中温泉散策、金沢に戻って武家屋敷、金箔貼り体験です。

    夕食は鶴仙渓を望む絶景レストラン加賀鳶で、和食をいただきました。前菜、お造り、焼物、郷土料理は治部煮、天婦羅、ご飯、デザートのフルコースでした。明日は最終日、山中温泉散策、金沢に戻って武家屋敷、金箔貼り体験です。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集