外国語が話せないため海外旅行はツアーとなります。今回はオランダ・ベルギー・ルクセンブルクへ行ってきました。<br />参加者は、50代~70代までの夫婦8組と一人旅の女性2名の18名で終始和やかな楽しい旅でした。<br />旅程は、<br />1日目 成田 → ヘルシンキ → アムステルダム<br />2日目 アムステルダム<br />3日目 アムステルダム → キューケンホフ → ハーグ<br />4日目 ハーグ → デルフト → キンデルダイク → アントワープ → ブリュッセル<br />5日目 ブリュッセル → ゲント → ブルージュ → ブリュッセル<br />6日目 ブリュッセル<br />7日目 ブリュッセル → デュルビュイ → ルクセンブルク<br />8日目 ルクセンブルク → ベルンカステルクース → フランクフルト → 成田へ <br />9日目 成田到着<br />これからツアー参加を検討されている方の参考になればと写真に残した一部を公開します

JALパック 旅行記 オランダ・ベルギー・ルクセンブルク 9日間 4日目 ハーグ→デルフト→キンデルダイク→アントワープ→ブリュッセル

3いいね!

2019/03/28 - 2019/04/05

108位(同エリア156件中)

0

101

おじさん?

おじさん?さん

外国語が話せないため海外旅行はツアーとなります。今回はオランダ・ベルギー・ルクセンブルクへ行ってきました。
参加者は、50代~70代までの夫婦8組と一人旅の女性2名の18名で終始和やかな楽しい旅でした。
旅程は、
1日目 成田 → ヘルシンキ → アムステルダム
2日目 アムステルダム
3日目 アムステルダム → キューケンホフ → ハーグ
4日目 ハーグ → デルフト → キンデルダイク → アントワープ → ブリュッセル
5日目 ブリュッセル → ゲント → ブルージュ → ブリュッセル
6日目 ブリュッセル
7日目 ブリュッセル → デュルビュイ → ルクセンブルク
8日目 ルクセンブルク → ベルンカステルクース → フランクフルト → 成田へ 
9日目 成田到着
これからツアー参加を検討されている方の参考になればと写真に残した一部を公開します

同行者
カップル・夫婦
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
JAL
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
ジャルパック

PR

  • 今日の予定は<br />午前:デルフト散策 → キンデルダイク風車群<br />午後:アントワープ市内観光 → ブリュッセル<br />その前に皆さん腹ごしらえ<br />朝食は、昨晩の食事会場と同じ<br />ホテル「クラウン・プラザ・デン・ハーグ・プロムナード」<br />1階にあるレストランのビュッフェで<br />

    今日の予定は
    午前:デルフト散策 → キンデルダイク風車群
    午後:アントワープ市内観光 → ブリュッセル
    その前に皆さん腹ごしらえ
    朝食は、昨晩の食事会場と同じ
    ホテル「クラウン・プラザ・デン・ハーグ・プロムナード」
    1階にあるレストランのビュッフェで

  • パン類

    パン類

  • ハムやチーズ類<br />

    ハムやチーズ類

  • ヨーグルト・ジャム・ハチミツなど

    ヨーグルト・ジャム・ハチミツなど

  • スクランブルエッグやゆで卵など

    スクランブルエッグやゆで卵など

  • ウインナーソーセージ・ベーコン、マッシュルーム・トマトノースープ・スクランブルエッグ

    ウインナーソーセージ・ベーコン、マッシュルーム・トマトノースープ・スクランブルエッグ

  • コーヒーや紅茶

    コーヒーや紅茶

  • シリアル類

    シリアル類

  • ジュース類

    ジュース類

  • チョイスした本日の朝食<br /><br />アムステルダムのホテル朝食会場と比較すると寂しーメニュー内容でした<br />

    チョイスした本日の朝食

    アムステルダムのホテル朝食会場と比較すると寂しーメニュー内容でした

  • デルフト散策<br />駐車場のあるハンプシャー ホテル デルフト センターからデルフト市庁舎へ向かいます。<br />歩き始めて直ぐに大きな跳ね橋がありました。

    デルフト散策
    駐車場のあるハンプシャー ホテル デルフト センターからデルフト市庁舎へ向かいます。
    歩き始めて直ぐに大きな跳ね橋がありました。

  • 跳ね橋から眺めた運河の様子

    跳ね橋から眺めた運河の様子

  • 通りの両側にはたくさんのお店がありましたが全て閉まっていました。<br />遠くに見える鐘楼を目指して歩きます。

    通りの両側にはたくさんのお店がありましたが全て閉まっていました。
    遠くに見える鐘楼を目指して歩きます。

  • 町の中心、マルクト広場に到着しました。

    町の中心、マルクト広場に到着しました。

  • 高さ108.75mある新教会の鐘楼です。

    高さ108.75mある新教会の鐘楼です。

  • マルクト広場で市庁舎をバックに新教会の鐘楼を見上げる皆さん<br />観光シーズンには早いため、私たち以外、誰もいませんでした。

    マルクト広場で市庁舎をバックに新教会の鐘楼を見上げる皆さん
    観光シーズンには早いため、私たち以外、誰もいませんでした。

  • 新教会前にあるグロチウスの像

    新教会前にあるグロチウスの像

  • 左側の建物は、フェルメールが暮らした家<br />奥の方に「フェルメールセンター」があります。

    左側の建物は、フェルメールが暮らした家
    奥の方に「フェルメールセンター」があります。

  • 入場しませんでしたが、フェルメールの博物館「フェルメールセンター」

    入場しませんでしたが、フェルメールの博物館「フェルメールセンター」

  • 肉屋のギルドハウス

    肉屋のギルドハウス

  • 旧教会、左に少し傾いています。

    旧教会、左に少し傾いています。

  • 町中にあった案内板

    町中にあった案内板

  • 市庁舎裏(左の建物)の通りから見た新教会

    市庁舎裏(左の建物)の通りから見た新教会

  • マルクト広場にあるお店の数々<br />どのお店も閉まっています<br />このあとバスに戻り、デルフト焼きの工房へ向かいます。

    マルクト広場にあるお店の数々
    どのお店も閉まっています
    このあとバスに戻り、デルフト焼きの工房へ向かいます。

  • バスから見た東門周辺

    バスから見た東門周辺

  • デルフト焼き工房の入り口側にあった案内板

    デルフト焼き工房の入り口側にあった案内板

  • 工房の入り口

    工房の入り口

  • 案内は日本人の方でした。<br />奥の壁にある額縁に入った工房のロゴマーク<br />焼き物の裏側を見た時にこのマークがある物は、手書きで絵付けされた商品の証だそうです。値段も高くなります。

    案内は日本人の方でした。
    奥の壁にある額縁に入った工房のロゴマーク
    焼き物の裏側を見た時にこのマークがある物は、手書きで絵付けされた商品の証だそうです。値段も高くなります。

  • 手書きで絵付けをしている様子

    手書きで絵付けをしている様子

  • 大きな焼き物の前で記念撮影<br />タイル状のパーツを組み合わせて作成されています。<br />

    大きな焼き物の前で記念撮影
    タイル状のパーツを組み合わせて作成されています。

  • フィルム方式の絵付け工程の説明がありました。<br />絵付けの時間が短縮され大量に制作できるためお手頃価格になるそうです。

    フィルム方式の絵付け工程の説明がありました。
    絵付けの時間が短縮され大量に制作できるためお手頃価格になるそうです。

  • この絵皿、どちらが手書きか判りますか

    この絵皿、どちらが手書きか判りますか

  • 裏側をのロゴマークを見ると判ります。

    裏側をのロゴマークを見ると判ります。

  • 続いて訪れたのは、キンデルダイクの風車群<br />新しく出来た切符売り場のようす

    続いて訪れたのは、キンデルダイクの風車群
    新しく出来た切符売り場のようす

  • キンデルダイクの敷地は意外と広く、一番奥の風車までは徒歩で30分近くかかってしまいます。途中の絶景スポットをめざし出発です。

    キンデルダイクの敷地は意外と広く、一番奥の風車までは徒歩で30分近くかかってしまいます。途中の絶景スポットをめざし出発です。

  • 途中魚釣りをしている人に遭遇

    途中魚釣りをしている人に遭遇

  • 絶景スポットと言われる場所まで到達<br />この日は、曇りで風が強く寒かったのですが、全員でこの景色を楽しむことが出来ました。

    絶景スポットと言われる場所まで到達
    この日は、曇りで風が強く寒かったのですが、全員でこの景色を楽しむことが出来ました。

  • この先にある風車は、中が見学できます。<br />運河に架かる橋を渡り風車を目指します。<br />橋を渡った先に料金所があり無料ではありません。<br />写真では風車の羽は、止まっているように見えますが実際は回転しています。

    この先にある風車は、中が見学できます。
    運河に架かる橋を渡り風車を目指します。
    橋を渡った先に料金所があり無料ではありません。
    写真では風車の羽は、止まっているように見えますが実際は回転しています。

  • 風車内部では、大きな歯車が大きな音を立て回転していました。<br />住居を兼ねた建物になっていましたが、こんな環境でよく生活できていたことに感心しました。<br /><br />

    風車内部では、大きな歯車が大きな音を立て回転していました。
    住居を兼ねた建物になっていましたが、こんな環境でよく生活できていたことに感心しました。

  • 歯車の側にある階段はすごく急です。<br />降りる時には、へっぴり腰になるような階段でした。

    歯車の側にある階段はすごく急です。
    降りる時には、へっぴり腰になるような階段でした。

  • ここの風車群は、世界遺産になっています。<br />見学したこの風車にも世界遺産のマークがありました。<br />

    ここの風車群は、世界遺産になっています。
    見学したこの風車にも世界遺産のマークがありました。

  • 運河に架かる橋は、跳ね橋になっています。<br />戻る際、ちょうど風車クルーズ船が通るためにはねあっがった状態になっていました。

    運河に架かる橋は、跳ね橋になっています。
    戻る際、ちょうど風車クルーズ船が通るためにはねあっがった状態になっていました。

  • 戻る途中で撮影した風車群<br />キンデルダイクに残る風車19基のうち12基を確認できます。

    戻る途中で撮影した風車群
    キンデルダイクに残る風車19基のうち12基を確認できます。

  • 13:30頃 昼食会場の「DUKE OF ANTWERP」に到着<br />ここはベルギーのアントワープです。<br />気づかないうちにオランダを出国しベルギーへ入国していました。<br />

    13:30頃 昼食会場の「DUKE OF ANTWERP」に到着
    ここはベルギーのアントワープです。
    気づかないうちにオランダを出国しベルギーへ入国していました。

  • 店内の壁には、写真がいっぱい飾られています。

    店内の壁には、写真がいっぱい飾られています。

  • お店奥にある横長のテーブル席での食事です。

    お店奥にある横長のテーブル席での食事です。

  • 野菜のスープ

    野菜のスープ

  • ビーフシチューサラダ添え

    ビーフシチューサラダ添え

  • フリッツ このフリッツは4人でシェアしていただきます。

    フリッツ このフリッツは4人でシェアしていただきます。

  • バニラアイスクリームチョコレートソース添え

    バニラアイスクリームチョコレートソース添え

  • 食事も終わり、アントワープ市内観光の始まりです。<br />レストランを出て直ぐ左に見えた「アントワープ中央駅」<br />ここからスヘルデ(シュヘルド)川までアントワープの目抜き通りを東から西へ歩きます。<br /><br />

    食事も終わり、アントワープ市内観光の始まりです。
    レストランを出て直ぐ左に見えた「アントワープ中央駅」
    ここからスヘルデ(シュヘルド)川までアントワープの目抜き通りを東から西へ歩きます。

  • アントワープ生まれの画家ダフィット・テニールスの像

    アントワープ生まれの画家ダフィット・テニールスの像

  • 目抜き通りから交差点を右手に観ると工事現場の先にオペラハウスがありました。

    目抜き通りから交差点を右手に観ると工事現場の先にオペラハウスがありました。

  • ルーベンスの弟子ヴァンダイクの像

    ルーベンスの弟子ヴァンダイクの像

  • 路地の奥にルーベンスのお墓がある聖ヤコブ教会があります。

    路地の奥にルーベンスのお墓がある聖ヤコブ教会があります。

  • ルーベンスの家<br />市立美術館として公開されています。

    ルーベンスの家
    市立美術館として公開されています。

  • ルーベンスの家の向かいにある近代的なガラス張りのチケットカウンターとミュージアムショップ

    ルーベンスの家の向かいにある近代的なガラス張りのチケットカウンターとミュージアムショップ

  • 建物入り口

    建物入り口

  • 17世紀そのままに残っている柱廊

    17世紀そのままに残っている柱廊

  • 入り口左側には、アトリエのファサード

    入り口左側には、アトリエのファサード

  • ルーベンスの家の最も美しい場所の1つである中庭

    ルーベンスの家の最も美しい場所の1つである中庭

  • 現地ガイドのSさんが色々と説明してくださいました。<br />その場では、うんうんと判ったような気分になりましたが、<br />ほとんど覚えていません。Sさんゴメンナサイ

    現地ガイドのSさんが色々と説明してくださいました。
    その場では、うんうんと判ったような気分になりましたが、
    ほとんど覚えていません。Sさんゴメンナサイ

  • ルーベンスの自画像

    ルーベンスの自画像

  • ヨーロッパ発の高層ビル:ヨーロッパで一番古い高層ビル

    ヨーロッパ発の高層ビル:ヨーロッパで一番古い高層ビル

  • ビルを通り過ぎた先にあるフルン広場に着きました。<br />中央にはルーベンス像<br />その先にはベルギーで一番大きなゴシック教会の「ノートルダム大聖堂」があります。

    ビルを通り過ぎた先にあるフルン広場に着きました。
    中央にはルーベンス像
    その先にはベルギーで一番大きなゴシック教会の「ノートルダム大聖堂」があります。

  • ルーベンス像の前で記念撮影の皆さん

    ルーベンス像の前で記念撮影の皆さん

  • ノートルダム大聖堂の内部<br />ゴシック造りになっています。

    ノートルダム大聖堂の内部
    ゴシック造りになっています。

  • フランダースの犬で少年ネロが観たかった<br />ルーベンスの祭壇画「キリスト昇架」<br />

    フランダースの犬で少年ネロが観たかった
    ルーベンスの祭壇画「キリスト昇架」

  • フランダースの犬で少年ネロが観たかった<br />ルーベンスの祭壇画「キリスト降架」

    フランダースの犬で少年ネロが観たかった
    ルーベンスの祭壇画「キリスト降架」

  • ノートルダム大聖堂入り口<br />鐘楼は、改修工事中です。

    ノートルダム大聖堂入り口
    鐘楼は、改修工事中です。

  • ノートルダム大聖堂前にある広場でちょっとだけ自由タイム<br />近くのお店でお買い物の人も

    ノートルダム大聖堂前にある広場でちょっとだけ自由タイム
    近くのお店でお買い物の人も

  • 市庁舎は改修工事中<br />マルクト広場ではマーケットが開催中

    市庁舎は改修工事中
    マルクト広場ではマーケットが開催中

  • マーケット開催中のためブラボーの噴水は、水が出ていません。<br />その先には、ギルドハウスがあります。

    マーケット開催中のためブラボーの噴水は、水が出ていません。
    その先には、ギルドハウスがあります。

  • アントワープの散策も終わりバスの駐車場へ向かいます。<br />遠くにステーン城が見えます。

    アントワープの散策も終わりバスの駐車場へ向かいます。
    遠くにステーン城が見えます。

  • バス駐車場の側を流れるスヘルデ(シュヘルド)川<br />大きな船が航行していました。<br />

    バス駐車場の側を流れるスヘルデ(シュヘルド)川
    大きな船が航行していました。

  • 4日目の観光が終わりブリュッセルのホテルへ到着しました。<br />今日から3連泊するNHコレクション・ブリュッセル・センターです。

    4日目の観光が終わりブリュッセルのホテルへ到着しました。
    今日から3連泊するNHコレクション・ブリュッセル・センターです。

  • コンダクターのWさんがいつものようにチェックインの手続きをしてくれます。

    コンダクターのWさんがいつものようにチェックインの手続きをしてくれます。

  • チェックインの間にポーターさんが荷物をバスから運び込み

    チェックインの間にポーターさんが荷物をバスから運び込み

  • 私たちの部屋の様子<br />

    私たちの部屋の様子

  • 夕食は、「ジャルパックこだわりディナー」お客様ごとのお席をご用意するプライベートディナーです。<br />レストランは、ホテルから歩いての行ける<br />「AUX ARMES DU BRUXELLES」です。<br />

    夕食は、「ジャルパックこだわりディナー」お客様ごとのお席をご用意するプライベートディナーです。
    レストランは、ホテルから歩いての行ける
    「AUX ARMES DU BRUXELLES」です。

  • 私たちの席は、窓側の席でした。

    私たちの席は、窓側の席でした。

  • 私たちの席から観た参加者の皆さんの席<br />プライベートディナーとはなっていますが、テーブルが分離されているだけで通常の食事風景と変わりません。

    私たちの席から観た参加者の皆さんの席
    プライベートディナーとはなっていますが、テーブルが分離されているだけで通常の食事風景と変わりません。

  • シェフおすすめの前菜は、コロッケです。あげたパセリが添えられています。

    シェフおすすめの前菜は、コロッケです。あげたパセリが添えられています。

  • メインは、鴨のオレンジ風味グラタン添えです。<br />大きな鴨肉が二切れ<br />鶏肉の苦手な私は、一口だけいただきました。<br />

    メインは、鴨のオレンジ風味グラタン添えです。
    大きな鴨肉が二切れ
    鶏肉の苦手な私は、一口だけいただきました。

  • クレームブリュレ<br />火をつけ表面を焦がします。<br />表面は暖かく中身はひんやりとした甘いデザートでした。

    クレームブリュレ
    火をつけ表面を焦がします。
    表面は暖かく中身はひんやりとした甘いデザートでした。

  • 最後は紅茶かコーヒーを選びます。<br />私はエスプレッソをお願いしました。

    最後は紅茶かコーヒーを選びます。
    私はエスプレッソをお願いしました。

  • 食事のあとは、歩いて直ぐの所にある夜のグランプラスへ<br />夜間の照明でライトアップされた市庁舎やギルドハウスなど美しい夜景を楽しむことが出来ました。

    食事のあとは、歩いて直ぐの所にある夜のグランプラスへ
    夜間の照明でライトアップされた市庁舎やギルドハウスなど美しい夜景を楽しむことが出来ました。

  • ライトアップされた市庁舎

    ライトアップされた市庁舎

  • ライトアップされたギルドハウス

    ライトアップされたギルドハウス

  • ライトアップされたブラバン公の館<br />この後、ホテルへ戻り明日に備えました。

    ライトアップされたブラバン公の館
    この後、ホテルへ戻り明日に備えました。

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

おじさん?さんの関連旅行記

おじさん?さんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 380円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集