湖東三山・多賀・東近江旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今回は東近江市にある太郎坊宮へ行ってきました。

蒲生野を一望 太郎坊宮

13いいね!

2018/12/09 - 2018/12/09

308位(同エリア522件中)

0

24

とある和菓子好き

とある和菓子好きさん

今回は東近江市にある太郎坊宮へ行ってきました。

PR

  • 太郎坊宮は赤神山という山にあります。国道421号線を近江八幡の友定町交差点から走っていくと見えてきます。三角形で,山頂付近の岩肌が見える山ですので分かりやすいと思います。これは太郎坊の社務所近くからの眺めですが…。

    太郎坊宮は赤神山という山にあります。国道421号線を近江八幡の友定町交差点から走っていくと見えてきます。三角形で,山頂付近の岩肌が見える山ですので分かりやすいと思います。これは太郎坊の社務所近くからの眺めですが…。

  • 太郎坊宮は麓から登ると800段手前の石段を上がる必要があります。山上にも駐車場があるので,そちらを利用するのがオススメです。麓からでも時間的にはかからないように思うのですが,なかなかの傾斜なので麓からだと相当足にきそうです。今回は山上の駐車場から行きましたが,本殿までの200段ほどでも結構な傾斜だなと思ったので,麓からだと想像するだけでも足がいい感じになりそうです。

    太郎坊宮は麓から登ると800段手前の石段を上がる必要があります。山上にも駐車場があるので,そちらを利用するのがオススメです。麓からでも時間的にはかからないように思うのですが,なかなかの傾斜なので麓からだと相当足にきそうです。今回は山上の駐車場から行きましたが,本殿までの200段ほどでも結構な傾斜だなと思ったので,麓からだと想像するだけでも足がいい感じになりそうです。

  • 山上の駐車場を入ったところです。本殿まで先ほど書いた通りですが,あと200段ほどあります。写真で見てもすごい傾斜です。社務所は,この鳥居のすぐ近くにあります。お手洗い等もそちらにあります。

    山上の駐車場を入ったところです。本殿まで先ほど書いた通りですが,あと200段ほどあります。写真で見てもすごい傾斜です。社務所は,この鳥居のすぐ近くにあります。お手洗い等もそちらにあります。

  • おそらく拝殿です。神楽を舞うための舞台も併設されているようです。

    おそらく拝殿です。神楽を舞うための舞台も併設されているようです。

  • 本殿前からの景色ですが,ここから下を見ると太郎坊宮の建物のほとんどが崖の中のわずかな隙間に建てられていることが良く分かります。ちなみにここから下を見下ろすと,THE崖!というような高所恐怖症の人は遠慮したくなる景色を見ることができます。

    本殿前からの景色ですが,ここから下を見ると太郎坊宮の建物のほとんどが崖の中のわずかな隙間に建てられていることが良く分かります。ちなみにここから下を見下ろすと,THE崖!というような高所恐怖症の人は遠慮したくなる景色を見ることができます。

  • 夫婦岩です。太郎坊宮といえば,本殿前のこの光景が有名です。

    夫婦岩です。太郎坊宮といえば,本殿前のこの光景が有名です。

  • 2つの岩の隙間を通ることで本殿にたどり着くことができます。邪な心をもつ人は岩と岩に挟まれてしまうらしいです。通り抜けられたので,邪な心ではないらしく一安心です。

    2つの岩の隙間を通ることで本殿にたどり着くことができます。邪な心をもつ人は岩と岩に挟まれてしまうらしいです。通り抜けられたので,邪な心ではないらしく一安心です。

  • 本殿です。本殿も他のお堂と同じくわずかな隙間に建っております。おまいりは一人ずつゆっくりとという感じに必然的になります。ちなみに本殿に行く前にこの写真の階段下に御幣がおかれており,自分自身で左右左に振ってお浄めしてからのおまいりです。御幣を振るの…意外に楽しいです。

    本殿です。本殿も他のお堂と同じくわずかな隙間に建っております。おまいりは一人ずつゆっくりとという感じに必然的になります。ちなみに本殿に行く前にこの写真の階段下に御幣がおかれており,自分自身で左右左に振ってお浄めしてからのおまいりです。御幣を振るの…意外に楽しいです。

  • また,本殿から社務所前に抜ける裏参道には七福神の石像が置かれています。それを探しながら,社務所・山上駐車場に戻るのもなかなか楽しいです。

    また,本殿から社務所前に抜ける裏参道には七福神の石像が置かれています。それを探しながら,社務所・山上駐車場に戻るのもなかなか楽しいです。

  • 社務所にはお抹茶等が頂ける喫茶コーナーがあります。ここにきれいな茶碗が並べられていました。聞くと,期間限定のようですがこの茶碗の中から好きなものを選んで普段とは違う気分でお抹茶を味わえる企画をしておられるとのことで興味をそそられたのでいただくことにしました。一人500円です。

    社務所にはお抹茶等が頂ける喫茶コーナーがあります。ここにきれいな茶碗が並べられていました。聞くと,期間限定のようですがこの茶碗の中から好きなものを選んで普段とは違う気分でお抹茶を味わえる企画をしておられるとのことで興味をそそられたのでいただくことにしました。一人500円です。

  • お麩のラスク2つもついてきます。

    お麩のラスク2つもついてきます。

  • 天目茶碗を選びました。茶碗の中に星がキラキラとしているような模様が見られます。高貴な人のみが使用を許された茶碗で,さらに高貴な人が使う茶碗ですので茶道の作法に関係なく自由に飲めるというまさにスペシャルな茶碗です。こんなすごいのでお抹茶をいただける機会なんてそうないです。ちなみに天目茶碗の中でもひときわ輝きが強いものに曜変天目といわれるものがありますが,日本に4つしかなく,内3つは国宝だそうです。すごい。

    天目茶碗を選びました。茶碗の中に星がキラキラとしているような模様が見られます。高貴な人のみが使用を許された茶碗で,さらに高貴な人が使う茶碗ですので茶道の作法に関係なく自由に飲めるというまさにスペシャルな茶碗です。こんなすごいのでお抹茶をいただける機会なんてそうないです。ちなみに天目茶碗の中でもひときわ輝きが強いものに曜変天目といわれるものがありますが,日本に4つしかなく,内3つは国宝だそうです。すごい。

  • こちらは黒織部といわれるお茶碗です。これも美しいですね~!

    こちらは黒織部といわれるお茶碗です。これも美しいですね~!

  • 他にも滋賀らしく信楽焼や…

    他にも滋賀らしく信楽焼や…

  • 瀬戸物もあれば…

    瀬戸物もあれば…

  • 京都の清水焼もあります!

    京都の清水焼もあります!

  • 茶碗にそれぞれ説明書きがあり,茶道の知識がほぼない自分でもへぇ~と思えることがたくさんありました。この伊羅保の茶碗もその一つです。手触りがちくちくした感じがあり,いらいら(注:ざらざらするの意)するからこの名になったというのには驚きました。

    茶碗にそれぞれ説明書きがあり,茶道の知識がほぼない自分でもへぇ~と思えることがたくさんありました。この伊羅保の茶碗もその一つです。手触りがちくちくした感じがあり,いらいら(注:ざらざらするの意)するからこの名になったというのには驚きました。

  • お抹茶をいただきながら,茶道の世界に触れられる貴重な機会になりました!

    お抹茶をいただきながら,茶道の世界に触れられる貴重な機会になりました!

  • 社務所の喫茶コーナーにいく手前には小さな大黒天様がおられます。

    社務所の喫茶コーナーにいく手前には小さな大黒天様がおられます。

  • 大黒天様の説明書きがおもしろすぎます!さっきのお抹茶といい何だかいいセンスをしておられる方がおられるのでしょう。

    大黒天様の説明書きがおもしろすぎます!さっきのお抹茶といい何だかいいセンスをしておられる方がおられるのでしょう。

  • また,社務所から一段降りた東屋のところには「太郎坊だんご」という名のみたらし団子屋さん(表紙写真に写っている屋台がそうです)がおられます。ここのだんごは,そんじょそこらのみたらし団子とはわけが違います。とんでもなくおいしいです!多分,日本屈指のみたらし団子です。3本300円で売っています。写真のものは,黒糖きなこ団子でこちらは3本400円ですが,とにかくおいしいです。<br />土日を中心に境内のこの東屋におられるようです。おられないときは麓の「ふる里食品」の工場に行けば,みたらし団子は注文できるとのことです。ただ百貨店の催事にもよく行かれているお店ですので,工場も留守。境内にも居ないときは,催事に行かれている可能性が高いです。

    また,社務所から一段降りた東屋のところには「太郎坊だんご」という名のみたらし団子屋さん(表紙写真に写っている屋台がそうです)がおられます。ここのだんごは,そんじょそこらのみたらし団子とはわけが違います。とんでもなくおいしいです!多分,日本屈指のみたらし団子です。3本300円で売っています。写真のものは,黒糖きなこ団子でこちらは3本400円ですが,とにかくおいしいです。
    土日を中心に境内のこの東屋におられるようです。おられないときは麓の「ふる里食品」の工場に行けば,みたらし団子は注文できるとのことです。ただ百貨店の催事にもよく行かれているお店ですので,工場も留守。境内にも居ないときは,催事に行かれている可能性が高いです。

  • 太郎坊宮麓にある成願寺です。元々,太郎坊宮はここの奥ノ院だったそうで神仏習合のお宮でした。今は分離しているようですが,関係の深いところです。この日はお寺の方が別用でおられず拝観できなかったのですが,本尊や太郎坊様のお像は秘仏の扱いで例年7月末あたりに一日拝観できる日があるようです。いつか見てみたい!

    太郎坊宮麓にある成願寺です。元々,太郎坊宮はここの奥ノ院だったそうで神仏習合のお宮でした。今は分離しているようですが,関係の深いところです。この日はお寺の方が別用でおられず拝観できなかったのですが,本尊や太郎坊様のお像は秘仏の扱いで例年7月末あたりに一日拝観できる日があるようです。いつか見てみたい!

  • 滋賀県では有名な神社ですが,神仏習合の名残を感じたり,茶道の世界にふれたり,おいしいお団子を食べることもでき…。

    滋賀県では有名な神社ですが,神仏習合の名残を感じたり,茶道の世界にふれたり,おいしいお団子を食べることもでき…。

  • なかなか素敵な神社でした。また訪ねようと思います。<br />ちなみに,かぁくろうというゆるキャラもかわいかったです。

    なかなか素敵な神社でした。また訪ねようと思います。
    ちなみに,かぁくろうというゆるキャラもかわいかったです。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

湖東三山・多賀・東近江の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集