広州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
長年、行ってみたいと思っていた桂林へ行ってきました。<br />スケジュールは、こんな感じです。<br /><br />9月17日 広州着、広州泊<br />9月18日 午前中広州観光、広州から桂林へ新幹線移動、桂林泊<br />9月19日 桂林の川下り観光<br />9月20日 龍勝の棚田観光<br />9月21日 桂林から香港へ移動 香港泊<br />9月22日 香港から日本<br /><br />その1では9月17日と18日の様子をお届けします。

中国新幹線を使った桂林旅行・ちょっぴり広州と香港の旅、その1

8いいね!

2018/09/17 - 2018/09/22

460位(同エリア1271件中)

0

37

だいちゃんさん

長年、行ってみたいと思っていた桂林へ行ってきました。
スケジュールは、こんな感じです。

9月17日 広州着、広州泊
9月18日 午前中広州観光、広州から桂林へ新幹線移動、桂林泊
9月19日 桂林の川下り観光
9月20日 龍勝の棚田観光
9月21日 桂林から香港へ移動 香港泊
9月22日 香港から日本

その1では9月17日と18日の様子をお届けします。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
3.5
グルメ
4.0
交通
3.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 広州の空港に到着。入国審査から税関終了まで約1時間かかりました。

    広州の空港に到着。入国審査から税関終了まで約1時間かかりました。

    広州白雲国際空港 (CAN) 空港

    入国審査・税関終了まで約1時間かかりました by だいちゃんさん
  • 今夜の宿泊先はガーデンホテル。確か空港バスで一本で行けるはずなのでバス乗り場へ。<br />ガーデンホテルへのバスは午後7時以降しかないとのこと。広州駅までバスで行き、そこからタクシーにしたらと言われたのでその通りにすることにしました。<br />空港バスは一人22元。購入時にはパスポートの提示が必要で、乗車前にセキュリティ検査を受けます。

    今夜の宿泊先はガーデンホテル。確か空港バスで一本で行けるはずなのでバス乗り場へ。
    ガーデンホテルへのバスは午後7時以降しかないとのこと。広州駅までバスで行き、そこからタクシーにしたらと言われたのでその通りにすることにしました。
    空港バスは一人22元。購入時にはパスポートの提示が必要で、乗車前にセキュリティ検査を受けます。

  • 広州駅につきました。と言っても、バスは広州駅から徒歩3分くらいのところに止まりました。駅目の前に停車ではないのでわかりづらいです。

    広州駅につきました。と言っても、バスは広州駅から徒歩3分くらいのところに止まりました。駅目の前に停車ではないのでわかりづらいです。

    広州駅

  • タクシー乗り場に行くまでに白タクの客引き攻撃にあいました。<br />最初、声をかけられたときにタクシーの運転手かと思いガーデンホテルに行くと言ったら「150元で行くよ」と言われました。いくらなんでも高すぎなので<br />全ての客引きを無視してようやくタクシー乗り場へ到着。<br />正規のタクシーに乗れました。広州駅からガーデンホテルまでは<br />メーターで16元!<br />白タクに引っかからなくてよかった!

    タクシー乗り場に行くまでに白タクの客引き攻撃にあいました。
    最初、声をかけられたときにタクシーの運転手かと思いガーデンホテルに行くと言ったら「150元で行くよ」と言われました。いくらなんでも高すぎなので
    全ての客引きを無視してようやくタクシー乗り場へ到着。
    正規のタクシーに乗れました。広州駅からガーデンホテルまでは
    メーターで16元!
    白タクに引っかからなくてよかった!

  • ガーデンホテル到着です。<br /><br />チェックイン時に宿泊者全員分のパスポートを提示が必要です。<br />そのうえ、顔写真も撮られました。

    ガーデンホテル到着です。

    チェックイン時に宿泊者全員分のパスポートを提示が必要です。
    そのうえ、顔写真も撮られました。

    ガーデン ホテル ホテル

    ソフト面に難あり by だいちゃんさん
  • ロビーは天井も高いし、芸術的な美しさで感動でした。

    ロビーは天井も高いし、芸術的な美しさで感動でした。

  • こちらが部屋の内部です。

    こちらが部屋の内部です。

  • バスルームも部屋の一部で開放的。

    バスルームも部屋の一部で開放的。

  • 部屋からの眺めです。

    部屋からの眺めです。

  • 荷物をおろして早速、夕食へ。<br />周辺のレストラン情報を調べていなかったのでコンシェルジュに相談。<br />最初に聞いた男性のコンシェルジュは「左のほうに行けば食べるところは沢山あるよ」と面倒くさそうな受け答え。<br />納得いかないのでしばらく時間をおいてから、他のコンシェルジュに尋ねると<br />「この辺りは気の利いたレストランはないから、ホテルのレストランが良いかも。」と言われたのでホテルの2階にある広東料理レストランへ。<br />ちなみにコンシェルジュの人達はあまり英語が達者ではなかったです。

    荷物をおろして早速、夕食へ。
    周辺のレストラン情報を調べていなかったのでコンシェルジュに相談。
    最初に聞いた男性のコンシェルジュは「左のほうに行けば食べるところは沢山あるよ」と面倒くさそうな受け答え。
    納得いかないのでしばらく時間をおいてから、他のコンシェルジュに尋ねると
    「この辺りは気の利いたレストランはないから、ホテルのレストランが良いかも。」と言われたのでホテルの2階にある広東料理レストランへ。
    ちなみにコンシェルジュの人達はあまり英語が達者ではなかったです。

  • ホテルのレストランはあまりお客さんはおらず静かでした。<br /><br />お皿やコップが可愛い。

    ホテルのレストランはあまりお客さんはおらず静かでした。

    お皿やコップが可愛い。

  • オーダーしたものはバーベキューポーク、牛肉麺、茹で野菜、キノコ類の入った腸粉。<br /><br />写真はバーベキューポーク。<br />ハチミツベースのソースに一晩つけてから焼いているとのこと。相当甘いですが、とげのない甘さ。そして豚肉の脂がじわぁ~っと口の中に広がり、まさに至福の時。豚肉のいやな匂いもしないし、くどさもなく、これは当たりです。<br />このためにまた広州に行きたいと思ったくらい美味しかったです。

    オーダーしたものはバーベキューポーク、牛肉麺、茹で野菜、キノコ類の入った腸粉。

    写真はバーベキューポーク。
    ハチミツベースのソースに一晩つけてから焼いているとのこと。相当甘いですが、とげのない甘さ。そして豚肉の脂がじわぁ~っと口の中に広がり、まさに至福の時。豚肉のいやな匂いもしないし、くどさもなく、これは当たりです。
    このためにまた広州に行きたいと思ったくらい美味しかったです。

  • キノコ類の入った腸粉も美味でした。<br /><br />野菜は種類、茹でる、炒めるなどの調理方法が選べました。

    キノコ類の入った腸粉も美味でした。

    野菜は種類、茹でる、炒めるなどの調理方法が選べました。

  • その後、ホテル周辺のお店をブラブラと散策。

    その後、ホテル周辺のお店をブラブラと散策。

  • 翌朝の朝食。<br />朝食込みプランにしました。<br /><br />中華、洋食、日本食、中東系等種類豊富です。

    翌朝の朝食。
    朝食込みプランにしました。

    中華、洋食、日本食、中東系等種類豊富です。

  • 食後、レストランから見えた中庭をお散歩。

    食後、レストランから見えた中庭をお散歩。

  • 広州発桂林行きの新幹線は午後2時58分発。<br /><br />午前中一カ所だけ観光出来るので、陳氏書院へ。<br />

    広州発桂林行きの新幹線は午後2時58分発。

    午前中一カ所だけ観光出来るので、陳氏書院へ。

    陳氏書院 (陳家祠) 博物館・美術館・ギャラリー

    屋根の細かい装飾は必見 by だいちゃんさん
  • 広州の地下鉄はまず乗る際にセキュリティ検査を受けます。<br /><br />これは構内です。人が多いうえにかなりの多くの人がスマホを見ながら<br />ダラダラと歩くのでイライラしました。

    広州の地下鉄はまず乗る際にセキュリティ検査を受けます。

    これは構内です。人が多いうえにかなりの多くの人がスマホを見ながら
    ダラダラと歩くのでイライラしました。

  • 陳氏書院は広州観光の目玉と言ってもいいでしょう。<br />入場料は一人10元。<br />ここでもパスポートの提示が必要で、入る前にセキュリティ検査を受けます。<br />中国旅行ではパスポートの持ち歩き必須ですね。

    陳氏書院は広州観光の目玉と言ってもいいでしょう。
    入場料は一人10元。
    ここでもパスポートの提示が必要で、入る前にセキュリティ検査を受けます。
    中国旅行ではパスポートの持ち歩き必須ですね。

  • 以前にも来たことがあり、この屋根の細工に圧倒され<br />また来たいと思っていたんです。

    以前にも来たことがあり、この屋根の細工に圧倒され
    また来たいと思っていたんです。

  • 陳氏書院は訪れる価値ありです。

    陳氏書院は訪れる価値ありです。

  • そして新幹線に乗るために広州南駅へ。まだ切符も受け取っていないので出発2時間前には到着したかったのに到着は約1時間10分前。<br />ホテルからはタクシーで約1時間、高速代込みで150元でした。<br />運転手さんには午後2時30分発の電車に乗ると少し早めに伝えたら、車線無視、割り込みもバリバリして飛ばしてくれました。少し怖かったけど間に合いました。

    そして新幹線に乗るために広州南駅へ。まだ切符も受け取っていないので出発2時間前には到着したかったのに到着は約1時間10分前。
    ホテルからはタクシーで約1時間、高速代込みで150元でした。
    運転手さんには午後2時30分発の電車に乗ると少し早めに伝えたら、車線無視、割り込みもバリバリして飛ばしてくれました。少し怖かったけど間に合いました。

  • 出発ロビー3階、到着ロビー1階。<br />タクシーの運転手さんはもちろん、3階につけてくれました。でも切符を受け取る必要があるので、切符売り場はどこだぁ?とウロウロしたら切符売り場はなんと1階!<br />バタバタと1階に移動し、切符売り場に来たらこの混雑ぶりです。<br />窓口は沢山ありますが、「取票」窓口の列が短いので訳もわからず並んでみました。並んでいる途中で不安になり、後ろにいた若者に「取票って何?」と<br />筆談で質問。彼がスマホの翻訳機能で教えてくれたのが、「Collect Ticket」。おぉ~この列でいいんだぁとホッとしました。<br />ここで広州→桂林と帰りの桂林→深センの切符も受け取りました。手数料はゼロでした。

    出発ロビー3階、到着ロビー1階。
    タクシーの運転手さんはもちろん、3階につけてくれました。でも切符を受け取る必要があるので、切符売り場はどこだぁ?とウロウロしたら切符売り場はなんと1階!
    バタバタと1階に移動し、切符売り場に来たらこの混雑ぶりです。
    窓口は沢山ありますが、「取票」窓口の列が短いので訳もわからず並んでみました。並んでいる途中で不安になり、後ろにいた若者に「取票って何?」と
    筆談で質問。彼がスマホの翻訳機能で教えてくれたのが、「Collect Ticket」。おぉ~この列でいいんだぁとホッとしました。
    ここで広州→桂林と帰りの桂林→深センの切符も受け取りました。手数料はゼロでした。

  • 切符を受け取ったら、3階へ引き返します。<br />移動手段はなぜかエスカレーターがなく、エレベーターしかありません。<br /><br />3階に着いて、ホームに入るにはまず身分証明書の確認を受けます。<br />中国の身分証明書を持っている人は機械化されたゲートが利用できますが、<br />私達のように中国の身分証明書を持っていない人は「人工」とかかれた有人ゲートで<br />チェックを受けます。

    切符を受け取ったら、3階へ引き返します。
    移動手段はなぜかエスカレーターがなく、エレベーターしかありません。

    3階に着いて、ホームに入るにはまず身分証明書の確認を受けます。
    中国の身分証明書を持っている人は機械化されたゲートが利用できますが、
    私達のように中国の身分証明書を持っていない人は「人工」とかかれた有人ゲートで
    チェックを受けます。

  • その後セキュリティ検査を受けたら終了です。

    その後セキュリティ検査を受けたら終了です。

  • 広州南駅の内部。空港並みに巨大です。<br />タクシーの中から見えた外観も電車の駅の概念を超えたもので<br />日本の常識は通用しないなぁと思いました。

    広州南駅の内部。空港並みに巨大です。
    タクシーの中から見えた外観も電車の駅の概念を超えたもので
    日本の常識は通用しないなぁと思いました。

  • すべての手続きが終わったのが午後2時30分頃。<br />やっと少し余裕が出来て、車内で食べる物を購入。<br />コンビニやファーストフード店があります。<br />私達はサンドイッチ、手巻き寿司などを購入。<br /><br />ちなみに改札は18分前にならないと開きません。<br />私達は一等車を利用しました。長い新幹線なのに改札は2カ所だけです。<br />A19、B19 のように電光掲示板には記載されていました。<br />A19は一等車と一部2等、B19は2等車のような感じです。<br />それぞれの入り口に1~9号車等表示がありました。<br />改札が開くと一斉に人が移動するので大騒ぎでした。

    すべての手続きが終わったのが午後2時30分頃。
    やっと少し余裕が出来て、車内で食べる物を購入。
    コンビニやファーストフード店があります。
    私達はサンドイッチ、手巻き寿司などを購入。

    ちなみに改札は18分前にならないと開きません。
    私達は一等車を利用しました。長い新幹線なのに改札は2カ所だけです。
    A19、B19 のように電光掲示板には記載されていました。
    A19は一等車と一部2等、B19は2等車のような感じです。
    それぞれの入り口に1~9号車等表示がありました。
    改札が開くと一斉に人が移動するので大騒ぎでした。

  • 午後2時58分に定刻通り出発。<br /><br />車内ではおやつセットが無料で配られました。<br /><br />生姜味のグミ、ミニパイナップルケーキ等。<br />

    午後2時58分に定刻通り出発。

    車内ではおやつセットが無料で配られました。

    生姜味のグミ、ミニパイナップルケーキ等。

  • 車窓からの眺めです。<br /><br />車内はWifiはありませんでした。

    車窓からの眺めです。

    車内はWifiはありませんでした。

  • 賀州と言う街を過ぎたあたりから<br />奇岩の山が増えてきました。<br />遠くに見える景色はまさに万重の山です。

    賀州と言う街を過ぎたあたりから
    奇岩の山が増えてきました。
    遠くに見える景色はまさに万重の山です。

  • 桂林北駅に午後5時25分に到着。<br />うんざりするほどの白タクの客引き攻撃を<br />なんとかかわして<br />土砂降りの雨のなかタクシー乗り場からタクシーに乗ります。<br /><br />ホテルへは約45分かかりました。50元くらいでした。

    桂林北駅に午後5時25分に到着。
    うんざりするほどの白タクの客引き攻撃を
    なんとかかわして
    土砂降りの雨のなかタクシー乗り場からタクシーに乗ります。

    ホテルへは約45分かかりました。50元くらいでした。

  • ホテルに到着してすぐに夕食へ。ホテルの人におすすめレストランを聞いたら<br />小南国と言うレストランを紹介してくれました。<br /><br />ホテルでは手描き周辺マップ、桂林の地図をチェックイン時に<br />渡してくれたし、おすすめレストランも聞いたらすぐに教えてくれて<br />広州のガーデンホテルよりもよっぽど頼りになりました。

    ホテルに到着してすぐに夕食へ。ホテルの人におすすめレストランを聞いたら
    小南国と言うレストランを紹介してくれました。

    ホテルでは手描き周辺マップ、桂林の地図をチェックイン時に
    渡してくれたし、おすすめレストランも聞いたらすぐに教えてくれて
    広州のガーデンホテルよりもよっぽど頼りになりました。

  • 小南国は地元の人が集まるレストラン。<br />メニューは写真付きで主な材料や味(塩味、酸味が効いている等)について<br />英語で説明がありました。<br /><br />ここでの食事も美味しかったです。<br /><br />川エビの揚げ物

    小南国は地元の人が集まるレストラン。
    メニューは写真付きで主な材料や味(塩味、酸味が効いている等)について
    英語で説明がありました。

    ここでの食事も美味しかったです。

    川エビの揚げ物

  • インゲンの炒め物

    インゲンの炒め物

  • ネギのパンケーキ

    ネギのパンケーキ

  • そして、バーベキューポーク。<br />最初は他のものをオーダーしたのですが、「没有(ありません)」が2回くらい続いて昨日と同じだけど、バーベキューポークをオーダーしました。<br />今日のは日本の豚の角煮に近い味でした。<br /><br />広州のレストランでもオーダーしたものが品切れですと言われたので<br />いくつか候補を考えておくといいかもしれませんね。

    そして、バーベキューポーク。
    最初は他のものをオーダーしたのですが、「没有(ありません)」が2回くらい続いて昨日と同じだけど、バーベキューポークをオーダーしました。
    今日のは日本の豚の角煮に近い味でした。

    広州のレストランでもオーダーしたものが品切れですと言われたので
    いくつか候補を考えておくといいかもしれませんね。

  • 食事後はホテルへ戻ります。ホテルはジョリー・ビュー・ブティックホテル。<br />部屋の雰囲気もいいし、おすすめです。<br /><br />10時30分頃に就寝。<br />ですが、寝入った瞬間に部屋の電話が「リリーン!リリーン!」。<br />「一体、な、な、なに?」と寝ぼけながら、電話にでると<br />「明日のガイドです。明日の朝は7時45分にホテルの前の道を渡ったところで<br />待っててください。」とのこと。<br />10時35分に電話?!もっと早く電話できないのかなぁと<br />思いながら再びベッドへ。<br />川下りは明日です。

    食事後はホテルへ戻ります。ホテルはジョリー・ビュー・ブティックホテル。
    部屋の雰囲気もいいし、おすすめです。

    10時30分頃に就寝。
    ですが、寝入った瞬間に部屋の電話が「リリーン!リリーン!」。
    「一体、な、な、なに?」と寝ぼけながら、電話にでると
    「明日のガイドです。明日の朝は7時45分にホテルの前の道を渡ったところで
    待っててください。」とのこと。
    10時35分に電話?!もっと早く電話できないのかなぁと
    思いながら再びベッドへ。
    川下りは明日です。

    ジョリー ビュー ブティック ホテル グイリン ホテル

    洒落た造りのホテル、サービスも良かった by だいちゃんさん
8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 299円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集