リガ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
リガ滞在2日目、<br />午前、リガ市内を散策した後、午後は、トゥライダ城まで日帰りします。<br /> 

老人一人旅:東欧北部7カ国 10/32日 リガ(2)

4いいね!

2018/06/02 - 2018/06/02

574位(同エリア758件中)

0

40

放浪老人さん

リガ滞在2日目、
午前、リガ市内を散策した後、午後は、トゥライダ城まで日帰りします。
 

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
一人旅
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 8:26 朝食(Ibis Riga Centre)

    8:26 朝食(Ibis Riga Centre)

  • 9:16 ホテル発;

    9:16 ホテル発;

  • ヴェールマネ庭園の北の角、トルニスカフェ:

    ヴェールマネ庭園の北の角、トルニスカフェ:

  • 9:31 エリザベテス通りを北へKrišjāņa Valdemāra通り:<br /> この先のエリザベテス通りとアルベルタ通りには、20世紀初頭のユーゲントシュティール(独語)=アールヌーヴォー(仏語)建築が集まっています。

    9:31 エリザベテス通りを北へKrišjāņa Valdemāra通り:
     この先のエリザベテス通りとアルベルタ通りには、20世紀初頭のユーゲントシュティール(独語)=アールヌーヴォー(仏語)建築が集まっています。

  • エリザベテス通り10b番地:ヘルシンキ・サンクトペテルブルグ・タリンと、ギリシャ様式のオーダーの新古典様式建物ばかり見てきた目には極めて新鮮に映ります。

    エリザベテス通り10b番地:ヘルシンキ・サンクトペテルブルグ・タリンと、ギリシャ様式のオーダーの新古典様式建物ばかり見てきた目には極めて新鮮に映ります。

  • アルベルタ通り:次々とバスやワゴンがやってきて、グループがユーゲントシュティール建築を見学していきます;街の中心部の教会が開く前の時間にここにツアー客が集まっているように思います。

    アルベルタ通り:次々とバスやワゴンがやってきて、グループがユーゲントシュティール建築を見学していきます;街の中心部の教会が開く前の時間にここにツアー客が集まっているように思います。

  • アルベルタ通り8番地:

    アルベルタ通り8番地:

  • アルベルタ通り4番地:

    アルベルタ通り4番地:

  • ストレールニエク通り:左端はアルベルタ通り13番地。

    ストレールニエク通り:左端はアルベルタ通り13番地。

  • 9:56 エリザベテス通り33番地:

    9:56 エリザベテス通り33番地:

  • 10:14 自由記念碑:

    10:14 自由記念碑:

  • 10:17 市の北東側の運河=近世のラトビア城郭の堀にある遊覧クルーズ乗り場;

    10:17 市の北東側の運河=近世のラトビア城郭の堀にある遊覧クルーズ乗り場;

  • 10:18 Basteji丘(要塞の丘):リガ市街を守るために作られた稜堡跡;

    10:18 Basteji丘(要塞の丘):リガ市街を守るために作られた稜堡跡;

  • Basteji丘から運河:

    Basteji丘から運河:

  • 17世紀に立て直された火薬塔(=弾薬庫);

    17世紀に立て直された火薬塔(=弾薬庫);

  • 10:26 トゥァルニャ通り=修復された中世の城壁の外を通ります;

    10:26 トゥァルニャ通り=修復された中世の城壁の外を通ります;

  • 10:34 Pils広場を抜けて、リガ城の北を通って ダウガバ川岸まで;

    10:34 Pils広場を抜けて、リガ城の北を通って ダウガバ川岸まで;

  • 10:38 ダウガバ川側からリガ城:ドイツ騎士団から歴代の支配者の居城でしたが、中世の城壁=ハンザ都市リガの城壁の外にあります;リガ市民の力の強さを示しています。

    10:38 ダウガバ川側からリガ城:ドイツ騎士団から歴代の支配者の居城でしたが、中世の城壁=ハンザ都市リガの城壁の外にあります;リガ市民の力の強さを示しています。

  • リガ城の南に並ぶ、聖母受難教会と英国国教会;どちらも旧市街の外です。

    リガ城の南に並ぶ、聖母受難教会と英国国教会;どちらも旧市街の外です。

  • Miesnieku通りから旧市街に戻ります;

    Miesnieku通りから旧市街に戻ります;

  • 10:45 大聖堂:この日は土曜日なのに午前中閉館していました(?)

    10:45 大聖堂:この日は土曜日なのに午前中閉館していました(?)

  • 11:00 聖ヨハネ教会の北側の小道を入ると、旧城壁と通路があります。

    11:00 聖ヨハネ教会の北側の小道を入ると、旧城壁と通路があります。

  • 通路を抜けるとヤーニスの中庭;反対側にも城壁と通路。

    通路を抜けるとヤーニスの中庭;反対側にも城壁と通路。

  • 11:07 聖ヨハネ教会:奥が主祭壇:前方ボールドは筒状に近い交差の変わった形状です;外から見ると建物の継ぎ目があります。

    11:07 聖ヨハネ教会:奥が主祭壇:前方ボールドは筒状に近い交差の変わった形状です;外から見ると建物の継ぎ目があります。

  • 11:09 後方は、前方より交差に近い形状で、飾りと補強を兼ねたようなリブー照明を吊るためかーが付いています。

    11:09 後方は、前方より交差に近い形状で、飾りと補強を兼ねたようなリブー照明を吊るためかーが付いています。

  • 11:10 聖ヨハネ教会の側面

    11:10 聖ヨハネ教会の側面

  • 19世紀に見つかった、16世紀の再建時の人柱を記念した十字架。

    19世紀に見つかった、16世紀の再建時の人柱を記念した十字架。

  • 11:10 聖ペテロ教会の主祭壇の裏側:バットレスで補強したゴシック。

    11:10 聖ペテロ教会の主祭壇の裏側:バットレスで補強したゴシック。

  • 11:13 聖ペテロ教会の正面に回ります;この面の装飾はゴシックとは違っています。

    11:13 聖ペテロ教会の正面に回ります;この面の装飾はゴシックとは違っています。

  • 11:18 まず、塔に登ります;2階までは階段で;

    11:18 まず、塔に登ります;2階までは階段で;

  • 11:19 残りはエレベーターがあります。

    11:19 残りはエレベーターがあります。

  • 11:23 南方向:市場とバスターミナル;相変わらず山が見えません。

    11:23 南方向:市場とバスターミナル;相変わらず山が見えません。

  • 11:24 西方向の市庁舎広場;手前の三角屋根はブラックヘッドハウス;ハンザ様式を守っています。

    11:24 西方向の市庁舎広場;手前の三角屋根はブラックヘッドハウス;ハンザ様式を守っています。

  • 11:24 北西方向:左から、大聖堂、リガ城、聖ヤコブ教会、旧ヤコブ兵舎が見えています;遠方はリガ湾。

    11:24 北西方向:左から、大聖堂、リガ城、聖ヤコブ教会、旧ヤコブ兵舎が見えています;遠方はリガ湾。

  • 11:26 北方向:左から、聖ヤコブ教会、旧ヤコブ兵舎、火薬塔。

    11:26 北方向:左から、聖ヤコブ教会、旧ヤコブ兵舎、火薬塔。

  • 東方向:中央に自由記念碑が見えます;記念塔の奥にロシア正教会が見えます;他のバルト都市と違い、旧市街内には正教会はありません;旧ハンザ都市リガ市民の力が強かった結果でしょうか。

    東方向:中央に自由記念碑が見えます;記念塔の奥にロシア正教会が見えます;他のバルト都市と違い、旧市街内には正教会はありません;旧ハンザ都市リガ市民の力が強かった結果でしょうか。

  • 聖ヨハネ教会;オリジナルのハンザ型のゴシック様式です。

    聖ヨハネ教会;オリジナルのハンザ型のゴシック様式です。

  • 第二次大戦後の塔の再建;

    第二次大戦後の塔の再建;

  • 11:51 聖ペテロ教会主祭壇;ここはリブ・ボールドです。

    11:51 聖ペテロ教会主祭壇;ここはリブ・ボールドです。

  • 11:54 聖ペテロ教会;ファザードは、地味ですが両脇の渦巻装飾などルネッサンス以降の様式が使われています。<br /> 次は、市内見学を中断して、スィグルダ城へ向かいます。

    11:54 聖ペテロ教会;ファザードは、地味ですが両脇の渦巻装飾などルネッサンス以降の様式が使われています。
     次は、市内見学を中断して、スィグルダ城へ向かいます。

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラトビアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラトビア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラトビアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集