その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
去る6月25日(月)~7月2日(月)の6泊8日の日程でスリランカ民主社会主義共和国に赴いたのである。<br />旅行記のタイトルには「ひとり旅」と記してあるが、現地にはスリランカ人の友人がおり、スリランカ滞在中は彼が常に同行してくれたので、全然ひとり旅ではないのであった。<br />そのスリランカ人の友人とは、今から30年くらい前に、ひょんなことから知り合いになったのである。<br />現在でも電話や手紙、Eメール等を介しての親交があり、「アナタ~(秘書課長のこと)、スリランカ~イツクルノ~、ハヤクキテネ~」と、何年も言われ続けてきたのである。ということで、今回は漸くにして重い腰を上げ、スリランカ行きを決意する秘書課長なのであった。<br /><br />【1日目】成田空港~バンダラナイケ空港~モラトゥワ<br /><br />【2日目】ピンナラワ~キャンディ~ダンブッラ<br /><br />【3日目】シーギリヤ~ダンブッラ~マヒヤンガナ<br /><br />【4日目】バドゥッラ~エッラ~モラトゥワ<br /><br />【5日目】コロンボ~ケラニヤ~モラトゥワ<br /><br />【6日目】ゴール~ウナワトゥナ~モラトゥワ<br /><br />【7~8日目】モラトゥワ~バンダラナイケ空港~成田空港<br />

スリランカ航空ビジネスクラスで行く スリランカ6泊8日のひとり旅 7~8日目

170いいね!

2018/06/25 - 2018/07/02

3位(同エリア262件中)

7

55

去る6月25日(月)~7月2日(月)の6泊8日の日程でスリランカ民主社会主義共和国に赴いたのである。
旅行記のタイトルには「ひとり旅」と記してあるが、現地にはスリランカ人の友人がおり、スリランカ滞在中は彼が常に同行してくれたので、全然ひとり旅ではないのであった。
そのスリランカ人の友人とは、今から30年くらい前に、ひょんなことから知り合いになったのである。
現在でも電話や手紙、Eメール等を介しての親交があり、「アナタ~(秘書課長のこと)、スリランカ~イツクルノ~、ハヤクキテネ~」と、何年も言われ続けてきたのである。ということで、今回は漸くにして重い腰を上げ、スリランカ行きを決意する秘書課長なのであった。

【1日目】成田空港~バンダラナイケ空港~モラトゥワ

【2日目】ピンナラワ~キャンディ~ダンブッラ

【3日目】シーギリヤ~ダンブッラ~マヒヤンガナ

【4日目】バドゥッラ~エッラ~モラトゥワ

【5日目】コロンボ~ケラニヤ~モラトゥワ

【6日目】ゴール~ウナワトゥナ~モラトゥワ

【7~8日目】モラトゥワ~バンダラナイケ空港~成田空港

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
レンタカー 徒歩 飛行機
航空会社
スリランカ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 7/1(日)<br />6時半過ぎに列車の音で目覚める。

    7/1(日)
    6時半過ぎに列車の音で目覚める。

  • 7時前に毎朝の恒例行事、ホテルのオヤジが激甘ミルクティーを持ってくる。

    7時前に毎朝の恒例行事、ホテルのオヤジが激甘ミルクティーを持ってくる。

  • ホテルをチェックアウト後、マブダチのソメンドが運転するスリーウィーラーでソメンドの自宅に向う。

    ホテルをチェックアウト後、マブダチのソメンドが運転するスリーウィーラーでソメンドの自宅に向う。

  • スリランカを走る多くのバスは、インドのTATA社製である。

    スリランカを走る多くのバスは、インドのTATA社製である。

  • ソメンドの自宅屋上からの眺め。

    ソメンドの自宅屋上からの眺め。

  • ソメンド飼い猫、名前はスドゥという。その意味は「白」とのこと。長いフサフサした尻尾が自慢だそうである。

    ソメンド飼い猫、名前はスドゥという。その意味は「白」とのこと。長いフサフサした尻尾が自慢だそうである。

  • ソメンドの自宅で朝食を頂戴する。インディ・アーッパ・ポルサンボーラ(スリランカ式ココナッツのふりかけ)・豆のカレー。スリランカの飯は美味い!

    ソメンドの自宅で朝食を頂戴する。インディ・アーッパ・ポルサンボーラ(スリランカ式ココナッツのふりかけ)・豆のカレー。スリランカの飯は美味い!

  • インディ・アーッパの作り方を見せてもらう。

    インディ・アーッパの作り方を見せてもらう。

  • ソメンドの自宅にはリスもいる。

    ソメンドの自宅にはリスもいる。

  • 23年前のソメンドの結婚式の写真を見せてもらう。ソメンド、なかなかにイイ男だのぉ~~。

    23年前のソメンドの結婚式の写真を見せてもらう。ソメンド、なかなかにイイ男だのぉ~~。

  • 朝食後にソメンドが、「親戚のペンキ屋に会ってくれ」ということで会いに行ったのである。ペンキ屋のオヤジは日本製の機械を指さし、「これで調合すればどんな色もできるんだぜー」と。

    朝食後にソメンドが、「親戚のペンキ屋に会ってくれ」ということで会いに行ったのである。ペンキ屋のオヤジは日本製の機械を指さし、「これで調合すればどんな色もできるんだぜー」と。

  • ペンキ屋の前の通り。

    ペンキ屋の前の通り。

  • その足で、ソメンドの娘と孫を迎えに行き、自宅に戻るのであった。

    その足で、ソメンドの娘と孫を迎えに行き、自宅に戻るのであった。

  • ソメンドの自宅に戻ると、ソメンドの兄貴のウジダが来ており、秘書課長・ソメンド・ウジダの3人で土産物を買いにスーパーに向ったのである。

    ソメンドの自宅に戻ると、ソメンドの兄貴のウジダが来ており、秘書課長・ソメンド・ウジダの3人で土産物を買いにスーパーに向ったのである。

  • スーパーで購入したナッツ類。

    スーパーで購入したナッツ類。

  • スーパーから戻ってみるとソメンドの両親が来ており、「日本では息子がお世話になったね。ありがとう」と、母親がそういう意味のことをシンハラ語で言ったと思うのである。<br />「いえ、今回は自分の方がお世話にまりました!」と、秘書課長は日本語で答えるのであった。

    スーパーから戻ってみるとソメンドの両親が来ており、「日本では息子がお世話になったね。ありがとう」と、母親がそういう意味のことをシンハラ語で言ったと思うのである。
    「いえ、今回は自分の方がお世話にまりました!」と、秘書課長は日本語で答えるのであった。

  • ご両親への挨拶もそこそこに、ソメンドは気を利かせて、秘書課長にビールを用意してくれたのである。ツマミはカジキ(カレー)である。このカジキは身が締まっていて美味い!

    ご両親への挨拶もそこそこに、ソメンドは気を利かせて、秘書課長にビールを用意してくれたのである。ツマミはカジキ(カレー)である。このカジキは身が締まっていて美味い!

  • ソメンドの孫、チャヌカ。初めは秘書課長のことが怖かったらしく、近寄ってこなかったが、最後にはじゃれてくるようになったのである。

    ソメンドの孫、チャヌカ。初めは秘書課長のことが怖かったらしく、近寄ってこなかったが、最後にはじゃれてくるようになったのである。

  • 昼食もソメンドの自宅で頂戴する。今次のスリランカ旅行で何が良かったかといえば、それは食事であろう。スパイシーではあるが、ヘルシーなのである。やさしい味のスリランカ料理は毎日でも食べられると思うのである。

    昼食もソメンドの自宅で頂戴する。今次のスリランカ旅行で何が良かったかといえば、それは食事であろう。スパイシーではあるが、ヘルシーなのである。やさしい味のスリランカ料理は毎日でも食べられると思うのである。

  • 最後の最後にスリランカ式にソメンドのように手を使い食べてみたのである。

    最後の最後にスリランカ式にソメンドのように手を使い食べてみたのである。

  • 三菱のランサーEX、懐かしい・・・。この車で秘書課長を空港まで送ってくれるとのことであったが、ソメンド家族も空港に行って、日本人(秘書課長)を見送りたいということで、急遽ワゴン車に変更したのである。<br />

    三菱のランサーEX、懐かしい・・・。この車で秘書課長を空港まで送ってくれるとのことであったが、ソメンド家族も空港に行って、日本人(秘書課長)を見送りたいということで、急遽ワゴン車に変更したのである。

  • 14時前にソメンドの自宅を出て空港に向うのである。

    14時前にソメンドの自宅を出て空港に向うのである。

  • 約1時間半でバンダラナイケ空港に到着。

    約1時間半でバンダラナイケ空港に到着。

  • スリランカ人が空港に入るには、入場料(300LKR)を支払う必要がある。

    スリランカ人が空港に入るには、入場料(300LKR)を支払う必要がある。

  • スリランカ滞在中は、マブダチのソメンドが一生懸命に世界文化遺産等の観光名所の案内や食事の用意をしてくれたのである。誠にありがたいことであった。別れ際、「またスリランカに来るからな」と、ソメンドと固い握手を交わす秘書課長なのであった。

    スリランカ滞在中は、マブダチのソメンドが一生懸命に世界文化遺産等の観光名所の案内や食事の用意をしてくれたのである。誠にありがたいことであった。別れ際、「またスリランカに来るからな」と、ソメンドと固い握手を交わす秘書課長なのであった。

  • 涙ながらにソメンド家族と別れて、早々にチェックイン。

    涙ながらにソメンド家族と別れて、早々にチェックイン。

  • 空港の売店で、愛犬チップ号のお土産を買ったのである。

    空港の売店で、愛犬チップ号のお土産を買ったのである。

  • スリランカ航空のセレンディブラウンジ。このラウンジはスリランカ航空ビジネスクラス搭乗者専用とのことである。

    スリランカ航空のセレンディブラウンジ。このラウンジはスリランカ航空ビジネスクラス搭乗者専用とのことである。

  • ラウンジ入ってみるとガラガラ。この後、多少混雑する。

    ラウンジ入ってみるとガラガラ。この後、多少混雑する。

  • ホットミール。

    ホットミール。

  • 味見程度と思ったが、結構ガッツリといってしまう・・・。

    味見程度と思ったが、結構ガッツリといってしまう・・・。

  • 成田行きは、R3ゲートから出発である。

    成田行きは、R3ゲートから出発である。

  • 沖止めの“UL454便”機体記号:4R-ALN Airbus A330-343X

    沖止めの“UL454便”機体記号:4R-ALN Airbus A330-343X

  • ビジネスクラスは、1-2-1配列のフルフラットシートである。<br />秘書課長は中ほどの“5A”を往復とも事前に指定。<br />

    ビジネスクラスは、1-2-1配列のフルフラットシートである。
    秘書課長は中ほどの“5A”を往復とも事前に指定。

  • シートを後方から。

    シートを後方から。

  • ウェルカムドリンクは、シャンパンのパイパーエドシック。<br />↓シュールな安全ビデオ↓<br />https://www.youtube.com/watch?v=tv3RbucHtTs

    ウェルカムドリンクは、シャンパンのパイパーエドシック。
    ↓シュールな安全ビデオ↓
    https://www.youtube.com/watch?v=tv3RbucHtTs

  • 19:30(現地時間)離陸。

    19:30(現地時間)離陸。

  • 夕食の機内食メニュー。メインは4種類から選択可。

    夕食の機内食メニュー。メインは4種類から選択可。

  • チリ産の赤ワインとカシューナッツ。

    チリ産の赤ワインとカシューナッツ。

  • “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

    “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

  • “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

    “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

  • “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

    “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

  • 流石、紅茶の国スリランカ。10種類くらいの紅茶メニューがある。

    流石、紅茶の国スリランカ。10種類くらいの紅茶メニューがある。

  • “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

    “UL454便” CMB→NRT機内食(夕食)

  • シートをフルフラットにして寝る。

    シートをフルフラットにして寝る。

  • しかし、デリケートな秘書課長はウトウトとはするものの、いつもの通り一睡もできないのであった。このあたりで起床。

    しかし、デリケートな秘書課長はウトウトとはするものの、いつもの通り一睡もできないのであった。このあたりで起床。

  • “UL454便” CMB→NRT機内食(朝食)

    “UL454便” CMB→NRT機内食(朝食)

  • “UL454便” CMB→NRT機内食(朝食)

    “UL454便” CMB→NRT機内食(朝食)

  • 進行方向左手には富士山。

    進行方向左手には富士山。

  • まもなく、成田空港に着陸である。

    まもなく、成田空港に着陸である。

  • 7/2(月)<br />07:41(日本時間)成田空港B滑走路16Lに無事着陸。

    7/2(月)
    07:41(日本時間)成田空港B滑走路16Lに無事着陸。

  • 今次フライトで獲得したJALのマイル<br />・10,666マイル

    今次フライトで獲得したJALのマイル
    ・10,666マイル

  • 6/25~7/2までの、成田空港1タミP5の駐車料金。

    6/25~7/2までの、成田空港1タミP5の駐車料金。

  • 帰宅する前に、スーパー銭湯に立ち寄ったのである。<br />何故かというと、今次旅行に出かける際にカミさんから、「帰国日はお願いだから、シャワーやお風呂で体を綺麗にしてから帰ってきてね」と、言われていたのである。<br />「はあぁ~~、オレはそんなには汚くねぇだろ!」と、秘書課長は思いながらもその命令に従うのであった。<br />

    帰宅する前に、スーパー銭湯に立ち寄ったのである。
    何故かというと、今次旅行に出かける際にカミさんから、「帰国日はお願いだから、シャワーやお風呂で体を綺麗にしてから帰ってきてね」と、言われていたのである。
    「はあぁ~~、オレはそんなには汚くねぇだろ!」と、秘書課長は思いながらもその命令に従うのであった。

  • 最後に、かつて日本国はスリランカに救われたということはご存じであろうか?<br />先の大戦終了後、1951年のサンフランシスコ講和会議において、戦勝国の米英中ソの4ヶ国で日本を分割統治するという案が出されたのである。<br />この案に真っ向から反対した国が出席国中の最弱の島、英国自治領セイロン(現スリランカ)代表ジャヤワルダナ氏だったのである。「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」と、日本を擁護する演説をしたのである。彼の演説は、会議に出席していた各国代表者達の心を打ち、日本は分割統治もされずに独立国として再び国際社会へ復帰することができたのである。<br />この偉大な人物のことは日本ではあまり知られていないが、我々日本人はこの大恩を忘れてはいけないのである!(画像:ソメンド一家)<br /><br />長々と拙い旅行記にお付き合いをいただき、ボホーマストゥーティー!(シンハラ語でありがとうの意)<br /><br />以上

    最後に、かつて日本国はスリランカに救われたということはご存じであろうか?
    先の大戦終了後、1951年のサンフランシスコ講和会議において、戦勝国の米英中ソの4ヶ国で日本を分割統治するという案が出されたのである。
    この案に真っ向から反対した国が出席国中の最弱の島、英国自治領セイロン(現スリランカ)代表ジャヤワルダナ氏だったのである。「憎悪は憎悪によって止むことはなく、慈愛によって止む」と、日本を擁護する演説をしたのである。彼の演説は、会議に出席していた各国代表者達の心を打ち、日本は分割統治もされずに独立国として再び国際社会へ復帰することができたのである。
    この偉大な人物のことは日本ではあまり知られていないが、我々日本人はこの大恩を忘れてはいけないのである!(画像:ソメンド一家)

    長々と拙い旅行記にお付き合いをいただき、ボホーマストゥーティー!(シンハラ語でありがとうの意)

    以上

170いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (7)

開く

閉じる

  • tomvoさん 2018/09/14 09:30:23
    知ってよかった
    「英国自治領セイロン(現スリランカ)代表ジャヤワルダナ氏」

    初めて知りました,夢にも知りませんでした.
    スリランカとはそんな恩人だったのですね.

    マスコミは強く知らしめるべきなのに,今まで一度も目にしたことがありません.
    今知ることができよかったです.

    tomvo

    tomvoさん からの返信 2018/09/14 11:17:57
    RE: 知ってよかった
    > 「英国自治領セイロン(現スリランカ)代表ジャヤ
    > 初めて知りました,夢にも知りませんでした.
    > スリランカとはそんな恩人だったのですね.
    >
    > マスコミは強く知らしめるべきなのに,今まで一度も目にしたことがありません.
    > 今知ることができよかったです.

    さっそくyoutubeで何編かのスリランカを見ました.知らなかったのは私ばかりでした.

    秘書課長

    秘書課長さん からの返信 2018/09/14 11:53:19
    RE: RE: 知ってよかった
    tomvoさん こんにちは。

    この度はコメントをいただきありがとうございました。
    自分もこのスリランカ人に会わなければ、日本が救われたという事実は知る由も無かったかも知れません。
    おっしゃる通り、このような大事なことは学校等でも教育すべきだと思います。
    それでは今後ともよろしくお願いいたします。

    秘書課長 拝
  • りんりくあいちゃんのママさん 2018/08/06 01:02:44
    ありがとうございました!
    ついに最後をよんでしまいました。終わりたくない気持ちが(T-T)
    最後はすてきなご友人とご家族の様子にちょっとさみしくなり、、いつのまにか人との繋がりも心地よく、楽しませて頂いていたんだなと思いました。。
    いろんなところに感動してしまいました!!
    そして、
    帰宅前のお風呂は読みながら笑ってしまいました!
    長旅だから、ひろーいお風呂で疲れをとってきてもらいたかったのかも?!(^-^)

    秘書課長

    秘書課長さん からの返信 2018/08/06 09:50:04
    RE: ありがとうございました!
    おはようございます。
    昨晩もマブダチのソメンドから電話がありました。
    内容はよくわかりません・・・。が、再度スリランカに来いというような感じでした。
    面と向かい話をすると理解ができるのですが、電話ではほんとにわかりません・・・。
    なので、先にも記してある通りに最近はソメンドの次女とLINEで英語翻訳を利用して意思の疎通をしております。
    それでは暑さ厳しき折、ご自愛下さいますように。

    秘書課長 拝
  • atsuhimeさん 2018/08/04 17:07:15
    お疲れ様でした。
    秘書課長さん、
    なんだかドラマを1本見終えたかのような気持ちです。
    別れのシーンではこちらまで目頭が熱くなりました。(:_;)

    スリランカは決して豊かな国ではないと思いますが、日本人が忘れかけている物をたくさん持っている国なんだろうなと、ソメンドさん一家を見て思いました。

    男同士の友情は美しいなー。

    秘書課長

    秘書課長さん からの返信 2018/08/05 09:30:50
    RE: お疲れ様でした。
    おはようございます。
    何時も投票とコメントを頂戴し、ありがとうございます。
    早いものでスリランカから帰国してひと月しかたっていませんが、スリランカのカレーが恋しいです・・・。
    昨日はソメンドから土産でもらった胡椒をペッパーミルに入れて削って食べてみましたが、結構パンチが効いてて美味かったです!
    それでは今後ともよろしくお願いいたします。

    秘書課長 拝

秘書課長さんのトラベラーページ

秘書課長さんの関連旅行記

秘書課長さんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集